更新日:2017年07月17日

エルゴでおんぶはどうやるの?いつから?動画で簡単解説!

エルゴの抱っこ紐でおんぶは可能だと聞いたことがあるけどどうやるかが分からない。いつからやって良いのかが分からない。 そんなママのために、エルゴの抱っこ紐の使い方を動画でわかりやすく解説します。

449161
2

目次

    抱っこひものエルゴとは?

    010247xxx i

    エルゴ ベビーキャリア

    ¥19,980〜(2017/07/17 時点)

    ラクラク装着でアウトドアにもお買い物にも。ソフトな色づかいでパパにもフィットするデザイン。「おんぶ」「タテ対面抱っこ」「ななめ対面抱っこ」の3種類の使い方ができます。たっぷりわたの入った肩ひもと幅広腰ベルトで、長時間でもラクラク・疲れないと評判です!

    「エルゴベビー・ベビーキャリア」は2003年にハワイ・マウイ島で誕生してから、ずっと人気が劣ることのない抱っこひものブランドです。赤ちゃんを抱っこする時に「動きやすさ」「快適性」に意識を置いたデザインは、世界中の多くの方々に愛用されています。

    腰のベルトが赤ちゃんの体重を支えてくれるので、ママの肩や背中の負担が少ないのも特徴。また、赤ちゃんとママが密着できるので、赤ちゃんに安心感を与えることもできます。

    「ずっと抱っこしていたい」というママの思いから誕生したエルゴは、ママと赤ちゃんの絆をよりいっそう深めてくれそうですね。

    公式ショップで購入する

    エルゴの人気の秘密は構造にあり!

    Image

    エルゴの抱っこひもをして街を歩くパパやママ、よく見かけますよね。ブログなどを見ると、芸能人の愛用者も多いようです。赤ちゃんが生まれたらエルゴを使いたい!と、エルゴに憧れを持つママも多いのではないでしょうか?

    色んなメーカーから沢山の種類の抱っこひもが出ているにもかかわらず、エルゴがここまで注目される理由の一つが、その構造にあります。エルゴが持つさまざまな機能をご紹介します。

    ■Point1. スリーピングフード
    赤ちゃんの首がぐらつくのを防いでくれたり、日よけになる便利なフードがついています。これがないと、片手で赤ちゃんの頭を支えなければなりません。あると助かりますよね。

    ■Point2. 幅広のウエストベルト
    赤ちゃんの体重をしっかり支えてくれます。ベルトがママのおしりにずれる心配もないので安心ですね。

    ■Point3. 幅広の肩ひも
    ひもが細いと肩にくい込んで痛いですよね。クッション性もあり、ママの肩にやさしくフィットしますよ。腰と肩、両方のベルトが赤ちゃんの重みを分散してくれます。

    ■Point4. ポケット付き
    エルゴの前面についた、ママが手を伸ばしたところにあるポケット。すぐにパッとものが取り出せるので、ガーゼやティッシュなどちょっとした小物入れに便利ですよ。

    ■Point5. 立体縫製
    赤ちゃん特有の丸みを帯びた体にフィットする立体縫製。赤ちゃんにとって自然な体勢を整えてあげることができます。

    ■筆者の体験談
    最初は違う抱っこひもを使っていましたが、エルゴを使ってから腰への負担が全く違い、とても驚きました。また、エルゴベビーを購入するにあたって期待していたのは、フードでした。

    ・抱っこやおんぶをしたまま寝てしまった時ののけぞり防止
    ・日差しがあるときの日よけ

    上記の点にワクワクしながら購入しましたが、ほぼ期待通りでしたよ。筆者の子はフードを特に嫌がりもせずかぶっていたので、割と楽だったかもしれません。おでかけの際に抱っこをしたまま熟睡した時は、とても重宝しました。また、おんぶにしたときも、首ののけぞり防止にフードは大活躍でした。

    豊富なデザイン&カラーバリエーション

    010247xxx i

    エルゴベビー ERGO baby ORIGINAL スタンダード Standard

    ¥9,080〜(2017/07/17 時点)

    ラクラク装着でアウトドアにもお買い物にも。ソフトな色づかいでパパにもフィットするデザイン。「おんぶ」「タテ対面抱っこ」「ななめ対面抱っこ」の3種類の使い方ができます。

    ほんの一部を見ただけでも、種類が豊富にありますね。デザイン&カラーバリエーションが豊富なところも、エルゴが支持される理由のひとつ。

    ママにとって抱っこひもは、いつも身に着けることになるファッションアイテムの一つです。お気に入りが見つかれば、テンションも上りますよ。赤ちゃんとのおでかけが楽しくなるような、とっておきのエルゴを見つけてくださいね。

    また、以下のように商品名によってさまざまなバリエーションが楽しめるので紹介します。

    ・Original:エルゴの定番の形
    ・Organic:生地にオーガニックコットンを使用している
    ・Designer:小さい花柄がとても可愛いシリーズ
    ・Performance Ventus:メッシュ素材になっているので、夏に最適
    ・Four Position 360:「対面」「前向き」「おんぶ」「腰抱き」の多機能。4way仕様

    バリエーションや色によっては、パパも無理なく使用することができますよ。パパにも使ってもらうつもりでデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

    公式ショップで購入する

    エルゴは新生児から使える!

    Ergo in grey 01

    エルゴ ベビー インファント インサート2

    ¥1,980〜(2017/07/17 時点)

    ・素材 外生地、中綿:綿100%
    ・対象月齢 新生児(3.2kg)~4ヶ月頃(首がすわる)まで

    新生児から縦抱きができるのも、エルゴの特徴です。ただし、首が座っていない新生児を抱っこするには、「インファントインサート」が必要です。

    エルゴ本体とママの体の間にすっぽりとおさまるインファントインサートは、余計な隙間を作らず、体が不安定な生まれたての赤ちゃんをしっかり包んでくれます。横抱きだと肩や腰に負担がかかる、何をするにも動きづらいというママにおすすめですよ。

    公式ショップで購入する

    ■筆者の体験談
    筆者もインファントインサートを使用しました。日々の買い物や健診など、新生児を連れ回さなければいけない時がありますよね。そんな時に、このインファントインサートが重宝しましたよ。赤ちゃんをすっぽりと覆ってくれて、大事な頭もカバーしてくれるので、安心して使用することができました。

    装着の方法も楽なので、初めての方でも簡単にできますよ。使用する期間は短いですが、持っていて損はないアイテムだと思います。

    種類がたくさん!人気のエルゴベビーラインナップ

    819bwj3s9nl. sl1500

    Ergobaby エルゴベビー・ベビーキャリア/ナイトスカイ

    ¥19,980〜(2017/07/17 時点)

    エルゴベビー・ベビーキャリアは2003年にハワイ・マウイ島で誕生しました。
    抱っこをする人と、赤ちゃんのための「動きやすさ」、「快適性」を追求したデザインは、多くのに両親に選ばれ、現在、50か国以上で販売され、たくさんの賞を受賞しています。

    購入はこちら
    910xueyqhyl. sl1500

    Ergobaby エルゴベビー・パフォーマンス・ヴェントス・ベビーキャリア

    ¥21,060〜(2017/07/17 時点)

    ベビーキャリアのための耐久性、通気性、柔らかさを兼ね備えた高機能ポリエステル製メッシュを採用し、赤ちゃんの自然なおすわり姿勢をしっかりと支えるエルゴベビーの快適性を実現。
    軽く、乾きやすい素材だから気軽にお洗濯ができます。
    Ventusとはラテン語で「風」。暑い夏やアクティブシーンに最適なベビーキャリアです。

    購入はこちら
    81ifsllw67l. sl1500

    Ergobaby エルゴベビー ベビーキャリア 360スリーシックスティ

    ¥25,380〜(2017/07/17 時点)

    日本正規品のエルゴベビーです。日本購入限定でベビーウエストベルトも付いてきます!対面抱き、前向き抱き、腰抱き、おんぶ、の4通りで、赤ちゃんの自然なすわり姿勢を支える最上級のコンフォートを実現。腰に掛かる荷重をウエストバンド全面に分散。高い快適性が好評の、エルゴベビー最上級モデルです。

    エルゴでおんぶ、いつからできる?

    Image

    首座りがおんぶOKのサイン!

    赤ちゃんをおんぶし始める時期ってとても気になりますよね。エルゴに限らず、どのメーカーの抱っこひもでも、「おんぶは赤ちゃんの首が座ってから」というのが一般的です。

    しかし、首すわりの判断には誤解を招く場合があります。正しく首すわりを認識することで、赤ちゃんにとって安心できる「おんぶ」になります。ママの体の負担軽減もそうですが、まずは赤ちゃんの安全を考えましょう。

    首が座るのはいつごろから?

    「首がすわった」というのは、一般的には「うつぶせの状態で、首が自由に動かせるようになった状態」のことを言います。実際に、赤ちゃんを縦に抱っこにしたときに、首を支えられる状態という認識のママが多いですが、実は違うようです。

    生後3ヶ月を過ぎてくると、縦に赤ちゃんを抱っこしても首がしっかりと持ち上げられていますので「首がすわった」と感じてしまうものです。そのような状態で、赤ちゃんを抱っこひもでおんぶしているママも多いようですが、これは、赤ちゃんの首に大きな負担がかかっているのです。

    おんぶをする判断としては、だいたい生後5ヶ月ごろから「うつ伏せの状態から自分で首を動かせれば首が座ったと」認識していた方が安心です。首や手足が自由に動かせるようになり、力も強くなる時期ですので、早いと寝返りをうてる子もいますよ。

    このように、赤ちゃんの成長は個人差がありますので、同じ月齢の赤ちゃんがおんぶされているからといって、「我が子ももうおんぶOK」という判断は危険です。はやる気持ちを少し抑えて、きちんと首が座ったかどうか見極めてあげてくださいね。

    Mobile favicon

    紐1本でのおんぶと抱っこ♪ベビーラップに挑戦してみませんか?

    エルゴのおんぶ方法 その1

    エルゴでのおんぶのやり方は何通りかあります。まずはあまり知られていないものから。

    まずは、床やベッドなどにエルゴを広げ、その上に赤ちゃんを乗せます。赤ちゃんを持ち上げる前に、まずママの腰ベルトをそのままカチンとはめます。ベルトをはめたら、肩ひもをかけてグッと持ち上げます。

    そうすると、赤ちゃんが持ち上げられおんぶをすることができます。はじめはママも戸惑います。慣れないうちはベッドや布団の柔らかい上でチャレンジするのがおすすめです。

    動画では人形を使い説明をしていますが、実際には動く赤ちゃんをおんぶするので、赤ちゃんが落下しないよう慎重に行なってくださいね。

    エルゴのおんぶ方法 その2

    最初は難しかったですが、慣れてくるとこの方法も一瞬でできるようになります。筆者はこの方法で、子どもを抱き上げてセットしたら、何の戸惑いもなく後ろにおんぶできるようになりましたよ。
    ただし、おんぶのデビューしたての赤ちゃんは、方法その1で紹介したやり方から始めてください。上記の方法に慣れてきたうえで、こちらの方法を試すのをおすすめします。

    Mobile favicon

    初めて使う人でもわかる!エルゴベビーの簡単な使い方 | mamanoko(ままのこ)

    おんぶしていた赤ちゃんをおろす方法 その1

    初めてのおんぶも手間取りますが、おんぶから赤ちゃんをおろすのもまた至難の業。先輩ママたちの動画解説から、赤ちゃんをどうやっておろすのか見てみましょう。

    おんぶしていた赤ちゃんをおろす方法 その2

    慣れてきたら、立ったままでも赤ちゃんをおろすことができます。外出先など、床におろす場所がないときに便利ですね。

    おんぶをする時もおろす時も、赤ちゃんの様子がわからないので、はじめは不安になるかもしれません。コツをつかめばすぐに慣れますよ。

    おんぶすることによって行動範囲が広がる!

    Image

    エルゴでのおんぶは抱っこと同様に肩への負担も少なく、長時間おんぶをしていても疲れにくいです。抱っこの時より、ママの行動範囲がぐっと広がりますよ。

    夕飯づくりや掃除、洗濯、ママはやることがいっぱいありますよね。抱っこだと前傾姿勢になった時、赤ちゃんの重心が前にずれて肩や腰に負担がかかりますが、おんぶならかがむのも楽ですし、ママの体の負担も格段に軽減されます。

    上のお子さんが場合は特に、上の子にかまってあげやすくなるのでおんぶは便利かもしれません。おんぶができる期間が長いため、子どもが甘えたいときのお守り代わりにエルゴを持っておくのもおすすめです。筆者は子どもが2歳代のうちは、エルゴのおんぶを愛用していました。外出先で眠くなったり、ぐずって歩かなくなった時に大活躍しましたよ。

    エルゴの偽物に要注意!

    Image

    エルゴは人気があるだけに、偽物もたくさん出回っています。偽物は赤ちゃんの落下事故につながる危険な商品です。ママの見極めが肝心なので、購入前によく確認してください。

    エルゴ抱っこひもの正規品の特徴として、

    ・説明書がきちんとある
    ・作りが丁寧である(偽物は雑なものが多い)
    ・正規店で購入する(並行輸入品では購入しない)

    と、最低でも以上の点に気を付けるようにしましょう。もし、偽物を購入して、安全ガードがゆるく、抱っこをしている最中に赤ちゃんが落下してしまっては大変危険です。そのような事故を無くすためにも、必ず正規品を購入するように購入の際は目を光らせてくださいね。

    公式ショップで購入する
    Mobile favicon

    ここをチェック!大人気【エルゴ】、巷に溢れるニセモノの見分け方! | mamanoko(ままのこ)

    まとめ

    エルゴのイメージは抱っこがメインですが、おんぶもとても便利に使うことができます。慣れるまでは、エルゴでのおんぶは難しく感じてしまうママも多いと思います。しかし、どうしても抱っこではやりずらいことも、おんぶをすることによってこなせる範囲が広がったりします。

    赤ちゃんがおんぶでも大丈夫だな、とママが感じたら、ぜひ実践してみてくださいね。おんぶをしたまま家事をこなしていたら、いつの間にか寝ている赤ちゃんも多いですよ。

    あわせて読みたい

    Image

    初めて使う人でもわかる!エルゴベビーの簡単な使い方 | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/6867
    Image

    エルゴオーガニックの特徴!オリジナルとの違い、選び方の注意点は? | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27393
    Image

    大人気のエルゴから前向きできる抱っこ紐が出た!

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/2969
    Image

    エルゴのインファントインサート使い方は?いつからいつまで使うの?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19805
    Image

    抱っこ紐はどれがいい?人気のエルゴやボバラップの使い易さを比較してみました

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4751
    Image

    簡単ハンドメイド!エルゴのよだれパッドの作り方8選♪

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5041

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    りん

    大体が笑って過ごしたいと思っています。 6歳(男)4歳(…

    子育て・育児 デイリーランキング

    おすすめの記事