更新日:2017年08月15日

【体験談あり】慣らし保育の期間やスケジュールは?慣らし保育なしでもOK?子どもが泣くときの対処法は?

保育園の入園が決まると、次に待っているのが慣らし保育。仕事に復帰する直前に行う場合もあれば、転園などですでにフルタイムで働いているママもいます。そんななか、一体どのように慣らし保育を進めていくのでしょうか。今回は、慣らし保育について、期間やスケジュール、慣らし保育中の仕事や育児休業扱いになるのかについてまとめました。

2581
0

目次

    慣らし保育とは?

    Image

    子どもがママやパパの手をはなれて一日の大半を過ごす保育園。はじめての環境に緊張や不安を覚える子どもは少なくありません。慣らし保育とは、新しく保育園生活をスタートするための準備期間のことです。保育時間を調整しながら、徐々に子どもを保育園に慣らしていきます。

    慣らし保育は、ママやパパにとってもとても大切な期間です。実際に通わせることになったら送迎にどのくらい時間がかかるか、朝の準備は円滑に進められるか、ママが復職するまでにシミュレーションしておく必要がありますよね。また保育園側にとっても、慣らし保育はこれから預かる子どもの行動や性格を把握するために重要な期間です。

    慣らし保育を実施している保育園が大半ですが、時期や年齢によって希望者だけ行う場合や、まったく行わない場合もあるようです。

    慣らし保育のスケジュール

    Image

    慣らし保育初日は、午前中の1~2時間の保育からスタートする保育園が多いようです。子どもの様子にあわせて徐々に保育時間を長くしていくのが一般的です。初日から子どもだけの慣らし保育を行う園もあれば最初の数日は親も同伴で慣らし保育を行う園もあり、その方法は園によってさまざまです。

    ・慣らし保育のスケジュール例
    初日:1~2時間程度の保育
    2日目:午前中(給食なし)のみの保育
    3日目:給食まで食べたあと退園
    5日目:お昼寝までして退園
    6日目:おやつを食べたあと退園
    最終日:終日保育

    慣らし保育の期間

    Image

    慣らし保育の期間は保育園によってさまざまですし、子どもの性格や親の仕事の都合で異なるケースもあります。ママの復職の日程で調整してくれることもあるので、保育園から指定された期間が難しい場合には相談してみましょう。一般的に短くて1~2日、長いと1ヶ月間ほどかかる場合もあります。子どもの性格にもよりますが、慣らし保育の期間が長ければ長いほど子どもが慣れやすい傾向にあるようです。入園する保育園が決まったら、慣らし保育の期間を確認してスケジュールを調整しておきましょう。

    慣らし保育期間中の仕事はどうする?

    Image

    育休から復帰する場合

    育児休業を終えて復職する場合は、復職予定日にあわせて慣らし保育を終わらせるママが多いようです。多くの自治体で育児休業終了日が属する月の1日以降から保育園の利用が可能となっています。たとえば4月1日から保育園を利用する場合には、4月30日まで育児休業を終わらせ5月1日には復職をしている必要があります。育児休業の期間が過ぎてしまう場合は、有給休暇を利用して慣らし保育に対応することもあります。復職前に復職する日を会社に相談して確認しておきましょう。

    すでに復職している場合

    すでに保護者が働いていて別の園に転園する場合は、新しい保育園で慣らし保育があると仕事を休まなくてはならず、困ってしまいますよね。そういった場合は夫婦で協力して休みを取得したり、祖父母や身近な人に送り迎えをお願いしたり、ときにはファミリーサポートなどのサービスを利用したりしましょう。送り迎えがパパやママ以外の場合には、事前に送り迎えに来る人を共有する必要がある保育園が多いので注意しましょう。ただ、転園の場合は子どもが保育園生活に慣れていて、新しい保育園での慣らし保育も早く終わることが少なくありません。

    慣らし保育なしで預けることもできる?

    まれに慣らし保育を不要としている保育園もありますが、いきなり長時間子どもを預けることは現実的には難しいでしょう。できるだけ子どもに負担のかからないようにしてあげたいものです。子どもが新しい環境に慣れるために、保育園側からお願いされなくても、何日か時間を調整して慣らしてあげることも必要かもしれません。その際は家族で仕事の調整をしたり、交代で送り迎えしたりと協力するようにしましょう。

    慣らし保育のトラブルへの対処法

    慣らし保育で子どもが慣れない

    Image

    個人差はかなりありますが、0歳児の月齢が低い子どもよりも、ある程度物事の分別がついてくる1歳前後の子どもの方がなかなか慣れず、泣いてしまうことがあるようです。2歳以上になると、性格やその日の機嫌にもよりますが、言葉が出てコミュニケーションがはかりやすくなるため、環境に慣れるのは早いようです。

    ママやパパと離れることが寂しいのは当然のこと。きちんと自分の気持ちを表現できているということは立派なことです。新しい環境に慣れるためにはしっかりと泣くことが必要な子どももいるようです。なかなか保育園に慣れない子どもでも、少しずつ先生や友達と楽しく過ごせる日が増えていきます。保育園で頑張っている分、自宅ではしっかりと甘えさせてあげ、笑顔で保育園に送り出してあげられると良いですね。

    自宅でかんしゃくを起したり夜泣きをしたりする

    Image

    保育園に通い始めた子どもは、慣らし保育を通して新しい環境に飛び込み、不安や緊張と闘いながら子どもなりに頑張っています。その分自宅に帰るといつも以上にママにべったりで離れない、夜泣きで何度も夜起きてしまう、かんしゃくを起してしまう、などということもあるかもしれません。日中離れている時間が長く、精神的に不安定になっているので、その分ママの愛情を欲しがるのです。

    どうしたら良いか困ってしまうママも多いかもしれませんが、そんなときはいつも以上にスキンシップをはかり、愛情をいっぱい注いであげてください。時間が解決してくれることを信じ、最大限に受け止めることが解決への近道です。ママにも負担がかかってしまうので、夫婦で協力して乗り切りましょう。

    慣らし保育で熱を出した

    Image

    慣らし保育を進めている途中で発熱してしまう子どももいます。新しい環境に飛び込んだ子どもは、いつも以上に緊張して心身ともに疲れやすくなっています。さらにまわりに子どもがたくさんいる環境ですから、病気などをもらいやすいことも熱を出す原因のひとつです。発熱してしまったら、慣らし保育はひとまずお休みして、自宅でゆっくりと休ませてあげましょう。

    慣らし保育の体験談

    筆者の子どもは年度途中で保育園の入園が決まり、1歳6ヶ月になった月から慣らし保育をはじめました。今まで託児所に数時間預けたことは何度かありましたが、本格的な保育園は未経験でした。性格はやや人見知りではありますが、時間が経つと慣れるタイプだったので、あまり不安はありませんでした。

    初日、2日目(午前中のみ)は特に泣くこともなく、楽しそうに過ごしていたとのことでした。ところが3日目(給食後まで)、4日目(お昼寝の後まで)と進んでいくうちに、子どもも「これからママと離れるんだ」ということがわかってきたようで、保育園に行きたくない素振りをみせるようになりました。給食も残しがち、お昼寝もしないなど、予想に反してなかなかうまくいかず、筆者自身も不安な気持ちを覚えました。自宅に帰るといつも以上に甘え、夜も何度か「ママ、ママ」と泣いて起きることがありました。

    5日目以降は終日預かってもらう予定でしたが、先生と相談して、慣れるまではお昼寝の後にお迎えという形をとることにしました。

    いつになったら慣らし保育が終わるのか…と途方にくれましたが、その後1週間ほどで給食も完食、お昼寝も熟睡、夜泣きもなくなり、子どもも少しずつ慣れていったようです。いまだに朝泣いてしまうことはありますが、お別れした後はすぐに泣き止んでいると聞いてほっとしています。慣らし保育は私たち親子にとって大きな壁ではありましたが、焦らずゆっくりと時間をかけることで乗り越えられたと思っています。

    焦らずゆっくり、時間が解決するのを待ちましょう

    Image

    慣らし保育は親にとっても子どもにとってもはじめての試練です。なにが起こるかわからないので、スケジュールは余裕をもつようにすることをおすすめします。しっかりと段階を踏んで慣らしてあげることで、子どもも親ものちのち不安が少なくなるでしょう。また、慣らし保育期間中に保育士から子どもの様子を聞いておくと、自宅での子どもの様子が違ってもなにか気づきがあるかもしれません。なかなか慣れなくても時間が解決してくれます。焦らずゆっくりすすめていきましょう。

    関連する人気の記事

    子育て・育児のカテゴリ

    ライタープロフィール

    Image

    mamanoko編集部

    mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

    子育て・育児 デイリーランキング

    おすすめの記事