更新日:2017年09月25日

妊娠後期の腹痛!チクチクするのは陣痛や切迫早産?便秘や下痢?

妊娠後期に入り、多くのママが経験するお腹の痛み。待ちに待った出産が近づいている兆候であり、特に心配はないことがほとんどですが、痛みの感じ方次第では重大なトラブルにつながる可能性もあります。ここでは、妊娠後期の腹痛の原因や対処法について解説します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
8832
0

妊娠後期はどんな時期?

Image

母体も胎児も分娩に向けて最終準備

妊娠後期に入り、母体も胎児も分娩に向けて最終準備に入ります。胎児は8ヶ月あたりから心臓や骨髄などの生きていくために必要な機能がほぼ完成しはじめ、9ヶ月になると新生児とほとんど変わらない大きさになります。10ヶ月になるとママの骨盤の中に降りてきて、頭を下にした体育座りのようなコンパクトな体勢で陣痛が起こるのを待つようになります。

分娩への最終準備に伴い、妊娠後期に入るとママの身体にはお腹の張りや痛みなど、さまざまな症状が現れるようになります。

Mobile favicon

胎児の成長って?赤ちゃんを知るための6段階の成長過程

陣痛や破水に注意

お産のはじまりは人それぞれです。代表的なパターンは以下の3つでが、おしるしはなかったというママもいて、(1)や(2)のパターンが多いです。

(1)おしるし→陣痛→破水→出産
(2)陣痛→破水→出産
(3)破水→陣痛→出産

初産の場合は陣痛が10分間隔になったら受診するよう指示する病院が多いかもしれません。もしも陣痛の前に破水をしてしまった場合には、まずは病院に連絡をし、シャワーや入浴はせずに清潔な下着に着替え、大きめのナプキンをあてて、いち早く病院に向かいましょう。

「出産予定日」があるとはいえ、おしるしや陣痛、破水は思いがけないタイミングで起こります。あらかじめ起こった場合の準備をしておきましょう。

Mobile favicon

破水は突然やってくる!出産予定日が近づいている方は要注意

Mobile favicon

前駆陣痛から本陣痛までの期間は?前駆陣痛から出産までの流れ

切迫早産といったトラブルも

「切迫早産」とは、早産(日本では、妊娠22〜36週)の一歩手前の状態を言います。言葉で聞くと少し不安になりますが、「赤ちゃんが予定より早く出てきそうになってきているけど、ちゃんと対応して今はまだ産まれないように頑張ろう」と希望が持てる状態です。

「切迫早産」はは多くの妊婦さんが経験する病気です。日ごろから感染症を予防したり、バランスの良い食生活を心がけたりするなど、対策を行いましょう。また、もしも「切迫早産」と診断された場合には、かかりつけ医の指示に従い、安静にして過ごしましょう。

Mobile favicon

切迫早産とは?切迫早産の原因と症状、対処法、予防法とは

妊娠後期は腹痛が起こりやすい?

Image

妊娠後期に入ると、お腹の張りを感じやすくなります。胎児が成長して子宮が大きくなり、子宮の筋肉が収縮して、お腹全体が固くなる症状です。また、疲労や精神的ストレス、身体の冷えなどがお腹の張りの原因になることもあります。

これらの症状は妊娠の経過によって起こるものなので、過度に心配する必要はありません。しかし、お腹の張りが生理的なものなのか、病気やトラブルで起こっているものなのかは、区別がつきにくいものです。不正出血をともなったり短時間に何度も痛みが出るようであれば、病院で相談してみましょう。

妊娠後期の腹痛にはどんな原因があり、それぞれどのような対処を行うべきかについてきちんと把握しておくと安心ですね。

Mobile favicon

妊娠後期、お腹の張りや痛みが来たら、慌てないで、すぐやるべきこと?

妊娠後期の腹痛は便秘や下痢が原因なことも

Image

妊娠後期の便秘

赤ちゃんの成長につれて子宮が大きくなると、子宮が腸を圧迫し、便秘を引きおこしやすくなります。また、ストレスにより自律神経が乱れて、お通じがこなくなってしまう場合もあります。便秘が続くと、便やガスが腸にたまり、腹痛を感じることもあるでしょう。

薬に安易に頼れない時期なので、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。食物繊維の多いものを食べたり、水分補給をこまめに行ったりしましょう。軽い運動やお風呂で身体をあたためることも血行促進に効果があるだけでなく、リフレッシュにもなるため、おすすめです。また、便意がなくてもトイレに向かう習慣をつけることで便秘が解消されるかもしれませんよ。

妊娠後期の下痢

妊娠後期に下痢になりやすい理由は以下の5つです。

(1)さまざまなホルモンが増減することで、身体の中のホルモンバランスが乱れているから

(2)妊娠に欠かせないプロゲステロンというホルモンには、腸の働きをおさえる作用が含まれており、腸内が不安定になってしまうから

(3)ホルモンバランスの乱れにより、体温調節機能が低下し、身体が冷えてしまうから

(4)お腹が大きくなり、胃腸の働きが弱まっている中で、赤ちゃんの分まで必要な栄養素をとろうとして、胃に負担がかかっているから

(5)大きくなった子宮に腸が圧迫され便が通りにくい状態になり、便を押し出そうと腸の運動が活発になるから

妊娠中の食事では、消化が良く温かいものを選びましょう。また、衣類にも気をつけ、冷え対策をしっかりと行いましょう。身体の不自由さにストレスを感じやすい時期ですが、できるだけ安静にリラックスして過ごすことが大切です。

Mobile favicon

妊娠後期の下痢の原因を知って正しい対策をしよう

妊娠後期のチクチクする腹痛は胎動?それとも陣痛?

Image

胎動

胎動は16〜20週で感じるようになることができるのですが、初産婦の場合はこれより2週間程度遅くに感じ始めることもあるでしょう。

胎動はママにとって、お腹の赤ちゃんが成長していることを感じられる安心材料のひとつですよね。胎動の種類は、赤ちゃんのしゃっくりやキック・パンチ、おしっこなどさまざまなです。とても元気な赤ちゃんな赤ちゃんの胎動では、お腹の内側に腕や足が激しく当たることによって、腹痛を感じることもあるといいます。

逆に赤ちゃんの胎動が一定時間以上まったく感じられない場合、早期胎盤剥離などのトラブルが起こっている可能性もあります。異変を感じたら早めに医師に相談しましょう。

Mobile favicon

前駆陣痛と胎動の違いは?前駆陣痛の痛みと胎動の種類とは

前駆陣痛

出産の兆候のひとつとして、前駆陣痛が起こります。一般的には出産が近づいたら感じるものですが、なかにはまったく感じなかった人もいるようです。「偽陣痛」とも呼ばれ、本陣痛の予行練習のような大切な働きをしています。

前駆陣痛の特徴は以下の通りです。
・陣痛周期が不規則
・感覚が短縮していかない
・痛みに強弱がある
・夜中に目覚めがあるが、また寝られる
・収縮の合間に家事ができる
・主に下腹部の痛み

初産婦の方は、最初は本陣痛との区別がつかず、「もしかして」と不安になってしまうこともあるかもしれません。数回痛みを感じたら念のため時間を記録しましょう。最初は30分おきに痛みを感じるかもしれませんが、前駆陣痛の場合は数回続いて消えていくことでしょう。

Mobile favicon

前駆陣痛はいつから?前駆陣痛の痛み、症状、特徴と対処法

本陣痛(分娩陣痛)

お産が始まると、子宮が赤ちゃんを押し出すために、規則的な収縮を繰り返します。この収縮のときに感じる痛みが陣痛です。人によって痛みを感じる場所も程度も少しずつ違い、痛みの強さが異なる場合もあるといわれます。本陣痛の特徴は以下の通りです。

・子宮収縮が規則的
・次第に間隔が短縮する
・1回の収縮が60秒以上続く
・収縮に強弱がない
・夜間は寝られない
・収縮の合間にも家事ができない
・主に腰から臀部にかけての痛み

もしも陣痛のような痛みを感じた場合には、痛みを感じた時間を記録しましょう。初産の場合は痛みが10分間隔になったら受診するようにとの指示があることが多いです。経産婦の場合は、陣痛から出産までの時間が初産婦より短い場合が多いため、15分間隔になったら病院に連絡することが多いでしょう。

昨今では「陣痛アプリ」が多数あります。簡単に時間を計れるので、ダウンロードしてみるのも良いかもしれませんね。

Mobile favicon

陣痛がきたらアプリが活躍!おすすめの無料陣痛アプリ6選

妊娠後期の腹痛には妊娠トラブルも?

Image

切迫早産

「切迫早産」とは、子宮の収縮が頻繁に起こることで子宮口が開き、赤ちゃんが出てきそうになったり、羊水が漏れて破水してしまったりする危険性のある病気です。切迫早産の兆候として、下腹部痛と背部痛、お腹の張り、不正出血などがみられます。痛みが長く続いたり、規則的に痛んだりする場合は産婦人科を受診しましょう。なかには、そのまま入院が必要になるケースもあります。

Mobile favicon

切迫早産とは?切迫早産の原因と症状、対処法、予防法とは

絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)

「絨毛膜羊膜炎」とは、赤ちゃんを包む卵膜のうちの1つである絨毛膜と羊膜が細菌が感染し、炎症を起こす病気です。早産の最大の原因となる感染症で、炎症が進行すると赤ちゃんへの感染につながり、破水、早産や切迫早産になる可能性があります。下腹部の痛みやおりものに異変を感じた方は、すぐに医師に相談しましょう。

子癇(しかん)

妊娠高血圧症候群の人が発症しやすい病気のひとつが、「子癇(しかん)」と呼ばれる脳血管障害です。子癇は初産婦に多いといわれています。子癇の症状は、妊娠中毒症のひとつで、重症なものでは意識喪失や全身の痙攣が見られ、母子の命に関わることもあります。頭痛や腹痛、目がチカチカするといった症状が見られる場合は早めに病院で診てもらいましょう。

Mobile favicon

子癇とは?子癇発作への対応や治療法は?子癇前症の症状についても解説

HELLP症候群

「HELLP症候群」とは、妊娠高血圧症候群の一病型であり、溶血、肝酸素の上昇、血小板減少がみられます。妊娠高血圧症候群の人に多く発症するといわれています。上腹部痛やみぞおちあたりに痛みを感じた人は、注意が必要です。産婦人科で相談しましょう。

Mobile favicon

HELLP(ヘルプ)症候群とは?産後にも注意が必要?診断基準や治療法も解説

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

「常位胎盤早期剥離」とは、子宮壁の正常な位置に付着している胎盤が、胎児が産まれる前に剥がれてしまう病気です。母子の命に関わることもあります。強い腹痛や持続性のある腹痛、お腹の強い張りを感じた場合はすぐに専門医に相談しましょう。

Mobile favicon

常位胎盤早期剥離のリスクは?症状・発症率・治療法は?防げる?

妊娠後期の腹痛に注意しよう

Image

妊娠後期は腹痛を感じやすい時期です。出産の前兆のような嬉しい痛みから、病気のサインである痛みなど、理由はさまざまです。気になることがあれば、母体と赤ちゃんの安全を考え、自己判断をしないで医師に相談しましょう。腹部のどの辺りからくる痛みなのか、どのような痛みなのか、症状を細かく記録しておくと良いかもしれません。

出産間近だからこそ不安なことも出てくるかもしれませんが、お腹の中の赤ちゃんと出会えるまであと少しです。元気な赤ちゃんが産まれてくるように、無理せず過ごしてくださいね。

あわせて読みたい

Image

臨月のママはどんな時お腹が張った?先輩ママの口コミ・体験談!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/23917
Image

陣痛はいつ来るの?陣痛の見分け方、陣痛の心構えは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/3733
Image

破水に気づかないときのリスクは?破水の原因と見分け方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/22880
Image

妊娠後期の動悸・息切れの症状・原因は?対策と予防法とは

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20248

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事