更新日:2017年12月06日

「妊婦鍋」のダイエットレシピ10選!プレママには鍋がおすすめ

妊娠中は、つわりの時期が終わると食欲が増すことが多いですよね。しかし、体重制限や妊婦は控えた方が良い食材など、食事に気をつかうこともあるでしょう。また、妊娠中の栄養も気になりますよね。ここでは、妊娠中の食事におすすめの「妊婦鍋」を紹介します。さまざまな味や旬の具材をたくさん使って、おいしい食事で妊娠期を過ごしましょう。

106229
0

妊娠中にダイエットは必要なの?

Image

妊娠中は、つわりの時期を過ぎると食欲が増す方も増えるでしょう。しかし、妊娠中は体重が増えやすく、体重指導を行っている産婦人科が多いようです。

妊娠中のダイエットとは?

妊娠中は、基本的にダイエットは必要ないとされています。しかし、妊娠中に太りすぎてしまうとママや赤ちゃんに危険がおよび、とさまざまなリスクがあるようです。特に、妊娠中の体重の増加により注意したい症状は下記の通りです。

・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病からの早産など
・分娩に時間がかかる(難産)
・特に妊娠後期は身体への負担が大きい

すべての妊婦にダイエットが必要なわけではないですが、妊娠中の体重のコントロールは必要と考えて良いでしょう。

自分のBMIを知ろう

妊娠中の体重制限は、ほとんどの産院が行っているようですが、まずは自分の適性体重を知ることから始めてはいかがでしょうか。妊娠中にどれくらい体重を増やして良いかは、BMIで変わってきます。

【BMIの計算式】
BMI=体重(kg)÷身長(cm)×身長(cm)(※1)

BMI
体格区分
推奨体重増加量
18.5未満痩せ型9~12kg
18.5以上 25.0未満ふつう7~12kg
25.0以上肥満個別対応

BMIによりますが、妊娠中の体重増加量が7kg未満の場合には、低出生体重児を出産するリスクがあることなどから、適度な体重増加が必要です。しかし、非妊娠時と同じような食生活をしている場合、一般的に自然と推奨体重増加量よりも体重が増えてしまう妊婦が多いようです。

妊娠中の食欲を抑えるのは人によっては大変なことですが、バランスよくカロリーと栄養を摂取して、ほどよく体重を増やしていけると良いですね。

Mobile favicon

無理は禁物!妊娠中のダイエットで知っておくべき6つのコツ

妊婦鍋とは?プレママに鍋料理がおすすめの理由

Image

体重が増えやすい妊娠中のダイエットには「妊婦鍋」がおすすめといわれています。妊婦鍋がおすすめなのは、どのような理由からでしょうか。

ヘルシーでダイエット効果が期待できる

鍋料理は、主に野菜や肉・魚など、ビタミンや食物繊維・たんぱく質などが豊富に含まれた食材を使用します。また、油で炒めたり揚げたりしないことから、カロリーを抑えるレシピともいえるでしょう。

妊婦鍋は、カロリーをコントロールしながらも、無理なく妊娠中に必要な栄養素を摂ることができるとされています。

身体が温まる

妊娠中に身体が冷えると、つわりがひどくなったりお腹が張りやすくなったりするのを経験したというママが多いようです。また、夏の暑い日でも、室内のクーラーなどで身体が冷えやすく、常にショールを持ち歩いている人もいるでしょう。

妊婦鍋は、季節を問わず、冷えた身体を芯から温めてくれる効果が期待できます。生姜やネギなど、身体を温めやすいとされる食材を加えて、冷えからおこりやすい妊娠中のトラブルを予防できると良いですね。

無理なくビタミンやたんぱく質を摂取できる

厚生労働省が発表している「妊産婦のための食事バランスガイド」(※2)では、妊娠中は、不足しがちなビタミン・ミネラルを副菜でとるように推奨されています。

鍋料理は、野菜やきのこ類をたくさん入れるレシピが多いので、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。野菜・肉・魚・きのこ類など、栄養バランスのとれた食材を選ぶようにすることで、妊娠中に不足しがちな栄養素を無理なく摂ることができるでしょう。

どの程度の量をとれば良いか迷う方は、母子手帳に記載されている「妊産婦のための食事バランスガイド」を参考にしください。必要な栄養素をどの程度摂取するのが適切か、わかりやすく描かれていますよ。

妊婦鍋のポイント

Image

主食でエネルギー補給

厚生労働省が発表している「妊産婦のための食事バランスガイド」(※1)によると、主食を中心に、エネルギーをしっかりと摂ることが推奨されています。副菜でビタミンやミネラルをしっかり摂り、肉・魚・卵・大豆などの主菜は適度な摂取を意識すると良いそうです。妊娠中に必要なエネルギー量は、非妊娠時と比べると下記の通りです。

・妊娠初期で+50kcal
・中期で+250kcal
・後期は+450kcal(※2)

非妊娠時の一日の必要摂取カロリーは、体重や運動量で個人差がありますが、1800~2200kcal程度とされています。妊娠中は、できるだけカロリーを意識した食生活ができると良いですね。

お好みの味付けで飽きないように

妊婦鍋は、ヘルシーで妊娠中の栄養素を無理なく摂ることができるといっても、いつも同じ味では飽きてしまいます。味付けにバリエーションを持たせて、無理なく食べることができるように工夫しましょう。

醤油・鶏ガラ・トマト・塩バターなど、鍋にはさまざまな創作レシピがあります。お好みに応じて、自分で鍋の味を研究しても楽しいはずですよ。

妊婦鍋におすすめの食材は?

妊婦鍋におすすめとされる食材は下記の通りです。

・椎茸などのきのこ類
・白菜
・春菊
・ネギ
・しらたき

主に、ビタミンや食物繊維が豊富な野菜をベースにした鍋が多いようです。また、たんぱく質を上手く摂取するために、下記の食材を追加しても良いでしょう。

・白身魚
・豚肉
・鶏肉

妊娠中は、たんぱく質や鉄分・ミネラルが不足しがちとされています。特に、妊娠後期はお腹の赤ちゃんの成長が著しいことから、さらに栄養補給を考えたレシピが望ましいとされています。

毎日同じ食材ではなく、日や気分によって少しずつ食材を変えることで、バランスよく栄養を摂取できます。旬の食材は栄養価が高く、味がしっかりしている食材が多いので、意識して摂り入れてみてはいかがでしょうか。

Mobile favicon

妊娠初期に必要な栄養素と注意したい栄養素は?おすすめ食材6選

妊婦鍋を使ったダイエットレシピ10選

鉄分たっぷり つみれ鍋

Image

■味付け
・鶏がらスープ 鍋に半分程度
・生姜汁 大さじ1
・ごま油 適量

■おすすめの具材
・白菜 1/4
・ほうれん草 1束
・小松菜 1束
・しいたけ 3個
・ごぼう 1/2本
・ネギ 1本
・鶏もも肉 適量
・つみれ 数個

■コツ・ポイント
材料や分量など、目分量でもおいしく仕上がる簡単鍋です。ほうれん草や小松菜を入れることで、妊娠中に不足しがちな鉄やカルシウム補給ができるでしょう。生姜の味がきいて、身体の芯から温まります。

残った出汁で、パスタを茹でても良いですね。

低カロリーな 水炊き鍋

Image

■味付け
・水 1000mL程度
・昆布 1~2枚
・塩 少々
・生姜 お好み

■おすすめの具材
・手羽元 3本
・鶏もも肉 適量
・たら 3切
・白菜 1/4
・水菜 1束
・春菊 1束
・しめじ 1パック
・ネギ 1/2本
・豆腐 一丁

■コツ・ポイント
あらかじめ、手羽元を1時間、鶏もも肉を30分程度水から茹でると、鶏肉からダシをとることができます。野菜を入れる前に、塩を少々とネギ・生姜をお好みで加えるとコクのあるスープに仕上がりますよ。

お好みで、大根おろしを入れたポン酢などで食べると良いでしょう。

ごま油で香ばしい みぞれきりたんぽ鍋

Image

■味付け
・水 500mL程度
・大根おろし 1/2本分
・白だし 100cc
・塩 小さじ1
・醤油 小さじ1
・砂糖 お好みで少々
・ごま油 適量

■おすすめの具材
・きりたんぽ 数本
・にんじん 1/2本
・ニラ 1束
・しいたけ 3個
・ネギ 1本
・鶏もも肉 適量

■コツ・ポイント
きりたんぽの代わりに、焼いた餅を入れても食べごたえがあります。お餅・ご飯などの炭水化物の摂取が気になる場合は、春雨やくずきりを使用しても良いですね。食べる直前にごま油を回しかけることで、香ばしく仕上がりますよ。

白菜と豚ばらのミルフィーユ鍋

Image

■味付け
・水 1000mL程度
・白だし 100mL

■おすすめの具材
・白菜 1/2
・豚バラ肉 300g
・万能ねぎ お好み
・白いりごま お好み

■コツ・ポイント
白菜と豚バラを交互にはさみ煮立たせることで、お互いのうま味を凝縮できます。白菜の代わりにキャベツを使用しても良いですね。お好みで、万能ねぎと白ごまをかけてひと煮立ちさせると、さらにコクが出ますよ。

豆乳とごまドレ 豆乳鍋

Image

■味付け
・無調整豆乳 500mL程度
・ごまドレッシング 大さじ3
・水 300mL
・鶏がら粉末 大さじ1~2
・砂糖 小さじ1

■おすすめの具材
・白菜 1/4
・春菊 1束
・水菜 1束
・しいたけ 3個
・ごぼう 1/2本
・焼ネギ 1本
・豚肉 適量
・つみれ 数個

■コツ・ポイント
調整豆乳を使用する場合は、味付けの砂糖は控えて大丈夫です。ごまドレッシングは、少量ずつ入れて様子を見ながら味を調節してください。鶏がら粉末の代わりにだしの素を入れると和風風味になりますよ。

たっぷりお野菜 味噌トマト鍋

Image

■味付け
・無塩トマトジュース 200mL
・トマトピューレ 1缶
・水 100mL
・味噌 適量

■おすすめの具材
・ミニトマト 1パック
・ブロッコリー 1房
・キャベツ 1/2個
・玉ねぎ 1個
・じゃがいも 1個
・きのこ類 お好み
・ウインナー 適量
・厚切りベーコン 適量

■コツ・ポイント
トマトスープに味噌を入れることで、コクのあるスープに仕上がります。じゃがいも・玉ねぎは他の具材に比べて火が通りにくいので、あらかじめレンジでやわらかくしておくと安心です。

ミニトマトは、具材が煮立った後に鍋に入れて1~2分火を通すと、煮くずれしにくいですよ。

すりおろし玉葱のカレースープ鍋

Image

■味付け
・水 1000mL程度
・カレールー 半箱
・コンソメキューブ 1個
・すりおろし玉ねぎ 1個分

■おすすめの具材
・玉ねぎ 3個
・水菜 1束
・えのき 1袋
・厚揚げ 1袋
・豆腐 一丁
・ネギ 1本
・鶏もも肉 適量
・粉チーズ 数個

■コツ・ポイント
あらかじめすりおろした玉ねぎを水などと煮立たせることで、味にまろやかさが出ます。鶏肉を豚肉やシーフードにしても、さまざまなカレーの味が楽しめますよ。

レタスと豚肉のねぎ塩鍋

Image

■味付け
・水 1000mL
・塩 大さじ2
・鶏がら粉末 大さじ1
・ごま油 適量

■おすすめの具材
・レタス 1/2個
・長ネギ 2本
・ニラ 1束
・しめじ 1袋
・あげ 1枚
・鶏もも肉 適量

■コツ・ポイント
レタスは鍋に入れるとしんなりするので、お好みで1個使用しても無理なく食べることができます。塩分が気になる場合は、鶏肉や鶏がらスープ塩の量を調整してください。煮立った後に、ごま油を回し入れることでコクのある鍋が楽しめます。

塩バターちゃんこ鍋

Image

■味付け
・水 1000mL
・顆粒かつおだし 小さじ2
・乾燥昆布 10cm
・バター 適量

■おすすめの具材
・白菜 1/4
・春菊 1束
・えのき 1束
・しいたけ 3個
・ネギ 1本
・豆腐 一丁
・鮭切り身 1パック
・えび 適量

■コツ・ポイント
塩ベース以外にも、醤油・鶏ガラベースにバターを加えても、コクのある鍋に仕上がります。前日から昆布を水に浸しておくことで、ダシのきいたスープが楽しめますよ。

博多名物 もつ鍋

Image

■味付け
・鶏がらスープ 500mL
・だし汁 500mL
・醤油 50mL
・にんにく 1~2個

■おすすめの具材
・もつ(きちんとした処理をしたもの) 300g
・ニラ 2束
・キャベツ 1/2個
・豆腐 一丁

■コツ・ポイント
もつは、あらかじめ湯通しなど下処理をすると安心です。もつは、ビタミンやミネラルが豊富とされていますが、あまり消化が良くない食材でもあります。もつの風味を楽しみながら、ニラやキャベツなどの野菜を積極的に摂ると良いでしょう。

鍋料理におすすめの鍋 Amazon
鍋料理におすすめの鍋 楽天

妊娠中の食べ物の注意点

Image

食中毒などの危険から食材を十分に加熱する

妊娠中は、食中毒に気を付けましょう。妊娠中に食中毒になると、下痢や嘔吐の症状があっても、医師によっては薬の使用を控えるよう、指示が出る場合があります。また、中毒をひきおこした菌が、胎児に何かしらの影響をおよぼす可能性も否定できないとされています。

特に食中毒が心配される、魚や肉・卵・チーズなどの食材は、よく火を通すことを心がけましょう。

妊娠中に避けた方が良い食材はあるの?

妊娠中には、必要に応じて下記の食材を避けた方が良いとされています。

・加熱していないチーズ・生ハム・スモークサーモン
・生肉・ユッケ
・マグロ類・キンメダイ
・生卵・無殺菌の乳製品
・ターメリック・バジル・ナツメグ
・わかめ・ひじき
・ホタルイカ・ウナギ・レバー・鮎
・アルコール

妊娠中に避けた方が良い食材すべてを控える必要はありません。食材によっては、週に一度や適量なら問題ないとされる食材もあります。

妊娠中に食べる食材は、しっかり火を通すこと・栄養素の偏った食事にならないことを心がけましょう。ストレスにならない程度に調理法を工夫しながら、食事を楽しめると良いですね。

Mobile favicon

妊娠中に食べてはいけないもの一覧!影響する病気と食材まとめ

妊娠中の栄養サポートとダイエットにおすすめのドリンク

妊娠中はさまざまな栄養素が必要とされますよね。気を付けて食事をしていても、日々の食事だけでは体重管理が難しかったり、必要な栄養素が補いきれなかったりします。ここでは、妊娠中の栄養サポートとダイエットにおすすめのドリンクを紹介します。

ベルタ 酵素ドリンク

Kouso06

ベルタ 酵素ドリンク

¥10,200〜(2017/12/06 時点)

購入はこちら

ベルタの酵素ドリンクは、消化酵素や代謝酵素を直接摂取することで、冷え性や便秘の改善が期待できます。「酵素=ダイエット」というイメージがありますが、妊娠中は無理なダイエットは控えましょう。食前や間食の置き換えとして、不足している栄養素を補う飲み方がおすすめです。

酵素ドリンクは、香りや独特な風味に飲みづらさを感じる人が多いようです。ベルタの酵素ドリンクは、ピーチ味なので比較的飲みやすいと評判が高いのも魅力のひとつです。毎日継続して飲み続けるものなので、栄養素以外にも、飲みやすさを重視した選び方をしても良いですね。

■この商品に関する口コミ
・妊娠判明後、出産のときのリスクを減らすために、健康に体重制限できたらと思い購入しました。
・妊娠中で太りすぎを指摘され購入しました。飲み始めてから便秘が解消されました。妊娠中にも飲めるのでおすすめです。

引用元:review.rakuten.co.jp
「ベルタ」販売サイトはこちら

酵素ドリンク 優光泉

001yukosen

酵素ドリンク 優光泉

¥6,372〜(2017/12/06 時点)

購入はこちら

酵素ドリンク「優光泉(ゆうこうせん)」は、栄養補給にはもちろん、妊娠中の体重制限のサポートにもおすすめです。野菜・海藻・穀物など60種の国産素材のエキスを発酵させた酵素が、消化や代謝の機能を促進させ、痩せやすい身体をつくります。添加物や糖類を加えていない完全無添加なので、妊娠中でも安心して飲むことができますよ。

妊娠中は、できるだけ身体に無理な負担をかけたくありません。優光泉を上手く使い、スタミナと健康を保ちながら、無理なく体重管理ができると良いですね。

■この商品に関する口コミ
・妊娠7ヶ月の妊婦です。とても飲みやすく体重も大幅に増えていないので満足です。飲み続けようと思います。
・妊娠中で風邪をよくひくので、免疫アップのために購入しました。飲み始めてから、子どもの風邪をうつされずに過ごせています。

引用元:review.rakuten.co.jp
「優光泉」販売サイトはこちら
Mobile favicon

葉酸サプリおすすめ人気ランキング!妊活・妊娠中の効果や口コミをご紹介

妊婦鍋で心も身体も温まろう

Image

妊娠中は、つわりの時期が終わると食欲が増す方が多いですよね。しかし、一般的に推奨されている体重増加量を超えると、妊娠高血圧症候群などのリスクがあるとされます。そのため、妊娠中だとしてもダイエットを考えるママも多いのではないでしょうか。

妊婦鍋は、カロリーを抑えながら妊娠中に必要な栄養を摂取できるため、妊娠中におすすめとされるレシピです。お腹を満たしながら、体重の増加を抑えられるのは嬉しいですよね。おいしいものを食べると、心も身体も満足できます。妊婦鍋で栄養バランスとカロリーを考えながら、心も身体も温まる食事ができると良いですね。

あわせて読みたい

Image

プレママ必見!妊娠中のおすすめレシピ21選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12842
Image

妊娠中におすすめの飲み物・注意すべき飲み物一覧!先輩ママ100人のアンケートも記載

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16399
Image

妊娠初期の食事内容は?注意したい食べ物と摂りすぎてはいけない食べ物

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20015
Image

妊娠後期の食事の注意点は?後期つわりで食べられないときは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13493
Image

妊婦の体重管理!体重増加のリスクとは?体重を減らすための食事や体重管理アプリを紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29137
Image

妊娠糖尿病の食事療法の「分割食」とは?おすすめメニューは?出産後の食事はどうする?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18937
Image

妊娠中に食べても大丈夫?カレー、ハチミツ、チョコ、レバー

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5502

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

りん

大体が笑って過ごしたいと思っています。 6歳(男)4歳(…

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事