更新日:2017年05月23日

妊娠初期の生理痛のような腹痛はいつまで?生理痛との違いは?

妊娠初期に生理痛のような腹痛を感じることがあります。妊娠に何か問題があるのではないかと、不安に感じてしまうママも多いのではないでしょうか。今回は、妊娠初期の腹痛の原因と期間について、医師監修の記事でご紹介します。

監修 : mamanoko 医師・専門家
471564
0

目次

    生理痛のような腹痛の原因

    Image

    子宮収縮による腹痛

    妊娠初期には、着床した胎芽を育てるために子宮が収縮を繰り返します。その子宮の収縮により、生理痛のような腹痛を感じることがあります。

    ・子宮のあたりがチクチクする、または鈍痛がある
    ・下腹部が引っ張られるように痛む
    ・子宮のあたりがむずむずする
    ・恥骨のあたりがズキズキと痛む

    このような痛みがある場合が多いようですが、個人差が大きいものになります。一日中痛みが続く人もいれば、痛みが断続的に続くという人もいます。

    ホルモンバランスの変化による腹痛

    妊娠初期には、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やエストロゲン、プロゲステロンというホルモンが多く分泌されるようになります。それによってホルモンバランスが変化し、胃腸の働きが弱くなり、便秘や下痢を引き起こしての原因となる場合があります。

    Mobile favicon

    生理ではないのに、生理痛のような痛みが起こる原因は?

    Mobile favicon

    効き目で選ぶ!生理痛のための鎮痛薬おすすめ11選

    妊娠初期症状と生理痛の違い

    Image

    生理中は子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌され、子宮が収縮し、スムーズに経血を身体の外に排出しています。このプロスタグランジンの分泌が増えると子宮の収縮が強くなり、生理痛が引き起こされます。

    妊娠初期の腹痛と生理痛は、痛みの区別がつきにくく、症状で判断をすることは難しいものです。普段の生理痛と痛みを感じる場所や感じ方が違ったり、普段生理痛がないのに生理痛のような痛みを感じたりしたときは、妊娠初期症状である可能性を考えるようにしましょう。

    Mobile favicon

    妊娠したかも…と感じたらチェックしたい16の妊娠超初期症状!兆候はいつから?

    Mobile favicon

    生理前の下腹部痛!PMS(月経前症候群)と妊娠初期症状の見分け方は?

    妊娠初期の生理痛のような腹痛はいつまで?

    Image

    妊娠初期の生理痛のような腹痛は、早い人だと着床してすぐに感じはじめることがあります。一般的には1ヶ月ほどでおさまることが多いものですが、腹痛を全く感じない人もいれば、妊娠中期に入っても腹痛が続く人もいます。

    ・下腹部が張っていることによる腹痛
    ・お腹から腰にかけての腹痛
    ・お腹全体が引っ張られるような腹痛
    ・生理痛に似た腹痛
    ・きゅっとした軽い腹痛

    このような一時的な腹痛は問題のないことが多いようです。

    妊娠初期の腹痛は、子宮周りの筋肉の収縮によって起こることがあるため、あまり不安に感じなくても大丈夫ですよ。ただ、痛みの感じ方が急に変わったり、長時間腹痛が続くときには、早めに病院に相談しましょう。

    妊娠初期の腹痛は流産の兆候?

    Image

    流産の危険!?気を付けるべき腹痛とは

    妊娠初期に腹痛を感じると、もしかしたら流産の兆候なのではないかと不安に感じる方も多いと思います。流産の場合、このような痛みを感じることが多いようです。

    ・ぎゅーっと締めつけられるような強い腹痛
    ・ズキズキとした下腹部痛
    ・強い下腹部痛

    こうした腹痛が継続している場合、流産の兆候である可能性があるので注意が必要です。

    また、下腹部痛がどんどん強くなっていくという場合は、子宮外妊娠の兆候である可能性があります。受精卵が間違えて卵管に着床した場合、放っておくと卵管が破裂し、激しい腹痛とショック症状を引き起こすことがあります。子宮外妊娠は妊婦健診でわかりますが、胎嚢が子宮内に確認できるまでは注意が必要です。

    腹痛以外の流産の兆候は?

    腹痛以外に、出血、基礎体温の低下が起こり、頭痛、つわりなどの妊娠初期症状が急になくなった場合は、より流産の可能性が高いといえるでしょう。流産の兆候に早く気が付き、適切な治療を受ければ妊娠を継続できることもありますので、思い当たることがあればすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

    妊娠初期の生理痛のような腹痛の対処法

    Image

    妊娠初期の生理痛のような腹痛には、「これで一発で解決!」といった対処法は残念ながらありません。なるべく身体をゆっくりと休め、無理をしないように過ごすようにしましょう。
    妊娠初期の腹痛がどうしても辛いときには、我慢せず病院を受診することも大切です。妊娠中の異常の早期発見にもつながるかもしれませんので、不安があればすぐに医師に相談しましょう。

    早めに妊娠初期の症状に気づく利点

    Image

    妊娠直後の細胞分裂の重要性

    妊娠初期、受精卵が着床してからも細胞分裂は続き、胎児が形成されていくとても大切な時期です。そのため、妊娠初期の生理痛のような腹痛を「ただの腹痛」だと考えず、「もしかしたら妊娠初期の腹痛なのかもしれない」と考えて行動することが重要です。

    とくに気をつけたいのが、葉酸の摂取。妊娠初期に葉酸をしっかりと摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができると言われています。

    胎児を悪影響から守ることができる

    妊娠に気付かず、ただの腹痛や生理痛だと勘違いして薬を飲んでしまうと、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。一般的に妊娠4週未満は薬を飲んでしまっても影響はほとんどないと言われていますが、妊娠4週~7週は薬の影響が気になる時期です。

    妊娠4週というと、生理開始予定日でまだ妊娠しているかどうか確定することができない時期。赤ちゃんを希望している場合は、妊娠初期に生理痛のような腹痛を感じることがある、ということを頭に入れておいてください。

    普段の生理の状態を把握しておく

    Image

    基礎体温と生理周期

    女性の身体の基礎体温は、生理周期によって変化をします。生理初日から始める月経期には、黄体ホルモンの分泌が減少し、基礎体温が下がります。

    基礎体温の低い「低温期」は卵胞期まで続き、排卵が起こると黄体ホルモンが分泌されるようになり、基礎体温が上がります。基礎体温が高い時期を「高温期」と呼び、これは黄体期まで続くと言われています。

    つまり基礎体温をみていれば、自分の身体がいまどのような時期にあるのかがわかるのです。基礎体温は3ヶ月ほど記録することで身体のリズムを知ることができるので、普段の生理周期を把握するために、まず基礎体温をつけておくようにしましょう。

    経血の量と質

    また普段の生理の経血の量と質を把握しておくことも大切です。普段の生理に比べて極端に量が少なかったり、状態が違ったりするときには、妊娠の可能性を考えてみて下さいね。

    普段そういったことに無頓着だと、着床時に起こる着床出血を生理と勘違いしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

    痛む部分や体調の変化

    生理痛の症状は人によって様々です。痛む部分や体調なども個人差が大きいため、普段の自分の生理痛がどのようなものであるかを知っておき、ちょっと変わった症状があるときには注意をするように心がけましょう。

    妊娠初期の腹痛は、生理痛と見分けがつかないことも少なくないもの。些細な変化に気を配れるようにしておくようにしましょう。

    Image

    それって妊娠超初期の下腹部痛かも?下腹部痛に気づいた時にできること | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17075

    妊娠初期の腹痛の体験談

    妊娠初期、筆者も生理痛のような腹痛を感じていました。まだ妊娠が判明する前の妊娠4週頃から感じ始め、初めの頃は「もう少しで生理が来るのかな?」とあまり気にはしていませんでした。

    幸いさほど強い痛みではなかったため薬は飲みませんでしたが、その頃は妊娠しているとは思わず、うっかり薬を飲んでしまっていてもおかしくない状況だったため、あとになって妊娠に対する意識の低さを反省したものです。

    私はもともと生理不順で生理周期がバラバラのですが、だからこそ普段から腹痛には注意をするべきだと感じました。

    妊娠したかもと感じたら

    神経管閉鎖障害のリスクを抑えるために、妊娠前の1ヶ月前から摂取し始めましょう。葉酸は水に溶けやすく食物から摂取することが難しいので、サプリメントも補助的に飲むことが一般的です。

    Belta

    ベルタ 葉酸

    ¥5,980〜(2017/05/24 時点)

    購入はこちら

    葉酸のサプリメントを選ぶ際には、1回の摂取で400μg補えるものを選びましょう。また、お腹の赤ちゃんのことを考えて香料や着色料などを使用していない、無添加のものを選ぶと安心ですね。

    ベルタの葉酸サプリメントは、1回の摂取で400μgの葉酸を補うことができますし、無添加なのでおすすめです。葉酸以外にもビタミンやミネラル、鉄分など妊娠中に不足しがちな栄養素を十分に補うことができます。

    ベルタ葉酸に含まれている栄養素

    ・葉酸400μg
    ・ビタミン・ミネラル27種類
    ・鉄分16mg
    ・カルシウム232mg
    ・野菜21種類
    ・美容成分6種類(ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン・珊瑚カルシウム・黒酢もろみ)

    引用元:belta-shop.jp
    公式サイトはこちら

    この葉酸もおすすめ

    %e3%81%af%e3%81%90%e3%81%90%e3%81%bf%e8%91%89%e9%85%b8

    はぐくみ葉酸

    ¥6,980〜(2017/05/24 時点)

    購入はこちら

    はぐくみ葉酸は、自然由来にこだわっており、オーガニックレモンから取れた葉酸と、酵母由来の葉酸を合わせて500μg含まれているので、とても吸収率が高くなっています。もちろんその他の栄養素も豊富なので、産後まで飲み続けることができます。品質管理も徹底しているので、安心できます。

    はぐくみ葉酸に含まれている栄養素

    ・葉酸500μg
    ・ビタミン、ミネラル20種類以上
    ・鉄分10mg
    ・カルシウム200mg
    ・野菜22種類

    公式サイトはこちら
    D14313 7 237778 2

    ララリパブリック

    ¥3,685〜(2017/05/24 時点)

    購入はこちら

    ララリパブリックは、厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を配合した葉酸サプリ。小さめの錠剤たった4粒で、400μgの葉酸を摂ることができます。

    鉄・カルシウムのほか、国産の厳選野菜ミックスパウダーと各種美容成分を配合。妊娠中に必要な栄養を重点的に補いつつ、鉄や亜鉛は過剰摂取にならないよう配慮した配合になっています。植物由来のコーティングにより葉酸特有の香りを抑えているため、つわりの時期でも飲みやすいですよ。

    ララリパブリックに含まれている栄養素

    ・葉酸400μg
    ・ビタミン、ミネラル
    ・鉄分10mg
    ・カルシウム210mg
    ・美容成分

    販売サイトはこちら

    あわせて読みたい

    Image

    高温期に生理がきた?高温期の出血の原因と妊娠の可能性について | mamanoko(ままのこ)

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18080
    Image

    妊娠検査薬の反応はいつから?生理予定日、排卵日、高温期から計算できる?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28275
    Image

    受精や着床時に自覚症状はある?受精〜着床までの体の変化と妊娠超初期症状について

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/5277
    Image

    慌てないで!妊娠初期の出血の原因と対処法

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11890
    Image

    妊娠初期の茶おりの原因は?赤ちゃんは大丈夫?

    Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/16875

    キーワードで記事を探す

    関連する人気の記事

    妊娠・出産のカテゴリ