壮絶すぎる…!三つ子出産&育児を通して見えてきた子育ての秘訣とは?

上の子の妊娠時とは異なる、重いつわり…。「何かおかしい」と思ったせい子さんは、大学病院を受診します。すると、お腹の中にはなんと「三つ子」が…!今回は三つ子の長女である著者が、母の妊娠・出産体験を描いたエッセイマンガ『三つ子産んだら死にかけました』をご紹介します。

7586

目次

  1. 1980年代のハイリスク妊娠
  2. 切迫早産で緊急入院!
  3. 壮絶な出産・育児
  4. 育児は、まわりの助けを借りて乗り切る!
  5. 著者情報
  6. あわせて読みたい

今回は著者のお肉おいしいさん、ご本人の許可をいただき「ままのて」ユーザーに、ぜひ一読してほしい場面を抜粋してお届けします。

1980年代のハイリスク妊娠

せい子さんが三つ子を妊娠したのは1980年代のこと…。三つ子の妊娠は、昔も今も「ハイリスク妊娠」に変わりはありません。

しかし、1980年代のほうが今より医療が発達しておらず、多胎児の妊娠・出産に関する情報は少なかったかもしれません。出産に臨むせい子さん夫婦はもちろん、まわりの家族も「三つ子妊娠」に不安が募っている様子が描かれています。

Image

切迫早産で緊急入院!

家族を説得し、子宮口が開かないようにするシロッカー手術を行い、三つ子出産に向けて準備をしていたせい子さん。しかし、医師から「切迫早産になりかけている」と言われ、周産期母子センターに緊急入院となります。

Image

壮絶な出産・育児

絶対安静の入院生活をなんとか乗り越え、奇跡的に自然分娩で三つ子を出産したせい子さん。しかし喜びもつかの間、出産直後の身体に異変が起こります…。

Image

出産直後に、生死をさまよったせい子さん。奇跡的に回復し、三つ子たちとの生活が始まりますが、3人の子どもの授乳や夜泣き対応、上の子の幼稚園の送り、家事などで体力的にも精神的にも限界に…。

Image

育児は、まわりの助けを借りて乗り切る!

家事・育児を助けてくれる家族にも体調不良の症状が現れ、家政婦さんを雇うことを決意するせい子さん夫婦。しかし、家政婦さんを頼んでも、三つ子育児は一筋縄ではいかず…!?

Image

壮絶な体験の中にも、ほっこりできる育児シーンもある『三つ子産んだら死にかけました』。マンガの最後は、せい子さんのこんなセリフで締めくくられています。

今まで本当に本当に大変だったし
これからも大変だろうけど
まわりに支えられながら がんばっていこう
“死なない程度に”

「出産・育児が不安でたまらない方」「育児がつらいと感じる方」そんなママに寄り添ってくれる一冊です。このマンガを読み終わったときには、少し気持ちが軽くなっているかもしれないですよ。(編集部)

61sbdny2xdl
三つ子産んだら死にかけました。
¥1,080〜(2018/12/26 時点)

※電子書籍版:648円
著者: お肉おいしい
出版社:ぶんか社

著者情報

あわせて読みたい

【#4】帝王切開でいよいよ出産!気になる手術中や産後の痛みは…!? byつぶみ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30770
Image
【#6】「とにかく寝たい!」育児中のママが、睡眠と引き換えに失ったものとは…? by chiiko
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30799
Image
【#1】名付けで夫と意見が対立…!?SNSで大人気のオキエイコさん初登場!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30842
Image
【#4】「ごはん、早く!!」精いっぱいのアピール姿が、まるでアレに見えて…? by にくきゅうぷにお
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30800
Image
【#5】妊婦健診でも節約可能…!?自費で支払った‟あの代金” by 大貫ミキエ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30867
Image