【#6】ふたりの絆!イマジナリーフレンドの名前とは?「マイ ベストフレンド」 by むぴー

インスタグラムのやTwitterなどのSNSで大人気の作家・むぴー(@mupyyyyy)さんが描く、究極のファンタジーをお届けします。第6話は、いよいよイマジナリーフレンドに名前が付きました。ほっこりさせられるエピソードと、主人公の赤ちゃんらしい名付けにもぜひご注目くださいね。

5029

目次

  1. 【第6話】イマジナリーフレンドの名付け
  2. むぴーさんが描く漫画「マイ ベストフレンド」が動画になりました!
  3. 著者情報
  4. むぴーさんの新刊が発売されました!
  5. 書籍紹介情報
  6. あわせて読みたい

登場人物

・イマジナリーフレンド(名前/???)…ベビー用ベッドメリーの空想の友だち。主人公・ムギのイマジネーション(想像)で自由自在に動く
・ムギ…主人公の女の子。ベッドメリーがお気に入り
・ママ…在宅のイラストレーター。子育てと仕事に一生懸命
・パパ…仕事が多忙だが、休日は子煩悩。やさしい性格

【前回のあらすじ】
主人公・ムギちゃんとイマジナリーフレンドが言葉を交わせるように!ムギちゃんは、まだ寝返りが打てるほどの赤ちゃん。突然話せるようになり、とまどうイマジナリーフレンドは…?

【#5】「マイ ベストフレンド」赤ちゃんとフレンドの会話!ずっと話したかったんだ by むぴー
https://mamanoko.jp/articles/31583

【第6話】イマジナリーフレンドの名付け

編集後記

「マイ ベストフレンド」の第6話では、イマジナリーフレンドに「オイ」という名前が付きました。赤ちゃんらしくかわいらしい名付けエピソードに、ほっこりさせられますね。

イマジナリーフレンドを名前で呼ぶことで、ふたりの絆がより深めた気がします。これからのふたりの関りが、より楽しみになりました。今後のエピソードも楽しみにしていてくださいね。

(ままのて編集部)

むぴーさんが描く漫画「マイ ベストフレンド」が動画になりました!

ままのてで連載中の育児漫画「マイ ベストフレンド」(byむぴー)が、動画でも楽しめるようになりました。今後も漫画動画を随時更新する予定です。

漫画動画のほかにも、育児に関するお役立ち情報、生活の知恵がたくさん配信されていますよ。どの動画にも字幕が付いているので、赤ちゃんや子どもが寝ているときでも音声なしでお楽しみいただけます。ぜひチャンネル登録してみてくださいね。

1〜3話を動画でチェック!

※「ままのてチャンネル」とは
妊活・妊娠・出産・育児の情報を届けるチャンネルです。妊娠中や育児期のお役立ち情報のほか、マンガ動画も配信していますよ。お気に入りの動画を見つけたら、ぜひチャンネル登録してくださいね。

過去のエピソード

【#1】新連載!「マイ ベストフレンド」赤ちゃんと空想の友だちとの物語 by むぴー
https://mamanoko.jp/articles/31498
【#2】「マイ ベストフレンド」イマジナリーフレンドの観察日記 by むぴー
https://mamanoko.jp/articles/31509
【#3】「マイ ベストフレンド」赤ちゃんのハンドリガードのきっかけ by むぴー
https://mamanoko.jp/articles/31534
【#4】「マイ ベストフレンド」初めての寝返り!赤ちゃんが興味を持ったもの by むぴー
https://mamanoko.jp/articles/31550
【#5】「マイ ベストフレンド」赤ちゃんとフレンドの会話!ずっと話したかったんだ by むぴー
https://mamanoko.jp/articles/31583

妊娠・育児に関するお役立ち情報発信中!

著者情報

むぴーさんの新刊が発売されました!

母がはじまった
¥1,320〜(2020/02/20 時点)

出版社: PHP研究所 (2020/2/12)

むぴーさんの最新刊「母がはじまった」が2020年2月14日にPHP研究所より発刊されました。子育ての理想と現実のギャップを赤裸々に描いた、嘘のないストーリーが発売と同時に共感を得ています。言いたくても言えなかった「母」の気持ちを代弁してくれているむぴーさんの作品。ぜひお手に取ってご覧くださいね。

書籍紹介情報

【愛情満点】Twitterで17万「いいね!」を記録した子育てリアル漫画をご紹介
https://mamanoko.jp/articles/31470

著者・むぴーさんの「子供ができて知ったこと」は、ほんわかした楽しさや笑いのなかに赤裸々な子育て感を描いた一冊です。ページをめくるたびに子を思う親心が伝わってきて、心温まるシーンがふんだんに盛り込まれています。

本の大きさは、子どもを抱っこしていても持ちやすいサイズ感が特徴です。赤ちゃんの授乳中やミルクをあげているとき、寝かしつけが終わったときにページをめくりやすいタイプといえるでしょう。

ツイッターやインスタグラムでむぴーさんの投稿を日々チェックしていたというファンも、初めてむぴーさんの作品を読むという方も楽しめる一冊ですよ。

※この記事は2020年2月時点の情報をもとに作成しています。

あわせて読みたい

【#58】「これはジュースじゃなくて…!」ママの勢いに流された幼い子どもの反応とは? by chiiko(ぐっ…
https://mamanoko.jp/articles/31608
【#5】年子育児は魅力満載?!おすすめポイント4つをご紹介 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/31599
早めに生まれてきた我が子…一生に一度のかけがえのない瞬間by yukko 【#忘れたくない瞬間vol.6】
https://mamanoko.jp/articles/31531
【保育士解説!#2】パパの育児参加「イクメン」を徹底解説!男性の育児参画は本当に必要?
https://mamanoko.jp/articles/31600
【2020春夏ユニクロ】Vol.1ベビー&キッズ先取り展示会レポ!新作おすすめ商品をご紹介
https://mamanoko.jp/articles/31598