【話題沸騰】育児は泣いて笑ってやっぱり笑う!ほかほか命さんの魅惑のインスタ作品をご紹介!

Instagramのフォロワー数・2.6万人!(2021年6月現在)現在もぐんぐんフォロワー数が伸び続けているイラストレーター「ほかほか命」さん。赤ちゃんの成長や育児あるあるで爆笑させられたり、ときに考えさせられたりと共感する方が続出です。そんな、ほかほか命さんの作品の魅力をご紹介します!

4448

目次

  1. イラストレーター「ほかほか命さん」
  2. ほかほか命さんの長男はるくんの成長
  3. 育児あるある爆笑エピソード
  4. ほかほか命さんが育児日記を始めた理由
  5. ほかほか命さんの今後の活躍にも期待絶大!
  6. ままのて公式アカウント
  7. あわせて読みたい

イラストレーター「ほかほか命さん」

イラストレーター「ほかほか命さん(@hokahokainochi:Instagram)」は、Instagram に息子はるくんの成長や育児あるあるなど、センス溢れる独特の視点で描かれた笑いと涙を誘う魅力的なイラストやエピソードをアップしています。

初めての出産・育児の理想と現実などを巧みに表現して、読者の心をグッとつかんでいますよ。ここでは、ほかほか命さんのInstagram 作品の魅力をご紹介します。

※このページは、ほかほか命さんに許可をいただきInstagramを引用しております。各投稿を右スワイプすると、そのときのすべての投稿をご覧いただけます。

ほかほか命さんの長男はるくんの成長

ほかほか命さんの息子はるくん。はるくんの成長や月齢の特徴を細かく記録してアップしています。

ミルクを飲むときの赤ちゃんならではのかわいらしさ、お食い初めのときの必死なママ&パパ、離乳食デビューの爆笑エピソードなど、どれもセンスが光る描写で読み手に共感と笑いを与えています。

育児あるある爆笑エピソード

ほかほか命さんのインスタには、育児中の方が「あるある」と叫びたくなる爆笑エピソードがたくさんあります。

センスが光り思わず吹き出してしまうエピソードもあるため、寝かしつけ中や授乳中に閲覧する際はいかなる場合も声を押し殺していただくことをおすすめいたします。(ままのて編集部)

ほかほか命さんが育児日記を始めた理由

赤ちゃんのかわいらしさや成長、育児の楽しさを巧みに表現しているほかほか命さん。育児絵日記を始めたきっかけも Instagram で紹介しています。それはインスタの作品から見られるような楽しいことばかりではなく、育児に疲れたり悩んだりしたことが発端だったといいます。

育児中は赤ちゃんの哺乳や夜泣きなど大変なこともたくさんあり、子育てをしている方誰しもが感じたことがあるものではないでしょうか。自分が感じた気持ちを包み隠さず読者に伝え、それが誰かの励ましや共感となることもほかほか命さんの作品の魅力とも言えるでしょう。

ほかほか命さんの今後の活躍にも期待絶大!

Instagram で話題沸騰中のほかほか命さん。赤ちゃんのイラストのかわいらしさだけではなく、育児中の爆笑エピソードや皆が感じる育児中の悩みを巧みに描写している点も作品の魅力といえるでしょう。Instagram のコメントを見ていても、元気や勇気、共感、励ましをもらったとの声がたくさんあります。

ママやパパ、おじいちゃんおばあちゃんだけではなく、たくさんの方に見てほしいエピソードですね。ほかほか命さんの今後の活躍にも期待絶大です!

ままのて編集部

ほかほか命
👶2020.11息子誕生👶

↓ほかほか命さんのInstagramアカウントはこちらから↓

ままのて公式アカウント

ままのてのTwitter・Instagramをフォローすると、最新マンガの更新情報をご確認いただけます。
ぜひフォローしてください!

あわせて読みたい

【#46】2歳児がお菓子をあげる理由は?パパのサービス精神旺盛な演技力を紹介! byにくきゅうぷにお
https://mamanoko.jp/articles/31977
【#100】私が妊娠・育児日記を始めて思ったこととは?祝100回記念! byつぶみ
https://mamanoko.jp/articles/31982
【#39】上の子は良い見本?3姉妹育児で目の当たりにした末っ子の成長とは? byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/31974
【#35】もうすぐ5歳の誕生日を迎える息子から…。どうしよう?! byおかめ
https://mamanoko.jp/articles/31970
【テキスタイル編】IKEAのベビーアイテム6選!オンラインでも買える&出産準備品にもおすすめのグッズを紹介!
https://mamanoko.jp/articles/31981