セカンドシューズはいつから?選び方と口コミで人気のおすすめ11選

あんよが安定してきたら、ファーストシューズの卒業の時期です。次はどのような靴を選べば良いのでしょう。動きが活発になってきたこの時期にはセカンドシューズを準備してあげましょう。セカンドシューズの選び方や足のサイズを測るポイント、口コミで人気のセカンドシューズについてご紹介します。

245222

目次

  1. セカンドシューズとは?
  2. セカンドシューズの選び方
  3. 子どもの足の測り方
  4. セカンドシューズのフィッティングの仕方
  5. 靴を選ぶときの注意点
  6. スポーツブランドのセカンドシューズ
  7. 赤ちゃん用品店で買えるセカンドシューズ
  8. 靴・アパレルブランドのセカンドシューズ
  9. セカンドシューズに関する体験談
  10. セカンドシューズを楽天・Amazonでチェック!
  11. 子供に合ったセカンドシューズを選ぼう
  12. あわせて読みたい

セカンドシューズとは?

ファーストシューズとの違い

セカンドシューズとはいったいどのような靴なのでしょう。まずはファーストシューズとの違いについて解説します。

ファーストシューズというのは、よちよち歩きから、一人でトコトコと歩き始めた赤ちゃんのための靴のことです。まだまだあんよは安定せず、危なっかしい所がかわいいこの時期には、足首を守り、マジックテープなどでしっかりと固定できるようなつくりになっています。赤ちゃんの歩行を正しくサポートすることが重要なポイントです。

セカンドシューズは、一人で安定して歩けるようになり、走ったり飛び跳ねたり動きが活発になる時期に履く靴のことです。この時期には土踏まずが形成され始めます。足を保護しながらも、成長を促すようなつくりになっています。

ファーストシューズからセカンドシューズへ変更するタイミング

ファーストシューズはよちよち歩き始めた時期から、約3ヶ月くらい履かせることが多いようです。個人差はありますが、3ヶ月くらいたつと、あんよがだいぶ安定してきます。あんよが安定してくると、赤ちゃんの足も成長し、形や大きさ、かたさも変わってきます。ファーストシューズを履き始めてから3ヶ月くらいたったころ、足にぴったり合うかどうかを確認して、セカンドシューズへの変更を考えてみるようにしましょう。

セカンドシューズはいつからいつまで?

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、1歳6ヶ月頃には、ほとんどの赤ちゃんの歩行は安定してきます。行動範囲も広がり、走ったり、跳ねたりするようになります。これくらいの時期から、3歳くらいまで、セカンドシューズを使うことになります。

セカンドシューズを買うタイミング

歩き始めてから、3ヶ月くらいたつと、あんよも随分安定してきます。赤ちゃんの足の成長も早く、3ヶ月に一度はサイズが合っているかを見直す必要があります。そのため、ファーストシューズを履き始めて、3ヶ月くらいたった頃、セカンドシューズを買うタイミングといえるでしょう。

セカンドシューズの選び方

セカンドシューズを選ぶ時のポイントを次にまとめました。購入するときの参考にしてみてください。

子供の足の形に合っているか

まずは、子供の足の形に合っているかどうかを確認しましょう。足のサイズはもちろん、甲は高いか低いか、幅はせまいのか広いのかなど足の形にも気をつけてみましょう。かかと部分の支えや、足が曲がる位置で靴が曲がっているかも確認しておきましょう。

歩行をサポートしてくれるか

まだまだ子供の足は発達途中の段階です。そのため足を保護し、歩行をサポートしてくれる靴であるかを確認しましょう。

適度な弾力がありしっかりして滑り止めがついた靴底

地面からの衝撃から守られるように適度な弾力があり、しっかりとしたつくりになっているか、靴底には滑り止めがついているのか確認しましょう。

0.5~1cm大きめのサイズ

子供の足のサイズよりも、0.5cmから1cm程度大きめのサイズを選びましょう。

甲をしっかり止められるか

甲の高さや幅も一人ひとり異なります。マジックテープで調節ができ、甲をしっかり止められるかを確かめましょう。マジックテープが2本あるタイプもおすすめです。

つま先の広さ、厚み、反り

指先を曲げたり、力を入れて踏ん張ったり動きも活発になるので、指を適度に動かせるくらいのつま先の広さ、厚みがあるかも確認しましょう。土踏まずの少しつま先よりの部分に、靴が反るかどうかもポイントです。

履かせやすいデザインかどうか

マジックテープを開くと、大きく口が開き、足がすっと入れやすく、履かせやすいデザインであるかも重要です。イヤイヤ期や自分の好みが出てくる時期も始まるので、子どもが嫌がらずに、スムーズに履くことができるものを選びましょう。また、何でも自分でやりたい時期には、子供が自分で履きやすいようなものを選んであげましょう。

子どもの足の測り方

用意するもの

自宅で測る場合、インターネット上に赤ちゃんの足の計測用紙が載っているので、ダウンロードし印刷して測ってみましょう。靴売り場などに足の計測器が置いてあることが多いので、買い物のついでに、それを利用して測ってみてもいいでしょう。

測り方

測り方のポイントは、赤ちゃんを立たせて測るということです。座らせた状態では、正確なサイズは測ることはできません。体重をかけて立たせた状態で測ることが大切です。かかとを計測器の下に合わせ、つま先の一番長い部分までを測ります。指がしっかり伸びているかを確認して測るようにしましょう。

計測をスムーズに行うポイント

計測をスムーズに行うポイントとしては、赤ちゃんが嫌がらずに測れるようにすることが一番です。「〇〇ちゃんのあんよ、大きくなったかな」というように、声をかけコミュニケーションをとりながら測ってあげるといいですね。まだ一人で立つのに不安定な子には、身体を支えてあげながら、サイズを測ってあげましょう。

セカンドシューズのフィッティングの仕方

靴の大きさ

つま先に余裕ができるように、足のサイズより0.5~1cm程度大きなものを選びます。

足回り

足の長さは同じでも、甲の周りや足の形はそれぞれ異なります。幅が細かったり広かったり、甲が薄かったり厚かったりとさまざまです。

立ったときの確認項目

試着させ、立ったときの状態を確認しましょう。足の状態が見える透明の計測靴が置いてある靴売り場もあるので、試してみるのもいいですね。ない場合は、つま先部分を触ってみてどのくらいの余裕があるのか確認しましょう。

歩いた時の確認項目

試着して、歩かせた時、不自然な歩き方をしていないか、痛がっていないか、かかとが浮いて脱げやすくないかを確認しましょう。

靴を選ぶときの注意点

今のサイズに合うものを買う

「せっかく買った靴だから、少しでも長く履かせたい」という気持ちもわかりますが、大きめのサイズを買わずに、子供の今の足のサイズに合うものを買いましょう。

おしゃれさより歩きやすいさを重視する

おしゃれでかわいい靴を履かせたくなりますが、子供が歩きやすいかを重視して選びましょう。

わからないときはシューフィッターのいる店で選ぶ

どれを選んだらいいかわからないときには、シューフィッターがいる店で選びましょう。シューフィッターとは、足に関する知識と靴合わせの技能をもち、正しく合った靴を販売するシューフィッティングの専門家のことです。

試着する

試着させてから選びましょう。ネットで実物を見ずに靴を買うこともできますが、子供の足と靴が合っているかを確認すると安心です。

3ヶ月に1度くらいは小さくなっていないか確認する

子供の成長は早いものです。足のサイズが大きくなっていないか、3ヶ月に一度を目安に確認するようにしましょう。

スポーツブランドのセカンドシューズ

アシックス

【SUKU2(スクスク)】アイダホ BABY KT-ES 3
¥3,524〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:13cm~15.5cm

アシックスの「BABY」シリーズは、1歳から3歳の幼児向けに展開しているシューズです。かかとを包み込む立体的な中敷き、足の指を自由に動かせる扇形のつま先など、踏ん張りやすく安定感のある設計が特徴です。快適性とフィット感にこだわった素材を使い、赤ちゃんの外遊びを応援します。

ニューバランス

INFANTモデル IZ996
¥4,095〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:12cm~16.5cm
■カラー:7色

ニューバランスの人気モデル、LIFESTYLE「996」のINFANTバージョンです。かかと部分にパーツを追加し、安定性を強化しました。靴底にはクッション性と屈曲性を高めたゴムを採用しています。ベルト部分にもロゴを配し、大人と同じようなデザインに仕上がっているので、親子こーでも楽しめそうです。

ナイキ

スター ランナー 3
¥4,950〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:JP8cm~16cm

ナイキスターランナー3はローカットタイプのキッズシューズです。名前の通り靴底には星形のスタッドが並びます。ベルトは面ファスナーの2本だてで、着脱が簡単。こすれやすいつま先にはスキンレイヤーを施し、耐久性を高めました。リサイクル素材を20%使用し、環境に配慮したサスティナブル商品です。

アディダス

スタンスミス PRIMEGREEN MINI ME(ミニミー)
¥4,780〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:11cm~16.5cm

世代を超えて長く愛されているスタンスミスのミニサイズモデルです。レザーなどの動物由来の原料や素材は使わず、リサイクル素材や天然素材を使用して地球の未来にもやさしい製品に仕上げています。グリーン、シルバーメタリック、ボールドピンクの3色展開です。

ミズノ

ミズノプレモア インファント2
¥3,878〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:13cm~16cm
■カラー:
・ネイビー×レッド
・ピンク×ホワイト×パープル
・キャメル×ネイビー
・グレー×ホワイト×ブラック
・オフホワイト×ネイビー

スタイリッシュな配色が目を引くミズノプレモアは、ベロとベルトを一体化し、ベルトを開いたままキープできるピットイン構造を採用しています。靴底はランニング、フットボール、インドアの動きをカバー。ミズノが培ったスポーツシューズのノウハウが詰まっています。

赤ちゃん用品店で買えるセカンドシューズ

西松屋

ベルトシューズ幅広(かかとアニマル)
¥799〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:13cm~15cm

ベルトとかかとに動物がデザインされたかわいいシューズです。幅広なので、つま先が自由に動かせます。こちらの商品以外にも、西松屋にはお手頃価格で買えるセカンドシューズがそろっています。保育園や幼稚園で泥んこ遊びをする日や、祖父母の家の置き靴として用意しておくのも良いでしょう。

ベビーザらス

【Sophitica】ベビーザらス限定 ワンベルトシューズ リップストップ(14cm)
¥1,099〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:13cm~17cm

ベビーザらスのプライベートブランドである「Sophitica」のアイテムは、ナチュラルテイストで落ち着いたデザインが魅力です。こちらのワンベルトシューズはライトブラウンのほか、ピンクやライトグレイがそろいます。Sophiticaのブーツやバレエシューズも1,000円前後で販売されています。

靴・アパレルブランドのセカンドシューズ

イフミー

ifme nature スターチャーム
¥3,332〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:12cm~15cm
■カラー:3色

IFME(イフミー)は「理想の子ども靴」づくりに力を注ぐ子ども靴ブランドです。早稲田大学スポーツ科学学術院と丸紅フットウェアが産学協同で開発し、身体の発育や安全性、機能性に配慮した商品を生み出しています。

こちらのnatureシリーズは、星のチャームがアクセント。Z型のベルトが足のブレやねじれを抑えます。流れ星のように輝きながら走りまわる元気な姿がみれそうですね。

コンバース

コンバース MINI RS 2
¥4,250〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:11.5cm~15cm
■カラー:2色

星のマークがシンボルとなっているコンバース。オールスター、ワンスターとさまざまなタイプのキッズシューズがそろいます。

こちらは、インファント向けロードスターのアレンジモデルです。くるぶし丈のMIDカットタイプで、安定感を高めます。裸足感覚で履ける薄めのアウトソール設計なので、歩いたりかけっこしたりしながら自然な成長をサポートします。

ムーンスター

【moonstar (ムーンスター)】キャロット
¥3,040〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:14cm~19cm

靴の製造・販売を手掛けるムーンスターは、子どもの足をしっかり守る靴として高い信頼を獲得してきました。子どもの足の形、骨の構造、歩き方などを研究し、足の成長にあわせた靴を開発しています。

キャロットはムーンスターの子ども靴ブランドです。こちらは足幅が広い子ども向けの「3E」商品なので、ほかの靴ではきついと感じる子どもでも快適に着用できます。かかとのサポート、屈曲性、ゆったりとしたつま先、洗えるインソールと4つの機能に加え、速乾性も備えていますよ。

アサヒシューズ

アサヒ健康くん
¥5,287〜(2022/11/10 時点)

■サイズ:12.0~14.5cm

セカンドシューズに関する体験談

アサヒシューズは創業120年を超える靴の製造・販売の老舗です。足元から健康をサポートする靴づくりを続けてきました。

アサヒ健康くんは、裸足感覚を実現した子ども靴です。約10万人の子どもの足型測定データをもとに開発されました。インソールはフラットに、アウトソールはつまずきにくい設計にして、足への負担を軽減します。超軽量設計なのも魅力のひとつです。

セカンドシューズを楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonでセカンドシューズの他の商品を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

子供に合ったセカンドシューズを選ぼう

セカンドシューズの色もデザインもいろいろあるので、どれがいいのか迷ってしまいますね。実際に試着させて、子供にぴったり合うセカンドシューズを選んであげましょう。そして、成長を感じながら、子供と一緒にお散歩してください。

※この記事は2022年11月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

ベビー・子ども服の買取ショップ10選!ノンブランド対応の宅配・リサイクルショップは?
https://mamanoko.jp/articles/29500
年齢別!子どもの外遊びのおもちゃ!おすすめのものは?収納アイテムや注意点も紹介!
https://mamanoko.jp/articles/28018