授乳中のアルコールの母乳や赤ちゃんへの影響!飲酒後何時間空ければ良い?いつから解禁?

「妊娠中もお酒をがまんしてきたのに、授乳中も飲めないなんてつらい」と感じているママも多いかもしれません。なぜ授乳中にアルコールを摂取してはいけないのか、飲酒をしてしまったときはどう対処すればいいのかをご紹介します。

718350

この記事の監修

目次

  1. 授乳中のアルコールが母乳や赤ちゃんに影響する?
  2. 飲酒後何時間空けて授乳する?
  3. 授乳期のアルコール許容量チェック!
  4. 授乳期にアルコールを摂った時の対処法
  5. 授乳期のカフェインやタバコはどうなの?
  6. 授乳期のアルコール解禁はいつから?
  7. 授乳中は飲酒以外のリラックス法をとりいれましょう
  8. あわせて読みたい

授乳中のアルコールが母乳や赤ちゃんに影響する?

母乳への影響

赤ちゃんが生まれると、ママの身体では「オキシトシン」というホルモンが活発に分泌されるようになります。オキシトシンは母乳を噴出させる働きのあるホルモンですが、ママがアルコールを摂取すると、このオキシトシンの分泌が抑制されたという研究結果があります。

つまりアルコールの摂取によって母乳量がおさえられ、赤ちゃんに十分な栄養が与えられなくなる可能性があるのです。

また、授乳中にママがアルコールを摂取すると、アルコールが母乳に移行することがわかっています。ママの身体の血中アルコール濃度と、母乳に出るアルコール濃度はほぼ同じです。

赤ちゃんへの影響

赤ちゃんは内臓や脳の発達が未成熟なこともあり、アルコールの影響を受けやすい状態です。母乳を介して赤ちゃんがアルコールを摂取することにより、落ち着きがなくなる、ぐったりするといった症状が出るだけでなく、場合によっては急性アルコール中毒を引き起こす可能性もあります。

海外の事例ですが、多量のアルコールを摂取して子どもに授乳をしたところ、生後数ヶ月の赤ちゃんが急性アルコール中毒で死亡したという事故も起きています。

飲酒後何時間空けて授乳する?

Image

飲酒後、母乳のアルコール濃度は30分から1時間ほどでピークに達するといわれています。アメリカ小児科学会が発表した「母乳と母乳育児に関する方針宣言」では、「アルコール飲料の摂取は最小限にとどめ、アルコールを摂取した場合は2時間以上の間隔をあけてから授乳する」という内容が記載されています。

ただし、血中アルコール濃度が通常と同じ程度まで戻るのにかかる時間は、体質や飲んだお酒の量などによっても異なります。「2時間程度」はあくまでも目安と考え、アルコールを摂取してしまった場合はできるだけ授乳までの時間をあけるようにしましょう。

授乳期のアルコール許容量チェック!

Image

お酒1杯は?一口もだめ?

基本的に授乳中の飲酒はすすめられるものではありませんが、お付き合いなどでアルコールを口にする場合があるかもしれません。

アメリカ小児科学会が発表した「母乳と母乳育児に関する方針宣言」では、「アルコール飲料の摂取は最小限に抑え、体重1kgにつきアルコール0.5gを超えない範囲で時折摂取する程度にとどめるべきである。このアルコール量は、体重60kgの母親であれば、ワイン8オンス(240mL)、ビール2本(350mL×2本)」とする記述があります。

日本人の成人女性の平均体重は50kgほどなので、飲んだとしても「ビール1本(350mL)を時々飲む程度」を目安にした方が良いとする医療関係者も多いようです。

また、アルコールの半減期(血中濃度が半分になるまでの時間)は30分といわれています。そのため、どうしても飲まなければならない場合は上記の基準を超えない量とし、飲酒後は少なくとも2時間以上の間隔をあけて授乳するようにしましょう。

アルコール入りチョコは?

チョコレートなどのお菓子の中には、アルコールが含まれているものがあります。できるだけ摂取しない方が安全ですが、お菓子を1~2個を口に運んだ程度であれば、過剰に心配する必要はないでしょう。

アルコールを含有するお菓子を食べたときは、一般的なアルコール飲料を飲んだときと同様に、できるだけ時間をあけてから授乳するよう心がけましょう。

Article link icon
授乳中にチョコレートをやめられない!カフェインやアルコールの母乳への影…

二日酔いしたら?

二日酔いするほどの量を飲酒した場合は、アルコールが十分に抜けるまで授乳することはおすすめできません。

血中アルコール濃度が平常時と同様の状態に戻るまでにかかる時間は、体質やお酒の量などが大きく関係しています。日本酒を3合飲んだときには、アルコールの処理に8時間かかるともいわれています。

多量のアルコールを摂取した場合は、アルコールが抜けるまではミルクなどで対応しましょう。

ノンアルコール飲料は?

ノンアルコール飲料とは、アルコール含有量が1%未満の飲料を指します。アルコールの影響は軽微といえるため、基本的には授乳中に飲んでも差し支えないことがほとんどです。ただし、アルコール0%のノンアルコール飲料でない限り、大量に飲用するとそれだけアルコール摂取量が増えてしまうので注意が必要です。

また、ノンアルコール飲料には添加物など、アルコール以外にも気になる成分が含まれていることがあります。ノンアルコールだから大丈夫と思い込まずに、こちらも適切な量の飲用にとどめておきましょう。

授乳期にアルコールを摂った時の対処法

Image

アルコールが完全に抜けるまで授乳しない

アルコールを摂取した場合は、アルコールが完全に抜けるまで授乳を控えた方が安心です。アルコールの分解時間は、体質や体重、飲んだお酒の種類や度数、量などによって異なるため、気になる場合はネット上の簡易計算機などを使って調べてみましょう。

アメリカ小児科学会が発表した「母乳と母乳育児に関する方針宣言」では、ビール2本(350ml×2本)程度の飲酒の場合、2時間以上の間隔をあけるという目安が提示されていますが、可能な限り飲酒から次の授乳までの時間はあけた方が安心です。

代わりにミルクを与える

アルコールが抜けきる前に授乳時間が来てしまった場合には、代わりにミルクで対応しましょう。特に多量のアルコールを常習的に摂取している場合は、母乳を飲ませることで赤ちゃんもアルコールを摂取してしまう可能性が高くなるため、ミルクを活用することをおすすめします。

アルコールを飲む前に搾乳しておけば、母乳を哺乳瓶であげることもできます。ただし、赤ちゃんによっては哺乳瓶を嫌がる子もいるため、事前に慣らしておくなどの配慮が必要です。

Article link icon
赤ちゃんのミルクのメリット、デメリット!飲ませ方と注意点

どうしても飲みたいときは?

どうしてもお酒が飲みたい場合は、アルコール度数の低いものをコップ1~2杯飲む程度に留め、飲酒から次の授乳までの時間をできるだけあけるようにしましょう。


飲酒後はミルクや事前に搾乳した母乳に切り替え、アルコールが抜けきったら授乳に戻すという方法ができないわけではありませんが、胸が張ったり、母乳量が落ちてしまったりする可能性もあります。

授乳中はアルコールを摂取しないことが一番ですが、どうしても飲みたい場合には、暴飲を控え、授乳直後に少しだけ飲むようにするなど、赤ちゃんにできるだけ影響がない方法を選んでくださいね。

授乳期のカフェインやタバコはどうなの?

Image

授乳期に摂取を控えた方が良いものとして、アルコールの他にカフェインやタバコがあげられます。赤ちゃんがカフェインを摂取すると、落ち着きがなくなる、不眠になるといった症状が出る場合があります。ただし、ママがカフェインを摂取したとしても、母乳への移行量は少ないため、一般的なレギュラーコーヒーを1日3杯程度飲むのであれば問題ないとされています。

喫煙は、赤ちゃんに呼吸器系の疾患や乳幼児突然死症候群を引き起こす可能性が高くなるという研究結果があります。アルコール同様、授乳中はタバコを吸うのは控えるように心がけましょう。家族にも禁煙してもらう、禁煙が無理なら煙を吸わなくて良い場所に移動してもらうなどの対応が必要です。

Article link icon
授乳中のカフェインの母乳や赤ちゃんへの影響!コーヒーは一日何杯まで?
Article link icon
授乳期のタバコは赤ちゃんや母乳へ影響するの?喫煙間隔や本数、受動喫煙に…

授乳期のアルコール解禁はいつから?

Image

アメリカの小児科学会が発表した「母乳と母乳育児に関する方針宣言」では、「アルコールの摂取は母乳育児の禁忌にはならない」としながらも、「アルコールは子どもの発達に悪影響を与える可能性がある」と記されています。授乳期にママがアルコールを摂取したことによる赤ちゃんへの影響については、十分な研究結果がそろっていないというのが現状です。

そのため、赤ちゃんの安全を第一に考えれば、安易に自己判断で「このくらいなら大丈夫」と思い込まず、アルコールを解禁するのは卒乳後にするのが望ましいといえます。どうしても定常的にお酒を飲みたいという場合には、赤ちゃんの月齢などを考慮しながら、ミルク育児への切り替えを検討してみましょう。

授乳中は飲酒以外のリラックス法をとりいれましょう

Image

「妊娠中に10ヶ月もお酒をがまんしたのに、まだ飲めないなんて」とがっかりする方も多いでしょう。アメリカでは少量ならば大丈夫というガイドラインもありますが、「どの程度のアルコールなら問題ないか」という研究が乏しいことや、アルコールへの反応には個人差が大きいことなどから、原則として日本においては授乳期の飲酒は推奨されていません。

ハーブティーやカフェインレスコーヒーなど、お酒に代わるリラックス方法を取り入れて、上手にお酒を飲めないストレスを緩和していけると良いですね。

あわせて読みたい

ママの食べ物が母乳の質に影響する?授乳中の食生活のポイントと注意点
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18987
Image
母乳育児で自然に痩せる?授乳は産後のダイエットに効果的?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17744
Image
【授乳ケープ】は必要?外出時の授乳マナーに関する体験談
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13025
Image
母乳に良い飲み物ってあるの?授乳中におすすめの飲み物・お茶20選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18310
Image
新生児が母乳でむせる原因は?むせた時の対処法と予防策
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18720
Image
【妊活・妊娠・授乳・卒乳】ママに人気のAMOMAのハーブティー・オイルとは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28364
Image
授乳中のおっぱいに「しこり」!?授乳中も乳がんになるの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/8282
Image
母乳パッドを使って授乳のストレスを軽減!選び方とおすすめ商品10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28376
Image
授乳中のおやつとの付き合い方は?母乳育児中におすすめのお菓子・おやつ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29313
Image
授乳中にはちみつやカレー・牛乳・チーズ・お餅は大丈夫?豆乳や甘酒は母乳に良いの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28611
Image
授乳中の湿布は母乳に影響する?授乳中の腱鞘炎・腰痛・肩こり対策
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29423
Image
育児ストレスの原因や解消法!上手な発散法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27177
Image
サイレントベビーに医学的根拠はない!?赤ちゃんを泣かせっぱなしにする影響は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/14545
Image