離乳食期の外食にはファミレスがおすすめ!ガストやサイゼリヤ、夢庵は?無料のお店はある?

赤ちゃんとのおでかけは、パパやママにとっても楽しい時間ですね。しかし長時間おでかけするときは、離乳食を与える場所がなくて困ることがあります。そのようなときは、便利なファミレスを利用してみてはいかがでしょうか。離乳食の用意があるお店を選べば、ママの荷物が軽くなりますよ。ここでは赤ちゃん連れにおすすめのお店を紹介します。

314330

目次

  1. 外出時の離乳食にファミレスがおすすめ!
  2. ファミレスの離乳食 1.不二家レストラン
  3. ファミレスの離乳食 2.ビッグボーイ
  4. ファミレスの離乳食 3.夢庵
  5. ファミレスの離乳食 4.デニーズ
  6. ファミレスの離乳食 5.ロイヤルホスト
  7. ファミレスの離乳食 6.ガスト
  8. ファミレスの離乳食 7.サイゼリヤ
  9. ファミレスの離乳食 8.ココス
  10. ファミレス以外で離乳食の提供サービスがあるお店は?
  11. ファミレスに離乳食を持ち込む場合には店舗に確認!
  12. 離乳食時期はファミレスで外食はいかが?
  13. あわせて読みたい

外出時の離乳食にファミレスがおすすめ!

外出先で赤ちゃんと外食する際に、月齢や好みに合ったメニューがないことがありますよね。ベビーフードや離乳食を携帯して、おでかけ先で食べさせることも多いのではないでしょうか。

ファミレスでは、おもに離乳食中期~後期以降用の赤ちゃんメニューが用意されていることがあります。離乳食を提供してもらえると、ママの荷物を減らすことができますね。

離乳食やベビーフードを持ち込む場合には、一部の店舗では断られることがあるため、事前に確かめておくのがおすすめです。

ファミレスの離乳食 1.不二家レストラン

不二家レストランは子育て支援サービスが充実しています。1歳未満の子どもひとりにつき、キユーピーの瓶づめ離乳食1個が無料でもらえますよ。離乳食サービスが無料で受けられるのはうれしいですよね。もらえる離乳食は以下の通りです。

・初期(生後5ヶ月~):かぼちゃとさつまいも(うらごし)
・中期(生後7ヶ月頃~):なめらかコーンドリア(ごはんいり)

また、不二家レストランは子ども向けのメニューが豊富です。小学6年生までのキッズフードとして、さまざまなおかずがのったワンプレートの「ペコちゃんランチ」やうどんなどがあります。アレルギーに配慮もされており、「ペコちゃん低アレルゲンキッズプレート」がありますよ。

キッズフードにはすべて選べるおまけがついています。ペコちゃんミルキーパフェやペコポコサンデーなど、かわいいデザートもあります。

不二家レストランでは、誕生日当日を含む前後14日間にはバースデーサービスが受けられます。キャンドルサービスとデザートとかわいいフォトフレームに収めた記念写真がプレゼントされますよ。お誕生日の記念に行ってみるのも良いかもしれませんね。

ファミレスの離乳食 2.ビッグボーイ

ビッグボーイでは、離乳食メニューとしてベビーフードが注文できますよ。ビッグボーイには、6歳以下の子どもが注文できるキッズメニューが豊富にあり、未就学児はサラダ・スープ・ライス・カレーなど豊富に用意されたバイキングが無料です。小学生以下の子どもには、キッズ特典として誕生月にグランドメニューの「オリジナルデザート」から好きなものが1つプレゼントされます。

ファミレスの離乳食 3.夢庵

Img ogp引用元:www.skylark.co.jp

夢庵では、キユーピーの「野菜入りチキンライス(生後7ヶ月頃~)」と「根菜わかめごはん(生後12ヶ月頃~)」を提供しています。夢庵はキッズメニューが豊富にあるため、離乳食期を過ぎたら子ども向けのうどんやハンバーグ、低アレルゲンカレーなどを注文すると良いでしょう。大人のメニューも和食が中心なので、離乳食後期以降は食事を取り分けて赤ちゃんと一緒に食べることもできますね。

ファミレスの離乳食 4.デニーズ

D8035 6 130053 0引用元:www.dennys.jp

デニーズでは、「しらすの雑炊(生後7~8ヶ月頃から)」が注文できます。紙エプロンの用意もあるので、食べこぼしの多い赤ちゃんでも安心ですね。「りんごと野菜ジュース」や「コーンスープ」など、小さな赤ちゃんでも食べられるメニューが用意されています。

小学生以下の子どもを対象にしたおこさまメニューはすべておもちゃ付きです。少し大きくなったら、「うどん」や「おこさまカレー」を選んでみるのも良いですね。

デニーズでは子育て支援の一環として、各自治体が発行している優待カードを提示すると、飲食代が5%オフやキッズドリンクプレゼントなどのサービスを行っています。一部店舗でのみ行われているサービスですが、出かける店舗が対象になっていれば赤ちゃん連れの場合お得に飲食することができますよ。

ファミレスの離乳食 5.ロイヤルホスト

Default 8 thumb 500xauto 2431引用元:www.royalhost.jp

ロイヤルホストでは、離乳食メニューとしてキユーピーのベビーフードが提供されています。提供されているベビーフードは以下の通りです。

・ささみと野菜のリゾット(生後7ヶ月頃~)
・鮭のポテトクリーム煮(生後9ヶ月頃~)

パックのまま食事することも可能ですが、基本は食器に移して軽く温めて提供されます。少しリッチな気分になれるロイヤルホストならではの心遣いですね。

ロイヤルホストでは調乳用のお湯をもらうことができるので、食事の合間に粉ミルクを飲ませる場合にお湯を持ち歩く必要がありません。

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんであれば、「おこさまコーンのポタージュ」を注文するのもおすすめです。3歳までの子どもは、ドリンクバーが無料で楽しめますよ。

ファミレスの離乳食 6.ガスト

Img ogp引用元:www.skylark.co.jp

ガストには離乳食メニューの提供はありません。市販の離乳食は持ち込み可能なことがあるので、利用店舗に問い合わせてみると良いでしょう。離乳食の進み具合によっては「とうもろこしのポタージュ」や「キッズパンケーキプレート」、「お子さまうどんプレート」などを注文しても良いかもしれません。

ガストでは、子ども用の椅子や食器類を借りたり、紙エプロンをもらったりすることができます。必要なものがあれば遠慮せずにお願いしてみましょう。

ファミレスの離乳食 7.サイゼリヤ

サイゼリヤには離乳食メニューの取り扱いはありません。飲食物の持ち込みは原則不可とされていますが、離乳食は例外とされる場合があるので、各店舗に問い合わせてみましょう。

サイゼリヤで離乳食期の赤ちゃんにおすすめのメニューは、「コーンクリームスープ」などのスープ類、「フォカッチオ」や「セットプチフォッカ」などのパン類です。サラダから食べられる野菜を取り分けるのも良いでしょう。

3歳以下はキッズドリンクバーが無料です。野菜ジュースなどを飲ませるのもよいですね。

ファミレスの離乳食 8.ココス

ココスには、離乳食メニューの取り扱いはありません。離乳食が進んできたら、充実したおこさまメニューから食べられるものを選ぶことができます。

低アレルゲンメニューが用意されているので、気になる食材がないか確かめて注文することができますよ。どのメニューもアレルギー物質の表示があり、心配な食材がある赤ちゃんでも安心です。

ココスは子ども向けのサービスが豊富で、子ども用の椅子や食器があることはもちろん、子どもが席についたらぬり絵がもらえます。待ち時間にお絵かきをして楽しく過ごすことができますよ。

ファミレス以外で離乳食の提供サービスがあるお店は?

Image

次に、ファミレスではないものの、離乳食サービスが充実しているお店を紹介します。

イケアレストランには離乳食サービスがある!

イケアレストランには全店舗で離乳食の無料提供サービスがあります。ただし、Tokyo-Bayストアのみ、食事の会計時にIKEA FAMILYカードを提示しない場合には180円がかかるので注意しましょう。

離乳食は生後7ヶ月用と9ヶ月用が用意されていることが多いようですが、店舗により取り扱う商品の対象月齢が異なります。詳細はイケアの店舗やイケアレストランのレジスタッフに確認してみましょう。

シルバニア森のキッチンは離乳食メニューが充実!

シルバニアファミリーの世界観を楽しみながら食事が取れるシルバニア森のキッチンには、離乳食初期から与えることができるメニューがあります。森のキッチンは2店舗あり、取り扱っている離乳食メニューが異なります。離乳食のメニューは以下の通りです。

・生後5ヶ月頃~
さつまいものやわらか煮(横浜ワールドポーターズ店のみ)
かぼちゃとさつまいも(レイクタウンアウトレット店のみ)

・生後7ヶ月頃~
ミックスフルーツ
鶏ささみと根菜のおじや(横浜ワールドポーターズ店のみ)
鶏とごぼうの炊き込みごはん(レイクタウンアウトレット店のみ)
やさいの炊き込みごはん
さけやさい雑炊

メニューが豊富なこともあり、何度も行っても楽しめそうですね。

ファミレスに離乳食を持ち込む場合には店舗に確認!

Image

離乳食の持ち込みはお店が黙認している場合が多いようですが、実際のところはあまり好ましくありません。離乳食でも持ち込みを断られることがあるため、気になることはお店に確認をとりましょう。

厳しいと感じるかもしれませんが、もし店内で食中毒が出た場合、そのお店が営業停止の処分を受ける可能性があります。お店が提供した食事だけでなく、離乳食など持ち込んだ食事が食中毒を起こしても営業停止になってしまいます。

離乳食やアレルギーの除去食を持参している場合は、店内で食べさせても構わないかお店に確認を取るようにしましょう。お店によっては「温めましょうか」とお店の人から声を掛けてもらえることもありますよ。

小さな子どもは食べこぼしが多い傾向があります。離乳食を持ち込む場合は、食事用エプロンやストローマグだけでなく、小さめのゴミ袋を用意して、ふき取ったウェットティッシュなどが散乱しないように努めましょう。持ち込んだ離乳食で出たゴミは持ち帰るようにしてくださいね。

Article link icon
離乳食のお弁当!おすすめのお弁当箱と月齢別の作り方のコツをご紹介!
Article link icon
赤ちゃんと外出先での離乳食!持ち運びにおすすめの容器・ベビーフードや注…

離乳食時期はファミレスで外食はいかが?

赤ちゃん連れで外食する場合は、お店にベビーチェアがあるのか、少し動き回れるスペースがあるのかなどの心配事が尽きないのではないでしょうか。小さな赤ちゃん連れではゆっくり食事ができないと思って外出を控えてしまうママも多いようですが、ファミレスであれば赤ちゃん連れ歓迎のお店が多いですよ。

すべてのお店で離乳食が用意されているわけではありませんが、お店を選べば赤ちゃん連れでも不自由なく外食できますよ。ファミレスを活用して、赤ちゃんと外食を楽しんでくださいね。

※本記事は2019年5月9日時点の情報です。掲載した時点以降に変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

【超簡単】ほうれん草の離乳食レシピ8選(初期〜完了期)!レンジ加熱や冷凍術も写真で解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31314
Image
トマトの離乳食レシピ簡単12選!冷凍法は?生やジュースはOK?【初期〜完了期】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31319
Image
離乳食におすすめのキャベツレシピ!離乳食初期のペーストの作り方のコツもご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31291
Image
【体験談あり】赤ちゃんとの外食はいつから?お店の選び方や段階別のポイント、注意点、持ち物を紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17359
Image
ベビーフードおすすめ20選!和光堂やキユーピー、ピジョンなどの人気メーカーのレトルト商品などを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27229
Image
外食の時も安心!ベビーチェアベルトの選び方とおすすめ10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27398
Image
お食事エプロンの人気18選!離乳食におすすめのシリコン製・タオル生地・長袖などをタイプ別にご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24734
Image
赤ちゃん・子どものスプーン・フォークはいつから?練習の進め方とポイントをご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/6162
Image
【1歳児のご飯】取り分けメニュー4選と洋食・和食・おやつレシピ9選!食事作りのポイントは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/11500
Image
赤ちゃんが食べてはいけない食べ物は?離乳食にはちみつ・サバ・そばはいつからOK?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/7383
Image