更新日:2017年01月05日

夏休み究極ラクちん昼ご飯★子どもも満足の手抜きメニュー集めました

夏休みのママは忙しい!出費もかさむ!子どもが家にいると、普段は残り物でもよかったお昼ご飯も必要になってきます。そこで今回は、家にあるもので出来て、お金も時間もかからず、子どもが喜ぶ簡単メニューを集めてみました。今日のランチに困ったら、ぜひ活用してください♪

77732
1

夏休みの昼ご飯はママの悩みの種

Image

夏休みにママたちが頭を抱えるのが、家にいる日のお昼ごはん。毎日本当に悩みますよね。毎日家に子どもがいるとママのストレスも溜まりがちだし、何かと出費も増えます。長い夏休みを乗り切るために、ここは上手に手抜きと節約をしていかないと!

安くて手抜きで出来る簡単メニューは、家にあるもので適当に…。夏休みランチの必須条件です。でもこれを毎日考えて作るのも結構大変っ。

そこで、おかずいらずで子どもの喜ぶ手抜きメニューを集めてみました。一品で満足して、洗い物も少なく、安いのにすぐ出来る!定番ものから斬新なものまで、手抜きでどこまでお昼を乗り切るかっ!
子どものよろこびそうな味で厳選しました。今日何にしよう?と思ったら、ぜひ参考にしてくださいね。

洗い物が減る丼メニュー

常備菜きんぴら+温玉丼

常備菜として作り置きしておくと便利なきんぴら。お昼ご飯はごはんに乗っけて簡単丼にしちゃいましょう。難しそうに見える温玉も簡単にできちゃいます。沸騰したお湯に入れて、火を消して15分ほど放置するだけです。

冷凍ハンバーグでロコモコ丼

たくさん作って冷凍している家庭も多いハンバーグ。夏休みは多めにストックして、フライパンひとつで出来るロコモコ丼にすれば、ボリューム満点でお役立ち★
ハンバーグと目玉焼きを焼いてごはんに乗せ、冷蔵庫にある野菜を添えてソースとマヨネーズをかけるだけです。ハンバーグ作るのが面倒な人は市販のレトルトでも♪
ハンバーグソースも、同量のケチャップ・ウスターソースと、半量の赤ワインでお手軽に。

冷凍ひき肉でハンバーグ風ロコモコ丼

筆者がよくやる、更に手抜きなロコモコ丼です。ハンバーグを作らなくても、ひき肉をハンバーグソース味に炒めて目玉焼きを乗せるだけ。味はしっかりロコモコ丼です。冷凍で売られているパラパラひき肉は、解凍なし使えるから冷凍庫に常備しておくととっても便利!

冷凍ひき肉+たまごのそぼろ丼

もうひとつ、同じ材料で今度はそぼろ丼。味を変えれば毎日同じ材料でも飽きませんっ。
冷凍ひき肉を凍ったままフライパンで炒めてたまごと合わせるだけ。味付けもとことん手抜きに、めんつゆ1本でも出来ちゃいます。
ごはんももちろんですが、ごはんを炊くのも面倒なときは、うどんにかけてそぼろうどんでもおいしいですよ。

究極簡単、乗せるだけのしらす丼

子どもたちも大好きで冷凍も出来るしらすは、夏休みの強い味方。冷凍庫にストックしておくと便利です★
ごはんの上に、しらす、めんつゆ、刻み海苔またはネギの順番に乗せていくだけ。食べられる子なら大葉、たまごを乗せればもっと豪華になります。しらすは贅沢にたっぷりかけるのがポイント。ごま油を仕上げにたらすと風味がよくなります。

コーンスープ缶で簡単リゾット

丼とは言いにくいですが、同じごはんメニューとしてこちらもおすすめなのでご紹介します。
牛乳と混ぜて作る、缶のコーンスープを使ったお手軽リゾットです。スープを作るより少なめ量の牛乳とご飯を入れて弱火で少し煮ます。ごはんが柔らかくなったら、溶けるチーズを入れて混ぜれば出来上がり。
キノコや残り物野菜を入れるのもおすすめです。超簡単なのにおいしーい!

定番の麺類メニューに飽きたら、こんなのはいかが?

子どもの大好き麺類は、手抜きランチの強い味方です。そうめんやざるうどんに飽きたら、ちょっぴり手を加えてこんなメニューはいかがですか?

牛乳でたらこパスタ

生クリームの代わりに牛乳を使ったたらこパスタ、我が家の定番です。
バター20g程度、たらこ、多めの牛乳をレンジでチン。溶けて混ざったらマヨネーズをお好みの量加えて、茹でたパスタにかけるだけで出来上がり~。牛乳の量を増やすとスープパスタ風になります。

めんつゆで和えた納豆パスタ・うどん

納豆をめんつゆで濃い目に味付けしておきます。ゆであがったパスタに10g程度のバターを入れて溶かし混ぜ、納豆と和えるだけ。うどんならバターはなくてもOKです。
上にネギや刻み海苔などを乗せてもっとおいしい♪ママは大根おろしを乗せて大人の味にしてもおいしいですよ。

とろけるチーズ最強!なんでも乗せトースト

朝ごはんに食べるものというイメージがあるトーストも、乗せるものを変えて特別ランチにしちゃいましょう。朝食で食べるものより少し厚切りの食パンを使うと、ボリュームも出てランチっぽくなります。おすすめは4枚切り★食パンじゃなくっても、切込みを入れたロールパンに挟んでもおいしいっ。

材料も冷蔵庫にあるものとチーズを乗せて焼くだけ。チーズって最強っ、メニューの幅がこんなに広がるんですね!

チーズ+納豆

子どもが食べると納豆をポロポロ落としやすいのので(あとが大変っ)、我が家では薄めに乗せ、納豆1パックで2枚分作ります。

チーズ+しらす

しらすしかない時はしらすのみ、海苔や納豆、ネギがあったら一緒に焼いて更においしくいただきまーす。

チーズ+ウインナー

チーズとウインナーだけでもいいし、ピザソースを加えて簡単ピザトーストにもなりますよね。

チーズ+目玉焼き

食欲をそそるラピュタのパンです♡目玉焼きを半熟で作ると、とろ~りおいしいですね。

チーズ+コーン缶

パン屋さんで子どもに人気のコーンパンもおうちで作れば簡単お安いです。コーン缶ってひとつの量が多いので、半分は夕食のサラダ用に…。

チーズ+ハム

チーズとハムでお手軽クロックムッシュに。たまごを乗せてもおいしいしボリューム満点です。

チーズ+レトルトカレー

レトルトカレーじゃなくっても、昨日の残りのカレーを使えばもっと節約メニューになります。これもたまごをのせるとおいしそうですよね。

チーズ+マシュマロ

お昼ごはんのメニューとしてはどうかなと思うけれど、マシュマロトーストは確実に子どもが喜ぶ味ですよね(笑)マシュマロだけだと焦げやすいので、上にチーズを乗せると、焦げ防止にもなります。

ホントに何もない日に★ママのおにぎり屋さん

最後に、先日発見した我が家の新定番手抜きメニューをご紹介します。それは、手巻きずしならぬ、手巻きおにぎり(!?)。
材料は、炊き立てごはんと家にあるおにぎりの具っぽいもの。以上!

パパが夕飯いらない夜のことです。冷蔵庫も空っぽで米しかない。でも買い物も面倒だし何にも作りたくなーい!ふと思いついて、おにぎりの具と炊飯器のままのたきたてごはんをテーブルにドーンと置き、「今からおにぎり屋さんするよー!」と始めたところ、子どもが大喜びして、普段よりたくさん食べてくれました。その量、なんと4人で5合完食。

おにぎりの具は家にあるもの。昆布におかか、ツナに冷凍からあげなど。ママは「ヘイらっしゃい!」となりきって注文を聞いてから握って渡すシステムです。

めちゃめちゃ手抜きだけど、子どもの遊び心をくすぐって大好評!今年の夏休みの究極手抜きご飯に大活躍しています。な~~ぁんにもない日のメニューに、ぜひお試しあれ。

たまには手抜きで、子どもとの時間を増やそう

Image

手抜きメニューって、栄養が偏りそう…、そう思う人もいるかもしれません。わかります。そうですよね。でも、これで毎日ってわけではないです。いつも家族の健康を考えて頑張ってるママも、たまにはラクして心に余裕という栄養をチャージするのも必要です。
調理にかける時間が短縮される分、子どもと過ごす時間を増やすのもいいんじゃないでしょうか。

成長の早い子どもにとって、夏休みは毎年違う顔の季節です。ママはやること満載で忙しい毎日ですが、上手に手抜きをしながら、貴重な時間をたくさん一緒に過ごしてくださいね。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

うちゃこたん

わんぱく盛りの三人の男の子とうさぎのママをしています。日々…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事