更新日:2018年07月11日

2歳児におすすめのレシピ10選!食事を食べない原因と対策とは?

イヤイヤ期なども重なって食事をなかなか食べようとしない子も多い2歳児。どうして食べてくれないの?とイライラしてしまうこともありますが、ちゃんと原因があります。そこで、2歳児が食事を食べない原因や対策、食事が楽しくなるようなおすすめレシピをご紹介します。食事の時間が好きになるようにいろいろな工夫をしてみましょう。

857572
0

2歳児の食事量の目安

2歳児の食事量は、男の子で1,000キロカロリー、女の子で900キロカロリーを1日に摂取することが目安といわれています。
一般女性の1日の摂取カロリーの目安は約2,000キロカロリーといわれているので、2歳児の摂取カロリーはママが摂取するカロリーの約半分という計算になります。

きっちりと食事を摂る大人に対して、2歳児はまだ落ち着きがない子も多く、もくもくと食事を摂ることができないことを考えると、出された食事の3分の1~半分程度完食していれば大丈夫です。

2歳児が食事を食べない原因

お腹が空いていない

2歳児になると、1日の栄養をほとんど食事から補っていると思いますが、母乳やミルクのように消化が早くないため、ご飯を食べてから次のご飯までにあまり時間が空いていないとお腹が空かないことがあります。

また、間食におやつを食べていると、夜ご飯のときにお腹が空かずあまりご飯を食べないケースも少なくありません。

食べたくない気分

2歳はイヤイヤ期が始まる時期でもあり、「なんとなく気分的に食べたくない」ということもあります。そんなときは無理に食べさせず、自分から食べようとするまで時間をおいてみることも大切です。

お腹が空けば、自然に食べるようになることもあるので様子を見ましょう。

Mobile favicon

ついにきた!魔の2歳「イヤイヤ期」の接し方と対処法

体調不良

熱がなくても、なんだか体の調子が悪いということもあります。

大人が体調不良のときに食欲が出ないのと同じように、子どもも体調不良から食欲不振になることがあるので、体調が悪そうだと感じたら消化にいいものや子どもが食べたいものを作ってあげると良いですね。

Mobile favicon

子どもが風邪のときの食事は?控えたい食べ物は?乳児は?

2歳児が食事を食べないときの対策

混ぜ込み料理を活用する

栄養バランスを考えて、子どものために料理を何品も作ってあげようと思いますが、なかなか食事を食べないときは、1つのメニューでも複数の栄養を摂ることができる「混ぜ込み料理」がおすすめです。

ご飯や海藻類、野菜など1つの料理にまとめることで偏りがちな栄養素を一緒に補うことができます。

手づかみで食べやすいものを作る

イヤイヤ期でもあるように、2歳児は自立心が強く何に対しても「やってみたい」という好奇心が働きます。食事も同じでただ食べるのではなく、手づかみで触りながら確かめることで楽しく食べられる工夫をしてみるのも大切です。

子どもが食べやすい大きさに丸めて手づかみで食べれるメニューを作るなど、食事に興味を持ってくれるように考えてみましょう。

食器を変えてみる

子どもの食器を変えてみるのもひとつの方法です。

好きなキャラクターがいるなら、そのキャラクターの食器を使ってみたり、子どもが目をひくようなカラフルな食器で統一したりしてみてください。
好きな食器で食べるのが楽しみになるかもしれません。

盛りつけ方を変える

子ども用の食器にただ盛りつけるのではなく、あえて大皿に盛りつけて自分で取り分けて食べるスタイルにしてみたり、少し手間をかけて子どもが喜びそうな可愛い盛りつけにしてみたりと工夫してみましょう。

普段はあまり食べないものでも、他の食器から取ることや可愛い盛りつけにすることでパクパクを食べてくれるようになる可能性があります。

大人がおいしそうに食事をする

ママや周りの大人がおいしそうに食事をしている様子を子どもにアピールするのも効果的です。
少しわざとらしく、「これおいしい~!」とリアクションするだけで子どもは興味を持ちやすくなります。

ママやパパが食べているものを自分も食べてみたいと思うようになるので、子どもと同じメニューを作って食べてみるのもおすすめです。

Mobile favicon

「あと一口食べよう」はNGだった?食事を残す子どもにすべき6つの質問

2歳児の食事のポイント

少しずつマナーを教える

2歳になると、少しずつ大人の言うことを理解できるようになってくるので、この頃から食事のマナーを少しずつ教えていきましょう。

「いただきます」、「ごちそうさま」などの挨拶や「食事中に他のことをしない」など、簡単なところから教えていくと良いでしょう。最初は言うことをきかない子がほとんどですが、ママがお手本になって根気よく教えていくことでママの真似をしながら徐々にまなーを覚えていきます。

しつけに神経質になりすぎない

マナーを教えることも大切ですが、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。
最初から上手く食事ができるわけではないので、あくまで食事を楽しむことに重点を置き、小さなことから少しずつ教えていくと良いですね。

ママが神経質になってピリピリしていると、それが子どもにも伝わってしまいやすいので気をつけましょう。

テレビは消す

食事中は、食事に集中するためにもテレビは消しましょう。
また、子どもの目の入る場所におもちゃなど集中力を削ぐようなものは置かないことも大切です。

食事の時間は30~40分程度に収めて、その時間内に食べられるように集中しましょう。
食事の時間が長くなりすぎると、集中力が切れて遊び食べなどの原因になってしまいます。

Mobile favicon

赤ちゃん・子どもへのテレビの見せ方!言語発達への影響は?

お菓子を与えすぎない

おやつの時間も大切ですが、お菓子を与えすぎないように気をつけましょう。
子どもは、自分で食べていい量が分からないため、ママが調節してあげないとついつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

いきなり量を減らしたり、お菓子を全く与えないことはしなくても大丈夫ですが、2歳を過ぎたらおやつより食事から栄養を摂れるように量を調節してあげることも必要です。

2歳児におすすめのレシピ10選

1.野菜のあんかけうどん

材料(大人2人、子ども1人分)
・うどん(ゆでてあるもの):2玉
・豚肉:100g
・キャベツ:1枚
・にんじん:小5cm
・しめじ:1/4房
・油揚げ:1/4枚
・水:500㏄
・めんつゆ:大さじ3
・創味シャンタン:大さじ1
【A】
・片栗粉:大さじ2
・水:大さじ2

①豚肉・油揚げは一口大、キャベツとにんじんは千切りにする。しめじは石づきを取り除いてバラしてうどんのお好みの固さにゆでておく。

②鍋に500㏄の水を入れ、沸騰したらにんじん・豚肉を入れてあくを取る。他の具材を加えて火が通ったらめんつゆ・創味シャンタンを入れ、【A】でとろみをつける。

③ゆでておいたうどんを湯切りし、お皿に入れたら上から②をかけて完成。

2.野菜たっぷりお好み焼き

材料
【A】
・ピーマン:1個
・キャベツ:50g
・玉ねぎ:1/4個
・にんじん:1/3個
・しいたけ:1~2個
・ハム:3枚

・だし汁:200㏄
・卵:1個
・小麦粉:50g
・天ぷら粉:50~100g

①【A】の材料を食べやすい大きさに刻み、ボウルに入れる。

②だし汁・卵・小麦粉・天ぷら粉を加えてよく混ぜ合わせる。フライパンで両面に火が通るまでしっかりと裏表を焼いていく。(子どもが食べやすい小さめのものをたくさん作るのがおすすめ)

③お皿に盛りつけて、ソースや青のりなどをお好みでかけたら完成。

3.おやつ感覚で!サラダほうれん草チップス

材料
・サラダほうれん草の葉:4枚
・オリーブオイル:小さじ1
・塩:ひとつまみ

①オーブンを180℃に予熱しておく。サラダほうれん草の葉の部分のみを切り取ったらよく洗って、スピナーで水を切る。

②ほうれん草を食べやすい大きさにちぎりボールに入れる。オリーブオイル・塩を加えたら手であえる。

③オーブントレーにクッキングシートを敷いて、その上にほうれん草を広げて置く。

④予熱しておいたオーブンに入れて15~20分ほど加熱する。ほうれん草がカリカリになったら完成。

4.鮭とじゃこの混ぜご飯

材料
・ご飯:茶碗3杯程度(1.5合)
・焼き鮭:1切れ
・乾燥わかめ:大1
・しらすぼし:30g
・マヨネーズ:大さじ1
・ごま油:大さじ1ほど

①焼き鮭は皮と骨を取り除き、乾燥わかめは水に浸して戻しておく。

②フライパンにごま油を熱して、しらすがカリカリになるまでよく炒める。

③ボールにご飯を入れ、焼き鮭・わかめ・しらす・マヨネーズを加えて混ぜたら完成。

5.ハンバーグ&ケチャップオムライスのおにぎらず

引用元:www.recipe-blog.jp

材料
・ハンバーグ(市販):1個
・ご飯:お茶碗1杯
【A】
・バター:小さじ1
・ケチャップ:大さじ2
【B】
・卵:1個
・万能ねぎ(小口切り):1本分
・塩:ひとつまみ

・オリーブオイル:小さじ1
・のり(全形):1枚

①【B】の材料をボウルに入れて混ぜ合わせる。熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、【B】を入れたら中火で四角に整えながら焼く。

②温かいご飯に【A】の材料を混ぜる。ラップの上に角を上にしてのりを置いたら、混ぜた内の半分を四角く乗せる。

③その上に、ハンバーグ・卵焼き・残りのご飯の順に乗せたらのりで包み、ラップでくるむ。
しばらくして落ち着いたら半分に切って完成。

6.鶏のごまがらめ

引用元:www.recipe-blog.jp

材料(4人分)
・鶏もも肉:2枚
・片栗粉:適量
【A】
・しょうゆ:大さじ3
・砂糖:大さじ2.5
・みりん:大さじ1
・白すりごま:大さじ2
・白炒りごま:大さじ1
・しょうがチューブ:3センチ程度

①鶏もも肉の皮と脂肪部分を取り除き、少し大きめの一口大に切る。【A】をボウルに合わせておく。

②鶏もも肉に片栗粉をまぶして、180℃に熱した油で2~3分を目安に揚げる。全体に火が通ったらOK。

③揚がったら、油を切って熱い内に【A】のボウルに入れてからめたら完成。

7.海老のアヒージョ

引用元:www.recipe-blog.jp

材料(4人分)
・海老:8~12尾
・ミニトマト・8~12個
・イタリアンパセリ:適量
・オリーブオイル:大さじ2
・GABAN あらびきガーリック:小さじ1/2
・塩、こしょう:適量
・粉チーズ:適量

①海老は尻尾の殻を残して残りの殻を取り除く。背ワタを取って真ん中に少し切り目を入れ、背中の方からしっぽをくるっと巻き込んでいく。

②耐熱皿に海老とミニトマトを乗せ、ガーリック・塩こしょう・粉チーズをお好みで振ってオリーブオイルを回しかける。オーブントースター下で最初5分加熱、更に強(上下1000W)で5分ほど焼く。

③お好みでイタリアンパセリ・塩を振って完成。

8.まぐろのふんわりつくね

引用元:www.recipe-blog.jp

材料(2人分)
【A】
・まぐろたたき:120g
・片栗粉:20g
・卵黄:1個
・万能ねぎ(小口切り):10g
・すりおろしショウガ:1g
・すりおろしにんにく:1g
・減塩しょうゆ:小さじ1

・オリーブオイル(揚げ油用):適量

①【A】の材料をボウルに入れ混ぜ合わせる。

②分量外の片栗粉を敷いた上に①を一口大の大きさにぽとっと落として、転がしながら丸めてまとめていく。

③フライパンに②が半分ほど浸かるくらいオリーブオイルを入れ、中火で熱して②を入れて両面がカリッとするまで揚げて完成。(串に指すと食べやすくなります。)

9.ベビーホタテとアスパラのカレーライス

引用元:www.recipe-blog.jp

材料(5人以上)
・ベビーホタテ(むき身):200g
・アスパラ:4本
・玉ねぎ:大1/2個
・赤ワイン:100㏄
・ローリエ:1枚
・野菜ジュース:300㏄
・水:300㏄
・カレールウ:4~5個くらい
・はちみつ(お好みで):大さじ1
・ココア(お好みで):小さじ2
・オリーブオイル:適量
・かぶ(お好みで):1/2個

①ベビーホタテはステーキ用ナイフなどで殻と分けて、酒と塩(分量外)でよく洗う。アスパラは根元から数センチの部分を切り落とし、薄く斜めに切る。
玉ねぎは薄めのスライス、かぶは一口大の乱切りにする。

②鍋にオリーブオイルを入れ熱したら玉ねぎを入れて炒める。柔らかくなったら、ベビーホタテ・アスパラ・かぶを加えて炒め、赤ワインを入れる。軽く沸騰してきたら野菜ジュース・水・ローリエを加えて煮込んでいく。

③竹串などをかぶに指してすっと通るくらいになったら火を止め、カレールウを溶かしながら加える。溶かし終わったら弱火にして、とろみがついてきたら火を消す。お好みではちみつやココアを加えて完成。

10.みんな大好き☆グラタン

引用元:www.recipe-blog.jp

材料(1人分)
・じゃがいも:大1個
・にんじん:1/3本
・玉ねぎ:1/4個
・鶏ひき肉:少々
・牛乳:大さじ2~3
・塩こしょう:少々
・チーズ:お好みで適量
・バター:少々

①鍋に湯を沸かしてじゃがいもをゆでる。にんじんと玉ねぎはみじん切りにして、鶏ひき肉をフライパンで炒める。

②じゃがいもがゆであがったらバターを入れ混ぜながらじゃがいもをつぶす。つぶし終わったら①で切った具材と炒めた鶏ひき肉、牛乳をいれてさらに混ぜ合わせて塩こしょうで味付けする。

③耐熱容器に②を入れてチーズを上に乗せたら、トースターでチーズが溶けるまで焼いて完成。

子どもが喜ぶレシピで工夫しよう

2歳児は、まだ十分な量の食事を食べられないことも多く、いろいろな要因があって食べようとしないこともあります。そんなときは、子どもが食事に興味を持てるように、子どもが喜びそうなレシピを作ったり、食事が楽しくなるような工夫を取り入れてみましょう。

2歳児におすすめのレシピはたくさんあるので、簡単なものから作ってみてください。

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
なんでも食べる子になる 1歳、2歳からの偏食解消レシピ
¥1,512〜(2018/07/11 時点)

野菜、肉、魚嫌いをなくすレシピと献立アイデアがいっぱい!偏食ゼロレシピ50。

おすすめの調理器具ブランド

ドイツからやってきた高級料理器具ブランドGSW(ジーエスダブル)がおすすめです。ホーロー鍋や鉄製のフライパンなど、プロがすすめる高品質なフライパンと鍋を豊富なラインナップで紹介しています。下記商品サイト内のGSWの調理器具を使ったレシピコーナー「みんなのレシピ」には写真つきの投稿レシピがあり、参考になりますよ。

あわせて読みたい

2歳児の食事量の目安は?食事の注意点や食べないときの対処法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/22294

子どもの料理!2~3歳からできるお手伝いと簡単なお料理レシピ5選!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/20209

2歳児の身長・体重の目安は?2歳児の発達の特徴と言葉の発達

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25279

言葉の遅れが気になりますか?2歳までは個人差が大きい?発達の目安や心配すべきケース

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9354

2歳の夜泣きがひどい原因と対処法は?2歳で夜泣きは異常?もしかしたら夜驚症かも

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21538

生後1歳6ヶ月~2歳の子どものお世話 幼児食を食べる

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11757

お食事エプロンの人気18選!離乳食におすすめのシリコン製・タオル生地・長袖などをタイプ別にご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24734

2歳・3歳ママはもっと身軽に!キッズリュックを持って出かけよう

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25775

2歳の女の子におすすめのおもちゃ!口コミランキング上位の人気商品

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19592

必見!2歳からの子どもが賢く育つ遊び方

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12529

幼稚園は何歳から?3年保育・2年保育の年齢は?いつから入れる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29002

2歳からの子どものお世話!生活習慣を身につける【片付け・着替え編】

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12093

魔の二歳、悪魔の三歳!?ママに知ってほしい僕と私の5つの本音

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12651

2歳児におすすめの遊びや発達の特徴は?保育士がすすめる子どもに合った遊びを紹介

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21201

2歳児の言葉の発達は?言葉が遅れる原因と対処法、発達障害の可能性

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25560

ファミリーサポート(ファミサポ)とは?料金や利用方法、利用者の声をご紹介!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29930

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

yuki47

長女を出産して子育て奮闘中です。妊娠から子育てについてまで…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事