【男の子・女の子別】ベビーラッシュガード10選!選び方とお手入れ方法は?

ベビーラッシュガードは、赤ちゃんの海のレジャーやプール、水遊びのときに気になる日焼けやケガからデリケートな赤ちゃんの肌を守ってくれるアイテムです。ここでは、おすすめのベビーラッシュガードを男の子・女の子別にご紹介します。ベビーラッシュガードを選ぶときのポイントやお手入れ方法についても、一緒にチェックしていきましょう。

3732

目次

  1. ベビーラッシュガードの選び方は?
  2. 男の子用ベビーラッシュガードおすすめ5選!
  3. 女の子用人気のベビーラッシュガード3選!
  4. ベビーラッシュガードは必要?
  5. ラッシュガードのお手入れ
  6. 赤ちゃんのラッシュガードの売れ筋ランキングもチェック!
  7. 目的や状況にあったベビーラッシュガードを選んで赤ちゃんの肌を守ろう
  8. あわせて読みたい

ベビーラッシュガードの選び方は?

プールや海など、赤ちゃんが小さい時期から水遊びさせるママも多いですが、赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。強い日差しの下では紫外線による肌への影響が気になりやすいでしょう。

そんな紫外線が気になる方におすすめなのが、ベビーラッシュガードです。しかし、ひとくちにラッシュガードといってもさまざまな種類があり、どれを選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。

そこで、ベビーラッシュガード選びのポイントを4つご紹介します。

紫外線の遮蔽性(しゃへいせい)

強い日差しや水面からの照り返しの影響を受けやすい海や屋外のプールに赤ちゃんを連れていく場合、ラッシュガードによる紫外線対策は有効とされています。

半袖タイプでも大丈夫ですが、しっかりと紫外線から守ってあげたいのであれば、長袖タイプがおすすめですよ。ただし、赤ちゃんが長袖を嫌がるケースなどもあるため、短時間の水遊びなどであれば、半袖タイプでも問題はないでしょう。

また、UVカット加工がされているアイテムを選ぶのもポイントです。日焼け止めクリームやジェルなどのアイテムの場合、紫外線による日焼けをどの程度防げるかは「SPF」や「PA」といった指数で表されていますが、衣類などの繊維製品の場合には「UPF」「紫外線遮蔽率」で表されます。

「UPF」や「紫外線遮蔽率」の指数は、数字が大きいほど紫外線による日焼けを防ぐ効果が高いことになります。これらの指数がわかる場合には、その指数に注目してラッシュガードを選びましょう。

サイズ

キッズ服の場合、すぐに子どもの身体が成長していくので、長く着られるように大きめのサイズを買う方が多いでしょう。

しかし、ラッシュガードの場合、大きめのサイズを選ぶと身体とラッシュガードのあいだに水が入り、身体を冷やしやすくなることがあります。

また、袖や裾が長すぎて何かに引っかかってケガをしたり、動きづらかったりすることもあります。そのため、基本的には大きめのものよりもぴったりサイズを選びましょう。

サイズの目安としては、次の通りです。
・70cm:生後3ヶ月~12ヶ月くらい
・80cm:生後6歳~1歳半歳くらい
・90cm:生後2歳くらい~

ただし、あまりにもぴったり過ぎると逆に動きにくくなってしまい、赤ちゃんがラッシュガードを着るのを嫌がることがあるかもしれません。

可能であれば購入前に赤ちゃんに試着をさせて、赤ちゃんの身体にジャストフィットなラッシュガードを用意するのが無難です。日焼け対策が主な目的で、ラッシュガードを着用して水の中に入らないのであれば、大きめのサイズでも問題ないでしょう。

Article link icon
【男の子・女の子別】キッズラッシュガードおすすめ24選!選ぶポイントや…

フード付きパーカーとTシャツタイプ

ベビーラッシュガードは大きく分けると、前や後ろが全開になるフード付きパーカータイプとすっぽりとかぶるだけのTシャツタイプがあります。

フード付きパーカータイプは脱着がしやすく、日よけ用のウェアとしても使えます。フードをかぶることで首や頭の日焼けを防ぐことができるため、陸上での水遊びがメインというケースにおすすめです。

フード付きパーカーを着て海やプールに入ることもできますが、濡れたフードが顔にまとわりついたり、何かに引っかかって首が締まってしまう危険があります。水の中に入って遊ぶのがメインの場合は、フード付きパーカータイプは避けたほうが無難かもしれませんね。

Tシャツタイプは動きやすく余計な装飾がないものが多いため、水の中に入ることが多いケースに向いています。小さな赤ちゃんでも服のような感覚で着てくれやすいのも魅力です。

しかし、水に濡れると脱着がしづらくなります。水から上がってもそのまま濡れたラッシュガードを着ていると、身体を冷やしてしまう可能性があります。頻繁に脱ぎ着するような場合には、Tシャツタイプでも前や後ろが開閉できるタイプを選ぶようにしましょう。

セットタイプと単品タイプ

赤ちゃんのラッシュガードは、上下がセットになったタイプと上着だけの単品タイプがあります。ベビー用の水着をすでに持っている方は、手持ちの水着に上着のみの単品タイプのラッシュガードを合わせてコーディネートするのがおすすめです。

ただし、赤ちゃんのためのラッシュガードは、デザイン性よりも機能性を重視して選びましょう。月齢が小さいほど、フードや紐などの装飾のないシンプルなデザインのラッシュガードがおすすめです。

シンプルなデザインでも普段は選ばないような色や柄などにチャレンジすれば、赤ちゃんもおしゃれを楽しむことができますよ。

男の子用ベビーラッシュガードおすすめ5選!

アイプレイ ラッシュガード

【アイプレイ】ラッシュガード
¥2,052〜(2018/09/04 時点)

UPF50+のUVカット素材を使用した長袖ラッシュガードは、赤ちゃんの肌を強い日差しから守ります。海やプールのほか、赤ちゃんの水泳教室でも使用できそうですね。

シンプルなデザインのため、お気に入りのスイムパンツとコーディネートしても素敵です。軽量でストレッチ性も高いため、着脱も楽にできますよ。

BOSS PERSON(ボスパーソン)

【BOSS PERSON】ラッシュガード水着 長袖 フード付き フルジップアップ
¥2,117〜(2018/09/04 時点)

大人っぽいデザインが特徴のベビーラッシュガードです。フード付きパーカータイプなので、首や頭などの日焼けを防ぐことができますね。

保温ウェアとしても使うことができるため、陸上での水遊び中やプール・海から上がった後に身体の冷えを防ぐウェアとしても重宝するでしょう。

スプラッシュアバウト

【SplashAbout】ベビーラッシュガード
¥5,940〜(2018/09/04 時点)

赤ちゃんや子ども用水着ブランドとしてイギリス国内で有名な「スプラッシュアバウト」のラッシュガードです。

厚さ1mmの柔軟なウエットスーツの素材でできているため、赤ちゃんは水中でも寒さを感じにくく快適に過ごすことができます。

さらに、赤ちゃんのスイミングに必要不可欠なハッピーナッピー(おむつ機能付きのスイムパンツ)が内側に組み込まれているので、使い捨ての水遊び用おむつが不要なのも嬉しいところです。

■この商品に関する口コミ
これを着せるとあたたかいようで、水に入ってしがみついてくることもなくなりました。にこにこしている時間が増え、できることも増えてきました。

引用元:review.rakuten.co.jp

日本製ラッシュガード3点セット

日本製ラッシュガード3点セット
¥4,040〜(2018/09/04 時点)

80cmから110cmまでのサイズを調節可能なラッシュガードと水着のセットです。通常は子どもの成長とともに1シーズンで小さくなってしまう水着ですが、サイズ調節ができるこのセットは、長く着ることができるためとても経済的ですね。

肌触りの良い素材が使用され、日本で丁寧につくられているため、人気を集めています。色・柄が豊富なので、きょうだいで色違いを選ぶのも良いですね。

■この商品の口コミ
身長90cmの息子に買いました。今後も少々成長しても大丈夫そうで、デザインもかわいくて良かったです。3点セットのため、海やプールなどどこでも使えそうなのも良いです。

引用元:review.rakuten.co.jp

SwimZip (スイムジップ)2点セット

【SwimZip】ラッシュガード水着セット Fish Bone 半袖ラッシュガード
¥4,698〜(2018/09/04 時点)

SwimZip(スイムジップ)のラッシュガードと水着のセットです。前が全開できるタイプの半袖ラッシュガードですが、首元やお腹部分の肌をジッパーで挟まないよう工夫されています。

流行に左右されないおしゃれなフィッシュボーンのデザインが素敵ですね。乾きやすい素材が使用されているため、海やプールだけでなく、汗をかきやすいアウトドアのときの日よけとしても使えますよ。

女の子用人気のベビーラッシュガード3選!

日本製Tシャツベビーラッシュガード

イチゴ柄 ベビーラッシュガード
¥1,944〜(2018/09/04 時点)

老舗布おむつメーカーが手掛ける、安心の日本製ラッシュガードです。はっ水と吸水の2面性を兼ね備えた「デュアルマジック素材」が使われており、布に水が吸収されにくいため、水中での身体が冷えにくいという特徴があります。

首元が広めのTシャツタイプで脱着がしやすく、ハイネックになっているので首の日焼け対策もできますよ。袖の部分は切り替えのデザインになっているので、シンプルながらもおしゃれに見せてくれます。

■この商品の口コミ
保育園での水遊び用に2着購入しました。身長78センチ体重9.9キロの娘なんですけど、95~100センチにしました。少し大きいかな?と思いましたが、届いて試着させると丁度いいくらいでした。着せやすいですし濡れても脱がしやすそうです。

引用元:item.rakuten.co.jp

アスナロ

アスナロ(水着) フード付き長袖ラッシュガード
¥2,000〜(2018/07/12 時点)

バンダナ風のペイズリー柄とビビットなカラーがおしゃれなアスナロのフード付きラッシュガードは、脱着が楽な前開きタイプです。水着の上の羽織ものとして使うこともできます。

紫外線対策をしながらおしゃれをさせたいママにおすすめですよ。

ラッフルバッツ 水着ラッシュガード 上下セット

【ラッフルバッツ】水着ラッシュガード 上下セット
¥4,000〜(2018/09/04 時点)

袖やおしりのフリルがかわいい、女の子用のラッシュガードと水着のセットです。伸縮性がある柔らかい肌触りの生地なので、赤ちゃん用のラッシュガードとして最適です。

さらに、UPF50+の紫外線防止加工がほどこされているのも嬉しいポイントです。着丈が長めにデザインされてるので、お腹が出る心配もないでしょう。

■この商品に関する口コミ
70cmで8kgの娘に90cmの水着を注文しました。上は余裕がありますが、下のパンツは水遊び用のおむつをはかせてちょうど良かったです。作りもしっかりしているし、見た目もかわいく満足です。

引用元:www.amazon.co.jp

ラッフルバッツ 水着長袖ラッシュガード 上下セット

【ラッフルバッツ】水着長袖ラッシュガード 上下セット
¥4,500〜(2018/09/04 時点)

「ラッフルバッツ」の、赤ちゃん用水着長袖ラッシュガード上下セットです。かわいいフリルが水着の後ろに付いており、どの角度からでもかわいく見せてくれるデザインが魅力です。

サイズ展開は、赤ちゃんから小学校低学年くらいの子どもまであります。上の子がいる場合、姉妹でお揃いのラッシュガード付きの水着を楽しむことができますよ。

さらに、紫外線防止指数は最高値のUPF50+となっており、日焼け対策としてもおすすめです。かわいくて機能的なラッシュガードと水着のセットを探している方は、要チェックですよ。

■この商品に関する口コミ
伸縮素材のため、実年齢よりもワンサイズ大きめを買って良かったです。長袖のラッシュガードを探しており、大満足です。

引用元:review.rakuten.co.jp

日本製ラッシュガード3点セット

日本製ラッシュガード3点セット
¥4,040〜(2018/09/04 時点)

こちらのラッシュガードと水着のセットは肌触りが良く、丁寧に作られた日本製ということで人気があります。80cmから110cmまでサイズ調節ができるタイプなので、長く使えるのも魅力です。

女の子らしいかわいいデザインやユニセックスなデザインが豊富に揃っているので、男の子と女の子の双子や性別が違うきょうだいで着る、おそろいや色・柄違いの水着を探している方におすすめですよ。

■この商品に関する口コミ
赤のギンガムチェックを購入。普段95cmを着用しています。3歳になったばかりですが、ほど良いゆるさで、自分で脱ぎ着できています。

引用元:review.rakuten.co.jp

ベビーラッシュガードは必要?

Image

ラッシュガードは、デリケートな赤ちゃんの肌をおしゃれをしながら守ることができるため、プールや海、水遊びのときに着用するアイテムとして人気があります。

ラッシュガードを赤ちゃんに着せる主な目的としてはUV対策があげられます。また、ラッシュガードを着ることで肌の露出が少なくなるため、転んだり岩や壁などにあたったりした場合、外傷を抑えることができるという目的で着せているケースも多くあるようです。

日焼けや思わぬケガから赤ちゃんを守るためにも、ベビーラッシュガードをうまく活用しましょう。

ラッシュガードのお手入れ

Image

脱いだらすぐに水洗い

手間はかかりますが、色落ちや変色を防ぐために、脱いだらすぐにその場で水洗いしましょう。真水で海水やプールの水をきれいに洗い流すことが大切です。

タオルに包んで持ち帰る

水洗いした後のラッシュガードはタオルに包んでおくと、濡れたラッシュガードからほかのものへの色移りを防ぐことができます。蒸れないよう、ビニール袋よりも通気性の良い袋などに入れると良いでしょう。

砂をはらい水で手洗いをする

家に帰ったら、再び丁寧に水洗いをします。水洗いが基本ですが、洗剤を使いたい場合は中性洗剤を選びましょう。強くこすることは避け、優しく押し洗いをしてください。

陰干しする

洗ったあとはラッシュガードの水気を軽く取り、しわを伸ばしてからハンガーにかけて干してください。長い時間日にあてると、生地が劣化したり色褪せたりすることがあるため、基本的には風通しの良い場所で陰干しをします。

赤ちゃんのラッシュガードの売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonで赤ちゃんのラッシュガードのランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

目的や状況にあったベビーラッシュガードを選んで赤ちゃんの肌を守ろう

ベビーラッシュガードといってもフード付きやTシャツタイプ、セットタイプ、単品タイプ、スーツタイプなどさまざまな種類があります。

おでかけとなるとついつい色柄などのデザインで選びがちですが、ラッシュガードの種類には利用シーンによって向き不向きがあります。デザイン性よりも使用目的や利用シーンを重視してベビーラッシュガードを選ぶことが大切です。

実用性や機能性が高いラッシュガードでも、おしゃれでかわいいデザインのものがたくさんあります。ぜひこの記事を参考にしながら、赤ちゃんに合ったベビーラッシュガードを選んで、デリケートな赤ちゃんの肌を守りましょう。

あわせて読みたい

【医師監修】赤ちゃんの日焼け止めおすすめ21選!肌に優しいのは?選び方や落とし方も紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30122
Image
男の子のベビー水着おすすめ19選!グレコやラッシュガードなどタイプ別紹介と選び方
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28218
Image
女の子用ベビー水着17選!水着デビューをおしゃれに彩るブランドも紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28197
Image
水遊びパンツでプールを満喫!紙タイプ・布タイプの比較やおすすめ14選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28649
Image
水遊びおもちゃで夏を楽しもう!おすすめ19選!プール・お風呂・外遊びに人気の商品は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27979
Image