赤ちゃんの夏服は?月齢別に着せ方をご紹介!おでかけ・寝るときはどう着替える?

暑い夏の時期、赤ちゃんにどんな服を着せれば良いのか迷いますよね。大人よりも体温が高く汗っかきな赤ちゃんは、肌着1枚で過ごしても良いのでしょうか。ここでは、赤ちゃんが快適に過ごすための夏服の着せ方を月齢別やシーン別にご紹介します。夏の服装選びの参考にしてみてくださいね。

119665

目次

  1. 赤ちゃんの夏服は何枚必要?
  2. 赤ちゃんの夏服の着せ方は?
  3. 赤ちゃんの夏服の選び方は?
  4. おでかけのときの赤ちゃんの夏服は?
  5. 寝るときの赤ちゃんの夏服は?
  6. 赤ちゃんの夏服おすすめ
  7. 赤ちゃんの夏服を楽天・Amazonでチェック!
  8. 暑い夏を快適に過ごそう
  9. あわせて読みたい

赤ちゃんの夏服は何枚必要?

赤ちゃんの夏服を準備するとき、どんな種類の服を何枚ぐらい準備したら良いのか迷いますよね。住んでいる地域や生活環境などによって違いますが、夏といっても肌寒い初夏と真夏では気温が違うため、服装が異なります。また、赤ちゃんは大人に比べて新陳代謝が良く汗っかきです。

特に暑い夏の時期は、赤ちゃんがいつもより汗をかきやすくなります。汗をかいて赤ちゃんが風邪をひいたり、肌トラブルを起こしたりしないように気を付けましょう。そのためには、こまめに着替えさせるのがポイントです。よく着る肌着は多めに用意しておくと安心ですよ。

Article link icon
【新生児の生まれ季節別】ベビー服の選び方と服装を解説!肌着とウェアの違…
Article link icon
【夏生まれ出産準備】暑さ、日焼け対策は?6・7・8月におすすめの衣服や…

赤ちゃんの夏服の着せ方は?

Image

赤ちゃんの月齢別に、夏服の着せ方や必要枚数の目安をご紹介します。ご紹介する着せ方は、あくまでも着せ方の一例としての目安となっています。夏は暑さ対策とクーラー(冷房)対策ができる服装が重要ですよ。

赤ちゃんの夏服の着せ方に決まりはないので、赤ちゃんが快適に過ごせるように調節してあげてくださいね。

生後1~3ヶ月の新生児の夏服

生後1~3ヶ月頃の新生児が着る服のサイズは、目安として50cm~60cmです。靴下は、7cm~8cmサイズになります。足や手を動かすことがあっても、身体全体を動かすことはありません。生後3ヶ月くらいまでは、ねんね時期といわれるくらい1日の大半は寝て過ごすことがほとんどです。

この時期の赤ちゃんの服装は、大人と同じ服の枚数か、プラス1枚の服を着せるのが目安になります。新生児はおむつを頻繁に交換するため、前開きで足の部分が開けやすい、ドレスタイプの服が重宝しますよ。

新生児の体温調節機能が未熟なので、服や小物で調整してあげることが大切です。具体的には、どんな着せ方が適しているのかご紹介します。

以下は新生児の夏服の着せ方(組み合わせ)の一例です。

1.コンビ肌着のみ1枚(または、短肌着のみ1枚、ロンパースのみ1枚)
2.短肌着(または、長肌着)+コンビ肌着
3.短肌着+2WAYオール(ベビードレス)

赤ちゃんに服を着せるときは、肌着を着せてからその上にほかのアイテムを着せるイメージがあるかもしれません。しかし、真夏など暑い時期に室内で過ごすときは、綿100%の肌着1枚で過ごせますよ。

用意したい服の目安枚数は、以下の通りです。

・短肌着 5枚~6枚
・長肌着 1枚~
・コンビ肌着 6枚~7枚

・2WAYオール 1枚~
・カバーオール 1枚~2枚
・新生児ベスト 1枚
・(冷蔵対策・紫外線対策)カーディガン 1枚~
・おくるみ(通気性の良いもの)
・帽子、靴下 など

生後4~8ヶ月の乳幼児の夏服

生後4~8ヶ月頃の乳幼児が着る服のサイズは、目安として60~70cmです。この時期の赤ちゃんは、寝て過ごす時間より起きている時間が増えてきます。個人差はありますが、寝返りやお座り、ハイハイなどができるようになり動きが活発です。

新生児期に着ていた短肌着より、お腹が隠れるロンパースやボディスーツが活躍します。この時期の赤ちゃんは、大人と同じ枚数か1枚少ない枚数の服を着せるのがひとつの目安です。

以下は着せ方(組み合わせ)の一例です。

1.コンビ肌着のみ1枚(またはロンパースのみ1枚)
2.ロンパース(または、短肌着)+2WAYオール

また、ハイハイをする赤ちゃんの膝が出ている服装の場合は、夏用のレッグウォーマーなどで膝を保護してあげましょう。

用意したい服の目安枚数は、以下の通りです。
・肌着(コンビ肌着やボディ肌着など) 3枚~4枚
・長袖、長袖トップス 成長や必要に応じて数枚
・ボトムス 成長や必要に応じて数枚
・ショートオール(2WAYオール)3~5枚

・ベスト 
・はおりもの 
・おくるみ(通気性の良いもの)
・帽子、靴下 など

赤ちゃんの月齢によって着やすく動きやすいタイプが違います。赤ちゃんに合った肌着や服を目安を参考に用意しましょう。

生後9ヶ月以降の乳幼児の夏服

生後9ヶ月以降の赤ちゃんが着る服のサイズは、目安として70cm~です。赤ちゃんの成長は個人差がありますが、つかまり立ちや伝い歩きができるようになって活動範囲が広くなります。

寝ている時期に比べるといろいろなことができるようになります。赤ちゃん用の一体型になっている服のタイプから、上下がわかれた服を楽しめるようになってきますよ。この時期の赤ちゃんは、大人よりも1枚少ない枚数の服を着せるのがひとつの目安です。

以下は着せ方(組み合わせ)の一例です。

1.コンビ肌着のみ1枚(または、ロンパースのみ1枚)
2.ボディスーツ(かぶり型)+短パン(またはスカート)
3.ボディスーツ(かぶり型)+薄手のロンパース

用意したい服の目安枚数は、以下の通りです。

・肌着(コンビ肌着やボディ肌着など) 3枚~4枚
・ショートオール 3枚
・半袖、半袖トップス 成長や必要に応じて数枚
・ボトムス(パンツやスカート) 成長や必要に応じて数枚

・はおりもの (紫外線対策や冷房対策用)
・おくるみ(通気性の良いもの)
・スリーパーや腹巻き 1枚
・帽子、靴下、レッグウォーマー など

必要な服の枚数は、赤ちゃんの成長スピードにより着やすいタイプの服が異なります。必要に応じて、着せやすくて赤ちゃんが動きやすい服を用意してあげると良いですね。

赤ちゃんの夏服の選び方は?

Image

赤ちゃんの服は、キュートなデザインの服が多くどれを選べば良いのか迷いますよね。デザインや服のサイズだけではなく、ほかにどんな点に注意しながら夏服を選ぶと良いのでしょうか。暑い夏の時期に着せたい赤ちゃんの夏服の選び方のポイントをご紹介します。

吸湿性の優れた素材を

汗っかきな赤ちゃんの汗をしっかりと吸収してくれて、風通しが良く吸湿性が優れた素材を選びましょう。赤ちゃんの服におすすめの素材は綿100%で、夏に不向きな素材は通気性の悪いポリエステル系の素材です。

特に夏におすすめの素材は、下記の素材です。

・「ガーゼ」は、通気性が良くサラッとした吸湿性に優れた肌触りです。
・「天竺(てんじく)」は、サラッとした肌触りで薄く通気性が良いです。
・「フライス」は、年中着ることができる素材です。ソフトな肌触りで吸湿性や通気性に優れています。

Article link icon
赤ちゃんや新生児のあせもの原因は?治し方・対処法をご紹介

重ね着で調整できるように薄手のものを

赤ちゃんが暑いのか寒いかを判断するのは難しいですよね。そのときは、赤ちゃんの背中を触って確認するのがおすすめです。背中を触ってみて冷たいときは、赤ちゃんが寒いサインなので1枚重ね着させましょう。

逆に、赤ちゃんの背中を触ってみて汗ばんでいるときは、1枚脱がせて調整します。厚手の服を着せるのではなく、重ね着で調整しやすいように薄手の服がおすすめです。

汗取りパットなどを活用するのも

夏は大人も肌トラブルを起こしやすいですよね。汗取りパットには使用するシーンにより種類があります。背中にいれて使用するタイプ、ベビーカーに取り付けて使用するタイプ、布団に敷いて使用するタイプなどが主な種類です。

汗っかきな赤ちゃんのあせも対策として、背中にいれて使用する汗取りパットを活用するのはいかがでしょうか。背中にいれる汗取りパットは、デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、綿素材の肌に優しいものがおすすめです。

おでかけ中に赤ちゃんが汗をかいてすぐに着替えができない場合や、赤ちゃんが寝ている場合でも、汗取りパットは取り外しが簡単にできます。

洗濯への耐久性

赤ちゃんは汗をかきやすいので、夏の時期はこまめな着替えが必要です。個人差はありますが、肌着などを洗濯をする回数が増えます。できるだけ洗濯への耐久性に優れた服を選ぶようにするのがおすすめです。洗濯をするときは、服に表示されている洗濯方法を確認してから、服に合った方法でお手入れをしましょう。

おでかけのときの赤ちゃんの夏服は?

Image

夏の時期のおでかけで気を付けるポイントは、「冷房」と「紫外線」です。いくら真夏といっても、自宅で過ごすときのように肌着1枚で出かけるわけにはいきませんよね。新生児期の赤ちゃんは、通気性の良いメッシュのような薄手の肌着を着せて、その上にロンパースを着せるのが基本の服装です。

生後半年前後の赤ちゃんは、肌着とロンパースの組み合わせや、かぶって着るタイプのTシャツにズボンやスカートを合わせましょう。生後9ヶ月以降の赤ちゃんは、肌着+Tシャツにズボンやスカートの組み合わせが基本になります。

成長のスピードは個人差があります。立ったり歩いたりする赤ちゃんには、動きを邪魔しない動きやすい服を選んであげたいですね。

ほかにも夏のおでかけで気を付けたいことは、冷房で店内や車内が涼しすぎるケースがあることです。暑いからといって薄着で出かけずに、肌寒いと感じた時にサッと羽織ることができるアイテムを用意して出かけましょう。

羽織るのにおすすめな服は、綿素材のボレロやカーディガンです。足には靴下や薄手のレッグウォーマーが便利ですよ。このほかに、薄いタイプのおくるみやブランケットがあると何かと役立ちます。チャイルドシートやベビーカー移動をするとき、必要に応じて赤ちゃんにかけて使いましょう。

コンパクトにたためるアイテムを選ぶと荷物にならずに便利ですよ。大人と同じように紫外線対策や熱中症対策で、帽子を忘れずに着用しましょう。

寝るときの赤ちゃんの夏服は?

Image

寝るときの赤ちゃんの夏服は、室温や赤ちゃんの月齢などに合わせて赤ちゃん用のパジャマや肌着を着せて寝かせましょう。寝返りができる赤ちゃんは、寝ているあいだに服やかけておいたタオルが動いてしまう心配があります。

そんなときは、お腹が冷えるのを防止するために、薄い腹巻きを使用するのはいかがでしょうか。腹巻きをすると熱がこもって汗をかいてしまう場合があります。こまめなチェックと必要に応じて着替えをさせましょう。

大人でも夏の夜は蒸し暑くて、寝苦しいときがありますよね。もしも赤ちゃんが寝汗をかいているときは、身体が冷えて風邪をひいたり肌トラブルの原因になったりする可能性があります。

赤ちゃんが寝ているときに着替えさせるのはかわいそうな気がしますが、濡れたままの服を着ている方が赤ちゃんにとっては不快なので、着替えさせてあげましょう。赤ちゃんが汗をかきやすい背中に汗取りパットをいれたり、吸収性が高いタオルを布団の上に敷いて寝かせたりする方法がありますよ。

汗取りパットは濡れたら背中から引き抜くだけなので、肌着を着替えさせる必要がなく便利なアイテムです。寝ていることが多い月齢の赤ちゃんは、数枚用意しておくと良いですよ。便利なアイテムを活用しながら、赤ちゃんが快適に眠れるようにしたいですね。

Article link icon
おしゃれなベビーパジャマ15選!夏冬別のおすすめと人気のブランドをご紹介
Article link icon
いつから・何枚必要?春夏秋冬別!赤ちゃんのパジャマの着せ方や洗濯頻度を…

赤ちゃんの夏服おすすめ

元気な赤ちゃんには、カラフルでキュートな夏服がよく似合いますよ。デザインやカラーが豊富なおすすめのアイテムをご紹介します。

5枚組新生児肌着セット(ベビーミッキー/ベビーミニー)

5枚組新生児肌着セット(ベビーミッキー/ベビーミニー)
¥2,499〜(2018/12/06 時点)

サイズ 50~60cm
素材 フライス(綿100%)
カラー ブルー、ピンク

西松屋で購入が可能なディズニーキャラクター柄の肌着セット。短肌着3枚とコンビ肌着2枚の5枚組です。肌着にプリントされているキュートなベビーミッキーやベビーミニーが、赤ちゃんにぴったりです。セットになっていると、気候や月齢に合わせて肌着を選べるのが嬉しいですね。

いつもより汗をかきやすい暑い夏の時期は、通気性や吸湿性が優れた素材の肌着を選んであげましょう。

■この商品に関する口コミ
・とてもかわいい肌着セットで、また購入したいです。
・新生児肌着は、何枚も必要なのでセットになっているととても助かります。

引用元:review.rakuten.co.jp
Article link icon
【春夏・秋冬別】コンビ肌着のおすすめ15選!いつまで着せられる?選び方…

Mak the yak(マックザヤック)半袖ロンパース

Mak the yak(マックザヤック)半袖ロンパース
¥3,132〜(2018/12/06 時点)

■サイズ 70cm、80cm、90cm 
■柄 クジラ、ゾウ、Bee、Kitty、アヒル、トラなど
■素材 コットン100%

Mak the yak(マックザヤック)の半袖ひざ丈ズボンのロンパースです。柄は全部で12柄で、トラやバタフライ、ヒツジなどの手描き風のキュートなイラストが豊富ですよ。素材はインド綿を使用したコットン100%で、滑らかで赤ちゃんに優しい肌触りです。

■この商品に関する口コミ
・クジラとアヒル柄を購入しました。しっかりとした作りなのに、柔らかい生地で肌触りも良く夏は大活躍間違いなしです。
・夏はこの服1枚で外出しても問題ないと思います。

引用元:review.rakuten.co.jp
Article link icon
【画像で解説】ロンパースとは?いつからいつまで?春夏秋冬別の選び方やコ…

connect M コットンバオバブキャップ

connect M コットンバオバブキャップ
¥2,483〜(2018/12/06 時点)

■サイズ Sサイズ(46cm~48cm)
■カラー マルチ、ブルー、イエロー、ピンクなど
■素材 コットン、麻、アクリルなど

日焼け対策として、広めのつばと日よけカバーが付いたカラフルなキャップです。キュートなデザインと豊富なカラーバリエーションなのが嬉しいですね。この帽子は、安心安全の日本製キャップです。裏地はUVカット素材で、汗っかきの赤ちゃんに優しい薄手の柔らかい素材を使用しています。

お手入れ方法は、手洗いが可能で清潔に着用できます。折りたたむことができるキャップなので、コンパクトに持ち運びが可能です。あご紐が付いているため、帽子がズレたり落としたりする心配がありません。

月齢別の帽子のサイズ目安は、0~3ヶ月(40cm~42cm)、3~6ヶ月(42cm~44cm)、6ヶ月~1歳(44cm~46cm)です。赤ちゃんの頭のサイズは個人差があるので、目安サイズを参考に赤ちゃんに合うサイズの帽子を選んでくださいね。

帽子を選ぶときのポイントは、赤ちゃんの顔をカバーしてくれるつばの大きなものがおすすめです。

■この商品に関する口コミ
・UV加工の帽子が欲しくて娘のために購入しましたが、かわいい帽子です。
・作りがしっかりしていてかわいい帽子です。7ヶ月の子どもには、少し大きめですがゴム付きなので問題ありません。柔らかいので、帽子をしたまま寝てしまっても痛くないようです。

引用元:review.rakuten.co.jp
Article link icon
赤ちゃん、幼児の帽子のサイズ!選び方と嫌がるときの対処法

赤ちゃんの夏服を楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで赤ちゃんの他の夏用ベビー服を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

暑い夏を快適に過ごそう

暑い夏を快適に過ごすための主なポイントをご紹介します。場所によっては、クーラーが効き過ぎて肌寒い場合がありますよね。体温調節が未熟な赤ちゃんのために、服やおくるみを使って必要に応じて冷房対策をしましょう。

夏服と言っても赤ちゃんの月齢などにより動きやすい服装が異なります。赤ちゃんが動きやすいタイプの夏服を選ぶようにしましょう。夏は外遊びが楽しい季節です。帽子を忘れずにかぶるなど、熱中症や日焼け対策を忘れずに行いたいですね。

汗をかきやすい赤ちゃんには、吸収性や通気性が良い素材の服がおすすめです。赤ちゃんが汗をかいていたら、肌トラブル対策として汗取りパットを活用したり、こまめに着替えさせましょう。赤ちゃんの服装に気を付けながら、暑い夏を快適に乗り切れると良いですね。

あわせて読みたい

抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シートの選び方とおすすめ7選!エルゴにも使える?手作りは可能?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30320
Image
ベビー服ブランド一覧!かわいい、かっこいい、安い、高級などタイプ別にご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28195
Image
赤ちゃんの汗取りパッドおすすめ8選!あせもにならないための選び方・使い方をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29603
Image
新生児のセレモニードレスとは?春夏・秋冬別おすすめ16選と選び方をご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29501
Image
女の子のベビー服!選び方、出産祝い、おすすめブランドは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28357
Image
出産祝いに贈るベビー服!人気海外ブランドから定番までおすすめ18選!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/18368
Image