抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シートの選び方とおすすめ7選!エルゴにも使える?手作りは可能?

暑くなってくると気になるのが赤ちゃんの暑さ対策です。赤ちゃんは体温調節が未熟なので、具合が悪くなったり脱水症状になったりすることが考えられます。赤ちゃんを抱っこ紐に入れて外出する場合は、保冷剤シートを活用すると便利ですよ。ここでは、保冷剤シートの選び方やおすすめの商品、保冷剤シートの代用品について紹介します。

29307

目次

  1. 抱っこ紐の暑さ対策には保冷剤シートが役に立つ!
  2. 抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シート選びはここをチェック
  3. 抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シートおすすめ7選
  4. 抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シートは手作りや百均でも可?
  5. 抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シート以外では?
  6. 抱っこ紐の保冷剤を楽天・Amazonでチェック!
  7. 保冷剤を抱っこ紐と組み合わせると暑い時期も快適!
  8. あわせて読みたい

抱っこ紐の暑さ対策には保冷剤シートが役に立つ!

抱っこ紐で歩き回っていると、赤ちゃんは暑さにぐずりだしたり汗だくになったりすることがあります。ママと抱っこ紐のあいだにはさまれた赤ちゃんは、ママ以上に暑さを感じています。そのため、暑い日には涼感を高める保冷剤シートを活用してみましょう。

抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シート選びはここをチェック

Image

気温が高い日だけでなく、蒸し暑い日にも保冷剤シートは便利です。まずは保冷剤シートの選び方を紹介します。

使いやすさ

保冷剤シートは冷蔵庫で冷やしておいて、出かける前に取り付けて使います。そのため、取り付けと取り外しが簡単にできるかどうかが大切です。保冷剤とシートが別になっているものは、保冷剤の出し入れのしやすさや扱いやすさも重要です。使う抱っこ紐に収まる大きさかどうか、必要以上に重くないかなども確認しましょう。

持続時間

赤ちゃんは体温調節が未熟です。そのため、長い時間連続して冷やし続けるのは身体に負担をかけてしまう恐れがあります。

おすすめはジェルタイプの保冷剤です。完全に凍らず、やわらかい状態のまま2~3時間涼しさを保ってくれます。さわってすぐに冷たいと感じるのは主に1~2時間で、そのあとは適度な涼しさを保った状態が続きますよ。

ベビーカーにも使えるか

抱っこ紐に使える保冷剤シートの中には、ベビーカーにも使えるものがあります。ベビーカーを使用しているときにも暑さ対策が必要になる場面は多いので、ひとつで済ませたいなら共用できる保冷シートを選ぶのがおすすめです。ベビーカーでは、頭や座面部分などを冷やすと効果的です。

ベビーカーと共用できる保冷剤には、紐で取り付けるタイプと、紐で取り付けないタイプのものがあります。紐で取り付けるタイプは、ベビーカーに固定しやすいことがメリットです。一方で、紐で取り付けないタイプは、紐が赤ちゃんにからまる危険性がないことがメリットとしてあげられます。

その他にも、チャイルドシートに取り付けたり、まくらとして使ったりできる保冷剤シートもあります。

Article link icon
ベビーカーシート・クッションのおすすめ10選!夏や冬に人気のマットは?

保温機能があるか

ジェルタイプの保冷剤を使っている商品には、温めても使えるものがあります。温める商品は、電子レンジやお湯で温めてカイロのようにして使えます。使い捨てカイロは使い方によっては熱くなりすぎる場合もありますが、ジェルタイプであれば低温やけどの心配は少なく、ほんのり温かい状態が続きます。

色やデザイン

保冷剤シートには、キャラクター形のものなど、さまざまなデザインのものがあります。抱っこ紐メーカーの保冷剤シートなど、特定の抱っこ紐にぴったり合うように設計されているものも販売されています。赤ちゃんの性別や自分の好みに合わせて気持ち良く使えるデザインを選びましょう。

抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シートおすすめ7選

ここでは、抱っこ紐の赤ちゃんがより快適に過ごせるおすすめ保冷剤シートを紹介します。

ドット柄やカモフラ柄も!ストラップまでおしゃれな抱っこ紐保冷剤シート

【ファムベリー】保冷シート(ジェル付)
¥1,543〜(2018/12/27 時点)

[サイズ]13×18.5cm、リボンテープ最大20cm
保冷剤1個付き

冷蔵庫で保冷剤を冷やしてポケットにセットするタイプの保冷剤です。赤ちゃんと接する表面はふわふわのパイル生地で、裏側は保冷効果を高めるアルミシート製です。周囲はパイピングで縫い込んで丈夫に作られているため、丸洗いもできます。抱っこ紐の背中の部分に付属のバックルがしっかり留められるため、ずれにくいでしょう。

Article link icon
ファムベリーのスリングと抱っこ紐!新生児から使える?特徴や使い方は?

防水布で安心!実用性に優れたエスメラルダの保冷シート

【エスメラルダ】保冷シート(ジェル付)
¥1,980〜(2018/12/27 時点)

[サイズ]15.5×19.5cm、紐の長さ72.5cm×2本
保冷剤1個付き

抱っこ紐に取り付けるだけでなく、そのまま背負うこともできる5wayタイプの保冷剤シートです。赤ちゃんと接する面は防水布をはさみ込んだ3層構造のため、冷やしすぎず温めすぎず、赤ちゃんは快適に過ごせます。

抱っこ紐の肩部分に取り付けるよだれパットなど、「エスメラルダ」ブランドの他の商品と同じ布地を使っているので、トータルコーディネートを意識したいときもおすすめです。

ココジェルライト動物型保冷保温ジェルは保冷機能を6時間維持できる!

ココジェルライト 動物型保冷・保温ジェル
¥1,618〜(2018/12/27 時点)

[デザイン]シロクマ、ペンギン
[サイズ]24×19cm
専用カバー、保冷剤1個付き

抱っこ紐に取り付けて使う以外に、リュックのように直接背負うこともできる保冷剤シートです。かわいらしいシロクマ、ペンギンの2つのデザインから選べます。カバーは3層構造になっており、保温性が高く適温を6時間維持することが可能なため、長時間のおでかけにも対応できますね。

エルゴにぴったりの抱っこ紐保冷シート

【ベビーホッパー】抱っこ紐 ベビーカー兼用保冷シート保温シート やわらか保冷ジェル2個付き
¥1,728〜(2018/12/27 時点)

[本体サイズ] W12×D2×H31cm
専用ジェルパック(2個)付き

エルゴは肩が痛くなりにくいと人気ですが、通気性が悪く暑いと感じることもあります。この保冷剤シートは、エルゴの内部全体を冷やすロングタイプです。

背中からおしりまで赤ちゃんを包み込み、赤ちゃんが快適に過ごせるようにサポートしてくれるでしょう。抱っこ紐やベビーカーに取り付けた状態で、夏は25℃前後を3時間、冬は30℃前後を1.5時間保ちます。

Article link icon
エルゴの抱っこ紐のおすすめ6選!新生児に使えるベビーキャリアは?オリジ…
Article link icon
エルゴ アダプトの特徴とおすすめ11選!おんぶはいつから?メッシュタイ…

バディバディの保冷シートは軽量210gで持ち運びやすい!

Imgrc0083083838
【バディバディ】Cocoジェルライト保冷・保温シート
¥1,458〜(2018/12/27 時点)

[サイズ]15×20cm、紐の長さ130cm
保冷剤1個付き

ジェルと専用カバーを合わせて210gほどの軽量保冷シートです。持ち運びやすいだけでなく、子どもの背中に取り付けたときの負担を軽くすることができます。保冷バッグは80kgの圧力にも耐えられる2層フィルム構造なので、袋が破けて背中に保冷剤があふれだすといった心配は少ないでしょう。

Article link icon
バディバディ(Buddy Buddy)の抱っこ紐の使い方と人気14選!…

カンガルーの保冷保温やわらかシートは汗蒸れしない!

【丹平製薬】 カンガルーの保冷・保温やわらかシート
¥1,117〜(2018/12/27 時点)

[サイズ]18.5×14cm
保冷剤1個付き

ベビー用品の開発も行っている製薬会社が製造した保冷シートで、冷やしても温めても使えます。専用のカバーとやわらかいジェルにより、夏は28℃以下、冬は35℃前後の温度を5時間保ちます。

長時間の使用ができるタイプなので、簡単な用事を済ませたいときや、いつもより少し遠いところに買い物に行きたいときにも安心ですね。カバーは肌ざわりが良い綿パイル地で、汗やよだれをすばやく吸収します。

napnapユーザーにおすすめ!HOT&COOLジェルまくら

【napnap】HOT&COOLジェルまくら
¥1,058〜(2018/12/27 時点)

[サイズ]24×19×3cm

「napnap」の抱っこ紐の背中のポケットにちょうど収まるサイズのジェルまくらです。温冷両用で、熱を約3時間保持できます。カバーを外して丸洗いできるので、抱っこ紐に入れる用途以外でも、お昼寝用などとして季節を問わず活躍します。

Article link icon
napnap(ナップナップ)の抱っこ紐は小柄なママにおすすめ!特徴や口…

抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シートは手作りや百均でも可?

Image

使っている抱っこ紐に合わせた保冷剤シートが欲しい場合は、手作りも素敵ですね。100均では布地や保冷剤が取り扱われているので、お金をかけずに自作にチャレンジできるでしょう。

手芸が苦手でも、カバーは簡単に自作できます。好みの布を保冷剤のサイズに合わせて直線に縫うだけなので、手縫いでも作れるでしょう。フェルト地をちょうど良いサイズに折り曲げて接着剤で留める方法もあります。厚さはタオルやハンカチで調整できますよ。

抱っこ紐の暑さ対策!保冷剤シート以外では?

Image

保冷剤シート以外に、暑さ対策に使えるグッズにはどのようなものがあるでしょうか。旅行や長時間おでかけする際には、保冷剤シート以外の暑さ対策も検討すると良いでしょう。

抱っこ紐ケープを使う

暑いときにケープを使うとさらに暑いのではと感じるかもしれませんが、抱っこ紐と組み合わせて使うケープの中には、遮熱機能やUVカット機能が付いているものがあります。肌の弱い赤ちゃんにとって紫外線もカットできるのはうれしいですね。通気性が良い生地を選べばそれほど暑く感じないでしょう。

Article link icon
抱っこ紐用ケープの人気13選!冬の防寒・夏のUV対策におすすめは?

ポケットに保冷剤を入れる

食品を冷やすための保冷剤をそのまま赤ちゃんの身体にあてていると、冷えすぎて体調を崩してしまう可能性があります。抱っこ紐のポケットやママの上着のポケットなどに保冷剤を入れておくと、じんわり冷えて赤ちゃんは快適に過ごせます。これならお金をかけずにすぐに取り入れられそうですね。

日傘を使う

ママが汗をかくと、抱っこ紐の中の赤ちゃんの身体も一緒に蒸れてしまいます。木陰にいるような涼しさを求めるなら、日傘もおすすめですよ。ただし、雨傘のような遮熱効果がない日傘を使うと、熱を吸収して傘の中が暑くなってしまいます。そのため、遮熱・遮光効果のある日傘を使うようにしましょう。

乾きやすい衣服を着せる

半袖のコットン素材でも、生地が厚手であれば結局暑く感じてしまいます。リネンやヘンプ、インド綿など、薄手で乾きやすい素材の衣類を着せるようにしましょう。チュニックやスカートなどのゆったりした形の服は風が通りやすく、涼しいですよ。また、肌着には汗を吸収する機能があるので、必ず着せましょう。

Article link icon
赤ちゃんの夏服は?月齢別に着せ方をご紹介!おでかけ・寝るときはどう着替…
Article link icon
【春夏・秋冬別】コンビ肌着のおすすめ15選!いつまで着せられる?選び方…

ガーゼや手ぬぐいを湿らせて首にあてる

身体が熱くなってしまうときは、水で濡らした布を赤ちゃんの首の後ろに巻くと簡単に体温が下げられます。専用のグッズもありますが、おすすめは綿100%でできた手ぬぐいです。乾きやすく、肌ざわりが良いだけでなく、持ち歩いてもかさばりません。いろいろな用途に使えるので、かばんにひとつ入れておくと良いかもしれませんね。

Article link icon
赤ちゃん用タオル・ガーゼ10選!沐浴用、授乳用など目的ごとにご紹介

抱っこ紐の保冷剤を楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで他の抱っこ紐の保冷剤を探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

Article link icon
おむつetcが安く買える!Amazonファミリーのメリット&お得なクー…

保冷剤を抱っこ紐と組み合わせると暑い時期も快適!

暑い時期は抱っこ紐の中で赤ちゃんの身体も蒸れています。うまく主張できていなくても、汗をかいたりぐずったりしていたら、不快のサインかもしれません。水分補給に努めることも必要ですが、保冷剤を抱っこ紐に取り付けるなど、適切な暑さ対策をして厳しい時期を乗り切りましょう。

あわせて読みたい

水遊び用おもちゃ16選!プール・お風呂・外遊びにおすすめの人気の商品は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27979
Image
ベビーカーの保冷シートで暑さ対策を!赤ちゃんが夏でも快適に過ごせるアイテム10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28206
Image
【夏生まれ出産準備】暑さ、日焼け対策は?6・7・8月におすすめの衣服や育児グッズ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28074
Image
抱っこ紐で腰痛に?正しい付け方と腰が痛くならない方法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20857
Image
エルゴにも!抱っこ紐収納カバーの作り方とおすすめ10選!動画で解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/24684
Image
抱っこ紐のよだれカバーを手作り!作り方とエルゴに使える人気商品は?西松屋のものもある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5041
Image
抱っこ紐におすすめのリュック・バッグ13選!おでかけのカバンはどうする?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29725
Image