ベビーベッドのサイズ!メリット、デメリットとおすすめ10選

数ある育児グッズの中でベビーベッドは重要なものの一つだと思います。育児の仕方、家庭環境やお部屋の広さなどを考えて選ぶ必要があります。今回は、ベビーベッドのサイズやおすすめのベビーベッドをご紹介いたします。

71195

目次

  1. ベビーベッドのサイズ
  2. 標準サイズベビーベッドのメリットとデメリット
  3. ミニベビーベッドのメリットとデメリット
  4. おすすめ標準サイズベビーベッド5選
  5. おすすめミニベビーベッド5選
  6. ベビーベッドの売れ筋ランキングもチェック!
  7. 赤ちゃんに健やかな眠りを

ベビーベッドのサイズ

ベビーベッドのサイズは大きく分けて二種類あります。標準的なサイズとミニタイプです。標準的なベビーベッドのサイズは120×70cmで、ミニベビーベッドのサイズは90×60cmです。
どちらとも新生児~24ヶ月ころ(体重20kg)まで使用することができます。

標準サイズベビーベッドのメリットとデメリット

メリット

赤ちゃんの大きさに比べて広いスペースが確保されるので、赤ちゃんがのびのびと過ごすことができます。また、ミニベビーベッドに比べて種類が多いものメリットです。
標準サイズベビーベッドは、ベビーベッドとしての使用以外にも、キッズベッドになったりベビーサークルとして使える多機能のものも多くあります。

デメリット

標準サイズのベビーベッドは、ミニベッドに比べて一回りも大きいので、部屋の中で設置スペースが余計に必要となります。

ミニベビーベッドのメリットとデメリット

ミニベビーベッドのメリットはなんといってもサイズです。90×60cmなので、標準ベビーベッドよりも一回り小さく、設置スペースに困りません。
しかし、赤ちゃんが成長し、体が大きくなるにつれてベビーベッドが窮屈に感じることがあります。

おすすめ標準サイズベビーベッド5選

1、カトージ ベビーベッド ハイタイプ 123

カトージ ベビーベッド ハイタイプ 123
¥13,800〜(2018/11/08 時点)

すのこでできた床板は風通しがいいのでカビたりしません。三段階の高さに調節できるので、高くすれば赤ちゃんのお世話も楽ですし、低くすればベビーサークルとしても使えます。
一辺の柵が上下に開閉できるので、大人のベッドとくっつけて添い寝することもできます。

”満足です!
他店のベビーベッドよりも格安で、作りもしっかりしています!
匂いも気になりませんし、下に荷物も入りそうでハイタイプで言う事ありません!
つまみがオレンジの方も居るみたいですが、白くて好みです。
組み立ても妊娠7ヶ月ですが1人で1時間程度でした。”

引用元:review.rakuten.co.jp

2、石崎家具 ワンタッチハイベッド クール

石崎家具 ワンタッチハイベッド クール
¥20,800〜(2018/11/08 時点)

日本製の石橋家具のワンタッチハイベッドは、ママでも簡単にワンタッチで折りたたむことができ、コンパクトに収納ができたり移動も楽にすることができます。床板はハイとローの二段階調節が可能で、スライド式に開閉する柵なので赤ちゃんのお世話もしやすいです。

”シンプルモダン

ブラウンを購入。最初はパルにするつもりでしたが、納期が間に合わなく断念。でもブラウンの高級感に満足です。元々棚は要らないと思っていたので、軽くて良かった。つくりもしっかりしています。一番のおすすめポイントは、スライド扉がスムーズで、ロック金具がガタガタせず安心な点です。組み立ては、キャスターと床板だけ。臭いも気になりません。このお値段でとても良い買い物でした。お勧めです。”

引用元:review.rakuten.co.jp

3、デザイナーズギルド ベッド&ベビーサークル 2WAY

デザイナーズギルド ベビーベッド ベッド&ベビーサークル
¥38,664〜(2018/11/08 時点)

英国発ブランドのデザイナーズギルドのベビーベッドです。ホワイトカラーが上品ですね。重厚でシックなデザインが施してあるのでお部屋がおしゃれになりますね。下の部分が収納スペースとして使えるのでとても便利です。
また、ベビーベッドを卒業した後は、ベビーサークルとしても使えます。

4、ストッケ スリーピー ベッド

ストッケ スリーピー ベッド
¥97,200〜(2018/11/08 時点)

海外や日本のセレブに大人気のストッケのスリーピーベッドです。楕円形が珍しいですよね。ベビーベッドとしてだけでなく、ベビーサークルやキッズベンチと、多機能性を備えています。お値段は高いですが、別売りのキットを取り付ければ10歳ころまで使えるので、長い目で見ればお買い得かもしれません。

5、ブーリ 6歳までベッド ジャズ

ブーリ 6歳までベッド ジャズ
¥55,250〜(2018/11/08 時点)

オーストラリア生まれのブーリのベビーベッドは天然木を使用したぬくもりのあるベビーベッドです。床板を調節することで新生児~2歳ころまではベビーベッドとして使用し、別売りのベビーベッドガードを取り付ければ6歳ころまで使えるキッズベッドに変わります。その後は、キッズベンチにもなるので、長く使うことができます。

おすすめミニベビーベッド5選

1、カトージ ミニベッド チャーミー

カトージ ミニベッド チャーミー
¥12,500〜(2018/11/08 時点)

コンパクトサイズなので場所を取らないし、お部屋の移動も楽々できます。床板の下はたっぷりとした収納スペースがあります。柵は上下にスライドできるので、赤ちゃんのお世話も簡単です。

”9ヶ月の妊婦ですが、1時間弱で組み立て出来ました。
ミニサイズで、場所も取らないし、部屋のドアも私たちのアパートでは通れるので、お部屋の移動も楽々です。
注文して、すぐに届きました。
匂いについて書いてある方もいましたが、
寝室に置いてますが特に気になりません。
木の香りがします。

今後は、私たちベッドの高さと近い、2番目の高さにして、利用する予定です。 ”

引用元:www.amazon.co.jp

2、カトージ ハイタイプミニベッド ミニ布団7点セット

ベビーベッド ハイタイプミニベッド ミニ布団7点セット
¥22,550〜(2018/11/08 時点)

カトージのハイタイプミニベッドと布団のセットです。床板は三段階に調節が可能で、下には収納スペースもあります。スライド式の柵なので、赤ちゃんを抱きあげるのも簡単にできます。ドット柄がかわいいお布団とセットで購入すればすぐに使用を開始できます。

”機能的で丁度良い大きさ。
普通のベビーベッドを店舗へ見に行きましたがとても大きく、乳児から使うには腰に負担がかかる事や何度も立ち上がらなければならない点を考慮し見にベビーベッドを購入しました。組み立ても付属の説明書をみて15分位で完成しました。丈夫そうに見えてとても機能的です。大きさも丁度よく膝立ちで寝かしつけれる高さです。”

引用元:review.rakuten.co.jp

3、サワベビー 添い寝ミニベッド L型プチベリー

サワベビー 添い寝ミニベッド L型プチベリー
¥29,500〜(2018/11/08 時点)

ツーサイドがスライドするのが珍しいサワベリーの添い寝ミニベッドです。大人のベッドとくっつけて使用できるように床板は3段階の調節が可能です。足側の柵もスライドするので大人のベッドとくっつけて使用しても、赤ちゃんのお世話を楽にすることができます。枠を組み替えることでスライドする枠を左右どちらにすることもできます。

4、ランデブー ミニベビーベッド

ランデブー ミニベビーベッド
¥42,120〜(2018/11/08 時点)

ベッドの四隅につけられたブルーの玉が優雅なフォルムを引き立てるランデブーのミニベッドです。長い脚なのでベビーベッドの下を掃除するのも簡単です。安心と信頼の日本製、それに天然木を使用しているので赤ちゃんにも安心です。

5、HAPPINESS ミニベビーベッド

ベビーベッド ミニ ベビーベッド 棚板付き ミミ
¥9,799〜(2018/11/08 時点)

赤ちゃんの成長やお世話をするママの使い方に合わせて床板を三段階に調節できます。スライド式に開閉する柵なので、狭いスペースでも簡単に赤ちゃんのお世話ができます。床下にはたっぷりと収納スペースがあります。

”値段が安くて、柵も下にスライドして、下に物が置けるミニベッドを探していたので、この商品は、完璧でした(^-^)
色も三色から選べたので、良かったです。
お昼寝用に買いました。あとはこのベッドで赤ちゃんが寝てくれたらいいなと思います。”

引用元:shopping.yahoo.co.jp

ベビーベッドの売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonでベビーベッドのランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

赤ちゃんに健やかな眠りを

いかがでしたか?標準サイズのベビーベッド、ミニサイズのベビーベッドをご紹介いたしました。お部屋の広さや育児の仕方によって標準サイズにするかミニサイズにするかを考えるときの参考にしてくださいね。ママにとって使いやすいベビーベッドが赤ちゃんに健やかな眠りを与えてくれると思います。お気に入りのベビーベッドからかわいい赤ちゃんの寝顔を見れたら幸せですよね。