更新日:2017年11月02日

おすすめの抱っこ紐用ケープ8選!日よけ・防寒・タイプ別にご紹介

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしているときに、日差しや寒さが気になることはありませんか。手持ちのタオルなどをかけると、ずり落ちて使いづらいかもしれません。そんなときに便利なのが、抱っこ紐用のケープです。ここでは、日よけ・防寒・タイプ別に、おすすめの抱っこ紐用ケープをご紹介します。

26435
0

抱っこ紐用ケープの種類

Image

日よけ用

強い日差しは、抱っこ紐の中にいる赤ちゃんにも直撃しています。赤ちゃんへの紫外線の影響が心配になるときもありますよね。抱っこ紐の中には、紫外線対策ができるものもあります。

日焼け止めを塗るという方法もありますが、嫌がる子も多く、口に入る可能性もあります。手軽に紫外線をカットできる「羽織れるケープ」があれば、日よけとして使用することができますよ。

ケープは、虫よけや冷房の効きすぎた空間での冷房対策にもなります。暑い時期に羽織るのであれば、蒸れにくい通気性の良い素材がおすすめです。

防寒用

肌寒い時期には、防寒対策仕様のケープを活用すると良いかもしれません。お腹などママやパパの身体に密着している部分は寒くなくても、背中などは寒気にさらされている場合があります。

抱っこ紐の上から羽織れるものがあれば、ママやパパもかなり暖かくなりそうです。防寒用は厚い生地のものが多いので、軽い素材のものがおすすめです。

雨よけ用

赤ちゃんを抱っこして傘をさすのは大変です。ま、た赤ちゃんが濡れないように傘をさすと、ママやパパの背中がビショビショになる場合があります。赤ちゃんの背中や足が濡れないようにガードすることができるタイプのケープがあれば、雨の日の外出も楽しめるでしょう。

雨よけ用のケープは、撥水加工や防水加工されたものが主流です。とっさの雨に対応できるよう、携帯しやすいものがおすすめです。

Mobile favicon

紫外線をシャットアウト!親子で使える日焼け止め厳選5つ

Mobile favicon

人気のベビーカーのレインカバー10選!暖かい、シンプル、ディズニー様々なタイプをご紹介

抱っこ紐、ケープの選び方

Image

持っている抱っこ紐のタイプや種類を確認

取り付け・取り外しがワンタッチで可能なケープが多いですが、規格があっているかどうかの確認は大切です。抱っこ紐の周囲にかけるだけでなく、足までカバーできたりフードがついていたりするものもあります。手持ちのものに対応しているかどうかをきちんと確認してから購入しましょう。

素材を確認

主に「どんなシーンで使うのか」を考えて素材を選びましょう。暑い時期には蒸れにくく通気性の良い素材、冬の防寒対策であればなるべく熱の逃げない暖かい素材が良いでしょう。赤ちゃんによっては、アレルギー反応を起こしてしまう素材があります。肌が弱い場合には特に注意が必要です。

サイズを確認

抱っこ紐は肩ベルトなどで多少のサイズ調整はできますが、ケープのサイズは決まっています。抱っこ紐を使用する年齢まで使えるようなサイズになっているものが多いですが、赤ちゃんによってぴったりの大きさは異なるため、購入前に確認するようにしましょう。赤ちゃんを包み込めなければ意味がなく、大きすぎて赤ちゃんの様子が見えないのも危険です。

使用するシーンを考える

「何のためにケープを使うのか」を考えてからケープを選びましょう。赤ちゃんが生まれた月により、どの季節に抱っこ紐を使用することが多くなりそうかを考えることが大切です。

9月生まれの赤ちゃんであれば、お正月ごろには首がすわり、抱っこ紐をよく使うようになるかもしれません。そのため、なるべく防寒対策ができるケープが良いでしょう。夏ごろには伝い歩きが始まり、他のアイテムで補うことができそうなので、抱っこ紐用のケープであれば「防寒用」を使用する時期が多そうですね。

保育園などの送り迎えやお買い物など、赤ちゃんを連れていく場所と通り道も考慮にいれながらケープを選んでみてください。

Mobile favicon

新生児から使える横抱き抱っこ紐!おすすめ人気ランキング

Mobile favicon

アップリカの抱っこ紐の評判は?人気のポイントと使い方

おすすめの日よけ用抱っこ紐ケープ

ファムベリー 冷感UVケープ

Top1

femmbelly 冷感UVケープ

¥2,900〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 70cm×81cm/紐の長さ 左右約65cm
■素材 レーヨン55% ポリエステル45%

冷感素材が使われており、UV機能もついているので、暑い季節のおでかけや外出先での授乳にとても役立つケープです。ケープについている左右の紐をベビーカーのポールにつければ、ベビーカーケットにもなり重宝しますよ。

ケープの内側のポケットには、保冷剤を入れることができます。また、本体を小さくたたんで収納するときのポケットにもなります。

BOBO UVカット ママケープ

87298201 01

BO BO UVカット ママケープ

¥4,644〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 75cm×70cm
■素材 コットン100%(オーガニックコットン)

UVカット率90.7%の素材で、赤ちゃんの全身を日差しから守ります。抱っこ紐にホックで装着するだけなので、取り外しも簡単です。ベビーカーでのひざかけにしたり、車に乗ったときの日よけにしたりと、さまざまなシーンで活躍できます。オーガニックコットンが使用されているので、肌に優しく、蒸れにくくなっています。

日本エイテックス ユグノーシャダンケープ

49601102376 1

【日本エイテックス】ユグノーシャダンケープ

¥3,436〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 70cm×80cm
■素材 ポリエステル100%
■カラー グレー、サーモンピンク、ネイビー

UVカット率95%で、体感温度マイナス3℃の遮熱効果が特長のケープです。通気性の良いサラサラメッシュは暑い季節に役立ちそうです。

こちらのケープは、抱っこ紐にもベビーカーにも使えます。遮熱とUVカット、給水速乾の機能素材「SHADAN」を使用しています。足元は袋状でまくれにくく、フードがあるので頭から足まで紫外線から守ってくれますよ。ワンタッチクリップでつけ外しがしやすいのも魅力的です。

おすすめの防寒用抱っこ紐ケープ

ベビーアムール 抱っこ紐カバー

61dsvzheegl. sy355

【ベビーアムール】抱っこひもカバー ケープ

¥2,541〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 50cm×3cm×86cm
■素材 ナイロン100% 裏地 ポリエステル100%
■カラー パープル、黄色、紅色、茶褐色

外のポケットに電話や鍵などがいれられる点が便利です。取り外し可能なファスナー付き帽子があり、赤ちゃんの全身を温かく包み込む、ママにも暖かいケープです。抱っこ紐・ベビーカーともに使用することができ、ワンタッチで簡単に装着できます。

chocorimba 防寒ベビーケープ

61ezhdilftl. sl1010

【chocorimba】防寒ベビーケープ 

¥1,600〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 42cm×50cm×57cm
■カラー グレー

表はしっかりした生地で暖かく、内側は柔らかくすべすべした生地で肌触りの良いケープです。フードの両サイドにある取り付け部分を抱っこひもの肩ベルト巻きつけ、ボタンをとめると固定できます。

また、絞りがついているので、身長にあわせて調整が可能です。下から風が入り込むのを防ぐため、下部分はボタンで閉じることができるため、風の強い日でも安心ですね。簡易毛布としても利用できます。

おすすめの雨よけ用抱っこ紐ケープ

Baby Hopper パッカブルレインカバー

81b7yrkcqkl. ac ul320 sr288,320

パッカブルレインカバー

¥3,310〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 68cm×71cm
■素材 ポリエステル100%
■カラー グレースター、ナチュラルドット、ブルーボーダー

エルゴベビーにぴったりなサイズの、赤ちゃんを雨から守るレインカバーです。抱っこ紐の上から包み込み、雨や風から赤ちゃんを守ります。表面は雨をブロックする優れた撥水加工になっています。

また、風合いや通気性は快適なまま使えます。使わないときにはコンパクトに収納できる点も魅力のひとつです。

Baby Hopper ウィンター・マルチダウンケープ

Imgrc0067520624

【Baby Hopper】 ウインター・マルチダウンケープ

¥5,216〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 95cm×1cm×70cm
■素材 裏表・ナイロン100%、中綿・ダウン90%、フェザー10%
■カラー ブラック、ホワイト、シルバー、ピンク、ネイビー

冬の雨や雪の日にも、快適におでかけができるダウン仕様のケープです。赤ちゃんの足の位置にあわせて長さが調節できます。手を入れるポケットがついているので、抱っこしているママやパパの手も暖かそうですね。

くま耳がかわいいベビーケープ

Taki06 main

ベビーレインケープ

¥3,238〜(2017/11/02 時点)

■サイズ 66cm×90cm
■素材 ポリエステル100%
■カラー 星ブラック

抱っこ紐にはもちろんベビーカーにも使えるレインケープです。突然の雨もこれで安心ですね。テフロン加工が施されているので撥水性があります。雨よけから花粉対策まで、大活躍間違いなしのケープです。

Mobile favicon

超簡単!抱っこ紐の収納カバーの作り方とおすすめ商品

Mobile favicon

抱っこ紐でぎっくり腰に?!原因は抱っこ紐のサイズにあった!

抱っこ紐ケープがマストアイテムのひとつに!?

Image

最近では、抱っこ紐は「育児準備品」として初めから揃えるアイテムのひとつとして数えられる場合があります。パパが抱っこ紐で赤ちゃんの子守をしている姿を見かけることも、珍しくなくなってきましたよね。

抱っこ紐で両手があいても、荷物を持ったり赤ちゃんを守ったりするために両手がふさがることもあるでしょう。雨風や寒さから赤ちゃんを守るためには、1枚ケープがあればかなり重宝しそうですよ。

しかし、出産前からケープを準備してしまうと、サイズや使用シーンがあわない可能性があります。抱っこ紐に慣れたころに、季節や用途にあわせて活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

Image

【月齢別クリスマスプレゼント】赤ちゃんにおすすめのプレゼント36選!先輩ママは何をあげた?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29164
Image

抱っこひもはどれがいい?人気のエルゴやボバラップの使いやすさを比較

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4751
Image

ベビー用品が急に必要になったら?コンビニで買えるベビー用品4選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18885
Image

大人気のエルゴから前向きできる抱っこ紐が出た!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/2969
Image

エルゴでおんぶはどうやるの?いつから?動画で簡単解説!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/2486
Image

ベビーキャリーの選び方は?おすすめのベビーキャリー10選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25350
Image

【生後2~3ヶ月】いろいろな変化に感激!赤ちゃんの体と心の発達

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/10300
Image

軽くてコンパクトに折りたためるベビーバギー10選!ベビーカーとの違いは?いつから使える?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28207

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Defaultmoominsuki

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事