キューズベリーの抱っこ紐でおんぶはできる?使い方は?人気のデニムタイプも紹介

さまざまな抱っこ紐の中でも、キューズベリーの抱っこ紐は、ママの育児が楽しくなるように快適に作られ、おしゃれなデザインでも人気です。デザインだけでなく品質や機能性にもこだわりを持って作られているため、ママやパパからの支持も厚いようです。ここでは、キューズベリーの特徴や使い方、おすすめのポイントをご紹介します。

26873

目次

  1. キューズベリーの抱っこ紐の特徴
  2. インナーメッシュおんぶ抱っこ紐 「NICO(ニコ)」シリーズ
  3. 新生児専用抱っこ紐「ZERO(ゼロ)」シリーズ
  4. ダディスリング「PATO(パト)」シリーズ
  5. キューズベリーの抱っこ紐の簡単・便利な使い方
  6. キューズベリーは便利な抱っこ紐アイテムが充実
  7. キューズベリーで納得した抱っこ紐選びを!
  8. あわせて読みたい

キューズベリーの抱っこ紐の特徴

キューズベリーは、1924年にはぎれの買取販売の会社として創業され、その後ファッションブランドとしてのキューズベリーを経て、現在は抱っこ紐といった育児雑貨を販売しています。

キューズベリーの抱っこ紐は、ママやパパの要望を聞きながら何度も作り直したという自信作です。キューズベリーの育児への思いや品質へのこだわりから、キューズベリーの抱っこ紐の人気が続いている理由を見ていきましょう。

機能を絞った3シリーズで展開

キューズベリーの抱っこ紐は、おんぶ抱っこ紐「NICO(ニコ)」、新生児専用抱っこ紐「ZERO(ゼロ)」、ダディ―スリング「PATO(パト)」の3シリーズで展開しています。それぞれ対象の年齢や機能を絞り込み、使い勝手の良さを実現しました。

シンプルな設計ながらも、デザインには強いこだわりを持っています。カラーバリエーションが豊富で、職人と作りあげたデニムモデルも人気ですよ。

小柄なママでも使いやすい

キューズベリーの抱っこ紐は、日本人の体形に合うように作られているので、小柄なママでも身体の負担が少なく済むでしょう。ベルトが広範囲で調整できるので、幅広いサイズに対応していて、パパも使えます。

キューズベリーの他、アップリカやコンビの抱っこ紐も小柄な日本人に合わせた設計で作られていますよ。

赤ちゃんを起こさずに寝かしつけができる

眠っている赤ちゃんが抱っこ紐から下ろされたときに泣いてしまうことは、子育て中のママなら一度は経験がありますよね。

キューズベリーの抱っこ紐は、抱っこ紐を外さずに赤ちゃんを下ろすことができる構造です。寝かしつけがスムーズにでき、安心した赤ちゃんはそのまま寝てくれることが多いですよ。

装着が簡単

キューズベリーの抱っこ紐は、装着が簡単なので、育児が初めてのママからの人気が高い商品です。育児で忙しいときに簡単に装着できるのは嬉しいですね。

オール日本製!やさしい風合いと確かな品質

キューズベリーの抱っこ紐に使われている生地は、安心の日本製です。デニムの産地である岡山県児島の職人が丁寧に裁縫や加工をしています。やさしい風合いとデザインが好評です。

インナーメッシュおんぶ抱っこ紐 「NICO(ニコ)」シリーズ

インナーメッシュおんぶ抱っこ紐「NICO」は、キューズベリーの抱っこ紐職人が10年の歳月をかけて開発した抱っこ紐です。改良に改良を重ね、赤ちゃんの居心地の良さとママパパの負担を軽くすることを両立させました。

抱っこ紐としては珍しい前開きファスナーが目を引きますね。フロントのポケットがアクセントになって、まるでファッションアイテムのようです。

インナーには名前の通り通気性の良いやわらかメッシュを採用しています。腰ベルトのバックルを二重ロックにして、安全面にもこだわっていますよ。

抱き下ろしがスムーズ!NICO(ニコ)

【キューズベリー】インナーメッシュおんぶ抱っこ紐 NICO(ニコ)
¥27,500〜(2022/03/15 時点)

■対象年齢:4ヶ月頃~36ヶ月頃まで
・抱っこ:4ヶ月(5.5kg)~24ヶ月(13kg)まで
・おんぶ:6ヶ月(6.5kg)~36ヶ月(15kg)まで
■対応ウエストサイズ:56~125cm
■カラー:グレージュ、ダークネイビー、スモーキーブラウン、サンドベージュ、ダブルストライプ、ドットストライプ

キューズベリーのおんぶ抱っこ紐「NICO」は首がすわってから対面抱き、腰がすわってからのおんぶの2WAY仕様です。クッション性がありながらも使わないときはコンパクトに収納でき、おでかけのときにかさばらないのがうれしいですね。

フロントのポケットはスマホなどの小物入れのほか、保冷剤を収納して暑さ対策にも使えます。

ビンテージライクが魅力!NICOデニム

【キューズベリー】インナーメッシュ抱っこ紐 NICOデニム
¥29,810〜(2022/03/15 時点)

■対象年齢:4ヶ月頃~36ヶ月頃まで
・抱っこ:4ヶ月(5.5kg)~24ヶ月(13kg)まで
・おんぶ:6ヶ月(6.5kg)~36ヶ月(15kg)まで
■対応ウエストサイズ:56~125cm

キューズベリーの「NICOデニム」は本格的なデニム生地を使い、ビンテージライクな雰囲気を持つこだわりの抱っこ紐です。赤ちゃんの成長とともにデニムを育てるという楽しみ方ができますよ。

新生児専用抱っこ紐「ZERO(ゼロ)」シリーズ

キューズベリーの新生児専用抱っこ紐「ZERO」は、0ヶ月から12ヶ月までに特化した抱っこ紐です。首や腰がすわっていない赤ちゃんも簡単に抱き下ろしできるので、育児に不慣れなママパパも安心して使えます。

口コミでは、ZEROで抱っこをすると赤ちゃんが良く寝るという声が多く寄せられています。この秘密は赤ちゃんの腰、背中、足が自然な姿勢になるように設計されたシートにあります。

高密度クッションによる弾力性とママとの適度な密着感により、ママの腕に抱かれているかのような快適さが得られ、赤ちゃんは安心して寝てくれますよ。

肩紐がバックでクロスする構造なのもポイントです。肩・背中・腰の3点で支えて赤ちゃんの体重を分散するため、ママの負担も軽減されます。

赤ちゃんがよく寝る!ZERO(ゼロ)

【キューズベリー】新生児専用抱っこ紐 ZERO(ゼロ)
¥12,980〜(2022/03/15 時点)

■対象月齢:生後0ヶ月~約12ヶ月、体重:3.2kg~11kg
■対応ウエストサイズ:ウエスト周り×1.5倍が145cm以下
■カラー:グレージュ、ピンク、ブルー、ネイビー、イエロー、ミントグリーン
12980

キューズベリーの新生児専用抱っこ紐「ZERO」は、しっかりとしたウレタンクッションで赤ちゃんをやさしく包みます。1ヶ月健診やきょうだいの送り迎えで外出が必要なときも、安心して抱っこできますね。

1歳までの成長に合わせ、サイズ調整も可能です。カラーバリエーションが豊富なので、おしゃれな抱っこ紐が欲しいママにおすすめです。

おしゃれでかわいい!ZEROデニム

【キューズベリー】新生児専用抱っこ紐ZEROデニム
¥14,850〜(2022/03/15 時点)

■対象月齢:生後0ヶ月~約12ヶ月、体重:3.2kg~11kg
■対応ウエストサイズ:ウエスト周り×1.5倍が145cm以下
■カラー:デニム、チェックデニム

キューズベリーの「ZEROデニム」は、ダークとブライトの2種類の生地を組み合わせたゼロデニムと、デニム生地にトラッディショナルなチェック柄をプラスしたチェックデニムの2パターンを展開しています。

シンプルながらもニュアンスがありとてもおしゃれな仕上がりです。レビューにはデザインに一目ぼれしたという声が聞かれますよ。

ダディスリング「PATO(パト)」シリーズ

キューズベリーのダディスリングPATOは、パパの抱っこを助けるアイテムとして登場しました。伸ばして、抱っこして、入れるという手軽さが特徴です。イタリアンレザーにシルバーの刻印というスタイリッシュな見た目も、パパの子育て意欲をかきたてることでしょう。

コンパクトで使いやすい!PATO

【キューズベリー】ダディースリング「PATO」
¥9,350〜(2022/03/15 時点)

■対象年齢:1歳~5歳
■大人の対応身長:160cm~185cm
■素材:ショルダー/ナイロン100%、ベビーシート/表・牛革、裏・スウェード

キューズベリーの「パト」は折りたたむと5cm×11cmの超コンパクトサイズに収納できます。その大きさはなんとこぶしサイズ。ポケットや小さめのバッグに入れて持ち歩いても苦になりません。普段は自分で歩きたがるのに、疲れたときは抱っこをせがむ「子どもあるある」にも対応できる、おすすめのアイテムです。

キューズベリーの抱っこ紐の簡単・便利な使い方

キューズベリーの抱っこ紐は、肩ひもを外さずに直接赤ちゃんをおろすことができるので、コートなどのアウターを脱いだり、リュックやバッグを下ろしたりする手間が省けます。

NICOシリーズの使い方

【抱きあげるとき】
1.肩紐に手を通し、抱っこ紐をかぶります
2.バックルを止め、サイズを調整します
3.ファスナーを開け、赤ちゃんを迎え入れます
4.片側から足・手の順に入れます
5.反対側も足・手の順に入れます

【下ろすとき】
1.ボタンとファスナーを外します
2.赤ちゃんを抱きかかえ下ろします

ZEROシリーズの使い方

【抱き上げるとき】
1.ベルトのゴムとバックルをはずします
2.抱っこ紐をかぶります
3.バックルを後ろでとめて調整します
4.利き手側のふたつのバックルをはずします
5.レッグホールから手を入れて赤ちゃんを迎えます
6.足・手の順に出します
7.ヘッドサポートバックルをとめます
8.もう片方の腕を出して姿勢を安定させます

【下ろすとき】
1.ヘッドサポートバックル・サポートバックルをはずす
2.首を支えながら赤ちゃんを抱っこして下ろす

PATOシリーズの使い方

1.ロゴが付いているところを持ちます。
2.ショルダーカバーを広げて肩にかけます。
3.ロゴが前に来るようにセットし長さを調整します。
4.子どもを抱き上げ両足をPATOの内側に入れます。
5.お尻をシートにのせて背中を手で支えます。

キューズベリーは便利な抱っこ紐アイテムが充実

汚れも汗も気にならない!NICO専用よだれパッド

NICO専用よだれパッド
¥2,530〜(2022/03/15 時点)

■サイズ:約24cm×約13cm
■素材: 綿95%・ポリウレタン5%

おんぶ抱っこ紐NICO専用よだれパッドは、赤ちゃんのよだれや汗が肩紐などにつくことを防いでくれます。ネットに入れて洗濯でき、いつでも清潔を保てますよ。カラーはモクグレーとベージュの2色で、洗い替え用に色違いで購入しても良いですね。

赤ちゃんの肌にやさしい!ZERO専用ヘッドカバー

ZERO専用ヘッドカバー
¥3,300〜(2022/03/15 時点)

■サイズ:約41cm×約10.5cm
■素材:綿100%

オーガニックコットンで作られたZERO専用のヘッドカバーです。やわらかくすべすべの肌触りで、赤ちゃんの肌にもやさしいのが特徴です。ナチュラルなグレーとオートミールの2色がセットになっています。

抱っこ紐とベビーカーで使える!保冷保温ポーチ

抱っこ紐・ベビーカー兼用保冷保温ポーチ
¥2,178〜(2022/03/15 時点)

■サイズ:約21cm×約16cm

暑い季節の熱中症対策ができる保冷保温ポーチです。超吸汗性素材を使い、驚きの吸水性とドライ感を届けます。冷凍しても固くならない保冷・保温剤も付いていますよ。夏も冬も快適におでかけを楽しめますね。

キューズベリーで納得した抱っこ紐選びを!

キューズベリーの抱っこ紐は、育児が楽しくなるようデザインにもこだわられています。赤ちゃんのデリケートな肌に触れても安心できる日本製で、着け心地と機能性に特化しています。キューズベリーは、ママたちがほしい抱っこ紐の追求を続けているからこそ、愛され続けているのではないでしょうか。

抱っこ紐は頻繁に使うので、パパとママが納得できるものを選びたいですね。ぜひ、抱っこ紐選びの参考にしてみてくださいね。

※この記事は2022年3月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

抱っこ紐のおすすめ人気商品の使いやすさを徹底比較!種類や選び方のポイントは?
https://mamanoko.jp/articles/4751
モンベルの抱っこ紐の特徴は?ポケッタブル ベビーキャリアは2本目におすすめ!
https://mamanoko.jp/articles/29676
エルゴの抱っこ紐のおすすめ6選!新生児に使えるベビーキャリアは?オリジナル・360・アダプトの違いは?
https://mamanoko.jp/articles/29759
エルゴオリジナルはおんぶもできる抱っこ紐の定番?使い方&代替えの抱っこ紐がある?いつから使える?
https://mamanoko.jp/articles/29788
ボバの抱っこ紐ボバキャリアは使いやすい?新生児に使える?特徴をご紹介
https://mamanoko.jp/articles/29711
ベビービョルンの抱っこ紐は新生児からおすすめ!おんぶや前向き抱っこも!
https://mamanoko.jp/articles/29689
おんぶ紐のおすすめ8選!昔ながらのタイプが人気?簡単に装着できるものは?
https://mamanoko.jp/articles/28735
抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗るのはNG!?いつから前かごに乗せられる?
https://mamanoko.jp/articles/29743
バディバディのおんぶ紐6選を紹介!特徴や使い方、口コミは?
https://mamanoko.jp/articles/29803
抱っこ紐におすすめのリュック・バッグ11選!おでかけのカバンはどうする?
https://mamanoko.jp/articles/29725
エルゴベビーの購入はここをチェック!大人気【エルゴ】偽物の見分け方
https://mamanoko.jp/articles/2746