プールで使う浮き輪の選び方!子どもの好みと安全性を最優先に!おすすめ14選

小さな子どもと一緒にプールに行く場合、浮き輪があると便利です。浮き輪には、遊びがメインのものから安全重視のものまでさまざまなタイプがあります。安心して子どもとプールを楽しむために、安全性が高いものを選びたいですよね。ここでは、プール遊びに適している浮き輪の選び方とおすすめアイテムをご紹介します。

13911

目次

  1. 子どものプールに最適な浮き輪の選び方
  2. 赤ちゃん・子ども用浮き輪6選
  3. アームリング型浮き輪も人気3選
  4. プールで盛り上がるおもしろ浮き輪4選
  5. 赤ちゃんの浮き輪デビューには首にはめるタイプが人気
  6. 安全性の高い浮き輪を選ぼう
  7. あわせて読みたい

子どものプールに最適な浮き輪の選び方

目的別で選ぶ

浮き輪はプールを楽しむためだけではなく、水中で安全に遊ぶために身に付けるという考えがあります。遊びが目的ならキャラクターものや動物モチーフなど、子どもが喜びそうなデザインのものが良いでしょう。

しかし、より安全面を考慮するなら、小さな子どもが穴から抜け落ちる危険があるドーナツ型より、足入れタイプやアームリング型(腕に付ける浮き輪)のほうが安心かもしれません。子どもの年齢や体形などに合わせ、目的別で浮き輪のタイプを選んでくださいね。

子どもの体形に合ったサイズを選ぶ

浮き輪は、子どもの体形に合ったサイズを選びましょう。身体が浮き輪から抜け落ちると大きな事故につながる危険があるので、試着してから購入するのがおすすめです。サイズの目安は以下の通りです。

年齢
胸囲
浮き輪のサイズ
3~4歳48~54cm45~50cm
5歳54~56cm50~55cm
6歳56~58cm55~60cm
7歳58~60cm60~65cm

数値はあくまで目安にして、試着したときのフィット感や機能などを確認すると良いでしょう。

すぐに破れないか素材をチェック

素材が薄かったり劣化していたりすると、すぐに破れてしまう恐れがあります。購入時はもとより、お下がりを譲ってもらった場合にも必ず事前にふくらませて安全を確認しましょう。特に浮き輪の接合部から空気が漏れていないかなど、強度にも注目してください。

安全性を考慮して、ベビースイミングで使われているメーカーを選んでも良いですね。

プール施設に持ち込めるか確認

プール施設によっては、持ち込めないタイプの浮き輪があります。どのようなタイプの浮き輪なら持ち込みが可能なのか、事前にプール施設に確認しておくと安心です。あわせて、施設で空気入れを貸してもらえるか、海水浴でも使用できるかを考慮しながら選んでも良いでしょう。

赤ちゃん・子ども用浮き輪6選

赤ちゃんや小さな子どもが浮き輪を使用する場合、足入れタイプの浮き輪がおすすめです。好きなキャラクターや色で選んで、子どもが水に親しむことから始められると良いですね。

1.安定感抜群の2気室構造

【インテックス】マイベビーフロート
¥980〜(2019/06/14 時点)

サイズ:直径67cm
対象年齢:1~2歳

インテックスのマイベビーフロートは、本体の周りに外周リングが付いた赤ちゃん用浮き輪です。背もたれが付いているので水上でも安定感があるでしょう。足入れタイプは水中に抜け落ちる心配がなく、安全性に優れています。

2.子どもが喜ぶアンパンマンの浮き輪

【アガツマ】アンパンマンベビーボート
¥2,950〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W87×D86cm
対象年齢:1歳半~3歳

子どもが大好きなアンパンマン柄の足入れタイプの浮き輪です。ハンドル部分は音が鳴るので、水を怖がる子どもも楽しく遊べるのではないでしょうか。大人が安全を見守れるよう、浮き輪にロープが付いています。

3.親子で人気のディズニー浮き輪

ミッキー&フレンズ 足抜きベビーボート
¥2,488〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W67×D73cm
対象年齢:1歳半~3歳

ディズニーの足入れタイプベビーボートです。空気が入る浮き輪部分の面積が広いため、安定感がある作りといえるでしょう。大人が水中で浮き輪を誘導できるロープ付きです。

4.屋根付きの浮き輪で紫外線カット

【Peradix】ベビーフロート
¥1,599〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W68×D73cm
対象年齢:生後6ヶ月~3歳
ハンドル付き

ヨーロッパのCE安全認証を取得しているPeradixのベビーフロートは、厚さ0.25mmの破れにくい素材を使用した赤ちゃん用浮き輪です。日よけの屋根が付いているので、屋外で使用する際の熱中症対策にもなるでしょう。

5.子どもの体格に合わせた浮き輪

【スイムビー】ベビー浮き輪
¥4,266〜(2019/06/14 時点)

サイズ:乳児用(8~13kg)、幼児用(13kg~20kg)、保護者用
厚さ:0.35mm

スイムビーのベビー浮き輪には、子どもの体格や体重に合わせてふたつのサイズがあります。腕が通せるショルダーと腹部を支えるヘルパーが付いているので、赤ちゃんも自由に遊泳できますよ。別売の保護者用浮き輪が取り付けられるので、ママと離れたくない子どもにもおすすめです。

6.子どもの水中運動を助けるブランド

【スイマーバ】ボディリング
¥3,450〜(2019/06/14 時点)

ベビーサイズ:胴回り約48cm(生後6ヶ月~2歳頃)
キッズサイズ:胴回り約52cm(2歳~4歳頃)

スイマーバはイギリスの有名ブランドで、赤ちゃんの水中運動を手助けします。ボディリングは、脇の下に装着して身体を支えるタイプの浮き輪です。胴回りにフィットする構造なので、赤ちゃんでも無理なく水に浮くことができるでしょう。

アームリング型浮き輪も人気3選

水に慣れ親しんでいる子どもの場合、アームリング型の浮き輪にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。アームリング型は、海水浴にもおすすめです。

1.安全性が高いアームブイ

Fm av出典:shop.r10s.jp
【フットマーク】アームブイ
¥990〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W24×D17cm
カラー:ブルー、レッド
対象年齢:2~6歳

フットマークのアームブイは、両腕を通すタイプの浮き輪です。腕や肩を中心に浮くことができるので、足や身体全体を動かして進むことができます。安全性が高いと評判で、ベビースイミングで使用している方もいるようです。

2.人気が高いディズニー柄

【ディズニー】アームリング
¥826〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W18×D15cm
対象年齢:1歳半~6歳

ディズニー柄のアームリングは、プールが苦手な子どもにおすすめです。泳ぐ練習以外にも、水遊びなどで使用しても良いでしょう。使用後は、空気を抜いてコンパクトに収納することができます。

3.胸から浮くパドルジャンパー

【コールマン】パドルジャンパー
¥1,944〜(2019/06/05 時点)

全6種類
体重:14~23kg
対象年齢:3~6歳

コールマンのパドルジャンパーは、腕と胸を支えて水に浮く浮き輪です。ふくらませた浮き輪に腕を通してバックルで留めるだけなので、簡単に装着できますよ。タートルやパイロットなどデザインが豊富なのも特徴です。

プールで盛り上がるおもしろ浮き輪4選

水に慣れ親しむためにも、おしゃれなものやおもしろい形をした浮き輪を使用しても良いでしょう。

1.男女兼用で遊べる乗り物浮き輪

【インテックス】のりものボート
¥1,280〜(2019/06/14 時点)

サイズ:車W74 ×D58cm
対象年齢:1~2歳
全3種類

車や飛行機など、乗り物好きの子どもに適した浮き輪があります。インテックスののりものボートは足入れタイプなので、小さな子どもも安心して遊べますよ。車・飛行機・ショベルカーの3タイプから選べます。

2.子どもが好むカラフルなアニマル柄浮き輪

【インテックス】アニマルリング
¥980〜(2019/06/14 時点)

サイズ:ライオンW72×D66cm
内径:23cm
対象年齢:3~6歳
全4タイプ

インテックスのアニマルリングは、カラフルなデザインが好みの方におすすめです。ライオン以外にも、ワニやモンキー、ブルーバードのデザインがあります。

3.白鳥型の浮き輪ベビーボート

スワン型ベビーフロート
¥1,380〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W87×H41cm
対象年齢:生後8ヶ月~4歳

スワン型ベビーフロートは、白鳥の形をした子ども用浮き輪です。足入れタイプなので、水中に子どもが落ちる心配はありません。スワン型は、おしゃれな浮き輪を探している方にもおすすめです。

4.親子で遊泳できるデザイン浮き輪

【インテックス】ヤシの木付き親子浮き輪
¥2,289〜(2019/06/14 時点)

サイズ:W117×D75cm
対象年齢:1~2歳
サンシェード付き

水を怖がる子どもには、親子浮き輪がおすすめです。インテックスの親子浮き輪は、紫外線対策のシェードにヤシの木がデザインされています。子どもが乗る部分は足入れタイプなので、安全に遊ぶことができるでしょう。

赤ちゃんの浮き輪デビューには首にはめるタイプが人気

赤ちゃんが初めてプールに遊びに行く際、浮き輪の代わりにスイマーバを利用する方も少なくありません。スイマーバは赤ちゃんの首にはめて使用するうきわ型スポーツ知育用具で、お風呂に入るときなどによく使われます。

スイマーバは安全基準をクリアしたアイテムですが、油断してはいけません。浮き輪を使用するとき同様、ママやパパがきちんと見守りながら楽しく遊ぶようにしましょう。

【スイマーバ】首リング
¥3,240〜(2019/06/14 時点)

サイズ:内径8.5~9cm、外径40cm
対象年齢:生後1ヶ月~18ヶ月頃(11kgまで)

スイマーバの首リングは、赤ちゃんの首に装着することで水中で手足を動かすなどの全身運動ができます。日本規格品の安全基準をクリアした商品ですが、使用する際は必ずママやパパが子どもを見守るようにしましょう。

Article link icon
赤ちゃんのお風呂浮き輪の注意点!スイマーバの魅力と安全な使い方

安全性の高い浮き輪を選ぼう

浮き輪を選ぶ基準は、安全性の高さを優先すると安心です。あわせて子どもの体形や好みに合わせて、安全に使いこなせる浮き輪を選びましょう。たとえ浮き輪にハンドルや足入れが付いていたとしても、プールでは必ずママやパパのそばで遊ばせることが水の事故を未然に防ぐポイントです。

浮き輪を選ぶ際は安全面を重視して、海水浴やプールで楽しい夏を過ごしてくださいね。

あわせて読みたい

【助産師監修】赤ちゃんのプールはいつから?おむつは?持ち物やおすすめグッズもご紹介!【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29876
Image
【忘れ物ゼロ】子連れプールの持ち物リスト!必需品&便利なグッズを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28643
Image
【専門家監修】赤ちゃんの海はいつから?海水は大丈夫?持ち物やおすすめグッズ5選もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29900
Image
【地域別】プール開きはいつから?幼稚園・保育園・学校、市民プールの目安
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27922
Image
タンポンをつけてプールや温泉に入って大丈夫?多い日も漏れない?注意点やマナーを解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30434
Image