更新日:2018年12月25日

【助産師監修】赤ちゃんのプールはいつから?おむつは?持ち物やおすすめグッズもご紹介!【体験談あり】

暑い夏の季節には、プールに入って涼みたくなるものですよね。赤ちゃんを連れてプールに入りたいというママもたくさんいるでしょう。月齢が低い赤ちゃんの場合、いつからプールに入ることができるのでしょうか。ここでは、プールデビューに適した年齢や赤ちゃん連れでプールを利用する際の持ち物、注意点やおすすめグッズなどをご紹介します。

監修 : ままのて 医師・専門家
10524
0

記事の監修

Image
助産師・保育士
河井 恵美

赤ちゃんはいつからプールに入れる?何歳から?

暑い夏には子どもをプールで遊ばせてあげたいと思うママもいるでしょう。しかし、いつから赤ちゃんをプールに入れて良いのか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。それぞれのケースに合わせて、赤ちゃんのプールはいつからが良いのかをご紹介します。

自宅などのビニールプールで遊ばせる場合

家庭用ビニールプールを用意して遊ばせる場合、安全性の面から、ひとりで安定しておすわりができるかどうかがプールデビューの目安となるでしょう。個人差はありますが、おおよそ生後6ヶ月~8ヶ月のあいだにはしっかりと腰が安定するの子が多いようですよ。

安定して座ることができるようになれば、溺れる危険性も少なくなり、より安全に遊べるようにもなるでしょう。もちろん、おすわりができるからといって気を抜きすぎず、赤ちゃんから目を離すことのないようにしてくださいね。

公共施設のプールなどを利用する場合

市営プールや施設のプールなど公共のプールの場合には、安全面と衛生面、周囲への配慮などを考えると、おしっこの間隔が空いてくる2歳以降がベターでしょう。施設によってはおむつはずれ前の赤ちゃんは利用禁止としているところもあるようですので、赤ちゃんとプールを利用する際は事前に施設のルールをチェックしておくことをおすすめします。

子ども向けの娯楽施設などでは赤ちゃんでも水遊び用のおむつの着用をしていれば問題ないとしているところも多くありますよ。

赤ちゃんがプールに入るときおむつはどうする?

Image

基本的には水遊び用パンツを着用

自宅などで家庭用プールを利用する場合には、おむつを外した状態でそのまま水着をはかせても問題ないでしょう。おむつはずれ前の赤ちゃんのプール利用が許可されている公共施設では、水遊び用のパンツを着用させましょう。

紙おむつは水遊びパンツの変わりにはできない

一般的な紙おむつは水を吸収する特殊な高分子吸水ポリマーが使われているため、そのまま水に入ってしまうと水を大量に吸収してパンパンに膨らんでしまいます。たっぷりと水を吸収した紙おむつは破れやすく、プール内にポリマーが流れ出てしまい、施設に迷惑をかけてしまうなんてことにもなりかねません。

こうしたことから、水遊びの際には紙おむつは脱ぎ、専用の水遊びパンツを利用しプールに入ることがマナーとなっています。

赤ちゃんをプールに入れるときの注意点

Image

自宅や公共のプール施設を利用しての水遊びに限らず、スイミングスクールなどでベビースイミングをはじめるという方もいるでしょう。どのようなケースでも、赤ちゃんをプールに入れる際にはさまざまな注意が必要となります。

温度に注意

赤ちゃんは、大人と違ってまだ体温調節が得意ではありません。暖かい季節であっても、冷たい水に入れてしまうとたちまち身体が冷えてしまいます。ベビースイミングなどを開催している施設では、基本的には季節を問わずおおよそ30℃前後の温水を使用しています。

暑い日に屋外のプールで遊ぶ場合などは、25〜28℃くらいとやや低めの温度でも良いでしょう。屋外でプール遊びをする場合の外気温が影響する場合もありますが、水温は25~30℃のぬるま湯程度の温水が、赤ちゃんにとって適温といえるでしょう。

絶対に目を離さない

赤ちゃんに限らず、小さな子どもは水深10cmくらいの場所でも溺れてしまうことがあります。また、子どもの場合、プール内で足を滑らせてしまったときに、パニックから動けなくなってしまうことも少なくありません。

子どもは溺れるときに音を立てずに静かに沈むような状況になってしまうこともあるため、大人がしっかりと見ていないと気がつけないこともあるでしょう。プールで遊ばせる際には過信しすぎず、絶対に目を離さないようにすることが大切です。

食後や授乳後は避ける

胃の形や発達が未熟な状態の赤ちゃんは、ちょっとしたことで吐き戻してしまうことも少なくありません。特に食後や授乳直後は、水圧などで胃が圧迫されやすく吐き戻しやすい状態です。赤ちゃんがプールに入る場合、極力授乳や食事をした後は、30分から1時間ほど時間をおくと安心でしょう。

長時間入らない

特別な雰囲気に押されて、赤ちゃんは、いつもよりはしゃいでしまうかもしれません。親も遊ばせてあげたくなるでしょう。でも、プールは思いのほか体力を使うものです。休憩を入れたり、赤ちゃんの顔色、肌の温度などを確認したりして、何時間もプールにつかるのはやめておきましょう。年齢にもよりますが、合計1時間ほどを目安にしてみてはいかがでしょうか。休憩のときには、一旦水着を脱がせてタオルで水気を拭いてあげると、身体が冷えたままにならずにすみますよ。

少しずつ慣らしていく

プールに入ると怖がり、水に足がつくだけでも嫌がる子も少なくありません。もしも赤ちゃんが水を怖がるようであれば、無理にプールに入れずにプールサイドに座らせて水をかけてあげるなどして少しづつ慣らしてあげるようにしましょう。個人差はありますが、赤ちゃんがプールを気持ち良いと感じてくると、怖がることもだんだん減ってきますよ。

屋外の場合は紫外線対策を

赤ちゃんの肌は日に焼けやすく、少し日に当たっただけでも赤くなってしまうことがあります。そのため、赤ちゃんの屋外でのプール遊びでは紫外線対策も重要です。

自宅の場合には屋根のある場所にプールを設置したり、ラッシュガードや帽子など直接紫外線を当てないようにしたりと工夫をしてあげましょう。肌に優しく石鹸で簡単に落とせるような、子ども用のウォータープルーフタイプの日焼け止めも市販されていますので、上手に利用してあげたいですね。

ママも足元に注意

赤ちゃんや子どもを抱いて移動する場合には、ママも滑って転んだりしないよう足元に注意が必要です。赤ちゃんの世話に集中しすぎるあまり、ママ自身の足元まで注意が及ばないこともあるでしょう。また、自宅や屋外で遊ぶ際にはサンダルなどを履くなどして、けがの予防も心がけたいですね。

赤ちゃんNGの施設も

国内外問わず、リゾートホテルなどの中には、おむつ着用の赤ちゃんのプール利用を禁止しているところも少なくありません。なかには水遊びパンツを履くことで利用できるというホテルもありますが、施設によってルールが異なります。事前に利用施設のルールを確認をし、周囲に迷惑のかからない範囲で利用することが大切でしょう。

プール熱などの感染症に注意

たくさんの人が集まる場所では、季節を問わず感染症などにも注意が必要です。特に、5月から9月などプールにいく機会の増える季節には、結膜炎や咽頭痛などを引き起こすプール熱などの感染症が流行しやすい季節です。

プール熱の原因となるアデノウイルスは、プールの水を介して感染する可能性が高まるため、水遊びが多くなる季節にはより流行しやすい傾向があります。プールから上がった後は、しっかりとシャワーを浴びてプールの水を落とし、うがいなどをして予防をするようにしましょう。

赤ちゃんにプールの塩素は影響ない?

Image

公共のプール施設では、プールの水を消毒する目的で塩素が使われています。塩素には衛生を保ち、感染症のもととなるウイルスを死滅させてくれる働きがあります。ただしお肌が弱い赤ちゃんにとっては塩素が刺激になるため注意が必要です。

塩素は大人であっても敏感肌の方の場合には、お肌が荒れてしまうこともあります。塩素入りのプールから上がった後はしっかり塩素を洗い流して保湿するよう心がけると良いでしょう。

赤ちゃんとプールにいくときの持ち物は?

Image

赤ちゃんとプールに行くときの持ち物リスト

赤ちゃんとプールに行くときの持ち物リストをご紹介します。

□水着
□水遊び用パンツ(おむつがとれていない子どもの場合)
□着替え
□タオル(小さめのフェイスタオルとバスタオル、ラップタオルなども便利)
□お茶や水などの飲み物
□ビニール袋(濡れた水着を持ち帰る際に使う)
□浮き輪やアームヘルパー
□ラッシュガードや日焼け止め、帽子
□サンダル(足場の悪い場所などの場合)

Mamanote icon
子ども連れプールの「持ち物」リスト。レジャーを快適にするアイテム

事前にサイズの合うものを用意

赤ちゃんとプールにいく際には、いつもよりも荷物が多くなりがちです。うっかり忘れてしまうと困るようなものも多いので、あらかじめチェックして用意しておくようにすると安心です。

プール施設などではレンタルできるものもありますが、浮き輪やアームヘルパーなどは赤ちゃんにあうサイズのものをあらかじめ用意しておいたほうが安心ですね。

【自宅編】赤ちゃんのプールデビューにおすすめグッズ

自宅のスペースを利用して家庭用プールで遊ばせるのは、赤ちゃんのプールデビューにもぴったりの機会です。自宅でプールデビューをする際には、どのようなグッズがあるとよいのでしょうか。ここでは赤ちゃんのプールデビューにおすすめのアイテムをご紹介します。

家庭用ビニールプール

81vt%2b cirdl. sl1000
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
INTEX(インテックス) レイジーフィッシュシェードベビープール
¥2,800〜(2018/12/25 時点)

空気を入れて膨らませるタイプのコンパクトなビニールプールは、自宅でのプールデビューにぴったりのアイテムです。深さもなく小さめなサイズのものなら赤ちゃんもつかまりやすく事故のリスクも少なくなります。炎天下で利用する場合には、屋根付きのものがあると便利ですね。

クッションマットやクッションつきレジャーシート

71xxhurabjl. sl1500
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
厚手撥水レジャーシート
¥5,800〜(2018/12/25 時点)

アスファルトの上に直接にビニールプールを置くと、プールが破れてしまったり、赤ちゃんが熱がったりしてしまいますよね。アスファルトやコンクリートの上でビニールプールを使う際は、撥水加工されたクッションつきのシートを引くとこうした問題も解消できるでしょう。

日よけ帽子

M 3717
出典:tshop.r10s.jp
i play(アイプレイ)フラップつきサンプロテクションハット
¥1,620〜(2018/12/25 時点)

赤ちゃんを強い日差しや紫外線から守る、フラップつきの帽子です。つばなども広く顔に直射日光が当たるのを避けられるほか、首周りなどもしっかりとガードできるようなタイプのものがおすすめですよ。

ラッシュガード

M 3713
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
i play(アイプレイ) ラッシュガード
¥2,137〜(2018/12/25 時点)

赤ちゃん用の日焼け止めなどもありますが、べたつきや遊んだあとに洗い流すのが少し大変ですよね。そんなときには、紫外線対策としてラッシュガードを着せるのもおすすめです。

短めのラップタオルやフードつきタオル

71iso0itmsl. sl1500
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
変身はらぺこあおむしフードタオル
¥1,620〜(2018/12/25 時点)

通常の巻くタイプのバスタオルでは赤ちゃんには少しサイズが大きすぎることもありますよね。うっかりすそを踏んで転んでしまうこともあるので、こうしたフードタオルや丈の短いラップタオルがおすすめですよ。

【施設編】赤ちゃんのプールデビューにおすすめグッズ

施設などのプールでは、自宅とは異なりある程度必要なものをそろえて持っていく必要があります。プールも深く広い場所も多いため、その場にあったものを用意すると良いでしょう。公共施設のプールなどに持っていきたいおすすめアイテムをご紹介します。

足入れタイプの浮き輪

Mf72004 a
出典:image.rakuten.co.jp
ミッフィー ベビー用足入れ浮き輪
¥2,376〜(2018/12/25 時点)

施設のプールなどではある程度の水深があることも多く、浮き輪がないと遊べないことも多いでしょう。足入れタイプの浮輪があると、浮き輪からすり抜けて溺れてしまう心配も少ないためおすすめです。ただし、ひっくり返ってしまうとかえって危険なため、くれぐれも目を離さないように注意しましょう。

飲み物やベビーストローマグ

0936336 2
出典:image.rakuten.co.jp
サーモス ベビーストローマグ
¥1,245〜(2018/12/25 時点)

プールでは赤ちゃんの体力の消耗も激しいため、ストローマグにお茶などを入れて持参し、こまめな水分補給をさせましょう。

バスタオル・フェイスタオル

177174057 1
出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp
バスタオル・フェイスタオルセット
¥4,420〜(2018/12/25 時点)

施設のプールを利用する際には、いつでも水気を拭き取れるようにプールサイドにもタオルを持参しておくと安心です。顔が濡れると驚いて泣き出してしまう子もいるので、フェイスタオルなどもあると便利ですね。

水泳キャップ

41pp7nbh3vl
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
ミキハウス スイムキャップ(48cm-56cm)
¥3,400〜(2018/12/25 時点)

市営プールなど施設によっては水泳キャップを着用していないと利用できないというケースもあります。水泳キャップは比較的目立つデザインであると自分の子どもを見つけやすいのでおすすめです。人が多く集まる施設のプールでは、似たような姿の子も多いので判別しやすいほうが安心ですね。

携帯用ベビー石鹸やスキンケア品

81eo3cxuwxl. sl1500
出典:images-na.ssl-images-amazon.com
ママバター ベビー スターターセット
¥1,588〜(2018/12/25 時点)

公共施設のプールなどでは塩素が入っていることがほとんどです。シャワーを浴びればある程度落とすことができますが、携帯できるサイズのベビーソープがあれば軽く洗ってあげられるのでより安心ですしょう。ただし、施設によっては石鹸などの持ち込みや使用を禁じられているところもあるため、使用前には確認が必要です。

【体験談】赤ちゃんとのプールはいつから?

ままのて編集部に寄せられた赤ちゃんのプールデビューに関する体験談をご紹介します。

Image

Comment iconまるで魚のようにスイスイと

もともとお風呂に入るのが大好きな娘を連れて10ヶ月頃に近くの温水プール施設にいきました。浮き輪をつけてプールの中に浮かべると、何も教えていないのにスイスイと進んでいってしまいびっくり。驚いて泣くのではないかと思っていたのですが、本人は楽しくて仕方がない様子。まだ歩けない頃でしたので、自由に進めるのがとても楽しかったようです。

Comment icon生後6ヶ月でプールデビュー

子連れで生後6ヶ月のときにグアム旅行に行った際にプールデビューをしました。ホテルの外にあるプールで、キッズ専用の水深60cmくらいの小さなプールで子どもを泳がせました。もともとお風呂が好きな子だったのであまり物怖じしていませんでした。赤ちゃん用浮き輪で、チャイルドシートのようにベルトでしっかり固定するタイプのものを持っていきました。お風呂で事前に何度か練習させていったので、いつもより広い空間を楽しんでいるようでした。グアムで紫外線が怖かったので、日焼け止めを塗り長時間は避けるように注意しました。

Comment icon生後5ヶ月からベビースイミングに通っています

子供が5ヶ月のとき、スポーツジムのベビースイミングクラスを始め、1歳11か月の今も月4回レッスンを継続しています。1レッスン40分間で、屋内の1つの大人用のプールに親子で一緒に入ります。持ち物は子供用の水着(ジム指定)・水泳帽(指定)・フィックス(腕用の浮き輪、指定)・体をふくタオル・替えのオムツ、大人用の水着(女性は上下セパレートNG)・水泳帽・体をふくタオル、濡れたものを入れるビニール袋、子ども用の保湿用クリーム、です。最初の1ヶ月ほどは、水やプールサイドの雰囲気が怖いのかずっと泣いていました。心折れそうになりつつ続けていたところ、だんだんと泣くことが少なくなり、今では行くよーと水着を見せるとプール!スイミング!と大喜びです。*水に入るときはオムツは外して入っていますが、スクールによって水遊び用パンツを履くところなどもあるようです。

Comment icon生後8ヶ月でベビースイミングの体験レッスンへ

8ヶ月のときにフィットネスクラブのベビースイミングの体験レッスンに参加しました。水着と帽子、スイミング用のおむつが必要なものでした。プールの水温が分からなかったのでボディースーツタイプの水着を購入して着せましたが、まわりの子は皆普通のタイプの水着を着用していたので少々浮いていました。プールに入っても終始きょとんとしていて泣きもせず、楽しんだ表情も見せず無の表情が印象的でした。

赤ちゃんのプールグッズを楽天・Amazonでチェック!

楽天・Amazonで他の赤ちゃんのプールグッズを探したい方は、以下のリンクを参考にしてください。

楽天で探す
Amazonで探す

赤ちゃんとのプールは無理のない範囲で少しずつ

暑い季節に涼むのにぴったりのプール遊びですが、赤ちゃんに限らず、子どもが小さいうちは少し目を離した隙に水の事故につながってしまうことも考えられます。楽しく遊ぶためにも、目を離さず常に大人がついていてあげられるような状況にしておくことも大切です。

初めてのプールは、赤ちゃんにとってもママにとっても緊張するものです。慣れないうちはびっくりして泣いてしまうこともあるかもしれません。最初のうちは、短い時間からスタートし、無理のない範囲で楽しめると良いですね。

あわせて読みたい

赤ちゃや子どものプール利用や海水浴

Image
【地域別】プール開きはいつから?幼稚園・保育園・学校、市民プールの目安
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/27922
Image
プールで使う浮き輪の選び方!子どもの好みと安全性を最優先に
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28771
Image
【男の子用】プールバッグの選び方とおすすめアイテム。軽量・使いやすさがポイント
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28640
Image
【男の子・女の子別】ラップタオルおすすめ13選!プール用タオルの選び方は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28642
Image
夏だ!海だ!プールだ!激安でかわいいベビー・キッズ水着をGET!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7956

赤ちゃんとのおでかけ

Image
夏休みのおでかけに!関東・関西・東海・九州おすすめスポット28選【2018】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30250
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2018年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image
赤ちゃんとの旅行の持ち物リスト!必需品と意外と便利なもの
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/19995
Image
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験談】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29631
Image
子連れ海外旅行におすすめの国5選!持ち物やぐずり対策も【体験談】
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/21870

子どもの感染症

Image
乳幼児は要注意!知らないと怖いRSウイルス感染症とは
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26107
Image
子どもの中耳炎の症状と原因は?子どもが風邪で耳が痛いときの受診先は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/25907
Image
子どもの結膜炎の症状・治療法は?どんな病気?感染する結膜炎としない結膜炎
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7486
Image
子どもの夏風邪!高熱・発疹・下痢の症状の原因と対策は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29510
Image
新生児にも風邪はうつるの?鼻水・咳の症状と病院へ行く目安
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29512
Image
耳下腺炎はおたふく風邪?耳下腺炎の症状、治療、予防法とは
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/26744
Image
子ども連れプールの「持ち物」リスト。レジャーを快適にするアイテム
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/28643
Image
子どもの風邪の症状(咳・鼻水・目やに・熱)と過ごし方!外出は控えるべき?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/15585
Image
咽頭炎の症状は?子どもの咽頭炎の原因・治療法は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/7206
Image
子どもが変な咳!クループ症候群の原因と症状、治療法は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/3769
記事内で紹介する商品は、ままのて編集部において選定しています。当該商品および商品の紹介文は、ままのての監修医・専門家による推奨や監修を受けたものではございませんのでご注意ください。妊娠中・授乳中の方や持病のある方は、事前に医師に相談の上ご使用いただくことをおすすめします。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

おすすめの記事