更新日:2018年08月02日

赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】

赤ちゃん連れの帰省や家族旅行は、何かと心配なことが多いものです。特にはじめて赤ちゃんと飛行機に乗る場合、何を準備するべきか、何に気をつければ良いのか、わからないことも多いでしょう。ここでは、赤ちゃんと飛行機に乗るときの料金や持ち物、おすすめの座席や注意点など、先輩ママの体験談を交えてご紹介します。

70394
1

赤ちゃんは飛行機にいつから乗れるの?

Image

赤ちゃんは国内線であれば出生日を含む生後8日から飛行機に乗ることができます。ただし、生後間もない新生児を飛行機に乗せることはとても大変なことです。新生児は体温調節もまだうまくできないうえに、身体が弱いので病気などももらいやすい状態です。

里帰りや引っ越しなど飛行機での移動がやむを得ないケースを除いては極力避けたほうが良いでしょう。可能であれば首がすわってきたころ(生後2~3ヶ月)に乗せたほうが安心ですね。

国際線の場合は航空会社によって生後いつから搭乗できるかが変わってくるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。

Mobile favicon
新生児とはいつからいつまで?身長や体重は?身体の特徴やケアについて

赤ちゃんと飛行機に乗るときの料金いくら?

Image

国内線の料金

満3歳未満の子どもについて、座席を利用しない場合(大人の膝上に乗る場合)、基本的に航空運賃は無料となっています。ただし満3歳未満の子どもであっても、座席を利用する場合は小児運賃が必要となるようです。

この場合の小児運賃とは満3歳~12歳未満の子どもの料金のことを指し、一般的に大人の普通運賃の約50%の料金がかかるとされています。(※ANA/JALの場合)

ANA【国内線】子供の運賃について教えてください。
JAL 【国内線】赤ちゃんの料金はどうなりますか。

国際線の料金

座席を使用しない2歳未満の子どもの場合、基本的に大人の普通運賃の10%の料金がかかるとされています。ただし2歳未満の子どもであっても、座席を利用する場合は小児運賃が必要となるようです。

この場合の小児運賃とは2歳~12歳未満の子どもの料金のことを指し、基本的に大人の普通運賃の約75%の料金がかかるとされています。(※ANA/JALの場合)

ANA【国際線】小さなお子様連れのお客様
JAL 【国際線】子供運賃はありますか。

赤ちゃんと飛行機に乗るときに座席はどうする?

Image

最前列と最後列はどちらが良い?

最前列の席は足元のスペースが比較的広く、出入りしやすいのが特徴です。また、赤ちゃんが足で前の座席を蹴ってしまうような心配もありません。

最前列の席は不便なこともあります。飛行機では通常荷物は前の座席の下か、荷物入れに入れないといけませんが、最前列の席は足元に荷物を置くことができません。子連れの場合、おもちゃやおやつなどを出し入れすることが多いため、荷物を足元に置けないことが不便と感じるかもしれませんね。

最後列は降りるのに時間はかかりますが、人が少ないこともあるので、比較的過ごしやすいというメリットもあるでしょう。

窓際と通路側はどちらが良い?

飛行時間が長く、授乳を何度がする必要がある場合は窓際の席がおすすめです。授乳ケープがあればどの席でも可能ではありますが、より人目につきづらいでしょう。

通路側の席は出入りがしやすいことが最大のメリットです。赤ちゃんがぐずったり、おむつ替えをしたりするときにすぐに通路に出ることができるでしょう。客室乗務員にすぐに声をかけられるのもメリットのひとつですね。

余裕があれば席のグレードアップもおすすめ

乳幼児連れの場合、何かと広い座席のほうが使い勝手が良いですよね。JALの「クラスJ」後方には、乳幼児連れ優先の座席があります。座席数には限りがあるため、予約時に確認してみると良いでしょう。コストが少しかかりますが、安心して飛行機に乗ることができるかもしれません。

ビジネスクラスやファーストクラスも座席を広く使えて便利ですが、赤ちゃんや子ども連れの場合は利用が制限されるケースもあるようです。事前に各航空会社に問い合わせて確認してみてくださいね。

バシネットを利用する場合

座席を利用しない赤ちゃんに対し、バシネット(ベビーベッド)の貸し出しを行っているケースもあります。航空会社にもよりますが、おおよそ10kgまでの赤ちゃんが利用できます。バシネットの利用をする際は座席の最前列に取り付けることとなるでしょう。

とくに長時間のフライトになる場合に便利なバシネットですが、取り付け可能な機体や数に限りがあるため、事前に各航空会社に確認し、早めに予約するようにしましょう。

Mobile favicon
飛行機のバシネットとは?座席や予約方法、体重制限は?【体験談あり】

飛行機で赤ちゃんをどうやって膝上に乗せれば良いの?

Contentspic 08 tab4引用元:www.ana.co.jp

ママがベルトをした上で抱っこする

航空会社により規定が異なりますが、基本的にはママがシートベルトをして、その上から赤ちゃんを抱きかかえるようにしましょう。赤ちゃんと一緒にシートベルトをしてしまうと、急ブレーキをかけたときにママの体重が赤ちゃんにかかってしまうことがあるためやめましょう。

抱っこ紐で抱っこしたまま座席に座ることも問題ないとされていますが、航空会社により規定が異なります。事前に確認しておきましょう。

Comment icon航空会社によって座り方が異なりました

子どもが小さいときからよく飛行機に乗っています。日本の航空会社の際は基本的に抱っこ紐がOKなので、エルゴで抱っこした状態でシートベルトをして過ごすことが多いです。

しかし、海外旅行でアジアの小さな航空会社を利用した際に、一度抱っこ紐を外すように指示されたこともありました。代わりに大人のシートベルトに絡ませる形で子ども用の小さなシートベルトをつけるようにと指示されました。

航空会社によって規定がまちまちなようなので、事前に確認しておくことをおすすめします。

JALではチャイルドシートの貸出も

JALでは機内で使用できるチャイルドシートの貸出を行っています。ママの抱っこでは不安だったり、バシネットが利用できなかったりする場合にはとても助かりますね。ただし子ども用に座席を1名分利用することになるので、赤ちゃんであっても小児運賃が必要となるため注意が必要です。

機内でのチャイルドシートご使用について - JAL

赤ちゃんと飛行機に乗るときの耳抜きの方法は?

Image

赤ちゃんとはじめて飛行機に乗るときに不安になるのが「耳抜き」ですよね。大人でも飛行機に乗ると気圧の影響で耳に違和感を感じることは少なくないでしょう。

自分で意識的に耳抜きができない赤ちゃんに耳抜きをさせるには、授乳やおしゃぶり、水分補給などが効果的です。離陸や着陸の最も気圧がかかるタイミングで赤ちゃんに飲む動きをさせると自然と耳抜きができるようですよ。

飛行機は、動き始めてから離陸するまで意外と時間がかかります。タイミングを誤ると、最も耳が痛くなるときに何もできないとなってしまう可能性があります。離陸時は飛行機が加速し、地上を離れる瞬間を狙って授乳などを行ってくださいね。

飲み物を与える場合、紙パックなどの飲み物は、ストローをさすときに気圧の変化で吹き出す可能性があるのでご注意ください。

Comment iconなかなか離陸せずに耳抜き失敗!

子どもが生後5ヶ月の頃に、はじめて飛行機に乗せました。耳抜きができるかどうかずっと心配で緊張しっぱなし。機内に乗り込み、そわそわしていたのですが、なかなか飛行機が動きません。ようやく飛行機が動き出したので、その瞬間に授乳をスタート。ところが滑走路の混雑で10分経っても15分経っても離陸せずに、授乳が終わってしまいました…。

結局離陸の瞬間は耳抜きができませんでしたが、幸い我が子は痛がる様子もなく事なきを得ましたが、離陸時は特にタイミングを計るのが難しいなと感じました。

赤ちゃんと飛行機に乗るときの持ち物は?

Image

赤ちゃんの持ち物リスト

赤ちゃんと飛行機に乗るときに揃えておきたいグッズをご紹介します。飛行機に乗る前にチェックして、忘れ物がないかを確認しておきましょう。

□授乳ケープ
□哺乳瓶とミルク
□おむつとおしりふき(※長時間のフライトの場合は多めに用意)
□着替え一式(※長時間のフライトの場合は多めに用意)
□抱っこ紐やスリング
□飲み物やお菓子
□おくるみやブランケット(※体温調節や授乳ケープの代用に)
□おもちゃやDVDプレーヤー(※機内でアニメが見れる場合も)
□おしゃぶりなど落ち着かせるグッズ(※お気に入りのものや安心するもの)

おもちゃは普段使いなれているものだけでなく、目新しいものもいくつか用意しておくと良いでしょう。普段目にしないおもちゃは興味を引くことができて意外と時間が稼げるかもしれませんよ。

Comment icon国際線で飲み物の持ち込みはできる?

子どもが生後8ヶ月頃、海外旅行に行く際に、ストローマグに麦茶を入れて手荷物検査を通過しようとしました。ところが液体は基本的にNGなため、手荷物検査の機械が反応。我が子は麦茶しか飲めなかったので、「子どもの飲み物です」と説明すると、検査官がマグの中身を空けて匂いを嗅ぎ、「OKです」と言ってその場を通過することができました。それ以降、海外で飲み物を持ち込む際は事前に申告するようにしています。

Comment iconipadやシールブックが大活躍

今まで子連れで何度も飛行機を利用して1番便利だと思ったのは、ipadです。タブレット端末は、音が出なくても遊べるアプリがありますし、薄くてかさばらないので持ち運びも楽です。ポータブルDVDプレイヤーを持参したこともありましたが、乳幼児はヘッドホンやイヤホンを嫌がる子も多いため、慣れておく必要があります。また意外と荷物になるんですよね。

その他には、シールブックもおすすめです。1歳くらいであれば、100均で売っているノートとシールで十分ですよ。2~3歳になると、知育系や好きなキャラクターのシールブックが結構遊べます。また、持参するおもちゃやシールブックは子どもには事前に見せず、機内で初めて見せると効果的です。

ipadにも新しいアプリをこっそり入れておくと良いでしょう。機内モードにするのをお忘れなく。

飛行機内のぐずり対策には動画もおすすめ

Image

動画配信サービスはたくさんありますが、なかでもU-NEXTはオフラインで視聴できるのでおすすめです。Wi-fiなどの電波に接続しなくても、事前にダウンロードしておくことで離着陸時含め問題なく動画を観ることができますよ。31日間無料トライアルを実施しているので、まずは旅行期間に試してみてはいかがでしょうか。「アンパンマン」「おかあさんといっしょ」「トイストーリー」「アナト雪の女王」など子どもが喜ぶ番組が盛りだくさんです。もちろんパパやママが楽しめる作品もたくさん取り揃えていますよ。

U-NEXTを今すぐチェック

赤ちゃんのベビーカーは飛行機に持ち込める?

Image

ベビーカーの機内持ち込みは基本的にはできない

赤ちゃんと旅行に行くときにベビーカーを持っていきたいという方も多いでしょう。利用する航空会社により規定は異なりますが、基本的にはベビーカーは機内持ち込みができず、手荷物として預ける必要があるでしょう。

チェックイン時にカウンターに預けるか、国際線の一部では搭乗直前にゲートの手前で乗務員に預けることができます。チェックイン時に預けた場合は、他の手荷物と同じように受け取りをします。ゲートで預けた場合には、着陸して機内を出た直後に乗務員に声をかけられてその場で受け取るというケースが多いようです。

ベビーカーを預ける場合の注意点

ベビーカーを預ける場合は、赤ちゃんのおもちゃなどベビーカーに付けているアイテムは紛失や破損してしまう可能性があるので、極力外しておいたほうが良いでしょう。また、手荷物受け取りの際に他の人のベビーカーと取り違えられてしまうことの内容、目印を付けておくことも必要です。

空港内では貸出されているベビーカーを利用しよう

チェックインカウンターでベビーカー預けた場合、その後の空港内での赤ちゃんの移動に困ってしまうこともありますよね。ほとんどの空港では施設内で利用できるベビーカーの貸出を行っています。機内に入る直前まで利用可能ですので、チェックインカウンターや空港内の案内所でレンタルすると良いでしょう。

ご案内カウンター | 成田国際空港公式WEBサイト

飛行機で赤ちゃんの授乳やおむつ替えはできる?

Image

授乳の方法

機内が混雑している様子がない場合は、客室乗務員に声をかけて空いている窓際の席などで授乳をさせてもらうと良いでしょう。トイレでの授乳は急な揺れやほかの人が利用することも考慮するとおすすめはできません。授乳ケープや隠すものを持参し、極力座席で授乳するようにしましょう。

ミルクの場合は客室乗務員にお湯を用意してもらうことができます。ただしミルクは持参する必要があるので忘れないようにしたいですね。

おむつ替えの方法

機内のトイレにおむつ交換代が設置されている場合がほとんどです。おむつを忘れたりなくしてしまっても、機内で提供してくれるケースもあるようです。おしっこの吸収ライナーを用意しておくとおむつの交換が簡単にでき、コンパクトで荷物やゴミが小さくなるのでおすすめですよ。

ただし、トイレはシートベルトサイン着用時には利用ができません。フライトが短い場合、可能な限り機内でのおむつ交換の回数は減らし、搭乗前に済ませておくと安心でしょう。

赤ちゃんと飛行機に乗るときのコツと注意点

Image

周囲の人にひと声かけておく

赤ちゃん連れで飛行機に乗ると、泣いてしまった場合などになにかと周囲の目が気になってしまうことがあるでしょう。搭乗後は、事前に前後や左右の席の方に挨拶をして、「ご迷惑をおかけするかもしれません」とひと声かけておくと、お互いに気持ちが落ち着くかもしれませんね。

機内サービスを利用する

ドリンクサービスでは、子ども用に100%のジュースなどをもらえます。また、国際線で長時間のフライトがある場合は事前予約でベビーフードの用意をしてくれる航空会社もありますよ。

航空会社によっては赤ちゃんや子ども向けに、ちょっとしたおもちゃをプレゼントしてくれることがあります。また、機内で絵本を貸してくれることもあります。

赤ちゃん、お子さま向けサービス(ご搭乗サポート) - JAL国際線
知っていると安心!ベビー&キッズの飛行機旅10のポイント|Service & Info|ANA

機内でお昼寝の時間になるよう調整

機内では、赤ちゃんが寝てくれるのがママにとってもっとも楽でしょう。可能な限り、赤ちゃんの昼寝時間にあうフライトを選ぶと良いでしょう。また、直前に昼寝をさせない、空港のキッズスペースで遊ばせるというのもおすすめです。子連れだと突然何が起こるかわかりません。早めに空港に到着しておきましょう。

体温調整しやすい服装にする

機内の温度は寒かったり暑かったりと、外や空港の中の気温と大きく異なる場合があります。月齢の低い赤ちゃんは特に、まだ体温調節がうまくできません。暑い、寒いなど不快に感じるとぐずってしまうこともあるでしょう。そのようなことがないように、赤ちゃんを飛行機に乗せる場合は、極力、着脱しやすい服装にすることをおすすめします。

赤ちゃんと飛行機に乗るときは体調第一に考えよう

Image

飛行機に搭乗する際にはいろいろなコツがありますが、「赤ちゃんだから仕方ない」という態度はNGです。大人としてのマナーをしっかりと守り、子どもとの飛行機での旅行を楽しみましょう。

また、赤ちゃんにとって飛行機での移動は大人が思っている以上に体力を消耗します。赤ちゃんの体調を第一に考えて、万全の体制で快適なフライトができると良いですね。

あわせて読みたい

Image
夏休みのおでかけに!関東・関西・東海・九州おすすめスポット28選【2018】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30250
Image
【2018】お盆休みはいつから?家族旅行におすすめのプランと過ごし方は?由来や意味は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30307
Image
赤ちゃんのパスポート申請!写真や必要書類、有効期限は?笑顔の証明写真はNG?【体験談あり】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30058
Image
【監修付き】赤ちゃんの海はいつから?海水は大丈夫?持ち物やおすすめグッズ5選もご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29900
Image
【監修記事】赤ちゃんの旅行はいつから?関東・関西のおすすめホテル20選!人気スポットも紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29874
Image
赤ちゃんの電車移動はいつから?料金は?ぐずり対策や体験談をご紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29865
Image
【助産師監修】赤ちゃんのプールはいつから?おむつは?持ち物やおすすめグッズもご紹介!【体験談あり】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29876
Image
沖縄子連れ旅行のおすすめ観光プランは?ホテルはどこが良い?持ち物は?【体験談あり】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30036
Image
子連れシンガポール旅行におすすめの観光スポット&ホテルをご紹介!【体験談あり】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/15915
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image
赤ちゃん・子連れUSJ攻略法!アトラクションや持ち物、楽しみ方やホテルなど徹底解説!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/17595
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略ガイド【先輩ママのおすすめアトラクションや持ち物は?】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
赤ちゃんとの旅行の持ち物リスト!必需品と意外と便利なもの
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/19995
Image
子連れ海外旅行におすすめの国5選!持ち物やぐずり対策も【体験談】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21870
Image
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験談】
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29631
Image
抱っこ紐のおすすめ人気商品の使いやすさを徹底比較!種類や選び方は?口コミも紹介
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4751
Image
赤ちゃんと外出先での離乳食!持ち運びにおすすめの容器・ベビーフードや注意点は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28849
Image
【授乳ケープ】は必要?外出時の授乳マナーに関する体験談
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13025
Image
新生児・赤ちゃんが泣きやまない原因と対処法!ママの注意点は?
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28427
Image
ベビー用品が急に必要になったら?コンビニで買えるベビー用品4選
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/18885
Image
【助産師が教える】赤ちゃんと初めてのおでかけ!持ち物・服装・おすすめプラン
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/9937
Image
赤ちゃんが泣きやむアプリ10選!ホワイトノイズで夜泣き対策をしよう!
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28437
Image
子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image
100円ショップで移動中のぐずり対策おもちゃ。車、新幹線、電車でも使える
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/11630
Image
ベビーカーレンタルの活用術!人気のレンタル会社4社と観光地でのおすすめサービス11選
Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/29971

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

ライタープロフィール

Image

mamanoko編集部

mamanoko編集部公式アカウントです。 【Ins…

おでかけのデイリーランキング

おすすめの記事