【監修記事】赤ちゃんの旅行はいつから?関東・関西のおすすめホテル20選!人気スポットも紹介

赤ちゃんが長時間おでかけできるようになると、旅行を考えるママも多いようです。しかし赤ちゃんはとてもデリケートなため、いつから旅行をしてよいのか気になりますよね。また、宿泊先で赤ちゃん向けのサービスはあるのでしょうか。ここでは、赤ちゃん連れの旅行はいつから行けるのか、行く際の注意点と赤ちゃん連れに優しい宿をご紹介します。

33109

この記事の監修

Image
助産師・保育士
河井 恵美

目次

  1. 赤ちゃんとの旅行はいつから?注意点は?
  2. 【体験談】赤ちゃんとの旅行はいつから行った?
  3. 【移動手段別】赤ちゃんとの旅行の注意点
  4. 【関東編】赤ちゃん連れ旅行のおすすめスポット10選
  5. 【関西編】赤ちゃん連れ旅行のおすすめスポット10選
  6. 【国内】赤ちゃんとの旅行に!ホテル・航空券・ツアーを探そう
  7. 赤ちゃん連れの旅行に必要な持ち物は?
  8. 赤ちゃんとの旅行に関する体験談
  9. 子連れ海外旅行のぐずり対策に動画サービスもおすすめ
  10. 事前準備をしっかりして赤ちゃんとの旅行を楽しもう
  11. あわせて読みたい

赤ちゃんとの旅行はいつから?注意点は?

赤ちゃんが、徐々に長い時間おでかけできるようになったり、さまざまなものに興味を示しだしたりすると、家族や祖父母と旅行を考えるママも多いでしょう。しかし、赤ちゃんはとてもデリケートなため、いつから旅行に行ってよいかと悩んでしまいますよね。ここでは赤ちゃんとの旅行に関する注意点をご紹介します。

新生児期は避ける

新生児期(生後28日未満)の旅行は避けたほうが無難です。新生児期は、まだ首がすわっていませんし、姿勢が不安定ですね。免疫の面でも病気などをもらいやすい状態でしょう。また、新生児は体温調節がうまくできないため、旅行先の急な気温や湿度の変化に体調を崩す可能性もありますよね。

一般的に、生後1ヶ月健診で母子ともに健康と診断をされたら、5~10分程度のおでかけから始めるのが理想とされています。旅行を楽しむためにも、赤ちゃんの首がすわりお散歩が日課になる生後3~5ヶ月頃を目安に、赤ちゃんやママの負担が少なく済むプランを立ててはいかがでしょうか。

Article link icon
【夏冬別】新生児の外出は控えた方がいい?お出かけはいつから?注意点と持…

季節や場所を選ぶ

赤ちゃん連れで旅行に行く際は、真夏や真冬は避けて、過ごしやすい春や秋を選ぶと良いでしょう。気温が極端に暑かったり寒かったりすると、赤ちゃんは気温の変化に疲れるだけではなく、熱中症や風邪をひくなどのトラブルにつながる場合もあります。

観光地としては人気が高い山や高原など、朝昼夜の気温の変化が激しい場所に行く場合は、洋服やベビーアイテムで体温を調節するよう心がけましょう。

近場を選んで旅行する

赤ちゃんは、車や電車で移動をするだけでも疲れてしまいます。さらに、移動中は景色の変化や乗り物の揺れなど赤ちゃんにとってたくさんの刺激があり、興奮してしまうこともありますよね。

移動中にはこまめに休憩することを考えて、まずは車で1~2時間程度で行ける場所から徐々に慣らしていくと赤ちゃんの負担が少なく済みますよ。

1泊2日程度から慣らす

突然の環境の変化などで、赤ちゃんが旅先で熱を出したという経験をしたママも多いようです。旅行は赤ちゃんにとって刺激が強かったり気温の差が激しく体温調節が難しかったりと、いつもと違う環境に適応できない場合があります。

まずは、赤ちゃんにトラブルがあったらすぐに帰れるように、近場の施設に1泊2日で宿泊できるプランを楽しんではいかがでしょうか。旅行に慣れてきたら、徐々に遠出や連泊にチャレンジできると良いですね。

【体験談】赤ちゃんとの旅行はいつから行った?

Image

ここでは、ままのて編集部に寄せられた「赤ちゃんの旅行デビューの時期」を紹介します。

Experience icon
赤ちゃんとの旅行デビュー

・首がすわった「3ヶ月頃」に、車で1時間程度の温泉施設に初めて旅行をしました。
・子どもとある程度観光を楽しみたかったので、周りのものに興味を持ちだした「6ヶ月頃」に旅行にチャレンジしました。
・つかまり立ちができるようになった「10ヶ月頃」に旅行デビューをしました。
・娘が「1歳になってすぐ」誕生日のお祝いをかねてレジャー施設に泊りがけで行きました。
・歩くのが上手になった「1歳6ヶ月頃」に、初めて観光を兼ねた温泉旅行に行きました。
・上の子がいたので、二人目は「2ヶ月」で近くの温泉旅館へ泊りがけで行きました。

赤ちゃんとの旅行にいつから行くかについては、家庭のライフスタイルや考え方によってさまざまなようです。一般的に、周りに興味を持ち出したり、記念日に合わせて旅行をしたりとある程度楽しめるようになってから旅行デビューをする家庭が多いようですね。

Article link icon
【専門家監修】赤ちゃんの海はいつから?海水は大丈夫?持ち物やおすすめグ…

【移動手段別】赤ちゃんとの旅行の注意点

Image

旅行のプランを立てるときは、どのような移動手段にするかも考えると安心です。車・新幹線・飛行機など移動手段のプランを立てるときは、どのようなことに注意をして計画すると良いのでしょうか。

車で赤ちゃんと旅行する場合

赤ちゃんと車で移動する場合、チャイルドシートが正しく取り付けられているか改めて確認しておきましょう。国土交通省などの資料に正しいチャイルドシートの取り付け方法が記載されています(※1)。赤ちゃんは、長時間車に揺られると身体に負担がかかり疲れることも多いため、移動中は適度に休憩を入れることも大切です。赤ちゃんが飽きないように玩具やメリーを用意しておくと、いざというときに便利ですよ。

Article link icon
0歳~1歳児のチャイルドシートのおもちゃ!メリー、ハンドル、ストラップ…

新幹線で赤ちゃんと旅行する場合

赤ちゃんと新幹線で旅行をする場合は、事前に指定席を予約しておくことをおすすめします。窓口で予約をする場合は赤ちゃん連れであることを伝え、もしものときにすぐにデッキに出やすい出入口付近を取ってもらえるようにお願いしてはいかがでしょうか。

おむつ交換台が付いた多目的トイレがあるか、授乳できるスペースがあるかも事前にチェックしておくとなお良いですね。

Article link icon
赤ちゃんの新幹線デビューガイド!授乳・ベビーカー・おむつ替えは?【体験…

飛行機で赤ちゃんと旅行する場合

飛行機に赤ちゃんが搭乗する場合、国内線であれば出生日を含む生後8日から乗ることができます。しかし、帰省などのやむを得ない場合以外は、赤ちゃんの負担を考えて、生後2~3ヶ月頃に首がすわってきたのを確認してからのほうが安心です。赤ちゃんやママの負担が少なく、旅行を楽しめる時期を見極められると良いですね。

Article link icon
赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】

【関東編】赤ちゃん連れ旅行のおすすめスポット10選

【千葉】ホテルエミオン東京ベイ:東京ディズニーリゾート

ホテルエミオン東京ベイ
¥8,900〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
キッズプレジャールームAタイプ
シンプルステイ

「ホテルエミオン東京ベイ」は、新浦安駅に位置している東京ディズニーリゾートパートナーホテルです。広々と使えるキッズプレジャールームが用意され、ハイハイやよちよち歩きの赤ちゃん連れにも安心です。

バスルームには洗い場がありゆったりとお風呂に入れるほか、ベビーベッドやベビーカー・電子レンジなどが完備されている赤ちゃん連れに優しいホテルですよ。

【千葉】シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル:東京ディズニーリゾート

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
¥8,600〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
シンプルステイ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」は、館内にガーデンゾーンや0歳から遊べるキッズランドが設備されているリゾートホテルです。部屋には洗い場つきバスルームが設備され、子ども用の離乳食を用意してくれるサービスもあるので、赤ちゃん連れでも安心して宿泊できるホテルといえますね。

Article link icon
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2019年版【先輩ママおすすめの…

【福島】スパリゾートハワイアンズ ウイルポート:スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ ウイルポート
¥17,280〜(2019/06/11 時点)

ウェルカムベビールーム
利用人数:2~5名

ホテルハワイアンズの公式ホテル「スパリゾートハワイアンズ ウイルポート」は、赤ちゃん連れの宿泊でも安心できるプランやサービスが充実したウェルカムベビーの宿です。

スパリゾートハワイアンズは、おむつが外れていない赤ちゃんも温泉やプールで遊ぶことができます。水深が10cm程度のプールが用意されているので、初めての水遊びにもおすすめですよ。

【神奈川】横浜テクノタワーホテル:八景島シーパラダイス

横浜テクノタワーホテル
¥9,600〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
シンプルステイ

横浜八景島シーパラダイスに一番近いホテルとされる「横浜テクノタワーホテル」は、ベッド幅120cmのゆったり添い寝ができるファミリーツインの部屋が搭載されたホテルです。

八景島シーパラダイスや三井アウトレットパークへのアクセスも良く、大人も赤ちゃんも楽しめる立地と言えるでしょう。ディナーや朝食バイキングも充実しているので、ママやパパの満足度も高いと好評ですよ。

【神奈川】箱根 翠松園:箱根観光

箱根 翠松園
¥55,000〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
ラグジュアリースイートメゾネットツイン

箱根・翠松園は、全室露天風呂付きで、温かみを感じる日本の旅館ならではのサービスと欧米ホテルの優雅さを掛け合わせたような宿泊施設です。一階にはリビング、二階には主寝室と露天風呂とに分かれたメゾネットタイプもあり、自宅のようなくつろぎを感じられますよ。予約時に赤ちゃん連れであることを伝えてくださいね。

【群馬】ホテルグリーンプラザ軽井沢:奥軽井沢温泉・おもちゃ王国

ホテルグリーンプラザ軽井沢
¥11,500〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
赤ちゃんプラン専用ルーム

奥軽井沢温泉の「ホテルグリーンプラザ軽井沢」は、0歳から遊べる軽井沢おもちゃ王国のオフィシャルホテルにも認定されていて、赤ちゃん連れにも優しい宿です。段差が少なくハイハイやよちよち歩きの赤ちゃんでも安心できる専用ルームがあるほかに、バイキングにも離乳食やキッズメニューが用意されているのは嬉しいですね。

【静岡】伊豆高原リゾートホテル:伊豆シャボテン公園

伊豆高原リゾートホテル
¥17,380〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
ウェルカムベビー認定部屋 広々和洋室

「伊豆高原リゾートホテル こどもの城M倶楽部」は、伊豆高原の雄大な自然を感じることができるリゾートホテルです。ウェルカムベビー認定の部屋は段差や家具を最小限にして、シンプルながらも赤ちゃんや子どもが喜ぶ装飾がされています。赤ちゃんも楽しめるプレイルームやアメニティなどが充実したホテルですよ。

【静岡】星野リゾート リゾナーレ熱海:海水浴など

星野リゾート リゾナーレ熱海
¥14,100〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
ベビースイート
スタンダードステイ×朝食付

熱海の「星野リゾートリゾナーレ熱海」は、熱海や箱根の自然に触れることができるリゾートホテルです。館内には、赤ちゃんと利用できるボールプールや屋内プールをはじめ、カフェやベビー用品が揃ったショップなどが設備されているため、ストレスなく過ごすことができると好評です。添い寝のときもベッドガードを取り付けてくれるなど、サービスが充実したホテルといえるでしょう。

【栃木】那須高原りんどう湖ロイヤルホテル:那須サファリパーク

那須高原りんどう湖ロイヤルホテル
¥18,000〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
フォレストベビー 禁煙洋室

那須高原に位置する「りんどう湖ロイヤルホテル」は、2018年3月にオープンしたベビーやキッズに最適なリノベーションフロアがおすすめです。フォレストベビーやサファリキッズ・ファミリースイートなど、年齢やライフスタイルによって選べるバラエティあふれる部屋で、快適な旅の思い出が残せるはずですよ。

りんどう湖や那須サファリパークへのアクセスも良く、親子で楽しい時間を過ごせそうですね。

【山梨】鬼怒川温泉ホテル

鬼怒川温泉ホテル
¥2,007〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
赤ちゃん連れの専用ルーム

赤ちゃんを連れて温泉宿でゆったりくつろぎたい方には「鬼怒川温泉ホテル」の、赤ちゃん連れ専用ルームの宿泊がおすすめです。赤ちゃん用品が充実しているだけではなく、特定日には館内でプレイルームがオープンして、常駐の保育士やスタッフが赤ちゃんや子どもが遊んでいる様子を見守ってくれます。

大浴場にはベビーソープが完備されているので、赤ちゃんの温泉デビューに選ばれる宿でもありますよ。

Article link icon
赤ちゃんの温泉はいつから?入れ方や注意点、マナーは?体験談あり

【関西編】赤ちゃん連れ旅行のおすすめスポット10選

【大阪】ホテルユニバーサルポート:ユニバーサルスタジオジャパン

ホテルユニバーサルポート
¥16,000〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
WAKU WAKUワンダールーム

大阪の「ホテルユニバーサルポート」は、USJから歩いてすぐに位置するUSJのオフィシャルホテルです。赤ちゃんやキッズにおすすめのWAKU WAKUワンダールームは、できるだけ旅行の荷物を減らして宿泊できるようにと、赤ちゃん連れを想定した設計や備品が充実した部屋です。チェックアウトの時間もゆったりしているので、朝も慌てずに赤ちゃんの支度ができますね。

【大阪】新大阪ステーションホテルアネックス:海遊館・USJ

新大阪ステーションホテルアネックス
¥8,850〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
ファミリーツイン

「新大阪ステーションホテルアネックス」は、新大阪駅より徒歩4分と大阪観光やレジャー施設へのアクセスが良いホテルです。大阪の中心部ながらもウェルカムベビー認定の部屋が設備され、赤ちゃんや子どもにさまざまな配慮があると好評です。部屋から電車が見えるので、電車好きな方にもおすすめですよ。

【京都】天橋立宮津ロイヤルホテル:天橋立

天橋立宮津ロイヤルホテル
¥10,186〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人

京都の「天橋立宮津ロイヤルホテル」は、日本三景のひとつとされる天橋立が一望できる高台に位置したホテルです。ウェルカムベビー認定ルームには、赤ちゃんに必要な設備の他に防音対応のカーペットがひかれているなど、のびのびと過ごすことができます。館内は滑りにくい素材を使い、赤ちゃんへの気配りが嬉しい宿のひとつですよ。

【兵庫】ウェスティンホテル淡路:奇跡の星の植物館

ウェスティンホテル淡路
¥11,700〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人

「ウェスティンホテル淡路」は、大阪や神戸からアクセスしやすい明石海峡大橋を渡ったところに位置するホテルです。赤ちゃん連れでも安心して宿泊できるよう、ベビーベッドやおしりナップなどの貸し出しサービスがあります。屋内プールが設備されているほか、近くにはのびのびと遊べる広場があるので、親子でリフレッシュできるホテルといえますね。

【兵庫】ホテルグリーンプラザ東条湖:東条湖おもちゃ王国

ホテルグリーンプラザ東条湖
¥13,220〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
まるごとキッズルーム(定員4名)

兵庫の東条湖のそばに位置する「ホテルグリーンプラザ東条湖」は、赤ちゃん用のアイテムが揃えられた赤ちゃんプレミアムルームがおすすめです。哺乳期やベビー布団、玩具や絵本が揃えられ、赤ちゃんは部屋にいるだけで特別な時間が過ごせるはずです。ホテルの目の前の東条湖おもちゃ王国で満喫して、すぐにホテルで休憩できるのも嬉しいですね。

【滋賀】暖灯館 きくのや:琵琶湖

暖灯館 きくのや
¥24,840〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
源泉かけ流し 露天風呂付き客室

滋賀の「暖灯館きくのや」は、赤ちゃんの温泉デビューを応援したプランがあります。ママとパパが安心して宿泊できるように、ベビーグッズの貸し出しや持ち込みの離乳食を温めてくれるなど、細やかなサービスが受けられます。琵琶湖のすぐそばのホテルなので、美しい景色も楽しめるホテルですよ。

【奈良】ホテル アジール・奈良:奈良観光

ホテル アジール・奈良
¥12,900〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
バンビルーム宿泊プラン

奈良の中心部に位置した、観光にもアクセスが良い「ホテル アジール・奈良」は、ひのきのフローリングや木製の家具・玩具にこだわった温かみのあるバンビルームが人気です。ルームサービスに対応していたり豊富な絵本が用意されていたりと、赤ちゃん連れでのんびりくつろげるホテルですよ。

【和歌山】白浜古賀の井リゾート&スパ:アドベンチャーワールド

白浜古賀の井リゾート&スパ
¥15,550〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
ウェルカムベビーのお宿認定 和洋室

和歌山の「白浜古賀の井リゾート&スパ」は、ウェルカムベビーの宿として、赤ちゃんグッズの無料貸し出しやベビー専用ルームが充実したホテルです。全室オーシャンビューなので、大人も景色を楽しめます。車で5~10分のところに、白良浜やアドベンチャーワールドがあるので赤ちゃんも十分に遊ぶことができますね。

【三重】鈴鹿サーキットホテル:鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキットホテル
¥14,700〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
ビュッフェ2食付宿泊プラン

「鈴鹿サーキットホテル」は、鈴鹿サーキットに近いホテルで、遊園地や天然温泉も楽しめます。ウェルカムベビーの宿としても人気が高く、キッズエリアが設けられていたりアメニティが充実していたりと、赤ちゃん連れでも安心して宿泊できますよ。赤ちゃんの落下を防ぐためのセンターベッドを利用できるので、予約時に確認できると安心ですね。

【岡山】ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル:おもちゃ王国

ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル
¥15,278〜(2019/06/11 時点)

2名利用時/人
海側 ファミリールーム

岡山の「ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル」は、瀬戸内海前に広がる美しい景色が楽しめるリゾートホテルです。おもちゃ王国のオフィシャルホテルとしても人気が高く、おもちゃ王国専用ルームでは色とりどりのアイテムやキャラクターが楽しめます。おもちゃ王国への無料送迎バスも運行しているので、赤ちゃん連れでも負担が少なく済みますね。

【国内】赤ちゃんとの旅行に!ホテル・航空券・ツアーを探そう

Image

赤ちゃんと旅行を計画する場合、あらかじめ下調べをしておおまかなプランを立てておくと安心です。場合によっては赤ちゃん歓迎のツアーが組まれていることもあるので、あわせてチェックできると旅行の幅が広がりますよ。

ホテルを予約する

旅行先が決まったら、ホテルを予約しましょう。ホテルによっては、赤ちゃんの初めての旅行を歓迎する宿や、部屋にレンジやおむつ用ゴミ箱が設置されている施設もあります。家庭状況にあったホテルを中心に、料金やシステム、口コミ、割引を参考にして、予約をしてはいかがでしょうか。

旅行サイトからホテルを予約する場合「〇ヶ月前から予約可能」というように予約開始時期を設けている場合があります。空室状況を知りたい場合は、直接ホテルに電話で確認しても大丈夫ですよ。

航空券・ツアーを予約する

旅先に飛行機で移動する場合、早めの航空券の購入がおすすめです。特に、休日前や連休は混雑が予想されるので注意が必要ですよ。子どもの航空券が必要かどうかは航空会社よって違うことがあるので、事前にチェックできると安心ですね。

赤ちゃん連れの旅行に必要な持ち物は?

Image

赤ちゃん連れの旅行の場合、おむつや着替えなどは、少々余分に持っていくといざというときに安心です。事前に現地で調達できるか確認しても良いでしょう。

また、基本的な持ち物の他に、虫よけスプレーやベビーカー用のレインポンチョは季節や旅行先によってあると便利なものもあります。旅先の天候や気温も確認できると良いですね。

Article link icon
【乗り物・季節別】赤ちゃんとの旅行の持ち物完全ガイド!海外編も紹介!

赤ちゃんとの旅行に関する体験談

ままのて編集部に寄せられた赤ちゃんとの旅行に関する体験談をご紹介します。

Experience icon
生後5ヶ月で北海道旅行へ

生後5ヶ月の頃に3泊4日北海道旅行に行きました。帰省などで新幹線や電車移動はすでに何度か利用していたものの、飛行機は初めてだったので少し不安でした。移動は思いの外スムーズに行きましたが、慣れない土地でのオムツ替えや授乳には苦労したのを覚えています。レンタカーを借りていたので、困ったら車でいろいろと済ませることができたのはとてもよかったです。子供の記憶には残らないと思いますが、将来写真をみせてあげようと思います。

Experience icon
生後4ヶ月で温泉旅行へ

生後4ヶ月のときに、2泊3日で温泉旅行をしました。東京から行きやすい場所、部屋に家族風呂がある温泉、赤ちゃん歓迎の宿、をポイントに行き先を選び、伊豆に宿泊しました。移動手段に選んだスーパービュー踊り子はキッズルームがついていて、他のお客さんの目を気にすることなく快適に移動ができました。授乳室やおむつ替えベッドも完備されているので、子連れ旅行におすすめです。

温泉宿は赤ちゃん歓迎プランだったため、宿にベビーグッズが一通り揃っていて便利でした。事前の下調べが結構大変でしたが、赤ちゃん連れを念頭に置いた旅行計画を立てたおかげで、ストレスなく過ごすことができてよかったです。

一番困ったのは、現地のレンタカーでの移動中に、慣れないベビーシートでギャン泣きされたことです。車なので抱っこができず、ずっと泣いているので本当に困りました。泣きやみアプリや動画で気を引いて、なんとか乗り切りました。

子連れ海外旅行のぐずり対策に動画サービスもおすすめ

Image

赤ちゃん連れの旅行は、車や電車、飛行機などでの移動時間が大変というママも多いでしょう。赤ちゃんがぐずったり泣き出したりした場合は、動画配信サービスに頼っても大丈夫ですよ。

「U-NEXTの動画配信サービス」は子連れ旅行におすすめの動画サイトです。オフラインで視聴できるので、赤ちゃんの好みのチャンネルを事前にダウンロードしておけば、Wi-fiなどの通信環境ががなくても動画を視聴できます。今なら31日間無料トライアルを実施中なので、どのような動画が視聴できるか確認をしておくと、いざというときの心強い味方になるのではないでしょうか。

事前準備をしっかりして赤ちゃんとの旅行を楽しもう

赤ちゃんの旅行は、いつから良いという明確な決まりはありません。しかし、体温調節が未熟で病気をもらいやすい新生児期は避けると良いでしょう。首がしっかりして、おでかけに慣れてきた生後3~5ヶ月頃から考える家庭が多いようですね。

赤ちゃん連れの旅行は、テーマパークをメインに計画したり、温泉デビューを兼ねたりとさまざまな家庭があります。赤ちゃんが旅行に慣れるためにも、まずは負担の少ないプランを組んで、徐々に慣らしてみてはいかがでしょうか。宿泊施設を予約する際は赤ちゃん連れに優しい宿を選んで、家族で特別な時間を楽しめると良いですね。

あわせて読みたい

夏休みのおでかけ

夏休みのおでかけに!関東・関西・東海・九州おすすめスポット28選【2018】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30250
Image
赤ちゃん・子連れUSJ攻略法!アトラクションや持ち物、楽しみ方やホテルなど徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/17595
Image
【助産師監修】赤ちゃんのプールはいつから?おむつは?持ち物やおすすめグッズもご紹介!【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29876
Image
【保育士監修】赤ちゃんのキャンプはいつから?持ち物や注意点など体験談とともに紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31211
Image
【子連れ海外旅行】旅育に人気の国おすすめ15選!定番から穴場まで体験談とともにご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21870
Image
【2019】子連れハワイ旅行ガイド!赤ちゃんにおすすめのホテルや持ち物を徹底解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31182
Image
【先輩ママ直伝】沖縄子連れ旅行ガイド!ホテルや観光おすすめ25選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30036
Image

おでかけ&旅行の持ち物

【体験談】子連れ旅行の持ち物リスト!海外やリゾートは?荷物を減らすコツも紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/31193
Image
子どもとのおでかけに必要なものとは?赤ちゃん、幼児、季節別の持ち物リスト
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21443
Image
生後1ヶ月の赤ちゃんの外出デビュー!服装や持ち物、注意点を先輩ママの体験談とともにご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9937
Image

赤ちゃん・子どもとのおでかけ移動手段

赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image
飛行機のバシネットとは?座席や予約方法、体重制限は?【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29849
Image
飛行機旅行のベビーカー!持ち込み可能なベビーカーと預け方・空港内でのレンタルサービスまとめ
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30002
Image
これで安心!赤ちゃんの電車デビュー8つの極意!いつから?スムーズに乗るコツは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29865
Image

赤ちゃんとの旅行に便利なアイテム

ベビーカーレンタルの活用術!人気のレンタル会社4社と観光地でのおすすめサービス11選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29971
Image
抱っこ紐のおすすめ人気商品の使いやすさを徹底比較!種類や選び方は?口コミも紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/4751
Image