夏のおうち遊び何する?子どもが飽きない工夫&室内でも楽しめるおすすめの過ごし方を紹介

小さい子どもがいる家庭は、紫外線の影響や感染症などを考えると家の中でゆっくり過ごすのが安心ですよね。何もせずに引きこもるのは飽きてしまいますから、楽しくおうちで遊べる工夫をしてみましょう。ここでは、おうちでのおすすめの過ごし方やおうち時間を充実させるアイテムを紹介します。

2423

目次

  1. 夏はおうち時間も楽しもう!
  2. 1.おうちで水遊び
  3. 2.おうちで砂遊び
  4. 3.おうちでキャンプごっこ
  5. 4.おうちでクッキングにチャレンジ
  6. 5.親子でDVD鑑賞
  7. 親子でおうち時間を充実させて
  8. あわせて読みたい

夏はおうち時間も楽しもう!

2020年の夏は新型コロナウイルスの影響もあり、おうちでゆっくり過ごすという人も多いのではないでしょうか。子どものうちから紫外線を多く浴びると将来的に悪影響があるという研究結果も出ています。

子どもは熱中症も心配なので、夏休みにおうち時間を充実させると素敵ですね。おうちの中での遊びをいろいろ工夫することで、親子のきずなが深まり新しい発見もありますよ。

1.おうちで水遊び

夏といえば水遊びですよね。水で涼しくなり、夏にしかできない遊びに子どもも大喜びです。外での運動が難しくても、水遊びで身体を動かせば免疫力の向上にもつながるといわれています。水鉄砲で的あてをしたり、プールの中で目を開けたりしてみましょう。

親子で一緒に水で遊べば、冷房いらずでエコにもなります。水遊びやプール遊びをするときは、おぼれたり滑ったりしないよう目を離さないようにしましょう。

屋根付きプール

屋根付き子どもプール
¥3,520〜(2020/08/03 時点)

日差しが強いときでもプールに屋根があれば安心です。140cm×140cmなので、大人も一緒に入ることができるサイズですよ。きょうだいでも一緒に楽しめます。自力で空気を入れるのは大変なので、電動ポンプも一緒にそろえておきましょう。

その他にも、ベランダにちょうど良いサイズやお風呂場で遊べるサイズのプールもあるので、使いやすいタイプを選べると良いですね。

2.おうちで砂遊び

さらさらとこぼれ落ちる不思議な感触が気持ち良い砂遊び。手先を動かし想像力を働かせる砂遊びは子どもの知育にもつながり、大人は砂に触ることでストレスが発散されます。親子で砂の小さな公園を作ってみても良いですね。室内なら頑張って作った大作を崩さずにとっておくこともできますよ。

室内で砂を使う場合には、砂にほこりが混ざったり床に散らばったりすることがあります。使い終わったら片付ける、ビニールシートを敷いて遊ぶなど、衛生面にも気を付けましょう。

キネティックサンド

キネティックサンド(ベーシック色)テーブルセットA
¥1,512〜(2020/08/03 時点)

キネティックサンドは、ぎゅっとにぎると粘土のようにくっつき、崩すとさらさらとこぼれ落ちる不思議な砂です。水で濡らさなくても好きな形が自在に作れますよ。適度にしっとりしているので、室内で使っても砂が周囲に散らばりにくい商品です。

対象年齢は3歳以上となっています。遊ぶ際は子どもが口に入れないように大人が見守りながら遊ぶようにしましょう。

3.おうちでキャンプごっこ

外にキャンプに行けなくても、室内でもキャンプごっこは楽しめます。キャンプごっこに欠かせないのは、やはりテントですね。テントの中で寝てみたり、おもちゃを連れて秘密基地遊びをしてみたりしてはいかがでしょうか。

ハンモックを作ったり、おままごと道具でバーキューごっこしたりするのも楽しいですよ。「キャンプに行ったらしてみたいこと」を書き出して、どうしたら家の中でできるか創意工夫してみると、新たな発見があるかもしれませんね。

キッズテント&キャンプセット

出典:amzn.to
おままごと道具付きキッズテント
¥3,899〜(2020/08/03 時点)

折りたたみ式のキッズテントに、電池式のランタンやおもちゃのコンロ、双眼鏡、ナイフ、野菜や果物などが付いたセットです。テントだけではすぐに飽きてしまう子どもでも、ランタンや調理道具があるだけでテンションがアップします。大人の真似をして調理をしたりひみつの冒険をしてみたり、遊びの可能性が広がりますよ。

4.おうちでクッキングにチャレンジ

おうち時間が長いと、ママ・パパは毎食の料理作りに疲れてしまいますよね。そんなときは、子どもと一緒に料理を楽しんでしまいましょう。クッキングは工夫する能力や手先の器用さ、毎日食べる料理への感謝につながります。

子どもが火や包丁を使うのが難しい場合は、ちぎったり混ぜたりするのを手伝ってもらいましょう。ラップに包んだおにぎりをぎゅっと握ってもらうのも楽しいですね。大人が料理する姿を横で見るだけでも、子どもにとっては良い刺激になりますよ。

リトルシェフクラブ セットボックス

出典:amzn.to
子ども調理器8点セット
¥3,850〜(2020/08/03 時点)

人気ブランド「貝印」の子ども用調理器具セットです。調理器具メーカーである貝印の製品なので、小さいサイズでも機能はしっかりしています。包丁、まな板、ピーラー、泡立て器などの8点セットで、普段の料理にもお菓子作りにも活躍します。かわいくて便利な道具をそろえれば、子どもの料理への関心が一気に高まりますよ。

5.親子でDVD鑑賞

子どもの好きなDVDをひとりで鑑賞させるのではなく、親子で話しながら一緒に観るのもおすすめですよ。最近の子ども用アニメは、大人でも感動できるものがたくさんあります。また、ママやパパが小さいときに大好きだった映画をあらためて観ても良いですね。

少し部屋を暗くしてポップコーンを用意すれば、映画館気分も味わえ、子どもの本格的な映画デビューの練習にもなります。いちいちDVDを借りに行ったり購入したりする必要がないサブスクリプション(動画配信サービス)を利用するのも便利ですね。

U-NEXT(ユーネクスト)

引用元:account.unext.jp

U-NEXTは幅広いジャンルが楽しめる動画配信サービスです。コンテンツ数は日本トップクラスで、話題の新作映画から見逃してしまったドラマまで、19万本以上が配信されていますよ。

ひとつの契約で複数のアカウントが作れるので、子ども用と自分用に分けてお気に入り登録ができます。1ヶ月の無料体験があるので、夏休み中に試してみるのも良いでしょう。

親子でおうち時間を充実させて

工夫次第で、おうちの中は外以上の冒険や楽しみに満ちています。「お外に行けないとつまらない」と考えるのではなく、「おうちでもここまで楽しくあそべる」と考えてみましょう。涼しい部屋でゆっくりと時間を過ごせば、親子のコミュニケーションも自然と増えていきますよ。子どもとやりたい遊びを模索しながら、おうち時間を充実させていきましょう。

※この記事は2020年7月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

【小児科医解説】コロナ流行の中で小さな子どもの「こころのケア」のためにできることは? 山口有紗
https://mamanoko.jp/articles/31695
【小児科医解説】コロナ禍の過ごし方は?健診や予防接種、診察はどうする?【パパ小児科医コラム vol.19】
https://mamanoko.jp/articles/31742
【編集部厳選】Sassy(サッシー)特集!人気急上昇の絵本&おもちゃは?月齢に合ったアイテムを一挙紹介
https://mamanoko.jp/articles/31750
赤ちゃんのUVカット!冷感ブランケット6選!ベビーカー&抱っこ紐で体感温度を下げる紫外線対策
https://mamanoko.jp/articles/31718
【体験談】夏の帰省の手土産におすすめの品人気6選!宅配も利用して両親に挨拶しよう!
https://mamanoko.jp/articles/31749