更新日:2018年06月22日

4歳の自転車のサイズは?ストライダーは遅い?おすすめ人気自転車と自転車の買い替え時について

初めて自転車に乗る年齢で一番多いのが4歳です。自転車を持っているお友達が増えて欲しがっている子もいるのではないでしょうか。4歳で購入する自転車はどんなものがおすすめ?自転車の前にストライダーを4歳で始めるのは遅い?初めての自転車選びの参考になるようまとめました。

145862
0

自転車のサイズと適正身長

子どもって成長が早いから、自転車のサイズ選びも悩んでしまいますよね。でも、すぐに大きくなるからと言ってあまりに体のサイズに合っていない自転車を選んでしまうのは乗りにくいし危険です。

自転車を選ぶときの年齢に応じた適正サイズを調べてみました。購入の目安にしてみてください。(メーカーによって多少の差があります)

【12インチ】 80~105㎝  2~3歳
【14インチ】 91~108㎝  3~5歳
【16インチ】 98~119㎝  3~6歳
【18インチ】 103~125㎝  4~8歳 
【20インチ】 111~135㎝  5~9歳
【22インチ】 111~146㎝  6~11歳
【24インチ】 122~154㎝  7歳以上

ストライダーは12インチです。購入時の体の大きさにもよりますが、この表によれば、4歳で購入するなら成長にもよりますが16インチがジャストサイズ。大き目の子で18インチですね。

すぐに大きくなってしまうからと体に合わない自転車にしてしまうと、乗れるまでに時間がかかって「自転車は楽しくない」と思ってしまうかもしれないし、大きい自転車は持って動かすことさえ難しい場合もあります。初めて買うからこそ、体にあったものを選ぶことをおすすめします。

ちなみに、インチ数とはタイヤの大きさであって自転車の大きさではありません。なので、メーカーによって差が出てくるものです。インチ数だけではなくサドルの高低を見て選ぶことが大切です。実際に自転車に乗ってみて、足がどのくらいつくかを見ておく方が良いと思います。サドルを一番下にして足がつくくらいの大きさだと、余裕を持って長く使えますね。

自転車を選ぶときのポイント

自転車は正しく乗れば楽しい乗り物ですが、使い方を間違えば危険もたくさんあります。子どもに与えるものだからこそ、しっかり安全性の高いものを選びたいものです。自転車を選ぶときに見ておきたい基本ポイントはこの3つです。

BAAマーク付きなど信頼性の高い自転車

「BAA(自転車協会制定)マーク」は自転車安全基準に適した、環境にも優しい材料で作られている品についています。信頼できるメーカーやマークのついた自転車を選ぶと安心です。

安心なブレーキ

ブレーキがしっかり効くか、子どもの力でしっかり握れるかも見ておきたいポイントです。子どもの手に合わせて、ブレーキのレバー幅や硬さが調節が出来るものが使いやすいでしょう。

乗れない子でも安心のレッスン機能

最初は補助輪を付けて乗る子が多いと思います。初めてでも自転車の楽しさを感じられる補助輪つき自転車がおすすめ。
ちなみに…。補助輪を外して乗るためには、一気に外してしまうというのもありますが、少しずつ上にあげて浮かせるように角度を変えていくという手もあります。

4歳からストライダーは遅い?

べダルなし自転車で人気のストライダー。ストライダーに乗れるようになると最初に自転車に乗るときも補助輪なしで乗りやすいという噂もありますね。でも、自転車とストライダーは似ているようで全く違う乗り物と考えておきましょう。

ストライダーの対象年齢は2歳~5歳

ストライダーは12インチで、2歳から5歳の子に適した大きさです。体の大きさにもよりますが、4歳で新しくストライダーを購入するなら、使用期間が少し短くなることを頭に入れておいたほうがいいでしょう。ストライダーを持っているお友達も、そろそろ自転車に替える時期でもあるので、もしかしたらすぐに自転車が欲しくなってしまうかもしれませんね。

ストライダーは公道禁止

ストライダーと自転車の一番の違いは「軽車両」か「遊具」かということです。
ストライダーは自転車ではなく遊具なので、公道を走ることが出来ません。ブレーキがついていないのでとっても危険です。絶対に乗らないようにしてくださいね。

たった13秒の動画ですが、そんな一瞬でも勢いついてしまって転んでしまいます。動画を見ても結構なスピードで、見てるだけで怖い…!でもこんなケースはよくあること。
ブレーキがついていないので、足をつかないと止まることが出来ません。少しの傾斜でもスピードは加速するので、勢いがついてしまうと足をつくこともできず転んでしまうことも考えられます。

公園で楽しむならストライダーがおすすめ

公園で遊ぶ遊具としてストライダーはとても手軽で楽しい乗り物です。自転車を買うという意識でなく遊具として使えば4歳からの購入でもまだまだ遊べます。
軽くて小さいので持ち運びもしやすく、車に乗せて旅行などにも持っていけるサイズもポイント高い!(我が家も車に常時入れています。公園で遊ぶ時に役立っていますよ)自転車とは違う使い方で楽しめますよ。

4歳におすすめの人気自転車

ブリヂストン ファニイキッズ

出典:shop.r10s.jp
ブリヂストン ファニイキッズ
¥21,980〜(2018/07/04 時点)

ブリジストンの子ども自転車はブレーキの調節がしっかり出来ることがポイントです。鮮やかな色合いのかわいいデザインが目を引きますね。適応身長108~123cmの18チンチの自転車です。

ピープル ピッタンコ自転車

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
ピープル ピッタンコ自転車
¥21,776〜(2018/07/04 時点)

他の自転車に比べサドルが低めになっており、3歳から乗れる16インチ自転車というのが特徴です。小さ目の子でも楽々乗れるうえに、サドルの幅が広いので、小学生になるまで長く乗れます。長く乗ることを考えてカゴがプラスチックではなく耐久性の高いスチールになっています。価格は22000円前後。

【a.n.design works】(エーエヌデザインワークス) UP16

出典:ecx.images-amazon.com
【a.n.design works】(エーエヌデザインワークス) UP16 レッド 16インチ 100cm~
¥17,980〜(2018/07/04 時点)

大人っぽいデザインで周りと差がつく可愛い自転車です。ブレーキレバーの調節もでき、後輪の上にパイプがついていて大人が自転車を持って支えやすいデザインになっているので、補助輪を取るときも安心です。価格は15000円~。

GRAPHIS(グラフィス) 子供用自転車16インチ

出典:ecx.images-amazon.com
GRAPHIS(グラフィス) 子供用自転車16インチ GR-16
¥12,800〜(2018/07/04 時点)

ハンドルカバーつきで転倒時に安全、カゴも大き目でたっぷり入ります。デザインもとってもカッコイイ!男女どちらでも使えるシンプルなものが多いので、おさがりもしやすいのもいいですね。価格は14000円~。

JEEP(ジープ) JE-16 16インチ

出典:images-na.ssl-images-amazon.com
2017MODEL JEEP(ジープ) 16インチ子供用自転車
¥22,800〜(2018/07/04 時点)

男の子が目を輝かせそうなカッコイイ自転車ならコレ。元気な男の子が乗り回しても転んでもビクともしない、耐久性と走行性能はピカイチです。価格は25000円~。

自転車の買い換え時

身長が合わなくなる

子どもの成長は早いので、大体2~3年くらいで自転車のサイズを見直すことになると思います。あまりに体のサイズとあっていない自転車は乗り心地も良くありません。乗っている姿を見て小さいなと感じるようになったら、サイズアップの時期ですね。

自転車が古くなる

子どもの間での、年齢による流行りなどもあって、好みが変わってくることも考えておきましょう。4歳で自転車を買ったら、おそらく次にサイズアップするのは小学生になった頃。男女の違い好みが出てきたり、周りの子の持っているものを比べてみたりして、自分で欲しいと思う自転車が出てくる子もいます。

故障や安全面が気になる

自転車はおさがりで回ってくることも多いものです。パーツの故障や劣化で安全面が気になってきたら買い替え時です。子どもは故障していても気が付かなかったり気にしなかったりするので、定期的に大人がチェックしてあげるといいですね。

4歳 自転車に関する体験談

我が家の次男の体験談です。
2歳でストライダーを購入し、4歳まで使っていました。住んでいるのが坂の多い町なので、我が家の方針として小学生になるまで自転車を買わないつもりでした。卒園までストライダーにしようと考えていたのですが、4歳後半の頃、おさがりで16インチの自転車をいただき乗るようになりました。

当時の身長は100~110cmあたりで、大きさとしてはちょうどよかったです。ストライダーでバランス感覚が出来ていたのか、補助輪なしスタートでした。

そのあと、5歳後半頃にまた20インチの自転車をおさがりでいただきました。20インチはやはりちょっと大きく、2年生の長男と同じサイズ。しばらく乗れないなと思っていたのですが、やはり新しくもらった自転車にどうしても乗りたい!と練習して、今はそれに乗っています。

自転車と一緒に交通ルールも覚えよう

4歳で自転車に乗る場合、一人で公道を走ることは少ないとは思います。しかし、自転車は軽車両で、交通ルールをしっかり守らないといけない乗り物です。乗れるようになると楽しくてついハメを外してしまうこともあるかもしれません。自転車に乗れるようになるのと同時に、交通ルールについても話し合いましょう。

mamanoko限定!無料相談でプレゼントがもらえる

子どもがひとりで自転車に乗れるようになると、成長を感じると同時に事故のリスクが心配になるママも多いかもしれません。「自転車保険」はもしもの事故に備えて注目されている保険です。

「保険見直しラボ」や「保険見直し本舗」では、自転車保険をはじめとする保険選びの相談をすることができます。それぞれにメリットがあるので、どちらも利用してみて最終的に自分に合ったほうを継続しても良いですね。

特選グルメギフトが選べる!保険見直しラボ

「保険見直しラボ」は、自宅や勤務先、近所の喫茶店などどこでも来てくれるので、遠出できない妊婦さんや子どものいるママでも安心です。mamanokoのキャンペーンページから無料相談予約をし、面談後にアンケートに回答すると、選べる特選グルメギフトが必ずもらえます。面談日程は最短10分で決まるので、気軽に申し込むことができますよ。

Comment iconおすすめポイント

・店舗来店不要。自宅や勤務先・近所の喫茶店などどこにでも来てもらえる。
・平均業界歴12年以上のベテランコンサルタントに相談できる。
・約30の保険会社から、一番お得な保険プランを比較検討できる。
・何度相談しても無料なので、納得がいくまで検討することができる。

ストローボトルがもらえる!保険見直し本舗

「保険見直し本舗」では、手続きから加入後のアフターフォローまでしっかりサポート。今、キャンペーンページからの相談予約で子どもに嬉しい「SKIP HOPのストローボトル」がもらえます。無理な勧誘はなく、現在加入している保険がぴったりの場合は、継続をおすすめされることもありますよ。

Comment iconおすすめポイント

・取扱保険会社の数は業界No.1。たくさんの保険の中からぴったりのものを提案。
・すべて直営店なので、全店舗で質の高いサービスを提供可能。
・すべてのサービスを無料で利用でき、保険料も高くならないので安心。
・多くの店舗にキッズスペース完備。自宅で相談も可能。

あわせて読みたい

自転車保険とは?名古屋や埼玉・京都では義務化?加入の必要性や補償内容、選び方を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/30057

ストライダー?三輪車?購入するなら自転車にもなる「へんしんバイク」がおすすめ!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/6827

子どもの自転車サイズは?選ぶ基準と1歳~5歳おすすめ商品

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25248

自転車を通販やネットで買うときの注意点!おすすめ15選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28146

自転車の防犯登録!登録・住所変更・譲渡・更新などの手続き方法

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27975

おすすめの自転車保険11選!子どもと家族にぴったりのプランは?人気の商品を比較解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25944

安い子供用のヘルメット15選!選び方は?ヘルメットはかぶる必要がある?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/25395

【練習編】流行りのストライダー!練習させるコツはある?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13381

自転車ライトの種類やルール!選び方、注意点、価格帯とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28145

自転車のパンク修理!必要なもの、修理方法、修理費用の相場

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27974

自転車メンテナンスの種類とは?道具、頻度、お店での費用相場

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28133

デザインも素敵なキッズ用プロテクター15選!安全な遊びのために。

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28026

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

うちゃこたん

わんぱく盛りの三人の男の子とうさぎのママをしています。日々…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事