エルゴベビーの購入はここをチェック!大人気【エルゴ】偽物の見分け方

エルゴベビー・ベビーキャリアは、世界中で愛されている人気商品です。できるだけママの負担を減らして、長い時間赤ちゃんを抱っこできるように作られているので、子育て中のママの強い味方ですよね。しかし、人気商品だからこそ、数多くの偽物が出回っていることをご存知でしょうか。ここでは、エルゴを購入する際のチェック事項を紹介します。

279703

目次

  1. エルゴベビーとは?
  2. エルゴベビーの偽物があるの?
  3. エルゴの偽物の見分け方
  4. 偽物購入者が見た偽エルゴの形
  5. 「並行輸入品」は正規品?
  6. エルゴを購入する前にもう一度確認しよう
  7. 正規代理店はココ
  8. もし偽物を購入してしまったら
  9. 赤ちゃんのためにも安心できるエルゴを使おう
  10. あわせて読みたい

エルゴベビーとは?

「エルゴベビー・ベビーキャリア」とは、2003年にハワイ・マウイ島で発売された抱っこ紐です。赤ちゃんを抱っこするときの「動きやすさ」「快適性」を追求したデザインは、現在50か国以上で販売され、それぞれの国でたくさんの賞を受賞してきました。

エルゴベビーは、肩紐の部分だけではなく、腰のベルトを利用して赤ちゃんの体重を支えてくれます。赤ちゃんの体重を腰と肩に分散するので、長時間赤ちゃんを抱っこしていても、ママが疲れにくい設計です。また、赤ちゃんとママの身体を密着させることで、赤ちゃんに安心感を与えるとされています。

エルゴは、「赤ちゃんをずっと抱っこしていたい」というママの思いから誕生して、親子の絆を深めてくれる抱っこ紐として世界中で愛されていますよ。

エルゴの日本国内の正規代理店は「株式会社ダッドウェイ」です。絶対に本物を買おうと思うのであれば、こちらで買えば間違いありません。

エルゴベビーの偽物があるの?

Image

エルゴベビーは、「安全性」「信頼性」「使いやすさ」などから、世界中で愛用されている人気商品です。日本では、株式会社ダッドウェイがエルゴベビー正規総代理店として、日本国内の法令に準じた品質管理を行っています。しかし、ネット上や日本正規品取扱店舗以外のショップで、エルゴの偽物が多く出回っているとの調査報告があります。

エルゴベビーの公式サイトによると、実際にどのような偽物が製造・販売されているかを調査したとされています。また、調査中にも関わらず、たくさんの偽物が日本国内でも販売されているのを確認したと発表されました。

主に、オークションサイト・フリーマーケットサイトでは、多数の偽物商品が出回っているとの調査結果があるようです。実際にエルゴベビーが確認している偽物は、製造が終了しているタイプを含め、40タイプ以上あると公式サイトで発表しています。

エルゴの偽物は赤ちゃんにとっても危険がたくさん

エルゴベビーでは、エルゴの偽物は安全水準に達しておらず、赤ちゃんにとって危険がたくさんあると発表しています。

・生地が薄い・芯が入っていないなど、抱っこ紐の強度が保たれていない
・バックルのかみあわせがゆるく、はまりにくい
・ウエスト部分がゆるみやすく、赤ちゃんが滑る危険性がある

エルゴの偽物は、赤ちゃんの体重を支えるために必要な、安全性が確保されていないものがほとんどです。実際に、エルゴベビーが強度を確認したところ、日本の基準を下回る結果が出たと警告しています。赤ちゃんの命を守るためにも、偽物の購入は避けたいですね。

エルゴの偽物の見分け方

Image

エルゴベビーの偽物は、年々巧妙になり、本物との見分けが付きにくくなっています。まずは正規店で購入するのがおすすめですが、ネットで本物と信じて購入したにもかかわらず、何かおかしいと感じた場合の見極め方を紹介します。

SGマーク商品か確認する

「SGマーク」とは、一般財団法人製品安全協会が定めた、製品の安全性の基準に合格した生活用品のみにつけられるマークです。

エルゴベビーは、2015年に抱っこひもの安全基準に適合して、SGマークを取得しました。現在販売されているエルゴ日本正規品は、ベビーウエストベルト付きで、製品安全協会が認めた赤ちゃんにとって安全な商品と認定されています。

購入の際は、ベビーウエストベルト付きか、SGマーク認証製品かを確認しましょう。

保証書があるか

2015年11月以降以降に日本で販売されたエルゴベビーの正規商品は、正規総代理店であるダッドウェイ社の「2年保証書」がついています。日本正規品取扱店舗で購入すると、日本語取扱説明書と補償カードが付いてきます。

アフターサービスである無償修理や交換を受ける際は、購入時のレシートが必要な場合があるので、保証書と一緒に大切に保管しておきましょう。

また、2011年以前に製造されたエルゴには、保証書が付いていないタイプもあるようです。まずは、製造年月日を確認して、保証書があるかどうかを確認すると良いでしょう。

バックルの形・ロゴがあるか

エルゴベビーの正規品もは、2重にばねが付いた頑丈で安全性の高いバックルが使われています。偽物のバックルは、腰に装着しても外れやすいという危険があります。また、2011年以降に販売された商品には、バックルにエルゴベビーのロゴの刻印があります。

しかし、以前まではバックルのロゴで本物と偽物を判別できていたのですが、現在は、判別しがたい偽物も確認できているようです。

タグの位置は正しいか・検印はあるか

タグは、腰ベルトの位置に縫い付けられています。もし、赤ちゃんを包む背中部分やそのほかの場所にタグがあるようなら偽物を疑って良いでしょう。

また、ダッドウェイ社は、エルゴベビーの腰のタグ部分に、新デザインには紫の刻印、旧デザインには青色の検印があります。

シリアルナンバーがあるか

2014年以前のタイプには、赤ちゃんの頭を覆うフードをしまうポケットの中にシリアルナンバーが記載されたタグが縫い付けられていたようです。2014年以降は、腰ひも部分に縫い付けられたタグに付属するかたちで縫い付けられ、シリアルナンバーが記載されています。

シリアルナンバーの表示がどこにもないようであれば、偽物と疑っても良いかもしれません。

偽物購入者が見た偽エルゴの形

Image

実際に、ネットショップやオークションサイトを利用して、偽物を購入してしまったという人たちもいます。実際の偽物には、どのような特徴があるのでしょうか。

肩ひもの太さ

正規品の肩紐の太さが7cm程度なのに対して、偽物はもう少し太かったり細かったりするようです。

また、ママの肩を保護するひもの部分が、正規品はふかふかの弾力のある素材を使用しているのに対して、偽物は、すかすかのスポンジのような素材を使用しているものがあるようです。

生地が薄い

エルゴベビーの偽物は、触ったときに生地が薄いと感じるようです。本来は、赤ちゃんの体重をしっかり支えるためにも、生地を触ると、少しごわごわした感触があるでしょう。

日本正規取扱店以外で、エルゴベビーが販売されている場合は一度手にとってみると良いでしょう。触った感じが頼りないようであれば、購入を見あわせた方が良さそうです。

縫製が荒い

正規品のエルゴベビーの裁縫は、赤ちゃんの安全を守るためにしっかりとほどこされています。しかし、偽物には明らかにほつれがあったり縫い残しがあったりと、見栄えが悪いものが多いようです。

縫い目を見てまっずぐ縫われているか、各パーツの生地と糸の色が違わないかを確認すると良いでしょう。

塗料のような鼻につくにおいがする

エルゴの偽物を購入したときに、塗料のような鼻につくにおいを感じた人が多いようです。偽物は、洗濯しても落ちないようなにおいが確認されています。

箱を開けた際に、鼻につくようなにおいが気になったら、購入先に問い合わせても良いでしょう。

「並行輸入品」は正規品?

Image

大手ネットショップサイトを利用すると、さまざまなショップで「正規品」として、エルゴが販売されています。「並行輸入品の正規品」と書かれているものが多く、本物なのか偽物なのか迷うことがありますよね。

並行輸入とは、日本で人気のある海外製品を第三者(輸入代理店)が、日本の正規代理店を通さずに海外から輸入して販売しているものをいいます。

日本で売られる正規品についてはきちんと定価が定められますが、並行輸入品については定価が決められていません。そのため、買い付けた国の値段、大量仕入れによる割引で価格が大きく左右されます。日本正規品よりもさらに安価で販売して、集客を得ようとするねらいがあるようです。

並行輸入品は、SGマークの記載がなかったり、保証書のタイプが違ったりと、日本の正規規格とは違う点がいくつかあります。それ自体は違法ではなく、ショップ側は「並行輸入の正規品」として売り出すことができます。

並行輸入品は、業者でも見分けが付かないほど巧みに偽造された商品もあります。だからこそ、並行輸入された正規品は、安価で販売される代わりに、偽物が混ざる可能性があるといって良いでしょう。「当店で扱うエルゴベビー製品は並行輸入された正規品です」と書かれていても、購入の際には注意が必要ですよ。

エルゴを購入する前にもう一度確認しよう

Image

あまりに安い商品はうたがって

エルゴベビーの日本正規品は、セール品を含めると、10,000~28,000円程度で販売されています。もし、ネットショップサイトやオークション・フリマサイトで、「在庫処分」「特価」といううたい文句で、3,000~9,000円程度で販売されていたら偽物かもしれないと疑いましょう。

定価の新品で出品しているオークションでの購入も、まず疑う方が賢明です。

ネット通販で購入するときは問い合わせをしよう

ネットショップでは、並行輸入品、在庫処分などの名目をつけて安価で販売しているショップがあります。偽物を販売しているショップは、画像はダッドウェイ社が販売している正規品のものを使用して、実際に購入した商品は、生地が薄かったりバックルのかみあわせが悪かったりと、不具合がみられる場合があると報告されています。

疑わしいときは、直接ショップに問い合わせをしてみましょう。保証書があるか、どこから仕入れているかなどを聞いても良いでしょう。また、購入した際に不具合があった場合は、直接エルゴベビーの公式サイトから問い合わせて良いか聞いて、あいまいな返事が返ってきたら購入を見あわせた方が良さそうですね。

正規代理店はココ

Logo large引用元:www.dadway.com

エルゴの日本国内の正規代理店は「株式会社ダッドウェイ」です。

エルゴベビー日本正規品を販売しているネットでの日本正規取扱店舗は、「Ergobabyオフィシャルサイト」「株式会社ダッドウェイ」です。

また日本の有名店では、下記の店舗がエルゴベビー日本正規品を取り扱っています。

・赤ちゃん本舗
・トイザらス・ベビーザらス
・イオン
・ミキハウス
・バースデイ

ダッドウェイ公式サイトの商品

ベビーキャリア ADAPT
¥27,000〜(2018/10/25 時点)

【日本正規品保証付】 CREGBCPEAPBLUE

日本正規品のエルゴベビー・ベビーキャリア・ディープブルー クールエア ADAPTです。取扱説明書の保証規定に基づいて、日本国内にて1年間の製品保証付きです。ユーザー登録をすることで、保証が2年になります。

エルゴベビー・ベビーキャリア ムーンストーン
¥8,640〜(2018/10/25 時点)

セール対象品
【使用条件】
1.首が完全にすわる
2.生後4ヶ月以上
3.体重5.5Kg以上
4.両膝がベビーキャリアから出るまで
※4ヶ月に満たない赤ちゃんは、インファント インサート(別売り)が必要

エルゴを日本正規品取り扱い店舗で買いたいけど値段が気になる人は、セール品をチェックしても良いですね。形にこだわりがなければ、安心できる正規品をリーズナブルに購入することができます。

もし偽物を購入してしまったら

Image

エルゴベビーの購入を検討する際は、まずは誤って偽物を購入しないように、事前に確認することが大切です。しかし、どれだけ注意をしていても、巧みなネットの情報に惑わされて、偽物を購入してしまうことがあります。

もし、エルゴベビーの偽物を購入してしまい被害にあったなら、各自治体の消費者センターへ相談すると良いでしょう。また、海外から商品が送付された場合は、消費者庁越境消費者センターを利用してください。

赤ちゃんのためにも安心できるエルゴを使おう

Image

エルゴベビーが、世の中に出回っているエルゴの偽物を調査したところ、さまざまなタイプの偽物が販売されていたと発表しています。なかには、本物と区別がつかないほど巧みな作りなものもあるようで、エルゴを購入する際は、日本正規取扱店舗を利用することをすすめています。

とはいえ、子育て中は、たくさんの育児用品が必要ですよね。少しでも、金額を抑えることができればと思います。そのため、並行輸入をしているネットショップの利用を考えることもあるでしょう。もちろん、並行輸入している業者すべてが偽物を扱っているとは言い切れません。しかし、業者でも見分けが付かない偽物も出回っているというのを忘れてはいけません。

金額を抑えてエルゴを購入したい場合、公式サイトで販売されている、セール商品を検討してはいかがでしょうか。新型などこだわりがなければ、まずは公式サイトをチェックしてください。赤ちゃんのためにも、安全かつ、安心して使えるエルゴベビー・ベビーキャリアを購入できると良いですね。

あわせて読みたい

初めて使う人でもわかる!エルゴの抱っこ紐の使い方を動画で解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/6867
Image
エルゴのインファントインサートの使い方は?いつからいつまで使うの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19805
Image
エルゴベビー360シリーズは前向き抱っこができる!OMNI360と360の違いや口コミ・おすすめは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2969
Image
エルゴの抱っこ紐でのおんぶの仕方は?いつから可能?やり方を動画で解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2486
Image
抱っこ紐のよだれカバーを手作り!作り方とエルゴに使える人気商品は?西松屋のものもある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5041
Image
ファムベリーのスリングと抱っこ紐!新生児から使える?特徴や使い方は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29797
Image
ババスリングは新生児から使える?使い方や口コミを紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29776
Image
グレコの抱っこ紐ルーポップの使い方や口コミ!新生児にはインサートが必要?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29810
Image
エルゴオーガニックの特徴!オリジナルとの違い、選び方の注意点は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27393
Image
抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗るのはNG!?いつから前かごに乗せられる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29743
Image
napnap(ナップナップ)の抱っこ紐は小柄なママにおすすめ!特徴や口コミをご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29732
Image
抱っこ紐で腰痛に?正しい付け方と腰が痛くならない方法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20857
Image
抱っこ紐のレインカバー・レインコート10選!雨の日のおでかけにおすすめのアイテムは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29812
Image