【2022年エルゴ最新作】ADAPT SoftFlex™(アダプトソフトフレックス)を解説!クールエアやBreezeとの違いは?

新生児から使えるエルゴの抱っこ紐の最新作ADAPT SoftFlex™(アダプトソフトフレックス)は、立体メッシュを採用し抜群の通気性と快適さを誇ります。従来品のアダプトと比べ、安全面や使い勝手もアップしました。3WAY仕様で普段使いにおすすめのADAPT SoftFlex™のこだわりポイントを徹底解説します。

6208

目次

  1. 2022年3月ADAPT SoftFlex™発売
  2. ADAPT SoftFlex™の特徴は?
  3. 従来モデルとの違いは?
  4. ADAPT SoftFlex™は毎日使いにぴったり
  5. あわせて読みたい

2022年3月ADAPT SoftFlex™発売

適応するという意味の「ADAPT」は、名前の通り赤ちゃんの成長に合わせてシートのサイズを細かく変えられる抱っこ紐です。そのADAPTシリーズがリニューアルし、2022年3月にADAPT SoftFlex™が発売となりました。

従来よりも快適性や安全性が改善され、使い勝手もさらにアップしています。新生児から48ヶ月まで長く使え、対面抱き、腰抱き、おんぶの3WAYに対応しているADAPTが、ソフトフレックスの登場でどのように進化したのかを細かくみていきましょう。

自由に選べる5色展開

【Ergobaby(エルゴベビー)】ADAPT SoftFlex(アダプトソフトフレックス)
¥24,750〜(2022/03/23 時点)

■対象月齢:0ヶ月から48ヶ月(体重3.2kg~20.4kg)
・対面抱き:0ヶ月から48ヶ月(体重20.4kg)まで
・腰抱き:6ヶ月から48ヶ月(体重20.4kg)まで
・おんぶ:6ヶ月から48ヶ月(体重20.4kg)まで
■ウエストサイズ:約60から132cmまで
■素材:ポリエステル100%

アダプトソフトフレックスはパールグレー、オニキスブラック、スレートブルー、ミッドナイトブルー、ピンククォーツの5色展開です。パールグレー、オニキスブラック、ミッドナイトブルーの定番カラーはファッションを選ばず、パパとの兼用にもおすすめですよ。

【Ergobaby(エルゴベビー)】ADAPT SoftFlex(アダプトソフトフレックス)
¥24,750〜(2022/03/23 時点)

■対象月齢:0ヶ月から48ヶ月(体重3.2kg~20.4kg)
・対面抱き:0ヶ月から48ヶ月(体重20.4kg)まで
・腰抱き:6ヶ月から48ヶ月(体重20.4kg)まで
・おんぶ:6ヶ月から48ヶ月(体重20.4kg)まで
■ウエストサイズ:約60から132cmまで
■素材:ポリエステル100%

きれいな発色のピンククォーツやスレートブルーは、洋服と合わせておしゃれを楽しみたくなる抱っこ紐です。人とあまりかぶらないものが欲しいママやパパでもきっと満足することでしょう。

ADAPT SoftFlex™の特徴は?

ムレを軽減するSoftFlex™メッシュ

抱っこ紐の中に赤ちゃんの汗やおむつからの蒸れた空気がこもってしまうと、赤ちゃんのあせもやかぶれの原因になるのではないかと心配ですね。赤ちゃんのデリケートな肌を守るため、ADAPT SoftFlex™はエルゴオリジナルのSoftFlex™メッシュを採用しています。

立体的なダイヤモンド型のエアポケットは通気性にすぐれ、気になるムレを軽減してくれますよ。通常は凹凸が気になるメッシュ構造ですが、SoftFlex™メッシュの肌触りはとても柔らかく、赤ちゃんの肌にも安心です。

肩&腰にかかる重さを分散

ADAPT SoftFlex™は人間工学に基づいて設計された抱っこ紐です。肩ストラップとウエストベルトで赤ちゃんの重さがバランス良く分散されるので、肩や腰にかかる負担を軽減してくれます。

背中のバックルがリニューアル

背中のバックルも形状がリニューアルされました。リニューアル後のバックルは先端に丸みがあり、どの角度からもカチッと入れやすい形状です。まっすぐに狙いを定めなくてもするっと入り、見えづらい背中でも留めやすくなりました。力を入れずに外せるので、赤ちゃんを下ろすときにもスムーズです。

スリムなデザインの肩ストラップ

肩ストラップはスリム設計になり、身体にぴったりとフィットします。肩なじみが良く、抱っこをしているときにずれてしまう心配もないでしょう。見た目もスマートで、ファッショナブルに身につけられるのがうれしいですね。

反射テープで夜道も安心

肩ストラップの背中側と赤ちゃんを支えるシートの外側には、安全のための反射テープが付いています。保育園のお迎えやきょうだいの習い事の送り迎えなど、暗くなってから外を歩く機会は意外と多いものです。車の運転手からの視認性が良くなり、万が一の事故防止につながるのは安心ですね。

従来モデルとの違いは?

ADAPT SoftFlex™
ADAPT クールエア
OMNI Breeze
対象3.2〜20.4kg 新生児〜4歳頃3.2〜20kg 新生児〜4歳頃3.2〜20.4kg 新生児〜4歳頃
抱き方対面抱き、腰抱き、おんぶ対面抱き、腰抱き、おんぶ対面抱き、前向き抱き、腰抱き、おんぶ
生地SoftFlex™メッシュ3DエアーメッシュSoftFlex™メッシュ
価格(税込)¥ 24,750¥ 27,500¥ 31,900

ADAPT クールエアとの違い

製造が終了し、在庫限りの販売となるADAPTクールエアはハリのある3Dエアーメッシュ生地が使われていました。ソフトフレックスはよりやわらかく薄くなり、フィット感がアップしています。

従来は万が一の落下防止のためにベビーウエストベルトを使用していましたが、ソフトフレックスではベルトを使いません。そのかわりにサイドバックルの位置を変えてより身体に合う形状にしました。ADAPT SoftFlex™はベビーウエストベルトなしでも赤ちゃんへのサポート力がアップし、安全性を満たした証であるSGマークも取得しています。

OMNI Breezeとの違い

OMNI Breezeに使用しているのは、アダプトソフトフレックスと同じSoftFlex™メッシュです。快適さには違いがなさそうですね。

大きく異なるポイントは、前向き抱きと収納です。OMNI Breezeは前向き抱っこに対応しており、ウエストベルトには小物が入るサイドポケットやポーチが付いています。ただし機能が充実している分、OMNI Breezeのほうが価格は高めの設定です。

ADAPT SoftFlex™は毎日使いにぴったり

リニューアルを重ねるたびに機能性と利便性が増すエルゴの抱っこ紐。今回のリニューアルでも新たな魅力が加わっています。

ADAPT SoftFlex™を使えば、おうちでの寝かしつけや近所へのお散歩、ちょっとしたおでかけも快適になることでしょう。毎日の抱っこ紐としてますます活躍しそうですね。

※この記事は2022年3月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

抱っこ紐のよだれカバーを手作り!作り方とエルゴに使える人気商品は?西松屋のものもある?
https://mamanoko.jp/articles/5041
抱っこ紐のおすすめ人気商品の使いやすさを徹底比較!種類や選び方のポイントは?
https://mamanoko.jp/articles/4751
エルゴにもOK【抱っこ紐収納カバー】作り方とおすすめ7選。動画で解説!
https://mamanoko.jp/articles/24684
ベビービョルンの抱っこ紐は新生児からおすすめ!おんぶや前向き抱っこも!
https://mamanoko.jp/articles/29689
【大人気シリーズ】エルゴオムニブリーズを解説!従来のエルゴとの違いは?抱っこ紐でおんぶはできる?
https://mamanoko.jp/articles/32008