抱っこ紐におすすめのリュック・バッグ13選!おでかけのカバンはどうする?

赤ちゃんとのおでかけで抱っこ紐を使うとき、どのようなカバンを合わせれば良いか悩むママは少なくないようです。おでかけのときのママバッグは、赤ちゃんのおむつや着替えなどが入っているので大荷物ですよね。ここでは、抱っこ紐を使うときにおすすめのリュックやバッグ、選び方のポイントをご紹介します。

122577

目次

  1. 抱っこ紐でのおでかけリュック・バッグ選びのポイント
  2. 抱っこ紐にはリュックが人気!
  3. 抱っこ紐にはリュックだけでなくトートもおすすめ
  4. 抱っこ紐にはリュック以外にショルダーバッグも使える?
  5. マザーズリュック・バッグの売れ筋ランキングもチェック!
  6. ママが使いやすいリュック・バッグを見つけよう
  7. あわせて読みたい

抱っこ紐でのおでかけリュック・バッグ選びのポイント

荷物がたくさん入るもの

赤ちゃんとおでかけをするときは、おむつに着替え、おしりふき、タオルなど、とても荷物が多くなりますよね。離乳食が始まっているなら、おでかけの時間によって離乳食やおやつが必要です。おでかけのときは、できるだけ荷物がたくさん入るリュックやバッグを選びましょう。

赤ちゃんが苦しくないもの

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしてリュックを背負うスタイルであれば、赤ちゃんへの負担が少なく、重さが前後に分散されることでママの負担も減るでしょう。抱っこ紐を使いながらショルダーバッグを斜めがけしたり、トートバッグを肩がけしたりする場合は、赤ちゃんが窮屈に感じないか確認してから使うと良いですね。

財布やスマホを取り出しやすいもの

リュックやバッグから財布やスマホといった貴重品をすぐにカバンから取り出せると便利ですよ。また、外ポケットや内ポケットが複数ついているリュックやバッグであれば、必要なものを取り出すまでにかかる時間を短縮できるでしょう。すぐに使うものはポケットに入れておくと便利ですね。

軽くて丈夫なもの

すぐに破れたり壊れたりしてしまうと買い替えや修理が必要になってしまったら大変ですよね。毎日使う場合には特に丈夫なリュックやバッグを選びましょう。また、多くの荷物を入れるのなら、総重量を軽くするため、軽いカバンを選ぶと良いでしょう。

抱っこ紐にはリュックが人気!

Image

抱っこ紐を使うときに圧倒的に人気なのがリュックです。リュックなら、抱っこする人の両手が空くので、買い物袋を持ったり、ぐずっている赤ちゃんをあやしたりすることができます。近所へのお散歩程度なら小さなバッグで間に合いますが、買い物や遠出など荷物が多くなるときには、リュックが楽というママの声が多いようです。ここでは、抱っこ紐におすすめのリュックをご紹介します。

Experience icon
リュックだと身体への負担が少ない!

子どもが生まれてから2歳になった今でも抱っこ紐を使っています。すぐに荷物を取り出せるトートバッグを使っていましたが、子どもの体重が増えるにつれて肩への負担がつらくなり、リュックに変えました。

リュックは荷物の出し入れが少し大変ではありますが、携帯などすぐに必要になるものはエルゴのポケットにしまっているので、それほど苦労することはありません。リュックにしてからは荷物が多くても肩への負担が少なく、子どもを前に抱っこしているので前後のバランスが取れ、ちょうど良いと感じています。

Article link icon
マザーズリュックの選び方は?マザーズリュックの魅力とおすすめ15選

赤ちゃんを抱っこしたまま下せるリュック

D'COLLE 2層式多機能ママリュック
¥15,984〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W29cmxH42cmxD10cm
■素材:表地ナイロン100%、裏地ポリエステル100%
■重さ:約670g

理想のママリュックを追い求め、ママたちの声を形にしたのが「D'COLLE(ディーコレ)の2層式多機能ママリュック」です。抱っこ紐で抱っこしたままでもリュックが下せるワンタッチ式のバックルが、ママの負担をサポートします。

内ポケットは、なんと合計10個です。背面にあるポケットは、リュックを背負ったまま母子手帳などをすぐ取り出すのに便利ですよ。ママが暑くなりすぎないように背面はメッシュ生地で、夏にも安心して使えます。「赤ちゃんの荷物がすっぽり収納できるのにスリムなデザインでおしゃれ」とママたちから好評です。

大容量なのに軽量でママにピッタリのマザーズリュック

DORACO 10ポケットマザーズリュック
¥23,760〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W31cm×H45cm×D16cm
■素材:ナイロン100%
■重さ:560g

ママが背負いやすいリュックとして人気の「DORACO(ドラコ) 10ポケットマザーズリュック」です。左右にファスナーを取りつけるという工夫のおかげで、右利きの人も左利きの人も、リュックを背負ったままカバンの中身を取り出すことができます。

抱っこ紐の上から背負っても、肩紐はすっきりとして厚みが出ません。肩への負担を最小限にするため、肩紐が独自のカーブ形状になっているこだわりのリュックです。22Lの大容量なのに重さは560gと軽量で、25kgの耐荷重量検査もクリアしています。

荷物の出し入れがしやすくSNSでも人気のリュック

anello リュック
¥3,210〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W約26cm×H約40cm×D約20cm
■素材:ポリエステルキャンバス
■重さ:約650g

「anello(アネロ)」のリュックはSNSで話題を呼び、ママだけでなく多くの女性からの支持を集めています。荷物の出し入れや中身が見やすいと、上部のぱかっと開く大きな口が評判です。

おしゃれなスクエアタイプのリュックは、コンパクトに見えて大容量なのがうれしいですね。旅行用に購入したり、荷物が多い学生さんが購入したりすることも多いようです。

背面にもファスナーがあるので、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたままでも荷物を取り出すことができます。anelloのリュックはカラーが豊富なので、長く愛用できるお気に入りを見つけてくださいね。

荷物を取り出しやすく見た目が小ぶりなH型リュック

F9dae412500ebb962fbd2ec23c61496f出典:i.pinimg.com
EBANCE H型リュック
¥3,980〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W約29cm×H約35cm×D約13cm
■素材:合皮

「EBANCE(エバンス) H型リュック」は、リュックとショルダーの2WAY仕様で使いやすさは抜群です。フロントの小物入れはファスナーで開閉が楽にでき、マチがしっかりあるので、財布や母子手帳など厚みのある貴重品も入れられます。

外側にポケットが多いので荷物が取り出しやすく、さらにスムーズに取り出せるよう、上部と背面に大きく開くファスナーが採用されています。フェイクレザーで高級感があり、幅広い年齢層で活躍するリュックですね。

Experience icon
ままのて編集部に寄せられた口コミ

メイン収納にはお財布や赤ちゃんの着替え・授乳ケープ、フロントの大きなジップポケットにはおむつを2~3枚と携帯用のおしりふき、両サイドのポケットにスマホとICカードを入れて使っていました。見た目以上の収納力で半日程度のおでかけには十分でした。お財布は背中側のファスナーから、スマホやICカードはサイドポケットからスムーズに取り出せるため、交通機関を利用するときにも買い物をするときにももたつかずにすみ、とても便利でした。

荷物がたっぷり入る大容量のリュック

propellerheads キャンパススクエアリュック
¥3,877〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W約27cm×H約46cm×D約17cm
■素材:キャンバス
■重さ:約610g

大きめのマザーズバッグは、旅行やレジャーにも活躍すること間違いなしです。ひとつは持っていたいカバンとして、「propellerheads(プロペラヘッズ)」のリュックが人気を呼んでいます。

フロントのファスナーは大きく開くので、中身が見やすく取り出しやすいと好評です。カジュアルなデザインで落ち着いた色合いなので、パパと兼用で使いたくなりますね。

汚れにくくシンプルなリュック

marimekko BUDDY リュックサック
¥11,900〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W27cm×H41cm×D17cm
■素材:ナイロン
■重さ:595g

「marimekko(マリメッコ)」は機能性と創造性を融合したブランドです。北欧スタイルが好きなママに人気で、独創的なデザインが好評です。marimekkoのリュックサックは汚れにくいナイロン素材が使用され、背面にあるクッションが背中にやさしくフィットします。シンプルで定番のリュックは長く愛用でき、アウトドアや通勤にも使用できるでしょう。

使いやすくキルティング仕様でおしゃれなリュック

71tnjzsnpul. ul1500
MILA BORSA マザーズリュック
¥5,500〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:30cm × 42cm × 11cm
■重さ:670g
■素材:ナイロン、ポリエステル

A4サイズ対応に対応し、哺乳瓶ホルダーや多くのポケットが付いていて機能性が高いリュックです。しっかりした作りながら重量は670gなので、荷物が多いママでも使いやすいでしょう。

機能性が高いリュック

61tx9qj7iil. sl1001
ベビーアムール バックパック
¥5,880〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:40cm×40cm×18cm
■重さ:約650グラム
■素材:ナイロン

機能性が高いリュックです。たくさんのポケットがついており、リュックサック、トートバッグ、カートバッグと使い分けができます。持ち手と肩ストラップにはパッドがついているのでママの身体への負担が抑えられているのがうれしいですね。撥水機能がついているので雨が降ってきたときにコートを持っていなくても中身が濡れにくいでしょう。おむつ替えシートと哺乳瓶保温ポーチが付いています。

抱っこ紐にはリュックだけでなくトートもおすすめ

Image

トートバッグはデザインやカラーが豊富なので、お気に入りを見つけて持ち歩きたいですね。どんな服装にも合わせやすく、ひとつは持っていたいバッグです。

抱っこ紐を着けていても、トートバッグなら肩からかけたり腕にかけたり、シーンに合わせ、持ち方を変えて活用できますね。ここでは、抱っこ紐におすすめのトートバッグをご紹介します。

Experience icon
トートバッグは荷物がたくさん入って便利!

抱っこ紐でのおでかけのときには、肩からかけられるタイプのトートバッグを使っていました。仕切りがしっかりしていて、片手でもお財布やPASMOを取り出しやすく、汚れたおむつの持ち運びもしやすくて、とくにママひとりでの外出時に便利でした。

帰省など、移動時間が長いときやパパと一緒のときは、大型舟底ショルダーやショルダー&手提げ兼用のナイロン製バッグを肩からかけ、トートバッグとして利用していました。バッグ自体が軽量のナイロン製のものは、身軽に動けて便利でした。

芸能人にも人気!使いやすいマザーズバッグ

Img62116978出典:tshop.r10s.jp
ROOTOTE マザーズバッグ
¥6,048〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W55cm×H30cm×D20cm
■素材:ポリエステル
  

「ROOTOTE(ルートート)」のマザーズバッグは、カラフルなデザインからかわいらしいディズニーキャラクターのデザインまで、豊富に取り揃えられています。

マザーズバッグは、Lサイズのおむつが3~4枚入るポーチとおむつ替えシートの3点セットで、バッグと同じデザインなのがうれしいですね。ポーチは、付属のストラップをつけるとミニショルダーとしても使えます。

口が大きく開くので、抱っこ紐をつけていても中身がしっかり見えて取り出しやすいでしょう。おむつ替えシートは、ショルダーにつければママの肩への負担を減らすクッション代わりになります。

荷物が3つに分かれて機能的なマザーズバッグ

ecoloco マザーバッグ
¥4,212〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W41cm×H35.5cm×D13cm
■素材:表地綿100%、裏地ポリエステル100%
■重さ:690g

荷物がたくさん入って取り出しやすい、機能性にすぐれたバッグを作りたいという思いから生まれたのが、「ecoloco(エコロコ)」のオリジナルマザーバッグです。荷物は3つに大きく分けて入れられるので、整理整頓が苦手なママにもおすすめです。

内ポケットは、大きなファスナー付きポケットや小物が入れられる小さなポケットなどがついていて、用途に合わせて使い分けができます。持ち手からバッグ本体につながるベルトと本体のあいだには隙間があり、ストールやブランケットなどを挟んで持ち運ぶことが可能です。

ダブルファスナー付きのトートバッグ

Affetto 2WAYマザーズトートバッグ
¥3,780〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W約38cm×H約38cm×D約19cm
■素材:コットン50%、ポリエステル50%
■重さ:本体約490g、ショルダー約120g

チェック柄がかわいらしい「Affetto(アフェット)」のトートバッグは、トートバッグとしては珍しいダブルファスナーつきで、口を大きく開くことができます。表地は肌触りが良いコットン、裏地はPVCコーティングで加工した水を弾きやすい生地を採用しています。ママたちのあいだで、雨や汚れに強いと人気です。

付属のストラップを使えばショルダーバッグとしても使えます。落ち着いたタータンチェック柄は、パパと一緒に使いたくなるデザインですね。

荷物も抱っこ紐も収納できる大容量バッグ

ダディッコ キャリーオールトート
¥13,988〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W39cm×H36cm×D17cm
■素材:ナイロン、ポリエステル、合皮皮革
■重さ:745g

「ダディッコ」のトートバッグは、赤ちゃんの荷物だけでなく抱っこ紐も収納できるように作られた大容量バッグです。赤ちゃんの背中が痛くならない厚みのあるおむつ替えシートや、電車移動に便利なカードケースつきで、使いやすさが重視されています。

働くママが赤ちゃんを保育園へ送ったら、そのまま職場に向かえるスタイリッシュなデザインバッグとしても人気が高いですよ。もちろんパパと兼用で使えるので、パパと協力しながら育児ができるでしょう。

抱っこ紐にはリュック以外にショルダーバッグも使える?

Image

ショルダーバッグを使う場合は、赤ちゃんに肩紐があたらないよう、カバンを背中のほうに向けて斜めがけをするなど工夫をすると良いでしょう。抱っこ紐の腰ベルトに直接つけ、ポシェットのように使えるショルダーバッグもあります。

ショルダーバッグは、小さいものから大きいものまでサイズが豊富です。近くを散歩したり近所に買い物に行ったりするくらいなら、小ぶりなショルダーバッグで荷物を軽くしても良いですね。

しかし小さめのものを選んでしまうと、遠出の際に赤ちゃんの荷物だけで貴重品が入らないことが考えられるます。小さめのショルダーバッグを選ぶなら、サブバッグを持つなどの工夫をしましょう。

Experience icon
近場のおでかけにはあえて小さなバッグを使っていました

スーパーでの買い物では小さめの肩かけポシェットに貴重品類だけを入れています。とくにスリングのときは荷物を少なくしたかったので、あえて小さいバッグを使っていました。

貴重品を持ち歩くときに便利なショルダーバッグ

キャリー用ミニバッグ
¥5,400〜(2019/07/10 時点)

■サイズ:W約17cm×H約11.5cm×D約4.5cm

キャリー用ミニバッグは、ショルダーバッグとポーチの2WAY仕様です。抱っこ紐を使っていても楽に荷物を取り出せるため、ママの負担が減るでしょう。小ぶりなサイズですが、財布、スマホ、鍵、ハンカチ、ティッシュをしっかり収納できるので、近場のおでかけに便利です。

ポーチとして使う場合、長さ調節ができ、厚みのある腰ベルトにも対応できます。バックルで簡単に取りつけができるのもうれしいですね。おむつなどの大きな荷物はパパにお願いしたりサブバッグを持ったり、いろいろなシーンに合わせて活用したいショルダーバッグです。

マザーズリュック・バッグの売れ筋ランキングもチェック!

楽天・Amazonでマザーズリュック・バッグのランキングを確認したい方は、以下のリンクから探してみてください。

ママが使いやすいリュック・バッグを見つけよう

機能性や品質にこだわったマザーズバッグはたくさんあるので、ママが使いやすく納得できるリュックやバッグを探してみましょう。抱っこ紐を使うときは、ママの両手が空くリュックがおすすめですが、使うシーンにあわせてトートバッグやショルダーバッグを選んでも良いですね。

ママが抱っこ紐でおでかけするときの持ち物を想像しながら、自分に合ったリュックやバッグを選んでください。マザーズバッグとしての出番を終えても、長く愛用できるお気に入りのバッグが見つかると良いですね。

あわせて読みたい

キューズベリーの抱っこ紐でおんぶはできる?口コミ、使い方も紹介!デニムタイプもある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29667
Image
芸能人愛用のおしゃれなマザーズバッグ9選!マミールーなどおすすめブランド
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/26750
Image
グレコの抱っこ紐ルーポップの使い方や口コミ!新生児にはインサートが必要?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29810
Image
抱っこ紐で腰痛に?正しい付け方と腰が痛くならない方法は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/20857
Image
エルゴ オリジナルはおんぶもできる抱っこ紐の定番!使い方は?いつから使える?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29788
Image
抱っこ紐で赤ちゃんと自転車に乗るのはNG!?いつから前かごに乗せられる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29743
Image
エルゴベビーのメッシュ抱っこ紐!アダプトにもある?特徴や口コミは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29707
Image
napnap(ナップナップ)の抱っこ紐は小柄なママにおすすめ!特徴や口コミをご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29732
Image