親の方が夢中に?「探し絵本・間違い探し絵本」 おすすめ

子供たちは「絵探し・間違い探し」など「探す」ことをするのが好きですよね。わが家の子どもたちも小さい頃から大好きで、自宅には探し絵本が何冊もあります。かんたんなものから、大人でも考えてしまうものまで、いろいろな本が出版されています。ここでは、おすすめの探し絵本を紹介ます。

32042

目次

  1. 「探し絵本・間違い探し」絵本とは?
  2. 大好きなディズニーキャラで「さがして!みつけて!」シリーズ
  3. かくれんぼ絵本!「ミッケ!」シリーズ
  4. 7つの違いを探して楽しむ「セブン」シリーズ
  5. 定番といえばこの本!「ウォーリーをさがせ!」シリーズ
  6. 学びながら間違い探し
  7. 大人も子供も一緒に楽しもう!
  8. 本に関する関連記事はこちらから

「探し絵本・間違い探し」絵本とは?

「探し絵本」は特定の絵の中から特定のものを見つけて楽しむ絵本です。「間違い探し」絵本は、名前の通り、絵の中で異なる点を見つけて楽しむ絵本です。探し絵本では「ウォーリーを探せ」が一番有名でしょう。ママやパパも一度は遊んだことがあるかもしれませんね。

個人差はありますが、3歳頃から絵探し・間違い探しができるようになります。3歳未満の子どもであれば、絵をじっくり見て楽しむ、指をさして楽しむといったことはできるようです。子どもも大人も一緒に「探すこと」を楽しむことができるので、お気に入りの本を見つけてみんなで盛り上がって楽しんでくださいね。プレゼントにも良いでしょう。

大好きなディズニーキャラで「さがして!みつけて!」シリーズ

さがして! みつけて! アナと雪の女王 (FIND BOOK)
¥1,512〜(2018/12/20 時点)
さがして! みつけて! トイ・ストーリー3
¥1,512〜(2018/12/20 時点)
さがして! みつけて! ファインディング・ドリー
¥1,512〜(2018/12/20 時点)

絵探し絵本シリーズ「さがして!みつけて!」では、ディズニー好きの子どもにおすすめのさまざまな人気キャラクターの絵本があります。それぞれページ数も多くなく、比較的かんたんな構成になっています。各絵本では話を追いながらそれぞれの場面で絵探しをすることができます。

かくれんぼ絵本!「ミッケ!」シリーズ

ミッケ!―いつまでもあそべるかくれんぼ絵本 I SPY 1
¥1,469〜(2018/12/20 時点)
ミッケ! ファンタジー―I SPY 5
¥1,469〜(2018/12/20 時点)

絵本の中で「かくれんぼ」を楽しむことができる絵本です。見つけた時は思わず「見っけ」と言ってしまうかもしれません。筆者の子どもたちが一番大好きな絵探し本シリーズです。大人でも探すのに時間の掛かるものまであり、大人の方が夢中になってしまうかもしれませんね。クリスマス、ゴーストハウス、たからじま、がっこうなどさまざまなシリーズ本が出版されています。

ちっちゃなミッケ! どうぶつがいっぱい
¥756〜(2018/12/20 時点)

「ちっちゃなミッケ!」シリーズは「ミッケ!」シリーズの中でも持ち運びに便利なコンパクトサイズの本です。お出かけの際に持っていけば、空き時間などに子どもたちが夢中になってくれてとても便利ですよ。ミッケシリーズには、コンパクトなサイズから大型絵本まであるので、少人数でも大人数でも楽しむことができます。

7つの違いを探して楽しむ「セブン」シリーズ

どこどこ?セブン
¥1,404〜(2018/12/20 時点)
どこどこ?セブン〈7〉いろんなくに
¥1,404〜(2018/12/20 時点)
どこどこ?セブン〈3〉ともだち
¥1,404〜(2018/12/20 時点)

大人気シリーズ「セブン」です。本を開き左右のページの間違いを「7つ(セブン)」探す本です。子どもと一緒に遊べると評判の本ですよ。動物、あいうえお、クリスマスなどさまざまなタイプのシリーズ本が出ています。

定番といえばこの本!「ウォーリーをさがせ!」シリーズ

ポケット判 新ウォーリーをさがせ!
¥734〜(2018/12/20 時点)
ウォーリーをさがせ!トラベルコレクション
¥1,944〜(2018/12/20 時点)
新ウォーリーのふしぎなたび (新ウォーリーのえほん)
¥1,404〜(2018/12/20 時点)

ご存知「ウォーリー」シリーズです。赤と白のボーダー柄の服を着ているウォーリーや仲間たちを探す本ですね。絵が細部まで細かく書かれていて、かんたんなようで難しいのが特徴的です。自身の子どもの頃を思い出して、子どもと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

学びながら間違い探し

まちがいさがし (はじめてのおけいこノート 2巻)
¥454〜(2018/12/20 時点)

ドリル形式の間違い探しです。遊びながら学ぶことができるため、評価が高いようです。間違い探しの他にも、同じ物を探すページがあり、子どもたちは夢中になりそうですね。

大人も子供も一緒に楽しもう!

天気の悪い日や寒い日などは、自然と室内遊びが多くなりますよね。そんなときに、絵本の読み聞かせの以外にも、絵探し・間違い探しなどで子どもと一緒に楽しんでみるのはいかがでしょう。「見つけた」「分かった」という経験は子どもの自信にもつながり、集中力が育まれるかもしれませんよ。

わが家の子どもたちは、全て探し終わった絵本でも繰り返し遊んでいます。年齢を問わず遊べるため、子どもが成長してからまた一緒に再チャレンジしてみるのも楽しそうですね。長く付き合うことができる絵本になると良いですね。

本に関する関連記事はこちらから

幼児におすすめのかるた12選!知育系、絵本系、キャラクターものまで
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28035
Image
貼って、はがして遊べる!おすすめマグネット絵本15選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27982
Image