子連れのお出かけ定番グッズとは?車や長時間での持ち物リスト

子連れでお出かけするときは何かと持ち物が多くなってしまいがちですよね。子連れでのお出かけには定番のグッズや、役に立つ持ち物をまとめてみました。子連れでお出かけするときの持ち物の参考にしてみてくださいね。

43727

目次

  1. 子どもとのお出かけは予測不能
  2. 子連れのお出かけ定番グッズ
  3. 車でのお出かけに必須な持ち物
  4. 長時間のお出かけにあると便利なもの
  5. 赤ちゃんとのお出かけ持ち物リスト
  6. 子連れでのお出かけに関する体験談
  7. 持って行くことで気分的にも安心!
  8. あわせて読みたい

子どもとのお出かけは予測不能

子どもとのお出かけは、いつどこで何があるのか全く予想できませんよね。出かけるときの持ち物に悩まされることが多いと思います。

おむつや服を予想以上に汚す

おむつを使用している間はそれだけでも荷物が増えますよね。そんなことはしないから大丈夫だろう!と思っていても、子どもは大人が思ってもいないような遊び方をして服を汚すことは日常茶飯事・・・わざわざ水溜りに入って服を汚したりして思ってる以上に着替えが必要になります。

突然の病気や怪我

ついさっきまで元気に遊んでいた子どもが急に熱を出したり、転んで怪我をしてしまったり。子どもとのお出かけには「突然」がつきものです。

欲しいときにお店が見つからない

出先で欲しいと思っても朝早かったり、夜遅かったりするとお店も閉まっていて購入することができません、全国各地にあり便利なコンビニなどでは購入できない子どもグッズもあるので注意が必要でです。

愛用中のものが売っていない

子どもが使用しているものと同じ商品が売っているとは限らないので、愛用しているおもちゃなどは忘れずに持って行くようにしたいですね。

子連れのお出かけ定番グッズ

Image

子連れでお出かけする時には、必ず持って行く定番グッズがあると思います。グッズごとのおすすめポイントをまとめました。

ビニール袋

ビニール袋にもサイズや素材などいろいろな種類がありますが、ジッパー付きの物や手提げのビニール袋は便利です。汚れた着替えはもちろん、子どもはどんぐりなどを拾うのも好きですよね、そんなときにもビニール袋は役に立ちます。

ウェットティシュ

子どもは何でも触ってみたくなります。近くに手を洗える場所が無いときなどは、ウェットティッシュが重宝です。直ぐに取り出せる場所に入れておくとサッと取り出せます。

濡れタオル

ウェットティッシュよりも濡れタオルが広範囲を拭くことができます。

食事用エプロン

まだうまく食事ができない子どもが食事をするときは、ポケット付きの食事用エプロンが活躍します。服などが汚れずに済みます。

輪ゴム

残ってしまったおやつの袋に使用したり、袖が汚れそうな食事のときにはアームバンドの代わりになります。

水筒・ペットボトル

飲み物としてだけではなく、空のペットボトルは子どもの遊び道具になることがあります。

キャップ付き携帯ストロー

ペットボトル飲料にセットするだけで、こぼさずに飲む事ができます。

おやつ

ちょっとしたおやつを用意して持っていくのもおすすめです。飴やラムネで、子どものご機嫌が治る場合もありますよ。

お絵かきセット

外食をするときの待ち時間など、お絵かきセットがあると待ち時間中も退屈しません。あまり多くのクレヨンを持って行くと紛失や片付けるのが大変なので本数は限定して持って行った方が片付けるのも簡単です。

車でのお出かけに必須な持ち物

Image

車でお出かけするときは、荷物をたくさん持って行くことはできますが、渋滞に巻き込まれると困る事もありますよね。車でのお出かけに持って行きたいアイテムをご紹介します。

携帯トイレ

「トイレに行きたい!」といきなり言われてしまった経験はありませんか?渋滞中など直ぐにトイレに行けない場合など携帯トイレが役に立ちます。

車の汚れ防止シート

ティッシュ箱など小物を入れられるシートもカー用品店で購入可能です。100均などでも売っているレジャーシートを下に敷いておくのもおすすめです。

ペットボトル(予備)

暑い時期は車内も暑くなりがちです。渋滞などで車内にいる時間が多くなるケースも考えて予備としてペットボトルがあると安心です。

お気に入りの音楽・動画

動画を見ると酔ってしまう子もいるので注意が必要ですが、音楽なら子どもも退屈せずに過ごせます。

長時間のお出かけにあると便利なもの

Image

宿泊など長時間のお出かけをするときは荷物も多くなりますが、「もしも」のことを考えてできれば持って行きたいアイテムがあります。

迷子防止グッズ

何が起こるか分からない世の中です。使用について賛否はありますが、ハーネスやアラームなどのグッズが販売されています。

防水おねしょシーツ

宿泊をする場合など、おねしょをしてしまうかもしれないお子さんの場合は1枚持って行くと子どもも親も安心です。持参のタオルとレジャーシートを敷いても少量のおねしょならば対応できます。

体温計

子どもは急に熱を出すことがあるので体温計があると役立ちます。

熱さまし用の薬

熱性けいれんの経験がある場合など、急な高熱にも対応できるように用意しておきたいですね。

保険証・母子手帳

お出かけの途中で子どもの具合が悪くなってしまった場合など、保険証と母子手帳は普段から持ち歩くようにした方が安心です。

赤ちゃんとのお出かけ持ち物リスト

Image

赤ちゃんは「おむつ」など身体は小さくても持ち物が多いですよね。一から用意をすると準備の段階でお母さんは疲れてしまうので、普段からお出かけ用バッグを用意しておむつなどの荷物を入れておくと、お出かけもスムーズです。

おむつポーチ(紙おむつ・おしり拭き)

赤ちゃんの必須アイテムです。お出かけ用のコンパクトサイズのおしり拭きは持ち運びに便利ですが、割高なので普段使用しているおしり拭きの残りが少なくなったら、お出かけ用にキープしておくのも便利です。

ビニール袋

使用済みのおむつや汚れてしまった服などを入れてもいいように準備しましょう。

タオル

赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、タオルで調節したり何かとタオルは便利です。

着替え

ミルクを吐いてしまったりして着替えが必要な場合があるので、圧縮して持って行くのもおすすめです。

ミルクセット(哺乳びん・粉ミルクなど)

母乳育児の場合は必要ありませんが、ミルクが必要な赤ちゃんはミルクセットが必要です。実家などお出かけ先でお湯が用意できる場所なら必要ありませんが、お湯が無い場合は水筒で持っていく必要があります。

おしゃぶり

普段からおしゃぶりをしている赤ちゃんは忘れずに持って行きたいアイテムです。筆者の知り合いで、いつもおしゃぶりを使用していた子がいましたが、1泊旅行に出掛けたときにおしゃぶりを忘れてしまって大変だったと言う話を聞きました。

授乳ケープ

授乳室などが無い場合や、授乳室を探す手間も省けるので授乳ケープがあると便利です。

母子手帳、保険証

持っていると赤ちゃんの具合が悪くなった場合にも対応できます。

お気に入りのおもちゃ

お気に入りのおもちゃを持って行くときに、音の鳴るおもちゃだけでなく音が鳴らないおもちゃも持って行くと便利です。静かな場所などで音が鳴ってしまうと、他の方に迷惑をかけてしまうので気をつけたいですね。

(月齢によって)離乳食

手作りの離乳食だと夏場などの時期は衛生面で不安なので、市販の離乳食を活用するなどして赤ちゃんの食事を確保しましょう。

子連れでのお出かけに関する体験談

筆者の子どもたちは年子ですが、今は二人とも10歳以上になったのでお出かけするときの持ち物は減りましたが、二人が小さい頃はちょっと出かけるだけでも大量の荷物でした。出先で、高熱を出したり、車酔いで吐いてしまったことも、浜辺で遊んでいて靴がびしょ濡れになってしまったこともありました。子連れでのお出かけは何があるか本当に分かりませんが用意をしておくと安心です。

持って行くことで気分的にも安心!

オムツや着替えもこんなに使わないかな?と思っていても、渋滞で帰宅が遅くなってしまったり、子どもが服を汚してしまったり、子どもとのお出かけは何が起こるか分からないので、予備を持って行くくらいの気持ちで持ち物を用意した方がお母さんも安心できます。100均でも揃えられるグッズがたくさんあります。子どもと楽しくお出かけしたいですね!

あわせて読みたい

子連れ海外旅行におすすめの国5選!持ち物やぐずり対策も【体験談】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/21870
Image
赤ちゃんと飛行機にいつから乗れるの?座席や持ち物は?【体験談あり】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/2785
Image
子連れディズニーランド・シー完全攻略!2019年版【先輩ママおすすめのアトラクションや持ち物は?】
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29614
Image
赤ちゃんの温泉旅行はいつからがおすすめ?マナーやおすすめの宿、入れ方など
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/19997
Image