更新日:2017年01月07日

えっ?ダメなの??実は名づけに使わない方がいいポピュラーな漢字が存在した!

赤ちゃんが誕生し、一番最初のプレゼントである名づけ。一生付き合うことになるので、子供にも気に入ってもらえる名前をつけてあげたいですよね。実は、とてもポピュラーで名前にもよく使われている漢字でも、実は使わない方がいい漢字が存在したんです。いったいどのような漢字があるのか早速みていきましょう。

72702
1

1.不吉な意味をもつ漢字

Image

行き倒れた死者を表します。不慮の事故に巻き込まれて亡くなった人を表す漢字であるということです。この漢字を名前に持つ人は、多くの困難が待ち構えている人生になりそうですよ。

戒名に使われることの多い漢字なので、亡くなった人の来世の幸せを願うという意味合いが込められた漢字です。現世に生きる子供にはマイナスな傾向があり、トラブルを引き起こすなどの人生が待っていそうです。

この漢字は死者を後ろから木で支えている形であるということです。「柩(ひつぎ)」という漢字にも「久」という文字が入っていますので、名前には使わない方がいいでしょう。病気や障害の暗示が色濃いです。

この漢字は中国古代の「お墓」を意味する漢字です。死との関連が深い漢字なので健康運や家庭運に恵まれない運勢になるそうですよ。

空にのぼる=召されるという意味合いを持つため、名前に使うのは縁起が良くないということです。男の子で「空」という漢字が使われることが多いように感じますが、実はあまり好ましくないのですね。

2.良いときと悪いときの運気が大きく変化しがちな漢字

Image

活気にあふれているので上昇運もありますが、逆に強情になる一面も。何事にも一生懸命なので、具合が悪くても無理をしてしまうため、病気を長引かせてしまう暗示もあるそうです。

はじめのうちは運気も良いのですが、後半になると運気が下降気味になるようです。

とても温かみのある漢字ですが、浮き沈みの激しい人生になるそうですよ。誰でも良い時もあれば悪い時もあるのですが、波乱の多い人生を、できれば我が子には避けさせたいですよね。

色々な才能に恵まれるのですが、いくつもの障害を抱えることにもなりそう。家庭運も良くなく、怪我や病気にも注意が必要だということです。

3.縁起がよさそうだけど実は悪い意味合いが強い漢字

Image

しあわせという漢字に悪い意味なんてあるの?と思ってしまいますが、実は手かせ足かせを付けられた人の姿だということです。つまり囚人ということになりますね。

人より秀でるという意味をもっていますが、それが原因でトラブルの多い人生になるかもしれません。背中や足の病気にかかりやすいという暗示もあります。

キラキラと明るいイメージですが「燃え尽きる」という意味合いから、家庭運が良くなく、健康面でも心配の多い人生になりそうです。

男の子でも女の子でも使われることの多い漢字だと思いますが、もちろん優美という意味ももちます。しかしニンベンをとってしまうと「うれい」と読むことから哀しみを象徴する漢字になってしまいます。家庭運や健康面で問題が出る暗示もあります。

4.希望の持てる意味合いを考えよう

Image

たとえ不吉な意味合いをもつ漢字だったとしても、我が子に「こう育ってもらいたい」「こんな人生を歩んでもらいたい」と意味を込めて付けた名前であれば、それをお子様にも自信をもって伝えてもらいたいと思います。

まとめ

ここまで色々と見てきて、それぞれの漢字が持つ意味には考えもつかなかったようなものまでありました。実際に上に挙げたような漢字を名づけに使ってしまった方も多くいるでしょう。ここで大事なことは、その名前を付けた由来を大事にして欲しいということです。

辞書でででくる意味は悪いものでも、一番はやはり親の想いのこもった素敵な名前であるということをお子様に伝えてあげてくださいね。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

megumegutone

小学4年生の男の子と小学2年生の女の子を育児中です。2人と…

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事