更新日:2017年11月22日

【妊娠線予防の人気オイル10選】クリーム・オイルどちらがおすすめ?

妊娠中は、大きくなるお腹から我が子の成長を感じられるでしょう。しかし、お腹が大きくなるのにともなって出てくるのが「妊娠線」です。さらに、妊娠線は産後も消えないというのがネックではないでしょうか。ここでは、妊娠線予防のための人気のオイルとクリームをご紹介します。

mamanoko
126845
1

どうして妊娠線はできるの?いつから?

Image

もともと人間の皮膚は、上から順に、表皮、真皮、皮下組織という皮膚の層で成り立っています。妊娠をして突然お腹が大きくなる現象に、皮膚がついていけないことで妊娠線ができてしまいます。

妊娠線の種類には、主に赤紫色の亀裂のようなものや放射状のものがあります。妊娠線ができやすい部位はお腹、胸、尻、太もも、二の腕など、個人差があります。産後は目立たなくなりますが、一度妊娠線ができてしまうと決して消えることのない厄介な線です。

実際に妊娠線ができたという妊婦さんはたくさんいます。では、妊娠線は防ぐことはできないのでしょうか。

妊娠線は産後に残りやすい

妊娠線ができる部位や特徴は人によって個人差がありますが、約50%以上の妊婦さんに妊娠線ができています。また、経産婦になると80%以上の確率で妊娠線ができるといわれています。つまり、妊娠線ができる確率は高いといえます。産後、妊娠線は薄くなりますが、完全に消えることはありません。

■妊娠線に関する体験談
私も最初はあまり気にしていなかったのですが、最終的に妊娠線ができてしまいました。もちろん、産後も残っています。筆者の経験談からも、厄介な妊娠線は事前にしっかり予防することをおすすめします。

妊娠線は妊娠中期からできやすい

妊娠線が最もできやすい時期は、お腹が大きくなり始める妊娠中期といわれています。妊娠初期につわりで体重が増加しなかった人の食欲が回復し、お腹が大きくなるためです。そのため、妊娠中期ごろから予防をするのがおすすめです。

さらに、身体が細くて小柄な人は、お腹が大きくなるのに皮膚がついていけず、妊娠線が出やすいといわれています。また、経産婦や双子などの多胎妊娠をしている人も妊娠線が出やすいでしょう。

Mobile favicon

妊娠線とは?原因は?予防はいつからどうやってするの?

妊娠線の予防方法は?

Image

急激な体重増加に注意する

急激な体重増加は、妊娠線ができやすくなるので注意が必要です。8~10kgで体重増加を抑えるようにすると良いでしょう。体重増加を抑えれば皮膚が急激に引っ張られることはないので、妊娠線が出にくいといわれています。
妊娠中の体重管理は医師の指導の元、行うようにしましょう。

妊娠線予防オイルやクリームを活用する

体重増加とともに、妊娠線ができる原因といわれているのが「肌の弾力性の低下」です。
妊娠中に増加するホルモンにグルココルチコイドというものがあります。このホルモンが活性化することで肌のターンオーバーが抑制され、弾力性が低下します。

肌の弾力性を保つためには、油分と水分を補う必要があります。この油分と水分を補うためには妊娠線クリームや妊娠線オイルがおすすめです。

妊娠線クリームとオイルの違いは?

Image

妊娠線オイルとクリームの大きな違いは油分と水分にあります。製品により違いはあるものの、一般的にはオイルは油分が多く、クリームは水分とオイルのバランスが良いとされています。

妊娠線クリームのメリット・デメリット

・メリット1
オイルと違い水分と油分が入っているため、肌になじみやすい
・メリット2
オイルより、クリームの方がにおいが少なめ

・デメリット1
一般的にオイルよりも保湿力で劣る
・デメリット2
オイルよりもクリームの方が成分が複雑になる傾向があるため、敏感肌の方は成分に注意する必要がある

妊娠線オイルのメリット・デメリット

・メリット
オイルはクリームよりも油分が多いために保湿力が高い

・デメリット
オイルはにおいや肌触りが独特のものがあるため敬遠する人もいる

オイルとクリームの併用がおすすめ

オイルとクリームどちらかで悩んでいる方にはどちらも使うことをおすすめします。

水分の多いクリームで、肌に成分や油分がなじみやすい状態にしてから、オイルで保湿するのはいかがでしょうか。化粧品でも、水分が多い化粧水からつけて、油分の多い乳液やクリームをつけるのが一般的ですよね。妊娠線クリームとオイルも水分の多いクリームを先に付けて、油分の多いオイルで保湿するのがおすすめです。

また、オイルは妊娠線ができやすい、下腹部に塗って、クリームは次に妊娠線ができやすいお尻や二の腕などに塗るのもおすすめです。

コスト面が気になって、オイルだけを買う場合は、お風呂の後に使うのがおすすめです。

妊娠線クリームについて詳しく知りたい方はこちらから

これから先は妊娠線オイルの選び方やおすすめ商品を主に紹介します。
妊娠線クリームの選び方やおすすめ商品について詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

Image

妊娠線予防クリームの選び方と口コミで人気のおすすめクリーム10選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24349

妊娠線オイルの選び方・注意点

Image

成分と効果

保湿効果と浸透性が高いのがオイルの特徴です。油分が多く含まれているオイルは、伸びが良くて塗りやすいので、妊娠線ができやすい部分にたっぷり塗ることができます。オイルで優しくマッサージすることで皮膚の伸縮が促され、妊娠線予防につながります。

ひとつ注意したいのが、オイルに含まれている成分です。トルエン、ハイドロキノン、サリチル酸、パラベン、トレチノイン、アキュテインなどの成分は、お肌が敏感になっている妊婦さんには、刺激が強いと感じられるかもしれません。もちろん、こういった成分は微量であるため、母体や胎児への影響はないといわれています。

コストパフォーマンス

妊娠してから毎日1~2回は使用するオイルは、できるなら大容量で低価格なものを選びたいですよね。しかし、海外の輸入品のオイルは、高値なものも多くあります。あまりに高価なオイルは使うのも躊躇してしまうので、気にせずにたっぷり使える、お財布に優しいオイルを選びましょう。

におい

オイルはクリームよりにおいが強いものが多く、特に海外製のものはにおいがきついと感じるかもしれません。人それぞれ好みあるので、自分の気に入った香りのオイルや、肌への刺激が弱いオイルを選ぶと良いでしょう。

おすすめの人気妊娠線オイル10選

1.マタニティオイル(AMOMA)

Ec maternity bellyoil b01

AMOMAマタニティオイル

¥2,129〜(2017/11/22 時点)

日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと、保湿力の高いマカダミアナッツオイルをベースに、マタニティアロマセラピストが妊娠線マッサージに長年実践してきた3種の精油を配合しています。独自比率で配合された精油とオイルが、妊娠中どんどん大きくなるお腹の皮膚の潤いを逃さず、柔軟性を保ちます。

購入はこちら

産後もきれいなお腹を保てるように考えられた、保湿力の高いAMOMAのマタニティオイルです。日本人の肌に合うよう配合されれたオイルは、米ぬかを原料にしたライスオイルと、保湿力の高いマカダミアナッツオイルをベースに作られています。妊娠中の肌の潤いを逃すことなく、柔軟性を保ってくれると人気です。

■この商品に関する口コミ
・柑橘系の香りはきつくなく、たっぷり使うことができました。
・コストパフォーマンスも使い心地も最高です。

引用元:review.rakuten.co.jp
販売サイトはこちら

【PR】ノコアファーストボディトリートメントオイル

Nf1

ノコア ファーストボディトリートメントオイル

¥4,490〜(2017/10/19 時点)

購入はこちら

ノコアのファーストボディトリートメントオイルは、妊娠線ができる前からしっかりとケアがしたいママにおすすめの妊娠線オイル。妊娠中のデリケートな肌のために、オーガニック原料や天然由来成分にこだわっています。

ベースとなるオイルには低刺激のホホバオイルを使用。肌なじみの良い成分が、角質層までしっかり浸透して、高保湿を実現します。サラッとした肌触りで、全身の保湿やマッサージもできますよ。やさしいネロリの香りなので、妊娠中でにおいに敏感なママもリラックス効果が期待できそうですね。

販売サイトはこちら

2.ヴェレダマザーズボディオイル

81ofawc6ufl. sl1500

ヴェレダ マザーズボディオイル

¥1,860〜(2017/11/22 時点)

保湿による出産前後のボディケアに。マッサージにより産後のボディをひきしめます。植物エキスが肌に弾力を与えながら乾燥を防ぎ、柔らかくしなやかに整えます。優しい天然エッセンシャルオイルの香りでリラックス。
R.シュタイナーの人智学が基本。合成成分や鉱物油は一切不使用。

ヴェレダは、ヨーロッパで自然医薬品メーカーとしてよく知られています。産婦人科医師と助産師が共同開発した、妊娠中の妊娠線予防にはもちろんのこと、産後の肌の引き締めにも活用できるオイルです。

高品質のアーモンドオイルやビタミンEを含んでいる小麦胚芽オイル、アルニカの花のエキスが乾燥しがちな肌に潤いとハリをもたらし、弾力のある肌へと導いてくれます。

また、ローズとネロリのエッセンシャルオイルが優しく香ります。1日2~3回マッサージをして、オイルをなじませてください。

■この商品に関する口コミ
・ベタつかず、香りも気にならないので使いやすいです。
・クリームよりも皮膚への浸透が良く、皮膚が柔らかくなる感じがします。

引用元:review.rakuten.co.jp

3.エルバビーバ ストレッチマーク オイル

99600070001

エルバビーバ ストレッチマークオイル

¥3,180〜(2017/11/22 時点)

オーガニックローズとキャロットシードを配合したオイルが、ママの肌を柔軟に保ち保湿します。太ももやヒップが気になる方におすすめです。ベビーマッサージにもお使いいただけます。

エルバビーバは、1996年カリフォルニアで生まれたオーガニックケアブランドで、全米で最も人気のあるオイルとしても有名です。ニンジン種子油やローズヒップ油が配合されたマッサージオイルは、1日2回朝晩のマッサージで肌を柔軟に保ち、保湿力をアップしてくれます。

オイルはベタつきが気になるところですが、サラッとした使い心地でお手入れしやすいのも特長です。新生児のベビーマッサージにも使用できるので、ママと赤ちゃんが一緒に使えます。

■この商品に関する口コミ
・産前は会陰マッサージにも使え、1本使い切るのに半年かかったので、コスパも良いと思います。
・オイルとクリームをあわせて使うのがおすすめ。お風呂上りに塗って、翌日の入浴前までしっかり保湿されています。

引用元:review.rakuten.co.jp

4.バイオイル

6001159111351

バイオイル 125mL

¥3,024〜(2017/11/22 時点)

バイオイルに配合されているピュアセリンオイルは、水鳥の尾腺油から発想を得て生まれたもの。肌の保湿効果を高めつつ、4種類の植物由来成分をつつみこんで角質層深部までしっかり浸透させ、ベタつかずサラッとした感触です。

バイオイルは全身ケアが可能で、妊娠線のケア以外にも、日焼け対策や小じわ対策などのいろいろな場面で使えるオイルです。バイオイルを使っていたら徐々に跡が消えていった、という方もいるそうですよ。バイオイルは肌の新陳代謝を活性化させる成分を含むので、妊娠線や傷跡が目立ちにくくなるでしょう。

■この商品に関する口コミ
・妊娠線予防として購入しましたが、保湿力が高く産後は化粧水や乳液代わりにも活躍しています。
・オイルなのにベタベタしないので、たっぷり塗っています。

引用元:review.rakuten.co.jp

5.ニールズヤード アロマティックマッサージオイル

41yfylmhetl. sx425

ニールズヤード レメディーズ アロマティックマッサージオイル

¥2,592〜(2017/11/22 時点)

ラベンダー、マジョラム、ゼラニウムなどがブレンドされたアロマトリートメントのためのマッサージオイル。軽くなめらかな使い心地で、フェイシャルからボディまでお使いいただけます。やさしいハーバルフローラルの香りが全身を包み込みます。英国ソイルアソシエーション認定オーガニック製品。

創業時から変わらないレシピで愛され続ける、妊婦さんにもおすすめのオーガニックオイルです。人気の理由は、リラックス感あふれる自然の香りとなじみやすい潤いです。

エアコンや紫外線で潤いが失われやすい肌をサラっと潤し、緊張感から解放されたリラックスしたボディへ導きます。手のひらにオイルをのせて温めてから、全身のマッサージに使いましょう。

■この商品に関する口コミ
・アロママッサージをしているような癒しを感じられます。香りも大好きです。
・妊娠線予防だけでなく、フェイスマッサージやフットマッサージなど、万能なオイルで毎日使っています。

引用元:review.rakuten.co.jp

6.キャリネス ボディオイル

61p fzvxddl. sl1280

キャリネス ボディオイル

¥4,104〜(2017/11/22 時点)

肌なじみが好く、べとつかない、栄養豊富な3種類の植物性オイルを厳選し、10種類のオーガニック精油を配合しました。 オイルはベタつく印象がありますが、キャリネスボディオイルは、サラッとした使用感にするためにオイルをジェル化しました。 キャリネスボディオイルは保湿だけではなく、むくみ対策にも。

こちらのオイルは、アルガンオイル、ユチャ油、サフラワーオイルという栄養豊富なオイルを厳選して作られています。保湿力に優れているだけでなく、肌馴染みが良く、ハリと弾力を与えてくれます。さらに、ブレンドされた10種類のオーガニック精油の優しい香りで癒されることでしょう。

妊娠線予防対策、むくみ対策としてのマッサージに適したオイルです。1日朝晩の2回、妊娠線ができやすい部位に優しく塗りましょう。

7.ロクシタン リラクシング マッサージオイル

31abprxzrfl

ロクシタン リラクシング マッサージオイル

¥3,150〜(2017/11/22 時点)

眠る前には、ボディとの会話を楽しんで。天然のサプリとも呼ばれるアーモンドから抽出したオイルがベース。ボディ全体をマッサージしていくと「疲れている」「かたくなっている」など、肌の声を手のひらがキャッチしてくれます。

主成分のアーモンドオイルは、肌にうるおいとなめらかさを与えてくれます。老化予防にも効果的なビタミンE配合で、保湿効果に加えて炎症を抑える作用があります。サラリとした感触は、オイルのベタつきが気になる方にも使いやすいと評判です。柔らかなラベンダーと柑橘系の爽やかな香りで、敏感肌の人や乳幼児にも安心して使用できます。

■この商品に関する口コミ
・何といっても香りが最高に癒されます。液だれせず、持ちやすい容器が嬉しいです。
・サラッとしたオイルはベタつかず、肌なじみが良いです。

引用元:jp.loccitane.com

8.クラランス ボディオイル トニック

41k6u%2bvv%2bol. sx425

クラランス・ボディオイル トニック

¥4,300〜(2017/11/22 時点)

ボディの肌にハリ感としなやかさを与える植物由来のボディオイル。
さらりとした軽いテクスチャーのオイルに含まれたローズマリー、ハッカなどのエッセンシャルオイルの豊かな香りが肌を包みこみ、ボディの肌をひきしめ、ハリを与えます。
ストレッチマークのできやすい妊娠中や、産後のケア、ダイエット中の肌引き締めケアに。

クラランスは多くの芸能人も使用している有名ブランドです。クリームが有名ですが、クラランスにはオイルもあります。こちらのオイルは、開発に100回以上の試作を繰り返したオイルだそうです。肌にハリとしなやかさを与える植物由来のボディオイルで、さらりとした使い心地です。

オイルを手のひらに少量取り、入浴後の湿った肌にマッサージするようになじませます。最後に冷水で肌を引きしめましょう。

■この商品に関する口コミ
・オイルはいつもかゆくなってしまいますが、この商品はアレルギー反応がなく、安心して使うことができました。
・皮膚が柔らかくなり、肌はしっとりと保湿されているのが実感できます。

引用元:review.rakuten.co.jp

9.オーガニックマドンナ セラムオイル

452880800all

オーガニックマドンナ セラムオイル

¥6,804〜(2017/11/22 時点)

オーガニック成分を高配合し、からだにやさしい妊娠線オイルを実現。オーガニックのエキストラバージン・オリーブオイル、モロッコ産のアルガンオイル、シアバター、ホホバオイルが肌のカサカサと弾力をサポート。マッサージが不要だから、やさしく塗るだけで、妊娠線をしっかりケア。においに敏感な妊婦さんも癒されるオーガニックレモンマートルの香りです。

日本人の肌にあわせて作られた、オーガニック保湿成分99%配合のオイルです。10年間の研究成果により、においに敏感な妊婦さんのために作られた国産のオーガニックオイルです。妊娠中から産後まで使えるだけでなく、ベビーマッサージにも活躍します。

配合成分は、ホホバオイルやシアバター、エクストラヴァージンオイルなどの、オーガニック認証された植物原料が厳選されています。顔や全身に使うことができ、シミやそばかす対策にもおすすめです。

■この商品の口コミ
・低刺激で翌日までしっとり感が続き、保湿力が高いです。
・冬の乾燥には、この商品でなければかゆみが軽減されません。

引用元:review.rakuten.co.jp

10.モイストオイルコンディショナーEX

11rsobag0zl

モイストオイルコンディショナーEX

¥3,024〜(2017/11/22 時点)

クレンジング、入浴料、ヘアコンディショナーなど全身に使える大人気の多機能オイル。天然セラミド、γ-オリザノール、アルガンオイルの美肌効果で、全身しっとりモチモチ。コクがあるので、乾燥肌にもピッタリです。

敏感肌やアレルギー肌の人にも安心して使えるモイストオイルコンディショナーです。赤ちゃんから大人まで、家族全員のデリケートな肌を癒し、全身がしっとりとモチモチになります。妊娠線予防だけでなく、メイク落としや髪の毛のケア、日焼け止め落としなど使い方はさまざまです。

■この商品に関する口コミ
・敏感肌ですぐ肌荒れしてしまいますが、この商品はトラブルなく安心して使えます。

引用元:review.rakuten.co.jp

おすすめの妊娠線クリーム3選

ナチュラルマーククリーム 

6044

ナチュラルマーククリーム150g

¥2,916〜(2017/11/22 時点)

購入はこちら

「ナチュラルマーククリーム」は、お腹の保湿がしたいママにおすすめのスキンケアクリーム。べたつかず伸びの良いクリームが、皮膚にしっとりとしたうるおいを与えます。においに敏感なつわりの時期に配慮した無香料なので、妊娠初期からたっぷりケアできますね。

肌への負担を減らした低刺激処方なので、産後は赤ちゃんのボディケアクリームとして使うことができますよ。ポンプタイプなので、時間をかけずにサッとケアできるのは嬉しいですね。朝晩1回ずつ塗るだけで済む手軽さも評判ですよ。

公式サイトはこちら

マタニティクリーム

41uriarvrql. sx425

マタニティクリーム (ストレッチマーククリーム)

¥2,800〜(2017/10/31 時点)

購入はこちら

多くのメディアで話題になっている妊娠線クリームです。100人以上の女性の声をもとに、大切な皮膚をすこやかに保つクリームが誕生しました。

妊娠中などデリケートな時期はもちろん、赤ちゃんにも使えるところもポイントです。葉酸がたっぷり配合されているところもありがたいですね。さらっとした使用感とふわっと香るアロマで、リラックスタイムにももってこいですよ。

販売サイトはこちら

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

126 1

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

¥6,980〜(2017/10/18 時点)

購入はこちら

ノコアの「アフターボディトリートメントクリーム」は、ビタミンC誘導体を含み、皮膚のうるおいを保つボディクリームです。オーガニック成分を凝縮し、肌へのやさしさを追求しているので、顔にも使うことができますよ。

やさしいネロリの香りなので、妊娠中でにおいに敏感なママもリラックス効果が期待できそうですね。夏の紫外線ケアや乾燥が気になる季節のボディケアマッサージにもおすすめです。

■この商品に関する口コミ
・2週間ほど使用した感じとしては肌がすごく滑らかになり気に入っています。
・塗り心地はしっかり肌にくっつくようないい感じです。香りもきつくなく、続けられそうです。
・まだ使い始めですがしっとりして保湿されている感じがします。期待を込めてひとまず使い切りたいと思います。

引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/299539_10000043/1.1/?l2-id=item_review
公式サイトはこちら

オイルの効果的な塗り方

Image

妊娠線オイルを塗るタイミング

お風呂上がりは肌が潤っていると感じるかもしれませんが、お肌に潤いをもたらす保湿分子が流れ出してしまった状態で、とても乾燥しやすくなっています。よって、お風呂上がりのタイミングでしっかりオイルを塗り、潤いを与えることが大切です。

2回以上オイルを塗ることで常に肌が保湿された状態になるので、できる限り朝とお風呂上がりには塗ることを心がけましょう。目につく洗面所などにオイルを置いておくと、習慣化しやすくなりますよ。

妊娠線オイルを塗るときのポイント

妊娠線オイルはクリームに比べると伸びが良いので、量としては数滴で良いでしょう。まずは手のひらに取り、手で温めてから使用することで、オイルの浸透力が高まるとされています。

塗り方にもポイントがあります。妊娠線にそのままオイルを塗るだけでも良いですが、リンパに沿って塗るとたるみ防止にもなります。血流も良くしてくれるので、冷えが大敵な妊婦さんにとって効果的な塗り方といえるでしょう。

部位別 妊娠線オイルの塗り方

Image

妊娠線というとお腹にできるイメージがありますが、皮膚が伸びるところであれば、どこにでも妊娠線ができてしまうおそれがあります。お腹はもちろん、その他の部位も念入りにケアすることが大切です。

お腹周り

1.お腹に円を描くように、おへその下まで手のひらで優しくマッサージしていきます。
2.おへその下までマッサージが終わったら、「息を吸いながらおへその下からわき腹へ」「息を吐きながらわき腹からおへその下へ」と繰り返します。

お腹が大きくなってくると、わき腹とおへその下あたりは自分では見えにくくなってくるため、忘れずに丁寧に塗りましょう。

バスト

1.右の胸は左手で、左の胸は右手で胸を持ちあげるように、下から上へとオイルを塗ります。
2.右手で左側の鎖骨から脇へ、リンパの流れを意識しながら優しくオイルを塗ります。反対側も同様に塗ります。

その他の部位

・お尻
両手で、下から上へ持ちあげるようにオイルを塗ります。

・太もも
片足ずつ足のつけ根から、上から下へ、膝に向かってオイルを塗ります。

・二の腕
反対の手で肘から脇の下へ、下から上へ脂肪を流すイメージでオイルを塗ります。

オイルとクリーム両方使用

オイルとクリームを両方使用する場合は、お腹が大きくなり始める初期から中期にかけてクリームでケアをし、急激にお腹が大きくなる後期にオイルに変え、しっかりと保湿する方法があります。

また、妊娠線オイルは油分だけなので、湿り気を補充することはできません。そのため、お肌に湿り気のあるお風呂上がりにオイルを塗るのが最適といえます。お風呂上がりにはオイル、朝や日中には水分を含むクリームを塗るという使用方法もあります。

自分にあった妊娠線予防をしましょう

Image

妊娠線は、早めの予防が大切です。保湿力が高くて伸びが良いオイルは、妊娠線ができやすい部分に広範囲に塗ることができます。しかし、オイルは香りやベタつきが苦手という方がいるのも事実です。クリームより油分が多いため、オイルとクリームの併用、もしくはクリームだけという妊婦さんもいるでしょう。

オイルでもクリームでも、正しい方法で塗ることを心がけたいですね。ぜひ、自分にあう妊娠線予防の方法を見つけてください。

妊娠線に関する記事はこちら

Image

産後の妊娠線は消える?妊娠線を消すおすすめのケア方法とは

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/24326
Image

【体験談】助産師の筆者が実践!妊娠7ヶ月からの体重管理

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/12572
Image

妊娠後期のかゆい妊娠線!かゆみの対策は?産後はどうなる?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28651
Image

妊娠線予防にニベアが効果的?ニベアの効果と塗り方について

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/27431
Image

妊娠線は胸にもできる!原因と症状は?早めの予防がおすすめです!

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28687
Image

お尻が肉割れする妊娠線!原因や予防、ケア、治療とは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26739
Image

【妊活・妊娠・授乳・卒乳】ママに人気のAMOMAのハーブティー・オイルとは?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28364

関連する人気の記事

妊娠・出産のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

miruku24

現在7か月の息子を持つ新米ママです。 慣れない育児に奮闘…

妊娠・出産 デイリーランキング

おすすめの記事