【BABY&Me(ベビーアンドミー)】新生児から使えるヒップシートキャリアが人気?特徴・魅力を紹介

子どもを軽々と抱っこできるヒップシート。抱っこが楽になるのは良いのですが、子どもが寝てしまったらどうするの、という疑問もわきますね。BABY&Meのヒップシートキャリアは、成長に合わせてスタイルが変えられるので、新生児期の対面抱きも腰抱きも自由自在です。抱っこ紐とヒップシートを両立させた商品の特徴や魅力をご紹介します。

1662

目次

  1. BABY&Me(ベビーアンドミー)とは?
  2. 新生児から使えるヒップシートキャリア「BELK-Sシリーズ」の魅力
  3. BELK-Sシリーズ編集部おすすめ商品
  4. エルゴベビーやベビービョルンとの違いは?
  5. BABY&Meのヒップシートキャリアで抱っこを快適に
  6. あわせて読みたい

BABY&Me(ベビーアンドミー)とは?

日本人に合ったデザイン性と機能性

BABY&Meは2016年4月に誕生した日本初のヒップシートキャリアブランドです。日本人の体形に合った使いやすいものを目指して開発され、現在では世界21ヶ国に広まっています。

BABY&Meのヒップシートキャリアは、近所へのおでかけや遠方への旅行などさまざまなシチュエーションで活躍するデザイン性と機能性を備えています。赤ちゃんとの抱っこライフを追求しているからこそ実現できた快適性に、BABY&Meが掲げる「真似できない楽さ」を実感することでしょう。

品質の良い素材

大切な赤ちゃんを包む抱っこ紐は安心で安全なものを使用したいですね。BABY&Meのヒップシートキャリアはその願いをかなえてくれます。素材には国内外の基準を満たしたものを厳選、日本国内はもとより国際的な安全認証も取得し、安全安心第一の商品を届けています。

成長に合わせて使用できる

新生児期の赤ちゃんは、自分の身体を自力で支えることができません。ところが半年を過ぎるころにはひとりでお座りができるようになり、体重は生まれたときの2~3倍ほどに増えるなどめざましい成長を見せます。

BABY&Meのヒップシートキャリアはこうした赤ちゃんの成長に合わせ、パーツを切り替えて使用することができます。

赤ちゃんの骨格を支えることから体重を支えることへと機能をシフトさせ、赤ちゃんとママ・パパの身体にとってもっとも良い状態で快適に抱っこできます。抱っこ紐を2本目、3本目と買い替える必要がなく、経済的な負担も抑えられるでしょう。

新生児から使えるヒップシートキャリア「BELK-Sシリーズ」の魅力

2種類の抱っこ紐として使える

BABY&MeのBELK-Sシリーズのキャッチコピーは「新生児から使えるオールインワンヒップシートキャリア」。抱っこ紐に求める機能がこのひとつにギュッと詰まっています。

肩ベルト部分のキャリアパーツと台座部分のヒップシート、そして新生児期の縦抱きを可能にするfirstパーツを組み合わせ、抱っこ紐とヒップシートキャリアとして赤ちゃんの成長に合わせた使い分けが可能です。ヒップシートキャリアが新生児期の横抱きを支える台座として使えるのもポイントといえるでしょう。

M字開脚をサポートするおしりスポット

赤ちゃんの股関節はM字に開脚しているのが理想的な形です。そこで新生児期に使用するfirstパーツには、赤ちゃんのおしりがすっぽりとおさまるように深さがあるデザインを採用し、自然なM字開脚をサポートします。

ベルクロで股幅をスムーズに調整できる設計なので、サイズアップしても窮屈さを感じさせません。素材にはメッシュ生地を使用し、通気性とクッション性が良いのも魅力です。

身体にフィットして負担を軽減

抱っこ紐がママ・パパの身体にフィットしていないと、赤ちゃんの身体がぐらついてしまいますね。重心が不安定になってママ・パパの身体にかかる負担も大きくなります。

BABY&Meの抱っこ紐は、肩ベルトの中材に吸収力の高いソフトスポンジを使用し密着性をアップさせています。自然なカーブのデザインで肩からの浮きがありを防ぎますよ。腰ベルトは調節ファスナーで簡単に長さを変えられるため、体格差があるママとパパでも気軽に兼用できますね。

BELK-Sシリーズ編集部おすすめ商品

新生児から使えるBELK-S firstセット

BELK-S firstセット(新生児セット)
¥37,400〜(2022/07/15 時点)

■対象年齢:0ヶ月頃~48ヶ月頃
■素材:表面:ポリエステル100%、フード:(表/裏)綿50%、麻50% ※Blackのみフード綿100%
■カラー:デニム、ダークグレー、ノースグリーン、ペールブラウン、ブラック
■対応ウエスト:58~124cm

新生児期からの縦抱きが可能なfirstパーツがついたセットです。体重が20kgまで使えるため、シリーズの中で一番長く使えるセットです。また、firstパーツは単品での別売りがないためあとから買い足すことができません。新生児期から使用したい場合は、こちらのセットがおすすめです。

首すわり後からはBELK-S

BELK-S
¥27,500〜(2022/07/15 時点)

■対象年齢:4ヶ月頃~48ヶ月頃
■素材:表面:ポリエステル100%、フード:(表/裏)綿50%、麻50% ※Blackのみフード綿100%
■カラー:デニム、ダークグレー、ノースグリーン、ペールブラウン、ブラック
■対応ウエスト:58~124cm

首がすわる4ヶ月頃からを対象としたセットで、firstパーツが付属していない分価格が抑えられています。キャリアパーツとヒップシートの組み合わせなら、前向き抱きもできるのでおでかけがさらに楽しくなりそうですね。

ちょい抱きメインならBELK-S hipseat

BELK-S hipseat
¥8,250〜(2022/07/15 時点)

■対象年齢:4ヶ月頃~48ヶ月頃
■素材:表面:ポリエステル100%
裏面:ポリエステル100%
充填材:(上部)発泡ポリプロピレン100%、(下部)ポリウレタン100%
■カラー:デニム、ダークグレー
■対応ウエスト:58~124cm

子どもを抱っこするときに頼りになるのがヒップシートです。ヒップシートは台座部分の芯材には重さを分散させるEPPフォーム、ママ・パパのお腹にあたる部分にはやわらかいウレタンフォームを使用しています。腕だけで赤ちゃんを抱っこするよりも身体への負担が少なく、安定感が増しますよ。

よだれカバー

BELK. / BELK-S・前向きよだれカバー
¥2,420〜(2022/07/15 時点)

■素材
表面(表):綿100%(オーガニックコットン)
表面(裏):綿100%

BELK-Sシリーズに対応した前向き抱き用のよだれカバーです。肌にやさしいオーガニックコットン製で、肩ベルト部分までしっかり覆います。洗い替えを用意すればいつでも清潔を保てるのがうれしいですね。よだれカバーは絵柄がついたカスタムアクセサリーもそろっています。

収納カバー

収納カバー/Storage Cover
¥3,850〜(2022/07/15 時点)

■素材:表地:綿100%、裏地:ポリエステル100%
■カラー:ブルー

ヒップシート部分に取り付けて使う収納カバーです。赤ちゃんが自分で歩きたがったりベビーカーに乗りたがったりしたときでもキャリアパーツをすっきり収納できるので、コンパクトに持ち運びできます。

エルゴベビーやベビービョルンとの違いは?

ヒップシートキャリアは、おおまかにいうと台座がついた抱っこ紐です。エルゴベビーやベビービョルンのような一般的な抱っこ紐とヒップシートが合体した形状になっています。両手が開けられるという抱っこ紐のメリットと、赤ちゃんを楽に抱っこできるというヒップシートのメリットを良いとこどりしたものといえるでしょう。

腕だけで抱っこをすると腰やお腹で支えたり背中が丸まったりと不自然な姿勢になりますが、台座で赤ちゃんの身体を支えることでママ・パパはまっすぐな抱き姿勢を維持できます。大阪公立大学との共同研究では、腹部にかかる比重が約56%も軽減されることが立証されていますよ。

BABY&Meのヒップシートキャリアで抱っこを快適に

赤ちゃんが成長するにつれて、赤ちゃんのサイズはもちろんママ・パパの抱き方も変化していきますね。抱っこしてほしい、歩きたいとその時々の気分で赤ちゃんの要求も変わることでしょう。

BABY&Meのヒップシートキャリアなら、シーンや赤ちゃんのご機嫌に合わせてさまざまに対応できます。BABY&Meのヒップシートキャリアで毎日の抱っこやおでかけを楽しんでくださいね。

※この記事は2022年7月時点の情報をもとに作成しています。掲載した時点以降に情報が変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

あわせて読みたい

【2022年エルゴ最新作】ADAPT SoftFlex™(アダプトソフトフレックス)を解説!クールエアやBre…
https://mamanoko.jp/articles/32205
赤ちゃんをおすわりで乗せる「ヒップシート」とは?いつから?おすすめ8選を紹介
https://mamanoko.jp/articles/28792
抱っこ紐とスリングどちらがおすすめ?抱っこ紐の種類の違いも紹介
https://mamanoko.jp/articles/14884
抱っこ紐におすすめのリュック・バッグ11選!おでかけのカバンはどうする?
https://mamanoko.jp/articles/29725
抱っこ紐のレインカバー・レインコート7選!雨の日のおでかけにおすすめのアイテムは?
https://mamanoko.jp/articles/29812