市川の大学受験予備校おすすめ3選!予備校選びのポイントは?

今後の人生を大きく左右する大学受験。ここでは市川市で大学受験向けの予備校を探している人のために、通い始めるタイミング、費用、個別・集団・映像の違い、市川市にあるおすすめの予備校などをご紹介します。

5065

目次

  1. そもそも大学受験に予備校って必要?
  2. いつから予備校に通えばいいの?予備校に通うおすすめの時期
  3. 予備校の年間費用・値段はどれくらい?
  4. 個別指導、集団授業、映像授業の違いは?授業形式について
  5. 市川市のおすすめ予備校3選
  6. 市川市の予備校選びまとめ

そもそも大学受験に予備校って必要?

「予備校って絶対通わないとダメなの?」
そう思う方も多いのではないでしょうか。

実際、独学で難関大学に合格した人もたくさんいるので、予備校に通わないと合格できないわけではありません。

しかしそのような生徒はほんの一部で、ほとんどの高校生は予備校に通います。

「志望校に合格するためにやるべきことが明確にわかっている」
「だれにも質問しなくても一人で勉強を進められる」
という人以外は、予備校に通うことをおすすめします。

いつから予備校に通えばいいの?予備校に通うおすすめの時期

Image

予備校に通う場合、いつごろから通い始めれば良いのでしょうか?

おすすめは「高校2年生の夏ごろ」です。

理由としては、多くの高校生が「2年生の冬から3年生の春のあいだ」に予備校に通い始めますが、まわりと同じ時期に受験勉強を始めた場合、遅れをとる可能性があるからです。

周囲が予備校に通い始める半年前の「高校2年生の夏ごろ」をおすすめします。

予備校の年間費用・値段はどれくらい?

Image

予備校に1年間通うとどれくらいの費用がかかるのか、ご存知でしょうか。

多くの予備校では、高校3年生が1年間通うと
・年間で80万円
・夏期講習・冬期講習で40万円
・合計で年間120万円
くらいの費用がかかります。

もちろんそれぞれの予備校のコースや科目数によります。おおよそ年間で100万円〜150万円用意しておけば問題ありません。

しかし、高校1、2年生のうちから全科目受講する必要はなく、まずは英語や数学といった重要な科目を1つだけ受講すれば良いでしょう。そうすることで年間の費用を安く抑えることができますよ。

個別指導、集団授業、映像授業の違いは?授業形式について

Image

予備校に通う場合、さまざまな指導形式がありますよね。指導形式は「個別指導」「集団授業」「映像授業」のおおよそ3つの分類に分けられます。

それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

個別指導

メリットデメリット
・自分のペースで勉強を進められる ・先生がずっとついてるのでいつでも質問できる ・自分の弱点を細かく分析して対策してくれる・塾によっては、講師の質にバラつきがある ・講師との性格の相性などがある

個別指導には上記のようなメリット・デメリットがあります。勉強の進み具合は人によって全然違うので、一人ひとりのペースに合わせて進んでくれる個別指導塾は非常におすすめです。

講師との相性が気になる方もいるかもしれませんが、多くの個別指導塾では先生の変更が可能なので心配しなくて良いでしょう。

集団授業

メリットデメリット
・プロ講師の授業を生で受けられる ・まわりの生徒と切磋琢磨できる・まわりと同じペースでしか勉強できない ・一度でも置いてかれるとついていけない ・勉強でつまずいても何が原因かわかりづらい

集団授業は昔からある指導スタイルですね。河合塾や駿台といった大手予備校がこの形式をとっており、プロ講師の授業を受けられることが特徴です。

しかし、映像授業が出てきたことでプロ講師の授業が「いつでも・どこでも」受けられるようになってきたので、今後は集団授業は減っていくかもしれません。

映像授業

メリットデメリット
・自分のペースで勉強を進められる ・プロ講師の授業を映像で受けられる・授業をしている先生に質問できない ・勉強でつまずいても原因がわかりづらい ・映像授業を見ることが目的になってしまう

映像授業は「プロ講師の授業を録画して、全国どこでも受講できる」というシステムです。東進や河合塾マナビスが有名ですね。

自分のペースで勉強でき、授業もわかりやすいのでおすすめです。ただ、個別で先生がチェックしてくれるわけではないので、復習は自分できちんとおこないましょう。

市川市のおすすめ予備校3選

Image

市川市にあるおすすめの予備校を個別指導、集団授業、映像授業の指導形式ごとに、それぞれ紹介していきます。

個別指導:武田塾市川校

個別指導でおすすめの予備校は、武田塾市川校です。

武田塾は「授業をしない塾」として有名で、多くの生徒を短期間で難関大学に合格させています。独自の勉強法により偏差値40から1年で早慶に合格した生徒もいたようです。

効率的な勉強法、志望校までのスケジュール、毎日やるべき勉強などについて、生徒一人ひとりに合わせて細かく教えてくれる個別指導塾です。「勉強が苦手だけど難関大学に行きたい」という人におすすめですよ。

集団授業:増田塾市川校

集団授業でおすすめの予備校は、増田塾市川校です。

市川市には河合塾や駿台といった大手予備校がありません。増田塾は市川市の中でも数少ない集団授業塾で、私立文系を専門としています。

強制自習、少人数制の授業などが特徴で、「厳しく自分を追い込んで勉強に集中したい」という人には良い環境なのではないでしょうか。ただし、強制自習に耐えられなくなって辞める人もいるようなので、向き不向きはあるかもしれませんね。

映像授業:河合塾マナビス市川校

市川市には河合塾はありませんが、河合塾マナビスはあります。

こちらは「河合塾の中でもトップクラスの講師の授業を映像で受講できる」というコンセプトの塾です。

プロ講師の授業が受けられるので、「それなりに勉強ができて、難関大学を目指してる進学校の生徒」におすすめですよ。

市川市の予備校選びまとめ

Image

あなたにぴったりの予備校が見つかったでしょうか。
もしもまだ迷っているようであれば、「個別指導塾」をおすすめします。

やはり受験勉強は自分一人で進めていくのは大変なので、担当の先生に細かく見てもらえる個別指導塾は非常に人気です。

「受験勉強始めたいけど、どこの予備校に行こう?」という方は個別指導塾に通うことをおすすめします。自分に合った予備校を探してみましょう。