【#63】日本との違いにびっくり!驚きの中国の産婦人科事情。 byおおもりなつみ

年子3姉妹&1男の育児に奮闘する、おおもりなつみさんのコラムです。昨年中国へ移住し、第4子の妊娠が判明したおおもりさん。出産にむけて中国の産婦人科を受診した際に、日本との文化の違いに驚いたそうですよ。病院からのセールス?性別は判明しても秘密?気になる中国の産婦人科事情についてご紹介いただきました。

3766

本ページはプロモーションが含まれています

目次

  1. 中国の産婦人科事情。
  2. おおもりなつみさんのマンガが動画になって登場!
  3. 著者情報
  4. あわせて読みたい

登場人物

ママ/なつみ:とにかく面倒くさがり屋のB型(Instagram:omori_nigaoe)
パパ/ゆたか:女子力が高い雑学王。子煩悩がすぎるパパ
さっちゃん:2017年7月生まれ。お歌大好き元気で明るい気分屋さん
れーちゃん:2018年11月生まれ。お姉ちゃん大好きパパっ子。お姉ちゃんに冷たくされると大泣きするちょっと大袈裟さん
しーちゃん:2020年4月生まれ。お姉ちゃんたちにかわいがられてすくすく成長中!
つーくん:2022年12月生まれ。元気な3人のお姉ちゃんたちに囲まれ日々成長中!

中国の産婦人科事情。

5歳、4歳、2歳の年子3姉妹と、0歳の男の子を育てているずぼらママです。
現在わたしは中国で子育てをしています。日本と海外では文化が違うので、驚かされることがたくさんあります!今回は中国の産婦人科事情をお話しします。

中国に来てから、検査薬を使い妊娠が判明しました。わたしたち夫婦は中国語が話せないため、日本人に人気がある通訳のいる産婦人科を受診することに。

無事に赤ちゃんの心拍を確認して、院内施設の説明を受けました。院内には小児科が併設しており、出産後も予防接種や診察に通えます。

ママのために骨盤矯正や顔のシミ取り治療といった美容施設もあり驚きました。「最後の出産なら絶対に骨盤矯正したほうがいい」と通訳さんに教えてもらいました。

また、初めての健診のお会計では、産後までの健診にかかる費用を一括で払うと割引になるというお得なプランをおすすめされました。しかもこのプランはその日のうちに決めないと割引が適用されないものらしく、産婦人科で営業を受けることになるとは驚きました。

「このプランに決めてしまったらもう中国で産むしかなくなる…」と、ざわざわした心境になったのを覚えています。

中国での妊婦健診の内容は日本の妊婦健診と大体同じです。わたしの通っていた産婦人科は、先生の部屋、エコーの部屋、体重と血圧を測る部屋、採血の部屋…とたくさんの部屋に分かれていて、忙しなく何度も移動する必要がありました。特に一回の健診で、先生の部屋に何回もお話しを聞きに移動したのが印象的です。

日本語の通訳さんはひとりしかいないため、他の妊婦さんの対応があり、常に一緒にいてくれるわけではありません。先生の話す言葉の意味がわからず、とりあえずうなずいておくだけのこともありました。

中国の健診では赤ちゃんの父親も採血をします。遺伝性の病気がないかチェックするために行うようです。先生の問診で、赤ちゃんのおじいちゃんおばあちゃんが健康かどうかも聞かれます。

また、あらかじめ健診の項目にダウン症検査も含まれており必ず受けるようです。検査結果と異なってダウン症の子どもが生まれた際には賠償金が出るという説明も受けました。

他にも、中国では出生前に性別を教えてはいけない決まりがあります。わたしたち夫婦は日本人同士なので教えてもらえましたが、先生から「内緒にして」と釘を刺されるほどでした。それほど深刻な問題なのだと感じました。

なお中国では避妊具がスーパーやコンビニなど、子どもの目に触れるところに大量に置いてあり少しびっくりしました。

このように国が違うと驚くことも多いですが、共通しているのは「子は宝」ということです。妊娠中、産後とトラブルがたくさんありましたが、周囲の人に何度も助けられました。関わってくれた全ての方に感謝です!

妊娠・育児に関するお役立ち情報発信中!

ままのてのTwitter・Instagramをフォローすると、最新マンガの更新情報をご確認いただけます。ぜひチェックしてみてください!

おおもりなつみさんのマンガが動画になって登場!

ままのてで大人気の育児マンガが動画でも楽しめるようになりました。もちろん、おおもりなつみさんのままのてオリジナルマンガも動画になって登場していますよ。おおもりさんの描く年子3姉妹の日常をぜひ、ご覧になってくださいね。

※「ままのてチャンネル」とは
妊活・妊娠・出産・育児の情報を届けるチャンネルです。妊娠中や育児期のお役立ち情報のほか、マンガ動画も配信していますよ。お気に入りの動画を見つけたら、ぜひチャンネル登録してくださいね。

過去のエピソード

【#62】中国への移住!第4子が誕生!ドタバタだった2022年の振り返り。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32428
【#61】子どものモノが捨てられない!思い出の品をアレンジするアイデア集! byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32244
【#60】破天荒さナンバーワン!末っ子しーちゃんのいたずら事件簿。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32236
【#59】次から次へと、家族で胃腸炎リレー!?メンタルが崩壊しかけた地獄の日々…。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32212
【#58】はじめての手作りギミックケーキで、今年は「おいしい」ひな祭り! byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32204
【#57】母になってもどんどん挑戦したい。子どもたちと叶えたい夢とは? byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32192
【#56】毎年恒例の節分イベント!今年は恐怖の「パパ青鬼」が登場? byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32179
【#55】2019〜2021年の「節分の日」記録。毎年アップデートされるパパ鬼をご紹介! byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32160

著者情報

あわせて読みたい

【#185】ポポイポーイ!ママに振り向いてほしい2歳児がとった行動とは? byつぶみ
https://mamanoko.jp/articles/32430
【#15】なぜか親にはこう見える!娘の描いた絵を見たときの反応。 byしろぺんき
https://mamanoko.jp/articles/32431
【#65】シンママの赤裸々事情。変わると思っていた大事なアレ…。 byおかめ
https://mamanoko.jp/articles/32432
【#94】赤ちゃんによる回復の呪文!疲れきったママへの効果は…? (1) byにくきゅうぷにお
https://mamanoko.jp/articles/32424
【#17】これにて完結!赤ちゃんモデルオーディション 〜その後〜(11) byほかほか命
https://mamanoko.jp/articles/32242