オーダーメイドランドセルの人気ブランドは?シミュレーションサイト一覧をご紹介!

最近ではランドセルの本体カラーや刺繍などのデザインが増え、オーダーメイドでオリジナルのランドセルを作ることが人気を集めています。この記事ではオーダーメイドランドセルの人気ブランドや、インターネットでカラー選択などのシミュレーションができるサイトをご紹介します。

2578

目次

  1. オーダーメイドランドセルの特徴とは?
  2. オーダーメイドランドセルの選び方
  3. オーダーメイドランドセルのシミュレーションができるメーカーは?
  4. オーダーメイドで世界にひとつだけのランドセルを

オーダーメイドランドセルの特徴とは?

Image

オーダーメイドで選べるパーツは?

ランドセルのオーダーメイドには、素材から細かなパーツまですべて選べる「フルオーダー」と、すでにベースがあり指定のパーツのみを選ぶ「イージーオーダー」の2種類があります(※ブランドやメーカーによってはひとつのオーダー形式しか取り扱っていない場合もあり、選べるパーツもブランド・メーカーによって異なります)。

一般的なランドセルのオーダーメイドで選べるのは以下の部分です。

●素材
●本体カラー
●背当ての色・デザイン
●内張りのデザイン
●フチの色
●かぶせの形
●鋲(びょう)
●内ポケットの形
●内ポケットのファスナー
●刺繍、ステッチの色・デザイン

こんなに選ぶところがあるのかと驚いた人もいるかもしれません。これだけのパーツを自分でカスタムして組み合わせたら、理想のランドセルを作ることができそうですね。

ブランドやメーカーによって、選ぶパーツがオーダーメイドの値段の範囲内のものや、オプションとして追加料金がかかるものがあるので注意してくださいね。

料金相場は40,000円から

オーダーメイドというと、とても高そうに感じる人もいるかもしれません。服やアクセサリーでも、オーダーメイド品は高級というイメージがありますよね。

ランドセルのオーダーメイドの料金は、安いものは40,000円前後からあり、ほとんどのメーカーの相場が50,000~60,000円ほどです。実は、オーダーメイドでランドセルを作るのと、既製品のランドセルの価格はあまり変わらないというメーカーが多いようです。

既製品とあまり変わらない値段でオリジナルランドセルを作ることができるのは、とてもお得に感じますよね。

オーダーメイドランドセルの選び方

Image

背負い心地を確かめる

ランドセル選びで最も大切なのは背負い心地といわれているくらい、ランドセルを背負ったときの感覚は子どもにとって重要です。

せっかくオーダーメイドで世界にひとつのランドセルを作っても、肝心な背負い心地が良くなかったり子どもの体格とランドセルの重さが合わなかったりすると、6年間快適に使うことはできないかもしれません。

オーダーメイドのランドセルはインターネット上で予約・注文ができるメーカーが増えていますが、実際にメーカーの店舗や展示会へ行き、目当てのランドセルの背負い心地を確かめることは大切です。最近では店舗や展示会で実物を見てイメージを決め、注文はインターネット上で行うという購入方法がスタンダードになっているようですね。



派手すぎない色選びを

最近はランドセルのカラーバリエーションがとても増えていますが、派手すぎないカラーを選ぶことをおすすめします。

ランドセルを選ぶ時期は子どもはまだ年長ですよね。この年齢の時点で子どもの好みに合わせてランドセルのカラーを選んで、高学年になってから後悔した…という家庭が多くあるようです。

極端に派手な色や特徴的なデザインは、学年が上がるごとに子どもが飽きてしまう可能性があります。自分では気に入った色でも、いざ入学するとまわりの友達のランドセルの色と違い過ぎて嫌になってしまったという子もいます。

子どもにランドセルのカラーを選ばせるときに「この色はちょっと赤ちゃんみたいじゃないか」「こっちの色のほうがお姉さんになっても似合うんじゃないかな」など、派手な色にならないようパパやママがうまく誘導してあげることが大切です。

ランドセルの基本的な機能性を検討する

自分でランドセルの素材や色、パーツなどを選ぶことができるオーダーメイドは、つい見た目にこだわってしまい機能面のことを忘れがちです。子どもが6年間安心して使えるものを選ぶということを意識して、カスタムしていきましょう。

オーダーメイドで機能性の高いランドセルを作るためには、メーカー選びが大切です。値段の安さや人気ブランドなど安易にメーカーを決めるのではなく、取り扱うランドセルの基本的な機能をしっかりと検討して、子どもに合ったランドセルを作ることができるメーカーを選びましょう。

これから紹介するオーダーメイドランドセルのメーカーは、インターネット上でランドセルのカスタムシミュレーションができます。各ランドセルの機能性とできあがりの見た目が確認できてとても便利なので、ぜひメーカー選びの参考にしてみてくださいね。

オーダーメイドランドセルのシミュレーションができるメーカーは?

Image

神田屋鞄

神田屋鞄は創業70年の老舗鞄メーカーです。神田屋鞄は人気ランドセルブランドの「カルちゃんランドセル」を手がけており、オーダーメイドランドセルもカルちゃんランドセルと同様のこだわり機能が搭載されています。

神田屋鞄のオーダーメイドランドセルは、選択するパーツが10ヶ所と比較的多く設定されており、よりオリジナリティーの強いランドセルを作りたい子どもにおすすめです。

選択パーツやパターンが多いと迷ってしまいますが、神田屋鞄のホームページでオーダーメイドランドセルの組み合わせ例や、おすすめパターンを見て参考にすることもできますよ。

値段はクラリーノが68,000円、牛革が84,000円と少しお高めですが、早めに予約すると1割ほど安く購入することができます。決められた製作数の上限に達すると申し込みが締切となるので、早めにチェックしてみてくださいね。

ガルソンのランドセル

地域密着型のガルソンは、埼玉にある知る人ぞ知るランドセルメーカーです。創業以来、ランドセル一筋という強い信念でランドセルを作り続けています。背負いやすさ抜群のランドセルは、長いあいだ地域の人々に愛されてきました。

ガルソンは広告費を抑えることでランドセルの低価格を実現し、本革素材でも50,000円を切る値段でオーダーメイドランドセルを作ることができます。

ガルソンのオーダーメイドランドセルは、選択パーツは少なめですがパターンが多いので、組み合わせによって自分だけのオリジナルランドセルを作りあげることができます。本体素材にボルサという牛革を使い特殊加工を施して傷つきにくく、雨にも強い素材を選べるのが特長です。

羅羅屋

人気ランドセルブランドのララちゃんもオーダーメイドで作ることができます。

オーダーメイドララちゃんは申し込み時期によって4段階の価格設定があり、早い時期に申し込むほど安く購入することができてお得です。早い時期の申し込みは大人気ですぐに締切になってしまうので、こまめにホームページをチェックしてみてくださいね。

ララちゃんのオーダーメイドは選べるパーツが11ヶ所(うち2ヶ所はオプション)と多く、およそ32億通りの組み合わせができるといわれています。

榮伸

榮伸(えいしん)は鞄専門の人気ブランドです。榮伸のオーダーメイドランドセルは国内自社工場で作られており、品質が高いものをリーズナブルに手に入れることができるのが魅力です。

榮伸のオーダーメイドランドセルは、パールが入ってきらきらした素材を選べることできます。サイドに入れることができる刺繍がリボンやハートなどとてもかわいいと口コミで話題になっているようです。

シュミレーターで作ったランドセルのイメージは印刷することができるので、家族に見せたり後からイメージを見返したりしたいときに便利ですね。

池田屋

池田屋は1950年に小さな鞄屋として創業し、現在では鞄のプロフェッショナルとして品質の高いランドセルを手がけることで知られています。

池田屋のランドセルはデザインがほぼひとつに統一されているため、オーダーメイドランドセルは本体素材を選び本体カラーとフチ・付属部品の2色の組み合わせを選ぶことになります。カラーパターンは豊富で144通りの組み合わせの中から選ぶことができますよ。

池田屋のオーダーメイドランドセルはウェブ、店舗、展示会で注文することができます。展示会は毎年全国各地で行っているので、ホームページで予定をチェックしておきましょう。

ふわりぃ

人気ランドセルブランドのふわりぃは14ヶ所(うち1ヶ所はオプション)選べるフルオーダー、基本形と6ヶ所を選べるイージーオーダーの2種類があります。

フルオーダーは、素材から細かいパーツまでこだわることができます。イージーオーダーは、すべて自分で決めるのは大変だけれど、子どもの好みの色の組み合わせやパーツでランドセルを作ってあげたいという家庭におすすめ。価格はフルオーダーが63,720円~、イージーオーダーは一律で51,840円です。

ふわりぃのランドセルは、背中にぴったりフィットさせるための「背カン」が肩ベルトの付け根についています。機能面もばっちりなので、オーダーメイドランドセルも安心して作ることができますね。


近藤かばん

愛知県名古屋にある近藤かばんは、名古屋を中心に全国各地から人気を集める老舗ランドセルブランドです。近藤かばんのランドセルは、牛革・コードバン(馬のお尻の皮を使った最高級素材)を使ったラインナップで、全体的に重めではありますが本革ならではの高級感あふれる仕上がりが人気です。

近藤かばんのオーダーメイドランドセルは、5種類の素材とベースデザインを選んでから細かい部分をカスタムしていく流れです。価格は57,000円~80,000円台後半と高級素材・高品質に見合う価格となっており、子どもに本当に良いランドセルをオーダーメイドで作りたいという親や祖父母たちからの人気が高いようです。

名古屋の店舗かオンラインで注文可能です。少人数の職人がすべて手作りで作業をするため受注可能数はかなり少なめなので、早めの注文がおすすめですよ。

イオン

大手総合スーパーのイオンもオリジナルのランドセルを作っており、オーダーメイドも受け付けています。イオンのオーダーメイドランドセルは、お手ごろ価格の40,000円ほどから高級価格帯の70,000円超えまで選ぶことができるのがポイントです。

カスタム可能なパーツは7ヶ所と少なめですが、本体カラーのバリエーションが多いのが特徴です。100万通り以上の組み合わせから、世界にひとつだけのオリジナルランドセルを作ることができますよ。

大手メーカーならではの手厚い保証があるのもうれしいですね。イオンの店頭でオーダーメイドの注文をする場合は、サイト上でシミュレーションをしたプリントか、商品検索用記号を持ち込む必要があるので注意が必要です。

フィットちゃん

有名ランドセルブランドのフィットちゃんは、ブランド名の通り「子どもの身体にフィットするランドセル」を追求したランドセル作りにこだわっています。子どもの身体が大きくなっても6年間安心して使い続けられるつくり、肩や腰への負担の軽さが人気の秘密です。

フィットちゃんのオーダーメイドランドセルは、500本限定販売で予定数に達し次第終了してしまうので早めの注文がおすすめです。9ヶ所選択可能(1ヶ所はオプション)でウェブ販売価格は63,000円~です。

ランドセル工房生田

ランドセル工房生田は、天然本革のみを扱うこだわりのランドセル作りが人気の工房系ランドセルブランドです。

ランドセル工房生田のオーダーメイドランドセルは7ヶ所をカスタムすることができます。素材は牛革で、オプションとしてコードバンへの変更も可能。

革の表面を磨いて滑らかにし、ニスを塗った「コバ塗り」のランドセルがあるのもランドセル工房生田の特長です。オーダーメイドランドセルの価格は53,500円~78,000円と高価格帯ですが、選び抜かれた本革と職人の手縫いによるこだわりのランドセルはむしろお買い得と言えるかもしれませんね。

本革のこだわりオーダーメイドランドセルを作りたいという家庭におすすめです。

オーダーメイドで世界にひとつだけのランドセルを

Image

オーダーメイドランドセルはカラーや刺繍、細かいパーツまで一つひとつ自分で選んでランドセルを作ります。シミュレーションサイトを利用すると子どもの希望を聞きながら楽しくランドセル作りができますね。

オーダーメイドランドセルのブランド選びは、カスタムできるパーツ、値段、ベースとなるランドセルの機能性、アフターフォローの有無などを総合して選びましょう。

オーダーメイドランドセルは既製品を選ぶよりも手間はかかりますが、世界にひとつの子どもだけのランドセルを作ることができます。子どもの6年間のパートナーに、ぜひオーダーメイドランドセルを検討してみてくださいね。