【2019】ランドセルの寄付先10選!無料なのは?処分せずリサイクルで役立てよう!

大切に使ってきたランドセルを捨ててしまうのはもったいないと感じたとき、寄付をするという選択肢があります。ここでは、ランドセルの寄付を募っている会社や団体を紹介し、寄付の手順や注意点について解説します。寄付以外のランドセルの処分方法についても参考にしてみてくださいね。

13728

目次

  1. 使い終わったランドセルは寄付がおすすめ!
  2. 【2019】無料でランドセル寄付を受け付けている会社・団体6選
  3. 【2019】有料でランドセル寄付を受け付けている会社・団体4選
  4. ランドセルを寄付するときの注意点とは?
  5. 寄付以外のランドセルの処分方法は?
  6. ランドセルは高級カバン!寄付をして第2の活躍の場に送り出そう
  7. あわせて読みたい

使い終わったランドセルは寄付がおすすめ!

6年間をともに過ごしたランドセルは、小学校卒業と同時に不用品となってしまいます。しかし、世界のどこかにはそのランドセルを必要としてくれる人がいます。寄付をしてまだまだ使えるランドセルを役立ててもらえたらうれしいですよね。

ここでは、使い終わったランドセルの寄付を受け付けている会社や団体を無料・有料別に紹介します。

【2019】無料でランドセル寄付を受け付けている会社・団体6選

Image

ソフトバンク「愛のランドセル寄付プロジェクト」

ソフトバンクでは「愛のランドセル寄付プロジェクト」と称してネパールの子どもたちにランドセルを届けています。ソフトバンクユーザーに限らず参加でき、最寄りのソフトバンクショップまたはY!mobileショップにランドセルを持ち込むため、送料もかからず無料で利用できます。

ただし、受付期間が限られていて事前の申し込みも必要です。2019年は4月1日から5月31日の期間で行われました。今後継続されるかは不明ですが、次回のお知らせに注目してみましょう。

運営会社ソフトバンク株式会社
住所東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
電話番号・SB携帯 157 ・その他 0800-919-0157
寄付先ネパール(NPO法人 YouMe Nepal)
手順webで申し込み→ソフトバンクショップまたはY!mobileショップに持ち込み
2019年の受付期間4月1日~5月31日
料金持ち込みのため送料無料
注意点・ソフトバンクユーザーに限らず申し込める ・卒業後5年以内のものに限る

クラレ「ランドセルは海を越えて」

ランドセルの人工皮革素材クラリーノを製造するクラレでは、2004年から「ランドセルは海を越えて」キャンペーンを行い、アフガニスタンの子どもたちにランドセルを贈っています。横浜にある倉庫までの送料は自己負担となりますが、海外輸送費は無料です。

ただし、受付期間が決まっており、2019年は1月14日から始まり3月中旬で終了しています。毎年行われているので次回のお知らせを待ちたいですね。

運営会社株式会社クラレ
住所東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル
電話番号03-6701-1000
寄付先アフガニスタン
手順webで申し込み→国内倉庫に発送
2019年の受付期間1月14日~3月中旬
料金首都圏の倉庫までの送料を負担

不用品宅配回収 エコトレーディング

リサイクルショップのエコトレーディングでは、ランドセルのリユースを目的としてタイやフィリピンのリサイクルショップに届けたり、その売り上げの一部を孤児院などに寄付したりしています。国内の被災地にもランドセルを贈る活動を行っています。

募集は常時行われていて事前の申し込みも不要なので、思い立ったときにすぐに寄付ができます。

運営会社株式会社 ウォーク
住所愛知県名古屋市守山区元郷1丁目1505番
電話番号052-799-0777
寄付先タイ、フィリピン
手順箱に詰めて郵送(申し込みは不要)
受付期間常時受付
料金店舗までの送料を負担
注意点送付先は「エコトレーディング小牧支店」または「海老名支店」

認定NPO法人ピーク・エイド「ヒマラヤにランドセルを届けようプロジェクト」

登山家の野口健さんが代表を務める認定NPO法人ピーク・エイドでは、ヒマラヤの子どもたちにランドセルを届けるプロジェクトを行っています。ヒマラヤ地域の子どもたちは険しい山を歩いて通学するので、日本の軽くて丈夫なランドセルが喜ばれるそうです。

寄付の募集は2019年2月25日~3月10日の期間で行われましたが、今後も継続予定とのことです。webサイトをこまめにチェックして、お知らせを待ちましょう。

運営団体認定NPO法人ピーク・エイド
住所山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2870もりの学校
電話番号0555-25-6217
寄付先ネパール
手順web記載の申し込み期間に送料元払いで送付
2019年の受付期間2月25日~3月10日
料金山梨県までの送料を負担
注意点・寄せ書きなどが書かれているものはNG ・新品の文房具も募集 ・任意でネパールまでの輸送費の寄付も募っている

NPO法人 国際子供友好協会

運営団体NPO法人 国際子供友好協会
住所千葉県佐倉市青菅443
電話番号043-464-3555
寄付先海外の発展途上国
手順送料元払いで送付(申し込み不要)
受付期間常時受付
料金千葉までの送料を負担
注意点・相談の上直接持ち込みも可 ・匿名での送付も可

千葉に拠点を置くNPO法人国際子供友好協会では、ランドセルやおもちゃ、ぬいぐるみなどの不用品を引き取り、アジアの子どもたちに届けています。ホームページにはセブ島で3,000人の子どもたちにプレゼントを贈った様子などが伝えられ、現地で喜ばれている様子がよくわかります。

匿名・無記名での寄付も受け付けているので、「寄付はしたいけれど名前は出したくない」という場合に利用してみてはいかがでしょう。

日本シリア連帯協会

運営団体日本シリア連帯協会
住所広島県廿日市市阿品4-52-11-13
電話番号090-2852-7969
寄付先シリア
手順facebookにて募集

日本シリア連帯協会では、内戦などで難民となっている子どもたちにランドセルや文房具を贈る活動をしています。

公式facebookを見ると2016年と2017年に寄付を募るお知らせが投稿されています。今後の募集に注目しましょう。

【2019】有料でランドセル寄付を受け付けている会社・団体4選

Image

国際社会支援推進会「ワールドギフト」

任意団体の国際社会支援推進会では、ワールドギフトというサービスの中でランドセルの寄付を募集しています。ランドセル以外の不用品も受け付けており、段ボールサイズで集荷料金が決まるので、おもちゃや衣類などをできるだけ詰めて送っても良いですね。

受付に期限はなく、常時申し込み可能です。

運営団体国際社会支援推進会
住所大阪府大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル2307
電話番号06-7505-4585(申し込み専用)
寄付先海外の発展途上国
手順webまたは電話で集荷依頼→宅配業者が集荷に来る
受付期間常時受付
料金段ボールサイズ別の集荷料金を負担 ・120サイズ:2,400円 ・140サイズ:2,900円 ・160サイズ:3,700円
注意点・ランドセルと一緒に他のものも詰め合わせてOK ・ランドセル以外のスクールバッグも可

NPO法人グッドライフ「セカンドライフ」

NPO法人グッドライフが運営するセカンドライフでは、ランドセルを含む不用品の寄付を募っています。届いたものは写真を撮って記録し、了解を得てホームページに公開している点に信頼がおけますね。

また、ランドセル1箱につき1件のポリオワクチンの寄付も行われます。一度にふたつの社会貢献ができるのはうれしいですね。

運営会社認定NPO法人グッドライフ
住所大阪府門真市脇田町12-3
電話番号050-3196-1560
寄付先国内外の施設やリサイクルショップ
手順webまたは電話で申し込み→集荷伝票が届く→集荷依頼
受付期間常時受付
料金集荷料金+ワクチン募金を負担 120サイズ:1,980円 160サイズ:2,480円
注意点文房具や学用品、ぬいぐるみ、おもちゃなども同時に送ってOK

ジョイセフ「思い出のランドセルギフト」

ジョイセフは途上国の女性を守るために活動している国際協力NGOです。教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てようと、2004年より日本からランドセルを届けています。2019年は6月20日まで寄付を受け付けています。

ランドセルの寄付には、横浜の倉庫までの送料以外にアフガニスタンまでの輸送料(1個につき1,800円)が必要です。倉庫に直接持ち込むこともできます。

運営団体国際協力NGOジョイセフ
住所東京都新宿区市谷田町1-10 保健会館新館
電話番号03-3268-5875
寄付先アフガニスタン
手順海外輸送費の支払→倉庫に発送
2019年の受付期間~6月20日必着
料金・海外輸送費1,800円/個 ・横浜の倉庫までの送料
注意点・新品の学用品をランドセルに入れてもOK(制限あり) ・横浜の倉庫に持ち込みも可

NGO時遊人~ランドセルの寄付

NGO時遊人に寄付されたランドセルは、海外旅行先に支援品を持って行くボランティア「POSTMAN」によって現地に届けられます。輸送コストを大幅に削減できるユニークなアイデアですね。

ランドセルを寄付するときには、段ボール1つにつき1,000円以上の団体への寄付が条件となっているのでご注意ください。

運営団体一般財団法人 NGO時遊人
住所東京都渋谷区代々木2-23-1-418
電話番号03-6276-1339
寄付先ベトナム、タイ、カンボジア
手順web申し込み→千葉の倉庫に発送
受付期間常時受付
料金・1箱につき1,000円以上の寄付が必須 ・千葉の倉庫までの送料
注意点ランドセルと支援者が一緒に写っている写真を添付(ランドセルだけでもOK)

ランドセルを寄付するときの注意点とは?

Image

輸送費などのお金がかかることが多い

ランドセルを寄付するときには、事務所や倉庫までの送料が自己負担となる場合がほとんどです。海外への輸送費や団体の運営費などにあてる費用が別途必要になる場合もあります。

いずれも数千円程度で大きな負担とはなりませんが、あらかじめ承知しておきたい点です。

受付期間に注意

団体や会社によっては、ランドセルの寄付を募る期間が限定されています。期間外に送っても受け付けはしてもらえないので注意しましょう。

期限を設けず常時受け付けている団体もあるので、都合の良い寄付先を探してみてくださいね。

寄付できないランドセルもある

使い終わったランドセルで良いとはいえ、傷みが激しいものは寄付できない場合があります。ホームページに寄付できる状態の目安が記載されていることもあるので、参考にしてみてください。

また、宗教上の理由から豚革を使ったランドセルは受け付けていない場合があります。表面に使われていなくても内装に使われることがあるため確認してみましょう。

児童養護施設や被災地への寄付は迷惑になる可能性が高い

国内の児童養護施設や被災地の子どもたちにランドセルを使ってもらえたらうれしいですよね。しかし、施設の子どもたちにはランドセルの購入費が支給されていて自分で好きなものを選べたり、小学校入学を迎える子どもが施設にいなかったりなど、あまり需要がないのが現状のようです。

被災地の子どもたちにはランドセルメーカーが新品のランドセルを贈ることがたびたびあり、寄付された中古ランドセルは残念ながら使われずじまいという話も聞こえてきます。

迷惑になってもいけないので、施設や被災地への寄付は先方の意思を確認してから行うようにしたいですね。

寄付以外のランドセルの処分方法は?

Image

財布などにリメイクして再利用

ランドセルを財布や手帳などのレザーアイテムにリメイクして、再利用してみてはいかがでしょう。思い出のランドセルを身の回りの小物に変身させて毎日使えたら素敵ですよね。

こうしたリメイクは革製品の工房で行われているので、ネットで検索してみてください。ランドセルメーカーでもミニランドセルへのリメイクを行っているところがありますよ。

Article link icon
卒業後のランドセルをリメイク!驚きの再利用術と人気の工房19選!自分で…

フリマアプリやリサイクルショップで売る

フリマアプリで売ったり、リサイクルショップで買い取ってもらったりするのもひとつの方法です。中古品であっても、あと少しで卒業なのに壊れてしまった場合など、意外に必要としている人はいるようです。近ごろではバイクの横に取り付けるサイドバッグとして人気があり、大人からの需要も少なくないそうです。

ランドセルの買い取りを行っているおもなリサイクルショップは、以下のとおりです。

店名
場所
公式サイト
オフハウス/ハードオフ/ブックオフ全国https://www.hardoff.co.jp/
トレジャーファクトリー全国https://www.treasure-f.com/
高く売れるドットコム全国https://www.takakuureru.com/
サウスリーフ横浜市http://39r.jp/
ピックアップ静岡県https://www.pickup-japan.com/

思い出として保管する

思い出がたくさん詰まったランドセルをそのまま手元に残しておくという人も少なくありません。ランドセルを買ってくれたおじいちゃんおばあちゃんの形見として大事にしたり、卒業文集やアルバムと同じように記念品ととらえていたりする場合があるようです。

ただし、長くきれいに保管するには定期的なお手入れが必要です。天気の良い日に風にあてたり、クリームを塗ったりして大切に扱いましょう。

ゴミとして処分

ランドセルに特に思い入れがない場合には、ゴミとして処分してしまっても良いでしょう。ランドセルの処分方法は各自治体によって異なります。可燃ゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミのどれに該当するかを問い合わせて確認してみましょう。

ランドセルは高級カバン!寄付をして第2の活躍の場に送り出そう

Image

小学生が当たり前のように持つランドセルは、見方を変えれば丈夫な革で作られた高級カバンです。海外の子どもたちにとってあこがれの対象となっていることもあるので、寄付をして活用してもらえたらうれしいですよね。

寄付をするときには、受付期間や寄付できないランドセルがある点に注意しましょう。寄付する側が送料を負担することが多いですが、了承したうえで気持ち良くランドセルを送り出せたら素敵ですね。

あわせて読みたい

子ども服の寄付先15選!古着の下取り方法もご紹介!送料はかかる?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29769
Image
ベビー・子ども服の買取ショップ10選!ノンブランド対応の宅配・リサイクルショップは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29500
Image