更新日:2018年06月15日

県民共済・都民共済の子供向け保険とは?けがの保障はどこまで?ランドセルが安くなるって本当?

県民共済・都民共済の子供向け保険は幅広い保障内容と手頃な掛け金が特徴です。また特別価格でのランドセル販売会など、共済加入者限定のサービスが充実していることでも知られています。ママにおすすめの県民共済・都民共済の生命共済「こども型」と提供されている各種サービスをチェックしてみましょう。

監修 : ままのて 医師・専門家
2158
0

記事の監修

Image
ファイナンシャルプランナー
田中 みゆき

県民共済・都民共済の子供向け保険とは?

Image

県民共済・都民共済には手頃な掛け金(保険料)で入れる子供向け保険があります。それが生命共済の「こども型」と呼ばれる商品です。埼玉県民共済では「こども共済」という名前で提供されていますが、内容はほとんど同じものになります。

こども型やこども共済は生命共済の一種ですが、保障内容は多岐に渡ります。子供のけがを始めとする病気や損害賠償にまで備えるもので、子供の生活に潜むさまざまなリスクを想定して作られた総合的な保険といえるでしょう。子供のための初めての保険としてもおすすめですよ。

Comment icon「保険」と「共済」の言葉の違い

民間の保険会社では「保険」、県民共済・都民共済をはじめとする共済組織では「共済」という言葉を用います。たとえば県民共済では、生命保険を「生命共済」と呼びます。基本的な保障や仕組みはほとんど同じです。

県民共済・都民共済のこども型を徹底解説

Image

月々1000円・2000円から選べる

県民共済・都民共済のこども型は掛け金(保険料)がわかりやすいのが特徴です。こども1型は月々1,000円、こども2型は2,000円で加入することができます。掛け金は0歳から18歳まで同一価格で性別による違いもないので、きょうだいで加入しても良いですね。なお、埼玉県民共済では「1,000円コース」「2,000円コース」という名称で提供されているので注意が必要です。

1型と2型では保障の種類は同じですが2型の方が支払われる共済金の金額が大きく、万が一のときにより手厚い保障を受けられるようになっています。

0~17歳まで加入可能

県民共済・都民共済のこども型は0歳から満17歳までの健康な子供であれば誰でも加入することができます。ただし、埼玉県民共済のこども共済の申し込み年齢は満14歳までです。

保障期間は0~18歳

こども型の加入は17歳までとなっていますが、保障は18歳まで続きます。14歳までの加入を必要とする埼玉県民共済も17歳まで更新が可能なので、保障自体は18歳まで受けることができます。

こども型のおもな保障は4種類

こども型の魅力は幅広い保障内容です。主な保障としては「病気やけがの保障」「障害や死亡の保障」「契約者(親)の万が一の保障」「他人に対する保障」の4つがあります。この共済ひとつで子供を取り囲むさまざまなリスクに備えることができるでしょう。

おもな保障の種類
具体的な保障内容
病気やけがの保障入院、通院、手術、がん、先進医療
障害や死亡の保障後遺障害、重度障害、死亡
契約者(親など)の万が一の保障契約者の死亡、契約者の病気
他人に対する保障損害賠償

こども型のけがや病気の保障はどこまで?

Image

けがや病気のときの保障内容は?

子供のリスクの中で一番怖いのがけがや病気でしょう。地域によっては子供の医療費助成制度があるところもありますが、差額ベッド代や病院までのタクシー代などの費用は全額自腹となります。親の付き添い入院を求められた場合はさらに負担が大きくなるでしょう。子供とはいえ、万が一の保障はあると安心といったところですね。

下の表はこども1型の保障内容をまとめたものです。こども型では病気による入院はすべて共済金支払いの対象になります。事故については交通事故・不慮の事故が対象です。いずれの場合も日帰り入院は1日としてカウントされます。

保障内容
共済金額
備考
入院(事故・病気)1日5,000円最大360日間の支払い
通院(事故)1日2,000円最大90日間の支払い
手術2万、5万、10万、20万円-
がん診断50万円加入から90日を経過している必要あり
先進医療1万円 ~ 150万円厚生労働省が定める先進医療

骨折は保障範囲?けがによる通院は?

事故や思わぬトラブルで骨折し、ギプスを装着した場合は長期間不便な状態で過ごさなければなりません。ギプスをしているあいだは日常生活に支障をきたすことが多く、通学や通院にもタクシーを使用するなど想定外の出費がかかることもあります。

こども型では原則ギプスを装着した状態を「日常生活に著しい障害がある」と認め、その期間はすべて通院期間とみなして日数に応じて共済金が支払われるといううれしい制度があります。

ただし医師に通院は必要ないと判断された場合や、生活に支障がない程度に回復した場合は通院期間としてみなされません。また内固定、サポーター、テーピングなどは固定具ではないので、こちらも共済金支払いの対象外となります。

ほかにも「シーネ」という自分で取り外せる固定具を使用した場合は30日間(手指・足指の場合は14日間)が支払限度なるなどの制約もあるので、共済金を請求をするときはよく確認しましょう。

県民共済・都民共済はランドセルが安くなる?

Image

県民共済・都民共済では共済加入者向けサービスとしてランドセルの販売を行っています。「ふわりぃ」などの有名ブランドのランドセルが特別価格で購入できるとして大変人気を集めているようです。安いものでは2万円くらいから販売されており、お得な値段設定となっています。

販売を行っているかどうかや、販売会の開催期間は共済によって異なります。気になる方は自分の加入している都民共済や県民共済に早めに問い合わせてみましょう。

ちなみに埼玉県民共済には公式ホームページからアクセスできるネットショップがあり「ふわりぃ」の共済コラボモデルを27,500円(税別)で購入することができますよ(※2018年6月時点)。

Mamanote icon
ふわりぃのランドセルの評判は?2018年モデルの男の子・女の子別10選と型落ち品・カバーもご紹介!
Mamanote icon
【2019年】ランドセルの人気19ブランド一覧!男の子・女の子別のおすすめをご紹介!

子供の自転車保険は県民共済・都民共済で入れる?

Image

近年必要性が説かれている自転車保険ですが、県民共済・都民共済には自転車事故のような損害賠償に特化した専用のプランはありません。

こども型にも損害賠償に備える保障がついていますが損害金額1,000円までは自己負担となり、支払い上限はこども1型で100万円、こども2型でも200万円までとなっています。自転車事故は状況によっては1億円近い損害賠償の支払いを命じられるケースもあり、これだけでは十分な備えができているとはいいがたいでしょう。

最近では民間保険会社でも月々数百円程度から加入でき、さらにひとりぶんの保険料で家族全員を保険対象としてくれる自転車保険が販売されています。県民共済・都民共済のこども型はあくまでけがや病気の備えとして考え、自転車保険はまた別で加入するのがおすすめですよ。

Mamanote icon
おすすめの自転車保険11選!子どもと家族にぴったりのプランは?人気の商品を比較解説
Mamanote icon
自転車保険とは?名古屋や埼玉・京都では義務化?加入の必要性や補償内容、選び方を解説

ママにうれしい県民共済・都民共済のサービス

Image

県民共済・都民共済にはランドセルの他にも学習机や振袖の特別販売会や、お得な七五三撮影会の開催などママにうれしいサービスが多数用意されています。人生の節目で子供に寄り添う心強いパートナーとなるでしょう。

しかし、こども型に関しては幅広い保障が魅力である一方でそれがデメリットだと感じる人もいるようです。たとえばアフラックなどの民間の保険会社では、がんや先進医療に対する保障を含まずシンプルな保障内容におさえ、1,000円以下で加入できる子供向け保険も存在します。

総合的な保障やサービスを重視するか、必要な保障だけを選択したシンプルな保険を望むかは人それぞれです。複数の保険を見比べながら自分の家庭にあったものを選びましょう。

ままのて限定!無料相談でストローボトルがもらえる

Image

「保険見直し本舗」は、保険選びや見直しがしたい人におすすめの保険販売代理店です。保険加入時の手続きはもちろん、加入後のフォローまでしっかりサポートしてくれます。

今、下記のキャンペーンページからの相談予約で子どもに嬉しい「SKIP HOPのストローボトル」がもらえます。無理な勧誘はなく、現在加入している保険がぴったりの場合は、継続をおすすめされることもありますよ。

Comment iconおすすめポイント

・取扱保険会社の数は業界No.1。たくさんの保険の中からぴったりのものを提案。
・すべて直営店なので、全店舗で質の高いサービスを提供可能。
・すべてのサービスを無料で利用でき、保険料も高くならないので安心。
・多くの店舗にキッズスペース完備。自宅で相談も可能。
Image
【限定ストローボトルがもらえる!】保険見直し本舗とは?口コミや全サービス無料のひみつ、ママにうれしいポイントを解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30078

あわせて読みたい

共済

Image
全労済とは?医療保険・生命保険を解説!評判や民間保険との比較をご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30336
Image
国民共済とは?子供の保険キッズタイプを解説!評判やメリット・デメリットをご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30315

学資保険

Image
【2018年版】学資保険のおすすめと選び方は?口コミや人気もご紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29931
Image
学資保険とは?必要?それとも不要?いつから入る?メリット・デメリットを解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30282
Image
学資保険の返戻率とは?金額はいくらになる?平均相場や元本割れについても解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/29885
Image
郵便局(かんぽ生命)の学資保険の特徴は?満期金や祝い金についても解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30075
Image
JA共済の学資保険「こども共済」とは?学資応援隊と祝い金型の特徴は?受け取りはいつがお得?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30248

医療保険

Image
医療保険とは?医療保険制度の仕組みと民間医療保険の必要性!種類や控除、請求方法も解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30278
Image
医療保険のおすすめプラン!選び方や見直しのポイントは?貯蓄型など人気のプラン5選!
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30303
Image
医療保険の終身型・定期型を比較!掛け捨てなどのおすすめプラン4選!安いのに充実の商品は?
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30286
Image
アフラックの医療保険「EVER(エバー)」の評判は?請求の方法、手術や通院の保障内容を解説
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30322
Image
子どもの医療保険は必要?入るなら終身型がおすすめ?アフラックなどの人気プランも紹介
Mamanote iconhttps://mamanoko.jp/articles/30392

※この記事は2018年6月時点の情報をもとに作成されています。

関連カテゴリ

関連する人気の記事

ライフスタイルのカテゴリ

おすすめの記事