ママ友を作りたい!ママ友作りのポイントと出会う方法とは?

ママ友を作りたい理由は人それぞれですが、ママ友がいるとメリットも大きいですよね。ママ友を作るためには、「ママ友がいる場所に積極的に出かけること」がポイントとなります。ママ友を作るためのポイントをまとめたので、参考にしてくださいね。

29974

目次

  1. ママ友を作りたい理由は?
  2. ママ友作りのポイント
  3. ママ友を作りたい人におすすめの場所
  4. ママ友募集の情報を得る方法
  5. インターネットのママ友募集サイト5選
  6. 素の自分で付き合おう!
  7. あわせて読みたい

ママ友を作りたい理由は?

楽しそう

「ママ友と一緒にいると楽しそう」というイメージがありますよね。子どもを通していろいろなことが共有できたり、気兼ねなく遊びに行けたり、食事に行けたりするのは、楽しいですよね。似たような生活スタイルのママと友達になることが多いため、活動時間も似ていることが多いのも嬉しいポイントですね。

相談できる

ママ友がいるメリットとしては、「同じ子供を持つママとして悩んだ時に相談ができる」ことです。似た経験をしているママであれば、聞きやすいことも多く、解決することも多いでしょう。

悩みを共有できる

同じ悩みを持ったママがいる場合もあるでしょう。子どもの些細なことも相談でき、きっと共感もしやすいでしょうね。

情報交換ができる

ママ友がいると、いろいろな情報が交換できます。自分が体験せずとも、他のママの体験談が参考になることもあるでしょう。

子どもに友達ができる

ママ友と会う機会が多くなれば、自然と子ども同士が顔を合わせる機会も増えます。このため、年齢問わず、他のママの子どもと自分の子どもが仲良くなることもあるでしょう。

子どももたくさんの人と触れ合える

子どもは人と関わって成長していきます。ママ友がいると、人間関係の幅も広がり、たくさんの人と子どもも触れ合うことができます。

ママ友作りのポイント

Image

笑顔で挨拶する

ママ友を作るには、まずは「挨拶」を心がけましょう。気持ち良く挨拶ができ、他人に心地良い対応ができる人を嫌う人はいません。

共通の話題を振る

ママ友を作るには、共通の話題をするようにしましょう。相手がわからない話や自分の話だけをしていても、相手は楽しくありません。共通の話題をする際にも、相手がたくさん話ができるように配慮しましょう。

プライベートなことには触れない

相手の踏み込んでほしくないプライベートな領域には触れないようにしましょう。良好な関係ができるまでは、詮索を控えましょう。仲良くなった後でも、デリケートな部分は極力踏み込まない方が良いでしょう。

程よい距離感を保つ

ママ友との良い関係を守るコツは、「相手も自分も尊重できる」ほど良い距離・関係を保つことです。相手に依存したり、相手の意見だけ聞き入れたりせず、自分の軸を見失わないように心がけましょう。

ママ友を作りたい人におすすめの場所

Image

母親学級

地域や産院などで、これから親になる人たち向けに、今後のことを勉強する場が設けられている場合があります。妊婦さんなど同じ状況の人が集まるため、ママ友は作りやすいでしょう。自分だけで悩むよりも、様々な機会を利用して他のママと出会い、友達になると良いでしょう。

児童館

児童館は、子どもを迎えにいった時に他のママと顔見知りになる可能性があります。よく顔を合わせるママと、自然に友達になるということもあるでしょう。

子育て支援センター

子どもを遊ばせることができる施設を市町村が運営している場合があります。交流の場に出かけることで、子ども同様に、ママも他のママと顔見知りになるチャンスが生まれます。子育て支援の施設が複数ある場合には、さまざまな施設を利用してママ友との出会いを増やしましょう。

未就園児学級(サークル)

幼稚園などで、未就園児を対象とした室内での遊びやゲームの企画をしている場合があります。このような場では、企画に参加している他のママと交流を持つことができます。

習い事

子どもの習い事をきかっけにママ友ができることもあるでしょう。同じ習い事が共通の話題となり、そこから話を発展することができるでしょう。

公園

毎日行く公園で、近隣に住むママ友と出会う機会もあるでしょう。近所であれば遊びに行くことも可能でしょうし、地域の情報交換もできますね。

ママ友募集の情報を得る方法

Image

公共施設に設置された掲示板

公共施設の掲示板をチェックしましょう。無料で掲示板を利用できるため、ママ友募集の案内がある場合もあります。

自治体が発行している広報誌

自治体が発行している情報誌もチェックしましょう。こちらもママに有益な情報を掲載している場合があります。ママ向けのイベントや企画が案内されていることもあります。

近所の施設のサークルやイベントの情報

近所の施設で行っているサークル等の情報も要チェックです。ママ向けのイベントを行っている施設があれば、併せてチェックしておきましょう。

インターネットのママ友募集サイト5選

Image

ジモティー

ジモティは名前の通り地元に根差したサイトになっています。全国の無料広告の掲示板のため、地元を絞って探すことができます。中古品や求人情報などが無料で掲載できるため、全国の地元情報が満載のサイトです。ママ友を募集もしている場合があります。

@ママ友

@ママ友は女性限定でママ友を探したり、自分の気持ちを自由に書けるつぶやきなどがある、ママ友コミュニティサイトです。一人で悩んでいることも、ここで吐き出せばスッキリしますよ。

すくパラ倶楽部

育児の困ったに応える情報がいっぱいあります。掲示板でママ友を募集している場合があります。

素の自分で付き合おう!

ママ友が欲しいからといって、自分を偽ってまで作る必要はないでしょう。ストレスを感じていては、元も子もありません。自然体で接することができれば、おのずとあなたに合ったママ友ができますよ。

あわせて読みたい

幼稚園の懇談会とは?自己紹介のポイントや参加するメリット
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29398
Image
幼稚園・保育園に行きたくない!いじめやトラブルへの対処法・相談窓口はあるの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29403
Image
幼稚園の役員ってどんな仕事?役職ごとの役割は?どれくらいの頻度で幼稚園に行くの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29359
Image