保育園の保護者会・懇談会の内容は?服装や挨拶のポイント!

働くママやパパが多い保育園では、お迎え時間が違うママやパパとはなかなか話す機会がありません。そんなときは保育園の保護者会・懇談会を活用して交流を深めてみませんか。ここでは、保育園の保護者会・懇談会の内容、服装や自己紹介での挨拶のポイントを紹介します。

75636

目次

  1. 保育園の保護者会・懇談会とは?
  2. 保育園の保護者会・懇談会の内容
  3. 保育園の保護者会・懇談会に参加するメリット
  4. 保護者会にはどんな服装で出席したら良い?
  5. 保育園の保護者会を欠席しても良い?
  6. 保育園の保護者会での自己紹介挨拶のポイント
  7. 保育園の保護者会にも役員はあるの?
  8. 保育園の保護者会・懇談会の体験談
  9. 百聞は一見に如かず!保護者会に参加してみよう
  10. あわせて読みたい

保育園の保護者会・懇談会とは?

保育園の保護者会・懇談会は、先生と保護者が子どもの成長の情報を交換する場です。同時に、子どもたちの保護者同士の交流の機会でもあります。保育園の保護者会・懇談会のあいだ、多くの保育園では子どもはそのまま保育士に見てもらい、ママやパパはじっくり先生とお話をしたり、保護者同士で交流を深めたりすることができます。

一方で、保育参観的な要素を取り入れた保護者会・懇談会もあります。ママやパパも子どもたちとの遊びに参加したり、友だちと遊んでいる子どもを眺めたりしながら保護者会が行われます。賑やかすぎてなかなか話に集中できないこともありますが、子どもの普段の様子がわかり、微笑ましいものです。

保護者会・懇談会の時期はいつごろ?

保護者会や懇談会の開催頻度は保育園によって違いますが、年に1~2回開催されることが一般的です。年度初めの保育園の保護者会・懇談会は、4~5月に行う園が多いでしょう。なかには、入園式や進級式が終わったあとにそのまま行う流れになっている園もあるようです。

保育園の保護者会・懇談会は、半期ごとだったり、年度終わりにもう一度やって終わりだったり、数ヶ月おきに行われたりと頻度はさまざまです。毎回出席できるのであればベストですが、仕事の都合などのやむを得ない理由で欠席する保護者もいます。

保護者会・懇談会は何時ごろ開催されるの?

働いている保護者が多いことを踏まえ、基本的には保護者会・懇談会は土日の午前中や、平日の夕方18時ころに設けられることが多いでしょう。少しでも多くの保護者が参加できるように配慮されています。

保育園の保護者会・懇談会の内容

Image

保育園の保護者会・懇談会は、各クラスで行われます。まずは全クラス合同で保育園全体のイベントなどの情報を共有したのち、クラスごとにわかれるケースもあるでしょう。

先生や保護者の自己紹介

まずは先生と保護者の自己紹介を行います。内容は、子どもの名前や、同じ園に入園しているきょうだいがいるときはその情報、挨拶を兼ねて先生や他のママやパパたちに向けて一言メッセージを添える程度のシンプルなもので問題ありません。

活動方針の説明・子どもたちの園での生活の紹介

年度初めの保護者会・懇談会では、担任の先生から1年間の行事や活動方針を説明されることが多いでしょう。その年度で2回目以降の保護者会・懇談会は先生から子どもたちの保育園での生活について紹介がメインです。トイレトレーニングの状況やクラスで流行っている遊び、ひらがなの練習を始めことなど、子どもたちの成長に関するさまざまなことを教えてくれます。

連絡事項・役員決め

次の行事に向けて必要な持ち物の連絡事項が行われることがあります。必要に応じてメモがあると良いかもしれません。保護者が役員をする必要のある保育園では、年度初めの保護者会・懇談会で役員決めを行うことが一般的です。

先生への質問・保護者同士の懇談タイム

残りの時間次第で、先生への質問や保護者同士の懇談の時間が設けられます。保護者同士で悩みを相談しあったり、子どもの様子を共有しあったりすることができます。自由度が高い時間なので、子どもの荷物かごを確認し衣類のストックの不足がないか確認したり、掲示された子どもたちの工作を眺めたりと思い思いに過ごす保護者もいるでしょう。

保育園の保護者会・懇談会に参加するメリット

Image

働くママのなかには、保護者会や懇談会に仕事が重なってしまったり、休日だとしても貴重なお休みを使うのがもったいないと感じる人がいるかもしれません。しかし、保護者会・懇談会の参加には以下のようなたくさんのメリットあるので、可能な範囲での参加をおすすめします。

子どもの保育園での様子を知ることができる

子どもの送り迎えでも保育園の様子を見ることはできますが、保護者会ではより踏み込んだ内容を教えてくれます。日常の遊びのことや流行している病気や、現在保育園で取り組んでいる課題を共有します。

子どもたちが過ごす部屋を見ることができる

保育園のなかには、送迎は玄関で済ませ、ママは子どもたちの教室に入る機会があまりないところもあるのではないでしょうか。教室に入るというシンプルな行動から見えてくるものもたくさんあります。

子どもが一生懸命作った作品を観たり、子どもへの安全が配慮された部屋作りのコツを学んだりすることができます。冷暖房設備がどれだけ稼働しているか確認することも可能なので、日頃の洋服選びの参考になるでしょう。

保育園のほかの保護者と知り合いになれる

保育園のママやパパは働いている人が多く、お迎えの時間は就業時間や会社の立地によって各家庭で異なります。ゆえに、同じクラスの親同士とはいえ、なかなか話す機会がないものです。保護者会・懇談会でほかの保護者も一室に集まるタイミングは、親交を深める数少ない貴重な機会となります。

同じ年齢の子どもの育児の悩みを共有できる

子どもを育てていると、授乳やトイレなど、その年齢ごとに常に新しい悩みが出てくるものです。保育園の保護者会・懇談会なら、リアルタイムで同じ悩みを抱えている保護者と悩みを共有することができます。上の子がいるママやパパから的確なアドバイスをもらえることもあります。

保護者会にはどんな服装で出席したら良い?

Image

保護者会と聞くと堅いイメージがあり、服装で迷うママは意外といるようですが、保育園の保護者会・懇談会についてはそこまで気にする必要はありません。もちろん、保育園のカラーによってはフォーマルな服装が良いとされる例もありますが、お迎えのときの他のママの服装を見れば、園のカラーはだいたいわかるでしょう。

基本的には、平日の夜開催の保護者会・懇談会であれば、職場から保育園に直行する人がほとんどです。よって、保護者の服装はスーツの人もいればデニムなどのカジュアルな服装の人もいます。土日開催の保護者会でも同様ですが、土日ならば保護者会のあとにおでかけの予定がある家庭が多く、平日開催よりさらにカジュアル率が高いかもしれませんね。

服装よりも気を付けるべきは持ち物です。プリントなどの資料をもらう可能性もあるので、容量に余裕のあるバッグを選びましょう。保育園によっては保護者のスリッパが用意されていない場合があるので、事前に確認するか、折り畳みのスリッパがあると良いでしょう。靴箱にゆとりがない場合は、履いてきた靴を持ち運ぶ袋もあると便利です。

保育園の保護者会を欠席しても良い?

Image

どうしても外せない仕事で保護者会を欠席せざるを得ない家庭もあるでしょう。欠席の場合は早めに先生に相談しておきましょう。当日話すべき重要な連絡事項や資料があるケースも考えられるため、保護者会の次のお迎え時などにこちらから先生にしっかり確認してください。

ママの都合がつかずに欠席する場合は、もちろんパパが参加してもまったく問題ありません。保護者会や懇談会にはママがメインで参加する家庭が多いものの、夫婦そろって参加している家庭や、パパが参加する家庭もあるでしょう。ママも一緒に参加できるときにパパも少しずつ交流を深めておくと良いかもしれませんね。

保育園の保護者会での自己紹介挨拶のポイント

Image

保育園の保護者会・懇談会では、年度初め途中入園の子どもがいる場合に、たびたび自己紹介を行います。自己紹介では以下のポイントを話すとスムーズでしょう。

・子どもの名前
・子どもに関する情報(きょうだいの有無、子ども自身の性格など)
・締めの挨拶

やはり多くの家庭は子どもの話を中心に話を展開していきます。名前についても「○○(子どもの名前)の母です」だけで大丈夫です。もちろん「○○(子どもの名前)の母の△△(自分の名前)です」とママの名前を言っても問題ありませんよ。

その後、子ども自身に関する情報を付け加えておきます。好きな遊びや、性格、また上に同じ保育園に通うきょうだいがいれば触れておいても良いかもしれません。

家庭での様子を話しても子どものイメージが沸きやすく、親しみを感じるでしょう。性格については「乱暴者です」など周囲が心配になるような表現は避け、「やんちゃな面もあるので、ご指導お願いします」くらいの柔らかな印象にとどめることを意識してみてください。

最後は、先生やほかの保護者に向けた挨拶で締めます。口調はビジネスほど丁寧でなくても良いので、全体的に親しみのある「です・ます」調の丁寧な言葉を使い、笑顔を心がけましょう。

(例)
「初めまして。〇〇の母です。〇〇はまだ保育園では人見知りをしているようですが、家ではお調子者でいつも家族を笑わせています。外遊びが大好きなので、ぜひ一緒に遊んでくだれると嬉しいです。親子ともどもよろしくお願いいたします。」

保育園によっては先生からお題が出されることがあります。お題に沿って話し、「1分程度」などの時間指定がない限り、あまり長くならずに簡潔に済ませるのがポイントです。

保育園の保護者会にも役員はあるの?

Image

保育園によっては、保護者による「父母会」「父母の会」などの役員制度をとっているケースがあります。多くは各学年から数人ずつ選出して構成されます。

保護者会の役員の仕事内容

保護者会の役員とはいっても、やることやその負担の大きさは保育園によってさまざまです。運動会や学芸会のような大きな行事のときにのみ保護者を誘導する、先生の補助的な役割のみのところもあれば、保育園側に強く協力を求められたり、主導権を持ってイベントなどを取り仕切る内容だったりと、責任の大きいケースもあります。

どの家庭も共働きであることが多いので、就労を理由に役員を断ることはできません。その代わり、家庭の負担が少ないように役員同士で配慮しあって活動していることが多いようです。育児と仕事で忙しい中、何度も集まるようなことは避け、LINEやメールを利用して効率的に話し合いを進めるよう工夫をしています。

保護者会の会長の仕事内容

保護者会の役員の中でも、最も重要な役割を担うのが会長です。役員全体のまとめ役として指示を出したり、保育園の先生の意見を聞いたりします。入園式や卒園式などのイベントでは挨拶を行うこともあり、少なからずリーダーシップは必要だといえるでしょう。会長は、基本的には年長クラスの子どもの保護者から選出されます。

保護者会、父兄会主催の行事があることも

役員の働きが活発な保育園では、保護者会や父兄会主催のイベントが設けられていることがあります。代表的なものがバザーです。

保育園と協力して各家庭から不要になったものを持ってきてもらい、保育園の敷地でバザーと称したイベントを行う保育園が増えているようです。また、学芸会や運動会で、保護者一同の歌や踊りなどの出し物を行うこともあります。

保護者会の役員の仕事は大変ではあるものの、頑張っている姿を子どもにじかに見せることができるので、子どものためにと思って引き受ける保護者は少なくありません。役員同士の絆も深まり、自然と仲が良くなるといわれています。

保育園によっては、行事の前に早めに参加して準備をしてくれる保護者にはみんなが来る前に良い席を確保させてくれたりとメリットもあります。そのため、負担を踏まえてもやる価値は大きいと考える保護者もいるでしょう。

Article link icon
幼稚園の役員ってどんな仕事?役職ごとの役割は?どれくらいの頻度で幼稚園…

保育園の保護者会・懇談会の体験談

Image
Experience icon
保護者会で子どもの保育環境が確認できました

子どもの保育園は毎日の送り迎えは玄関で行い、親が教室まで入ることはありません。設備が古いので、冬場は寒いだろうと思って意識して息子に厚着をさせていました。

ところが、保護者会で入った実際の教室は古いものの床暖房が充実しており、過ごしやすい温度で保たれていました。以来、室内でも動きやすいように厚手すぎない服装を心がけ、必要に応じて上からベストを着せてもらうようにしています。

Experience icon
保護者会で子どもへの声かけのヒントを得られました

2歳児クラスのときの保護者会では、イヤイヤ期真っ盛りでなかなか保護者の言うことを聞かない子どもの様子が話題になりました。どこの家庭でも、自我が強くなっている子どもへの対応に手を焼いていることがわかって安心したと同時に、各家庭での工夫や声掛けのアイデアの情報交換をすることができました。

先生からは、子どもの「自分はこうしたい」という気持ちをしっかりと受け止めたうえで代替案を提示するといったアドバイスがあり、子育てのヒントを得ることができる非常に良い機会になりました。

百聞は一見に如かず!保護者会に参加してみよう

いくら日々のお迎えでの先生の話や、連絡帳のコメントが充実していても、見なければわからないことは意外とあります。できる限り保護者会や懇談会には参加して、子どもが毎日を過ごす保育園の空気を肌で感じてみると良いですね。

あわせて読みたい

子どもを保育園と幼稚園に通わせたママが違いを徹底解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28797
Image
ファミリーサポート(ファミサポ)とは?料金や利用方法、利用者の声をご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29930
Image
保育参観の内容を【年齢別】に解説!服装や先輩ママの感想、欠席可否など
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29891
Image
幼稚園・保育園のママ友はいなくても平気?トラブルに巻き込まれないコツは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/292
Image
幼稚園・保育園に行きたくない!いじめやトラブルへの対処法・相談窓口はあるの?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29403
Image
保育園の運動会の実態!お弁当・服装など先輩ママの体験談を紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29535
Image
保育園のお弁当!1~2歳・3~5歳が食べやすいポイントとお弁当箱の大きさの目安をご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29528
Image
保育園を転園するときの手続きは?子どもへのフォローはどうする?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28929
Image
公立保育園と私立保育園の違いは?それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28803
Image
【体験談】保育園の服装は?年齢別の選び方のポイント・おすすめ商品を紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9889
Image
ママ・パパにおすすめの保育園バッグ10選!選び方や注意点を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29054
Image
保育園の時間は?延長保育や夜間保育のお迎えまでの過ごし方は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29087
Image
保育園の名前つけの方法は?服や靴に直接書きたくないときのおすすめグッズも紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29377
Image
認証保育園とは?認可保育園・無認可保育園との違いは?保育料金や申し込み方法を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28915
Image
子ども用のハンカチ15選!幼稚園・保育園児におすすめのタオルハンカチは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29116
Image
幼稚園・保育園におすすめの上履き16選!名前の入れ方や人気の目印は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29055
Image
保育園に夏休みや年末年始の休みはある?土曜日や祝日は?仕事のときは?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28843
Image
保育園で大人気の絵本15冊
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/9905
Image
幼稚園・保育園の先生へ年賀状は出しても良い?文面や宛名の書き方は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29143
Image