宅配クリーニングのリナビスの評判は?リネットやネクシーと比較してわかりやすく解説

宅配クリーニングのリナビスの評判が気になるという人は多いのではないでしょうか。リナビスとほかの会社の違い、リナビスを利用するときの注意点や料金、クーポン・ポイント制度について紹介します。リナビスのメリットや集配方法、口コミもぜひ参考にしてみてくださいね。

4326

目次

  1. そもそも宅配クリーニングとは
  2. リナビスのここが他の会社と違う
  3. リナビスを利用する際に注意するべき点
  4. リナビスの料金を他の宅配クリーニング業者と比較
  5. リナビスは子ども服2点で1点とカウントしてくれるのがうれしい
  6. リナビスにはクーポン制度やポイント制度が存在する?
  7. リナビスの集配方法は?
  8. 疑問がある場合は問い合わせをしましょう
  9. リナビスの高品質なクリーニングを試してみて
  10. あわせて読みたい

そもそも宅配クリーニングとは

お店に足を運んでクリーニングを依頼する通常の店舗型クリーニングよりも、近年は電話やインターネットでクリーニングをお願いする宅配クリーニングが増えています。宅配クリーニングには、以下の2種類があります。(※1)

・直接型宅配クリーニング
・代行型宅配クリーニング

直接型宅配クリーニングではクリーニング店の人が直接衣類などを引き取り・配送する一方、代行型では宅配業者によって集荷・配送が行われます。そのため、代行型宅配クリーニングでは、クリーニング業者と汚れの状態などを相互確認することが難しく、トラブルに発展するケースが少なくありません。

クリーニング店まで足を運ばずに利用できる便利な宅配クリーニングですが、デメリットもあるということを頭に入れておきましょう。

リナビスのここが他の会社と違う

創業58年の歴史とこだわり

創業58年の歴史を誇る「リナビス」には、熟練した技術を持つ職人が多数在籍しています。リナビスでは1点1点職人が手仕上げでクリーニングをしているため、高品質の仕上がりとなるのが魅力的です。

クリーニング後の衣類も、検品職人が入念にチェックしているという徹底ぶりとなっています。基本的に乾燥機は使わず自然乾燥を行っているため、生地への負担が少なくて済むのもうれしいですね。

1万人までしか会員登録できない

リナビスを運営している企業は小規模クラスのため、高品質のクリーニングを行うために会員数の上限が1万人と設定されています。2018年1月4日時点で会員数は9,124名なので、リナビスを利用したいという方は早めに登録するようにしましょう。

会員費無料

リナビスを利用するには会員登録が必要ですが、会員費は無料です。大手宅配クリーニングのリネットは月々390円なので、会員費用の面ではリナビスの方がお得となっています。リナビスでは、初回の会員登録で333円分のポイントを受け取ることが可能です。

保管料金が無料

リナビスでは、衣類の保管サービスが行われています。最長6ヶ月間無料で利用することができますが、保管スペースがいっぱいになってしまうこともあるため、注意が必要です。初回限定お試し5点コースでは、保管サービスを利用することはできません。

リネットの場合は、1着につき1,200円または2,150円でクリーニング保管サービスを利用することができます。利用期間は最大8ヶ月ですが、利用できる時期に制限があるため、気をつけましょう。

送料無料

リナビスでは、送料は利用料金に限らず無料ですが、北海道や一部離島は4,104円、沖縄は7,992円かかります。宅配クリーニング大手のリネットと比較した場合、通常会員なら利用料金1万円以上、プレミアム会員なら利用料金3,000円以上で送料は無料です。それ以下の場合は利用料金や地域などに応じて900~2,600円の送料が発生します。

北海道や一部離島・沖縄に住んでいる人はリネットの方が送料が安くなりますが、それ以外の地域の人にとってはリナビスの方が送料の点ではお得のようです。

リナビスを利用する際に注意するべき点

ダンボールでの納品しか行なっていない

リナビスの衣類クリーニングの納品は、ダンボールで行われます。シワができにくいよう丁寧な梱包が行われていますが、ハンガーにかけて納品をお願いしたい衣類については、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

どうしてもスーツやワンピースなどのシワが気になってしまう場合は、ネクシーやせんたく便などのハンガーボックス納品を行っているクリーニング店を利用しても良いですね。

集荷パックに入りきらない可能性がある

リナビスでは専用の集荷バッグを使って衣類を預けますが、クリーニングを依頼する衣類の大きさによっては、集荷バッグに希望の枚数が収まらないかもしれません。新しい集荷バッグを依頼するときは、新たに料金が発生するため注意しましょう。

リナビスとほかの宅配クリーニング業者の集荷バッグの大きさは、以下の通りです。

・リナビス:45×50×40cm
・せんたく便:48×40×22cm
・クリラボ:50×46×40cm
・洗濯倉庫:40×45×15cm/50×50×18cm

リナビスの集荷バッグは、ほかの業者と比べて大きめとなっています。

リナビスの料金を他の宅配クリーニング業者と比較

紹介している価格は、2018年1月10日の情報を参考にしています。

リナビスの料金体系は4種類

リナビスでは、以下の3つのコースを利用することができます。

・初回限定5点コース 税抜き5,900円
・5点コース 税抜き7,800円
・10点コース 税抜き10,800円
・20点コース 税抜き18,800円

商品を1点追加するごとに、税込1,015~1,684円程度料金がプラスされます。利用するコースによって追加料金は異なるので、確認してから申し込みを行いましょう。

料金(税抜き)
1点あたりの料金(税抜き)
お試し5点コース5,900円1,180円
5点コース7,800円1,560円
10点コース10,800円1,080円
20点コース18,800円940円

似たような価格体系の2社と比較

リナビスと似た価格体系の会社に、せんたく便とクリラボの2社があります。せんたく便の利用料金は、以下の通りです。

・最速5パック 税抜き4,980円
・最速10パック 税抜き6,980円

上限を超えてクリーニングを依頼した場合、追加料金は1点につき税抜き700円となります。

クリラボの利用料金は、以下の通りです。

・お試しトライアル10点クリーニングパック 税抜き10,980円
・5点クリーニングパック 税抜き8,800円
・10点クリーニングパック 税抜き11,900円
・20点クリーニングパック 税抜き19,900円

指定の枚数を超えてクリーニングを依頼した場合、追加料金は1点につき税抜き1,500円です。3社を比べてみてみると、料金が手ごろなのはせんたく便・リナビス・クリラボの順になります。

リナビス
せんたく便
クリラボ
5点パック(税抜き)7,800円4,980円8,800円
10点パック(税抜き)10,800円6,980円11,900円
20点パック(税抜き)18,800円-19,900円
お試し5点パック(税抜き)5,900円--
お試し10点パック(税抜き)--10,980円
せんたく便の評判を調査!クーポン制度や保管期間を他社と比較!
宅配クリーニングのリナビスの評判は?リネットやネクシーと比較してわかり…

セット注文と単品注文どちらがお得

リナビスの宅配クリーニングでは、単品注文は行っておらず、セット注文のみとなります。そのため、衣類の種類によっては、他社の単品注文の方がお得になるケースも少なくありません。業界大手であるリネットの単品注文価格は、以下の通りです。

・コート 税抜き1,900円
・ワイシャツ 税抜き290円
・スーツ上下 税抜き950円

リナビスでは、1点あたりの料金は利用するコースに応じて税抜き940~1,560円となります。そのため、スーツやワイシャツといった定期的にクリーニングに出す衣類の場合、単品注文の方がお得です。一方、コートなどの単品注文の価格が高い衣類は、リナビスなどのセット注文を利用したほうがクリーニング代が安くなります。

クリーニングに出す衣類の種類をチェックしたうえで、セット注文と単品注文のどちらがお得になるか考え、宅配クリーニングを利用してはいかがでしょうか。

リナビスは子ども服2点で1点とカウントしてくれるのがうれしい

リナビスではセット注文のみとなっているため、サイズの小さな子ども服を依頼するのに戸惑うママもいるかもしれません。しかし、リナビスでは、子ども服は2点で1点としてカウントされるため、お得に子ども服をクリーニングに出したいママも助かりますね。

140サイズ以下が子ども服としてカウントされるため、子ども服は偶数になるようにクリーニングを依頼すると損をしません。

リナビスにはクーポン制度やポイント制度が存在する?

リナビスでは、初回会員登録時に333円分のポイントを獲得することができますが、クーポンのプレゼントはありません。しかし、クーポン情報の記載がされているため、会員登録をしていると定期的にクーポンをもらうことができるようです。

クーポンを利用するとよりお得にリナビスを利用することができるため、通知ハガキやメールを見逃さないようにしましょう。

リナビスの集配方法は?

コンビニ集荷が可能

リナビスではコンビニ集荷を行っているので、自宅に集荷に来てもらうことが難しい場合でも利用することが可能です。衣類の集荷はヤマト運輸に委託されているため、ヤマト運輸が提携しているコンビニならどこでも配送を依頼できます。

通常集荷は19時まで

自宅などに集荷を依頼する場合は、集荷時間は午前中から19時までです。インターネットや電話から直接ヤマト運輸に集荷を依頼する形になるため、希望の日程を伝えるようにしましょう。

運輸会社が集荷してくれる

リナビスでは、衣類の集荷・配送はヤマト運輸に委託されています。布団クリーニングも行われており、こちらは佐川急便に委託されているため、間違えないように注意が必要です。衣類・布団ともに集荷は運送会社が請け負っているため、汚れなどの状態について集荷時に相談することはできません。

宅配クリーニングには「直接型宅配クリー二ング」と「代行型宅配クリーニング」の2種類があります。直接型宅配クリーニングではクリーニング会社の担当者が直接集荷・配送を行いますが、リナビスのような代行型宅配クリーニングでは宅配業者に集荷・配送を委託しています。

代行型宅配クリーニングでは、宅配業者と依頼主が直接顔をあわせることがないため、集荷時に衣類の状態について相談できません。そのためクリーニングの仕上がりや価格などでトラブルが起こってしまうケースもあるため、注意が必要です。

疑問がある場合は問い合わせをしましょう

リナビスのような代行型宅配クリーニングを利用する場合は、疑問点について事前に問い合わせておくことが大切です。衣類の分類や汚れの状態などはもちろん、利用方法や費用など気になることは何でも聞いておきましょう。

リナビスのホームページでは「よくあるご質問」としてQ&Aが紹介されているため、ぜひチェックしてみてくださいね。

リナビスの高品質なクリーニングを試してみて

熟練の職人が多数在籍しているリナビスは、クリーニングの質にこだわりたいママにおすすめです。シミ抜きやボタン修理、毛玉取りも無料で行ってもらえますよ。

仕上がりに不満があれば、1週間以内なら無料で再仕上げを依頼することも可能です。新規会員受付人数に制限があるため、リナビスの利用を検討しているママは早めに登録をすることをおすすめします。

あわせて読みたい