ぬいぐるみ収納の悩みを解決!収納のコツとアイデア、DIY術

出産祝いやプレゼントでもらう定番アイテムのひとつが「ぬいぐるみ」です。どんどん増えていくぬいぐるみ、収納場所に困っている方もいるのではないでしょうか。ここでは、ぬいぐるみの収納アイディア、かんたんなDIYで作れる収納グッズをご紹介します。参考にしてくださいね。

39227

目次

  1. ぬいぐるみ収納のお悩みとは?
  2. ぬいぐるみ収納のコツ
  3. おすすめのぬいぐるみ収納
  4. ちょっとした工夫で収納に使えるアイデア
  5. ぬいぐるみ収納に使うDIYアイデア
  6. アイデア次第で邪魔にならない

ぬいぐるみ収納のお悩みとは?

赤ちゃんはぬいぐるみが大好きです。どんどん増えていくぬいぐるみですが、大きさや形がバラバラなので収納しにくいですよね。整理が難しいためごちゃごちゃになりやすく、収納場所にも困ってしまいます。プレゼントでもらったぬいぐるみや大切なぬいぐるみをきちんと収納できたら良いですよね。

ぬいぐるみ収納のコツ

片付ける場所を決める

赤ちゃんが少し大きくなったら「お片付け」の習慣を始めたいですよね。ぬいぐるみに限らず片付ける場所を決めることはとても大切です。赤ちゃんも「遊んだあとは元の場所に戻す」ことを覚えれば、自然とお片付けできるようになるかもしれませんよ。

サイズや色で分ける

ぬいぐるみの収納場所を決める際には、サイズや色で分けるとかんたんに片付けられます。収納したときに見た目もすっきりしますよ。

見せるか見せないかを決める

かわいいぬいぐるみは「見せる収納」をするのもおすすめです。見せるものと見せないものをきちんとわけて、見せないぬいぐるみはかごやケースに収納するようにしましょう。あまりたくさんのぬいぐるみを見せる収納にすると部屋がごちゃごちゃするので、本当に見せたいお気にいりの数個を厳選してくださいね。

子どもが使うものは出しやすい場所に入れる

子どもが遊びで使うぬいぐるみは子ども自身が片付けやすい場所に入れるようにしましょう。2、3個であれば見せる収納も良いでしょう。子どもが小さいうちは手に届く場所にケースなどを置き、それにぬいぐるみを収納するようにするとかんたんにお片付けできますね。

知っておきたい!子どもが片付け好きになる収納アイディア6選

おすすめのぬいぐるみ収納

かご

共栄 KYOEI カラーバスケット
¥760〜(2019/01/11 時点)

ぽんぽんと放り込むだけで収納できるかごは、ぬいぐるみの収納場所としておすすめです。おしゃれなかごを使うだけで見た目良く収納できますよ。大きなかご1個でも、複数個用意する形でも、部屋とぬいぐるみの数に合わせて選んでくださいね。

バスケット

アイリスオーヤマ バスケット キッズ ペールイエロー KCB-32P
¥1,753〜(2019/01/11 時点)

お花を飾るフラワーバスケットを壁に取り付けて、ぬいぐるみの収納場所とするのも良いでしょう。低い位置に設置して子どもの手に届くようにすれば、片付けやすくなりますよ。床に置かないことでスペースを取らず、かわいく収納できます。

ハンモック

収納ネット ハンモック
¥1,699〜(2019/01/11 時点)

ハンモックを壁に設置すれば、おしゃれなぬいぐるみのベッドの完成です。雑にいれてもかわいいディスプレイになりますよ。ぬいぐるみ専用のハンモックもありし、布やネットを固定するだけで設置ができます。小さな子どもがいる家庭では固定の際に画鋲などではなく安全なもので留めてくださいね。

ボックス

山善(YAMAZEN) どこでも収納ボックス(3個セット) ブラック YTCF3P-(BK)
¥973〜(2019/01/11 時点)

収納棚にそのままぬいぐるみを並べるよりも、ぬいぐるみをボックスに入れて収納棚にいれるとすっきりと片付けることができます。木箱、布ボックスなど、お部屋のイメージや使いやすさを考えて選んでみましょう。カラーボックスにそのまま収納すれば、ぬいぐるみたちのお部屋のようなディスプレイができますよ。

ケース

アイリスオーヤマ 収納ボックス チェスト クローゼット 3個セット
¥3,170〜(2019/01/11 時点)

蓋つきのケースや衣装ケースに収納すれば、ケースを重ねることができるのでスペースに困りません。キャスター付きのものにすれば移動させることができるので、子どもが片付ける際にもかんたんです。

ダイヤコーポレーション おもちゃが洗える収納ネット
¥648〜(2019/01/11 時点)

収納場所として袋を使う方法もおすすめです。壁にかけるタイプのポーチを使えばかわいくディスプレイできます。大きなランドリー袋であれば、ぬいぐるみをぽんぽん入れるだけでかんたんに収納ができます。ビデオを収納する袋もおすすめです。中身が見れるようになっていて、ほこりがつきません。収納しないときには小さくたたんでおけるのが袋収納の良い点ですね。

ちょっとした工夫で収納に使えるアイデア

壁掛けシューズラックを利用する

壁掛け式シューズラック
¥1,450〜(2019/01/11 時点)

本来は靴を収納するものですが、ぬいぐるみ収納にも使うことができます。ビニールの袋がついたタイプであれば、あまりサイズが大きくないぬいぐるみであれば収納できます。ゴムバンドのタイプであれば、サイズの異なるいろいろなぬいぐるみを収納することができます。壁の低い位置につけると、子どもも手が届きやすくお片付けが楽でしょう。ドアにつければおしゃれなインテリアにもなりますね。

ウォールポケットに入れる

Weksi ウォールポケット
¥720〜(2019/01/11 時点)

壁やドアにつりさげて使用するウォールポケットを使ってみるのはいかがでしょうか。ポケットにひとつずつ入れて、ぬいぐるみのお顔が見えるように収納すれば、ぬいぐるみたちのマンションみたいですね。高い位置には見える収納を、低い位置には子どもが普段遊ぶぬいぐるみを入れると使いやすいですよ。

マルチユースハンガーを使う

KEA(イケア) KOMPLEMENT 00181557 マルチユースハンガー, ホワイト
¥845〜(2019/01/11 時点)

マルチユースハンガーとは、ネクタイやスカーフ、小物などをつりさげるハンガーのことです。小さなぬいぐるみは、穴に通してかわいく収納でき、大きなぬいぐるみであれば、ハンガーを折り畳んで間に落ちないように収納することができます。

カーテンレールに乗せる

子どものお片付けには向きませんが、おしゃれなディスプレイとしてぬいぐるみを収納するならカーテンレールの上がおすすめです。同じ種類、形の揃ったもの、色違い、などのテーマに沿ってかわいくお座りして並べてあげましょう。カーテンレールの上は、軽いぬいぐるみであればとっておきの収納場所になるかもしれませんね。

ぬいぐるみ収納に使うDIYアイデア

布とリングでハンモックを作成

布とリングで簡易ハンモック収納を作ることができます。布の両端にリングを付けて結び、真ん中の布を大きく広げれば、ぬいぐるみをたっぷり入れることができます。壁に取り付けたフックにリングをかければ、ぬいぐるみのハンモックの完成です。リングは、使わなくなったシャワーカーテンのリングや、文房具のリングで十分ですよ。

カラーゴムで挟む

壁にカラーゴムをつけるだけでぬいぐるみの収納場所になりますよ。大きさがバラバラなぬいぐるみも、留める場所を工夫するだけで効率良く収納できます。カラフルなゴムを使えばお部屋がパッと明るくなりますね。

突っ張り棒でデットスペースを利用する

100円ショップなどで購入した突っ張り棒をデッドスペースに配置して、ぬいぐるみを収納することができます。収納というよりもディスプレイとして考えれば、トイレの上などのデッドスペースも有効活用できますね。ぬいぐるみをかわいく収納できる良いアイデアですね。

手作りブランコにぬいぐるみを乗せる

丸棒の両端に穴をあけてロープを通し、壁に取り付けるだけでブランコのできあがりです。ブランコに座らせるようにしてぬいぐるみを乗せてみましょう。高さを変えて数個つければおしゃれなディスプイになりますよ。

バケツを組み合わせる

マーキュリー 小物入れ キャンバスバケツ カーキ M MECABUMK [正規代理店品]
¥1,404〜(2019/01/11 時点)

インテリア用のバケツや、観葉植物を入れるバケツなどもぬいぐるみの収納に使えます。ブリキでできたバケツを壁に取り付ければおしゃれなディスプレイになりますね。形の揃ったバケツを何個か結束バンドで組み合わせれば、子どもでも片付けが楽にできるぬいぐるみの収納になります。

アイデア次第で邪魔にならない

子どもが遊ぶぬいぐるみも、思い出のぬいぐるみも、どんどん数が増えていきます。きちんと収納できなければごちゃごちゃして邪魔になりがちですが、アイデア次第では片付けしやすい収納場所、おしゃれなディスプレイとしてぬいぐるみを保管することができますよ。ぜひ試してみてくださいね。