育児への口出しがストレスに…。遠慮がない実母からの過干渉を防ぐ5つの方法

母親は育児の大先輩ではありますが、育児の方法は時代とともに移り変わっていくもの。見当違いの口出しに、イライラしてしまうママも少なくありません。お姑さんと違って遠慮のない実母だからこそ、余計にストレスがたまってしまうことも。それによって、親子関係に亀裂が入ってしまうこともあるとか。

44682

目次

  1. 実母の口出しが鬱陶しい
  2. 姑よりも実母に悩む人が意外と多い?
  3. 1.実母に頼りすぎない
  4. 2.育児の違いを伝えよう
  5. 3.夫や子どもの意見を主張する
  6. 4.お母さんもそうやっていろいろ言われたの?と尋ねる
  7. 5.距離を置く
  8. アドバイスを受けいれることも、時には必要
  9. まとめ

実母の口出しが鬱陶しい

親として、娘のことを思って育児のアドバイスをしてくれているのはわかりますが、何かにつけて育児に口出しをされるのは気が滅入ってしまうもの。育児に悩んでいるときにはなおさら、的外れなアドバイスにストレスがたまってしまいますよね。

実母のアドバイスが参考になることももちろんありますが、ママが子どもだったころと現代では、育児法も大きく異なります。それをまるっきり無視して「私の頃はこうだった!」と主張されても、困ってしまいますね。

姑よりも実母に悩む人が意外と多い?

Image

「嫁姑問題」といって、お姑さんとの確執がクローズアップされることの方が多いものですが、実母が悩みの種だというママも少なくありません。実母だからこそ、遠慮なく娘の家庭に踏みこんだ行動をしてしまうのかもしれません。

筆者の場合は、実母・義母ともに遠方に住んでいるため、あまり口出しは多くありませんでした。しかし、ママ友の話を聞くと、やはり事あるごとに口を出してくるのは実母の方が多いようです。

親にとって、子どもはいつまでたっても子どものまま。そのため何かと心配でつい口を出してしまうものなのかもしれません。しかしママとしては、自分も親になった立場なのだから安心して見守っていてほしいものですよね。では、実母が娘の育児に対して過干渉になってしまった場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

1.実母に頼りすぎない

日頃の育児の手伝いを頻繁に実母にお願いしていると、育児に対して口出しされる機会も増えてしまいます。事情があってどうしても実家の手を借りなくてはならない状況の場合は、ある程度の口出しは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

もしも実家に頼らなくてもなんとかなりそうなときには、自立して育児を行ってみてください。実家に頼りきりで「口出ししないで、私を信じて!」といったところで「一人じゃ無理でしょ!」と反論されてしまいがちです。実母の口出しがストレスになっているのであれば、実家を頼るのは最終手段として考え、家事代行やベビーシッターなどのサービスを借りるようにするのも一つの手ですよ。

2.育児の違いを伝えよう

実母世代の育児と今の育児の違いを指摘するのも、実母の口出しを止めるにはおすすめです。「今は抱き癖なんて気にせずにたくさん抱っこした方がいいんだよ!」「離乳食前に果汁を与えない方がいいんだって!」などと的確に指摘をするようにしましょう。

ただ娘の口から出た言葉になかなか納得してくれないというときには「医師からそういわれた」「育児書にかいている」などと第三者の言葉として伝えるのが効果的ですよ。

3.夫や子どもの意見を主張する

娘であるママの意見をなかなか受け入れてくれないときには、夫の名前をだしてもいいかもしれません。「二人で話し合ったことなの」「夫がそういっているの」と夫を前面に出すようにすると、実母も遠慮してくれる可能性があります。

また習い事などに口を出してくるときには「子どもの意思を尊重してあげたいの」という言い回しをすると、無理に考えを押しつけることは少なくなるはずですよ。

4.お母さんもそうやっていろいろ言われたの?と尋ねる

今ママが実母に育児への口出しをされてイライラしてしまうのと同じように、実母も子育てをしているときに、おばあちゃんにいろいろと口出しをされていた過去があるかもしれません。そのころの気持ちを思い出してもらうためにも「お母さんも昔、おばあちゃんにいろいろ言われたの?」と聞いてみるのも一つの方法です。

過去のことを思い出して愚痴を言われるかもしれませんが、その頃の「新米ママ」としての気持ちを思い返したら、今の自分の行動を自制してくれるかもしれませんね。

5.距離を置く

実母の口出しがあまりにも強いプレッシャーとなってストレスを感じてしまうのであれば、思い切って距離を置いてみてもいいかもしれません。会う頻度を減らしたり、電話も用件だけで済ませたりすることで、口出しされる機会を減らしてみましょう。

「どうして最近来てくれないの?」と文句も言われてしまうかもしれませんが「ちょっと忙しくて」「体調があんまりよくなくて」などとさらりとかわしてみてくださいね。

アドバイスを受けいれることも、時には必要

日頃からいちいち育児に口出しをされてしまうと、実母の言うことはなんでもかんでも悪い方に捉えてしまいがちです。しかし、何も実母はママを苦しめようと思って口を出しているのではなく、娘であるママのこと、そして可愛い孫のことを思ってアドバイスをしているのです。

そのため、イライラをぶつけて実母の言葉をすべて拒否したりせずに、素直に感謝の気持ちを伝えることも必要なのかもしれません。どうしても受け入れられないアドバイスついては、「そんな考えもあるんだ!」と一度きちんと受け止めてから、「でも今はこっちの方法を試してみるね」などと、自分の育児法や考えを伝えてみてはいかがでしょうか。そうすると実母もそれ以上しつこい口出しはせず、新米ママとして頑張る娘を温かく見守ってくれるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか。育児に関しては、世代によって方法も全く異なるため、母子で意見が対立してしまいがちです。しかし、あくまでも実母の言葉は、娘を思ってのものだということを忘れないでいてくださいね。ただどうしてもその口出しが負担に思う場合は、無理をして付き合う必要はありませんよ。

子育ての常識・非常識 どっちが正しいの!? 育児の世代対抗戦
¥1,404〜(2018/11/21 時点)
赤ちゃんの果汁はいつから?生後2~3ヶ月からは古い考え?生後6ヶ月未満の乳児には果汁は不要!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/318
Image
育児ノイローゼは子どもではなく夫が原因?体験談と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/12273
Image
育児ノイローゼとは?症状、原因、なりやすい人の特徴と対処法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27132
Image