更新日:2018年04月25日

赤ちゃんの果汁はいつから?生後2~3ヶ月からは古い考え?生後6ヶ月未満の乳児には果汁を与えないで!

いつごろから赤ちゃんに果汁を飲ませようか悩む方は多いでしょう。かつては生後2~3ヶ月頃から与え始めるのが一般的でしたが、現在は、果汁は生後6ヶ月以降に飲ませるように指導されています。ここでは、なぜ果汁を飲ませるのが生後6ヶ月以降であるのか、理由を説明します。赤ちゃんに果汁を飲ませるときの注意点も参考にしてくださいね。

151447
2

赤ちゃんに果汁はいつからあげてよい?

Image

生後2~3ヶ月からというのは古い考え方

一昔前まで、赤ちゃんが生後2~3ヶ月くらいになると果汁を飲ませるのが一般的な考え方でした。実際に、2008年3月以前に発行された母子手帳には、生後3~4ヶ月の赤ちゃんの成長記録を残す欄に「薄めた果汁やスープを飲ませていますか」という記述があります。保健師など育児指導者のあいだでも、離乳前から赤ちゃんに果汁を飲ませることが推奨されていたそうです。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんに果汁を推奨していた理由には、昔は粉ミルクにビタミンを配合することができなかったことがあげられます。ビタミンは赤ちゃんの成長にとって大切な栄養素なので、ビタミン不足を補うために果汁を与えるように指導されていたのです。母乳や粉ミルク以外の味を覚えさせるためという意識もあったといわれています。

しかし、2001年にアメリカ小児学会は、生後6ヶ月未満の赤ちゃんにとって、果汁は母乳や粉ミルクよりも栄養学的に劣ると結論づけています(※)。生後6ヶ月未満の赤ちゃんに果汁を飲ませるべきではないと勧告したため、厚生労働省は、2008年3月末で母子手帳の「薄めた果汁やスープを飲ませていますか」という記述を削除しています。

生後6ヶ月以降からOK

母乳や現代の粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要なビタミンがしっかり含まれています。離乳前の生後6ヶ月未満は、母乳育児または粉ミルクを飲ませるだけで、十分に栄養が足りているのです。

赤ちゃんに果汁を与える場合は、生後6ヶ月以降から始めるようにしましょう。生後6ヶ月以降であっても、離乳の開始前に果汁は与えないでください。

1歳までは与えないほうが良いという意見も

医師によっては、1歳までは果汁を与えないほうが良いと意見しています。栄養面において1歳までの乳児に果汁を与えるメリットがない、果物アレルギーの心配があるなどの意見もあるようです。

生後6ヶ月未満の赤ちゃんに果汁をあげてはいけない理由

Image

母乳やミルクに比べて栄養が少ない

生後6ヶ月未満の赤ちゃんは、母乳以外に必要な栄養源はないため、基本的に母乳育児が推奨されています。粉ミルクにも赤ちゃんの成長に十分な栄養が含まれているため、果汁を与える必要はありません。

生後6ヶ月未満の赤ちゃんには果汁を与える必要がないうえ、果汁は母乳や粉ミルクに比べて栄養が少ないのです。離乳が始まる前に、母乳や粉ミルクの代わりに果汁を与えてしまうと、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル類が不足する可能性があります。

果汁の過剰摂取は栄養障害につながるおそれがある

果汁の味は甘くて赤ちゃんに好まれます。果汁の味を覚えると、赤ちゃんはもっと飲みたいと要求してくることがあるかもしれません。果汁を与えすぎると、栄養不足や低身長などの発達障害を引き起こすおそれがあります。

果汁は下痢の原因になることがある

果汁を過剰に摂取すると、赤ちゃんの小腸が炭水化物を吸収しきれず、下痢が引き起こされることがあります。もともと下痢の症状がある場合はさらに重症化してしまうことがあるため、注意しましょう。

果汁は虫歯の原因となる

赤ちゃんの歯は生後6ヶ月以降に生え始めます。果汁は糖類を含むため、果汁を飲ませることで虫歯の原因を作ってしまう可能性があるでしょう。長時間口の中に糖質などの炭水化物が残っていると虫歯菌が増殖するため、果汁を飲ませることで虫歯のリスクが高まることが考えられます。

生後6ヶ月以降の赤ちゃんに果汁をあげるときの注意点

Image

最初は少し薄めてあげる

赤ちゃんに果汁をあげるときは、果汁100%を白湯で2~3倍に薄めましょう。味が濃すぎたり種が入ったりしていないか、赤ちゃんに飲ませる前にチェックすることが大切です。

果汁を初めて口にする赤ちゃんは、最初は驚いて飲まないことがあります。赤ちゃんが嫌がるときは、無理に与える必要はありません。果汁を飲ませるときは赤ちゃんの様子をしっかり観察し、スプーンで舐める程度の量から始めてくださいね。

たくさん飲ませない

生後6ヶ月以降の赤ちゃんに果汁を与える場合は、コップで飲みきれる量にとどめてください。哺乳瓶やパック入りの果汁は長時間くわえることができるので、虫歯が増える可能性があります。赤ちゃんに果汁を飲ませるときは、コップ飲みができることもひとつの条件として考えると良いでしょう。

果汁の過剰摂取は、生後6ヶ月以降の乳児だけでなく幼児にも影響すると考えられます。子どもは甘くておいしい果汁が好きです。子どもにジュースの紙パックやペットボトルをそのまま与えると、飲みすぎてしまうことがあります。

果汁は身体に良いイメージがあるかもしれません。しかし、乳幼児の果汁の過剰摂取は栄養不足や栄養過多、下痢などの症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

なるべく果物そのものを食べる

果物には食物繊維が含まれていますが、果汁には含まれていないため、果汁が健康に良いというわけではありません。栄養面から考えても、果汁を果物の代わりに摂取することにはあまりメリットがないといわれています。

果汁と果物のカロリーは同じくらいなので、飲みやすい果汁をあげすぎてしまうと、カロリーオーバーで肥満の原因となり得ます。赤ちゃんが果物を食べなくなることも考えられるため、なるべく果汁に頼らず、果物そのものをあげるようにしましょう。

果汁飲料には特に注意をする

果汁は、果物そのものを絞ったりつぶしたりして出した汁のことです。加熱したり砂糖などで甘くしたりした飲み物はジュースであるため、赤ちゃんに飲ませるのは不向きでしょう。

果汁飲料や果汁入り清涼飲料には、果汁のほかに甘味料や香料などがプラスされています。特に幼児期では、果汁100%ではない果汁飲料を口にする機会が増えるため、虫歯になるリスクが増すでしょう。

果汁で赤ちゃんがアレルギーを起こすことはあるの?

赤ちゃんは、消化器系の発達が未熟なため、果物によってアレルギー反応を起こすことがあります。

しかし、一般的には、生まれて早い段階で果物アレルギーを発症することはないと考えられています。まれに果物アレルギーを発症する子もいますが、果物アレルギーと思われる症状の多くは、果汁の刺激によって口の周りが赤くなる皮膚炎の可能性が高いでしょう。

赤ちゃんの果汁デビューに気を付けよう

Image

昔は生後2~3ヶ月で果汁を与えるのが一般的であったため、おじいちゃんおばあちゃんから果汁をあげるように催促されることがあるでしょう。しかし、生後6ヶ月未満の赤ちゃんは母乳や粉ミルクで十分な栄養を補給できているため、果汁をあげる必要はありません。理解が得られるよう、果汁を与えるリスクをきちんと説明できるようにしたいですね。

初めて赤ちゃんに果汁を与えるときは赤ちゃんの様子をしっかり観察し、少しずつすすめると良いでしょう。赤ちゃんの果汁デビューを家族でゆっくり見守ってあげてくださいね。

あわせて読みたい

Image

赤ちゃんのミルク以外の飲み物はいつから?水分補給の方法は?NG・おすすめの飲み物一覧

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28315
Image

【体験談あり】赤ちゃんの白湯はいつから?必要な道具と作り方。白湯を飲まない場合は?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28317
Image

赤ちゃんのお茶はいつから?麦茶は?飲ませるときの注意点を解説

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/4240
Image

離乳食スプーン15選!リッチェル・コンビ・ピジョンなどの人気商品を木・シリコン・ステンレスなど素材別に紹介!日本製もある?

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/28840
Image

赤ちゃんのストローはいつから?練習法やおすすめマグ10選

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/26820
Image

【離乳食】意外と多い!?赤ちゃんに食べさせてはいけない食材

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/7383
Image

初めてでも安心!離乳食に「果物」を取り入れるときの5つの注意点

Mobile faviconhttps://mamanoko.jp/articles/13232

関連カテゴリ

関連する人気の記事

子育て・育児のカテゴリ

ライタープロフィール

Image

ユズリハ

1歳8ヵ月&9歳の7つ差シスターズを育てちうのかぁちゃんラ…

子育て・育児 デイリーランキング

おすすめの記事