初めてでも安心!離乳食に「果物」を取り入れるときの5つの注意点

生後5〜6ヶ月頃から始まる離乳食。赤ちゃんが食べてくれるか、何を用意したらいいか、悩みはつきませんよね。おかゆなどの炭水化物に慣れてきたら、果物も与えてみませんか?みずみずしい甘みが赤ちゃんのお気に入りになるかもしれません。離乳食に果物を取り入れるときのポイントをまとめてみました。

515380

目次

  1. 離乳食初期から果物は大活躍
  2. 1. 6ヶ月を過ぎてから与えた方が安心
  3. 2. 赤ちゃんにとっての果物は安心なスイーツ
  4. 3. 加熱した方が赤ちゃんにはやさしい
  5. 4. 赤ちゃんの胃腸に影響大
  6. 虫歯は気にしすぎなくてOK
  7. 離乳食であると便利なグッズ
  8. 離乳食についてのおすすめ本3選
  9. まとめ

離乳食初期から果物は大活躍

離乳食初期から果物は与えても問題ないとされています。特にバナナは安価で一年中買うことができ、調理もしやすいことから初めの離乳食にはぴったりです。その他には、リンゴやイチゴも離乳食としてはよくオススメされる食材です。
一方、マンゴーやパイナップルなど消化酵素の強い果物は赤ちゃんの内蔵に負担となる恐れがあるので、1歳をすぎるまでは与えない方が賢明です。

それでは、離乳食に果物を使う際のポイントをご紹介します。

Article link icon
離乳食の調理器具14選!すり鉢やはさみなどあってよかった人気おすすめ商…
Article link icon
赤ちゃんが食べてはいけない食べ物は?離乳食にはちみつ・サバ・そばはいつ…

1. 6ヶ月を過ぎてから与えた方が安心

Image

ひと昔前は、割と早い段階で赤ちゃんに果汁を与える、という育児方法がありましたが、現在ではそのような育児方はなくなりました。理由として、栄養的にもメリットはなく、下痢や虫歯、栄養過多や逆に栄養不足に陥ると研究がなされています。

また、離乳食の本によっては、離乳食が開始してからしばらく経ってから(生後、約8ヶ月以降)に季節ものの国産の果物を少々与えるように指導しているものもあります。もちろん、最初は与えすぎに注意が必要で、アレルギーが強く出てしまう場合は、果物を煮てジャムにしたり、湯さましを加えて薄めてあげたりして工夫が必要と言っています。

上記のように、果物を与える時期を特別遅めにしなくてもいいですが、ほとんどの赤ちゃんは6ヶ月を過ぎてからの方が安心です。また、果物がなくても他の食材で栄養を補えばよいので、無理に与える必要はありません。

おじいちゃんやおばあちゃんの世代では、果汁を赤ちゃんに飲ませることがすすめられてきたようですが、粉ミルクが導入された時代でビタミンCの摂取量が少ないことを懸念されたため、果汁の摂取が推進されていたようです。しかし、現代の粉ミルクは栄養バランスもよく無理にビタミンCを摂取する必要はなくなりました。もちろん母乳の赤ちゃんも必要な栄養素は母乳から受け取っているので果物を早期から食べさせなくても良いのです。

Article link icon
離乳食を始める方必見!役に立った、買ってよかった100均グッズ7選
Article link icon
ハーフバースデー(生後6ヶ月記念)の離乳食!おすすめ8選とお祝いプレー…

2. 赤ちゃんにとっての果物は安心なスイーツ

Image

赤ちゃんに果物を食べさせるメリットは、離乳食時期でも食べられる安全なスイーツであることです。いつもおかゆや野菜ばかりだと飽きてしまったり、苦味のある野菜を食べてくれなかったりする赤ちゃんには、果物を与えてみましょう。やさしい甘みは赤ちゃんにとって最高のごちそうになるかもしれません。

ですので、離乳食のレパートリーのひとつとして果物をアレンジしてみるのもおススメですよ。

Article link icon
【1歳児のご飯】取り分けメニュー4選と洋食・和食・おやつレシピ9選!食…
Article link icon
【写真あり】1歳の誕生日のご飯6選!簡単かわいい離乳食プレートをご紹介…

3. 加熱した方が赤ちゃんにはやさしい

Image

赤ちゃんはまだ胃腸の働きが万全ではありませんので、食べ物を上手に消化しきれない場合があります。そのためにも、最初は胃腸に負担の少ない果物を与えるといいでしょう。また、軟らかく煮てあげるのもおススメですよ。

煮るというのはアレルギーが気になる場合にも活用できます。煮ることにより、アレルギーの基となる酵素を抑える働きがありますので、初めはしっかりと過熱して与えてあげた方が安心ですよ。

ここで、果物を美味しく煮る方法を紹介します。

1.果物を適度に小さく切る
2.果物を鍋に入れて、同量ほどの水を一緒にいれる
3.ゆっくりと混ぜながら、2~3分弱火でコトコト煮る

大人にとっては生で食べることが多い果物も、赤ちゃんに初めに食べさせるときは、加熱した方が安心です。加熱すると、消化を助けたり、アレルギー源を減らしたりすることができます。また、特に果物は加熱することで甘みが増すので、甘いものが好きな赤ちゃんにとってはますます食べてくれるかもしれません。
しかし、加熱することに神経質になりすぎる必要はありません。離乳食に慣れてきたら少量ずつ生のまま与えてみて、様子をみながら量を増やしていってもよいでしょう。

Article link icon
離乳食グッズを100均で揃えよう!製氷皿や食器など便利なアイテム12選…
Article link icon
【体験談あり】赤ちゃんとの外食はいつから?お店の選び方や段階別のポイン…

4. 赤ちゃんの胃腸に影響大

Image

果物の性質によっては赤ちゃんの胃腸に刺激的なものがあります。食材によって、便秘気味になったり下痢気味になったりします。また、この傾向は赤ちゃんそれぞれなので、便秘傾向の果物がある赤ちゃんにとっては下痢をしてしまう恐れがあるのです。必ず赤ちゃんの便の様子をみながら与える種類と量を調節するようにしましょう。

果物を食べて胃腸の調子が悪くなった場合は、どのような果物を食べたか思い出すためにも記録をしておくようにしましょう。

例えば、
・バナナ・アップル……便を固くする傾向がある
・すもも・梨・桃……便をゆるくする傾向がある

など、果物によっても特徴がありますので、気になる場合は食べさせる前に少し調べておいた方が安心かもしれませんね。

Article link icon
【体験談】本当に怖かった!卵アレルギーでアナフィラキシーショックに!
Article link icon
1歳からの【離乳食完了期】はどんな時期?おすすめレシピ10選と進め方の…

虫歯は気にしすぎなくてOK

Image

果物を与えるときに気になるのが、果糖。果物の甘みから、赤ちゃんが虫歯になってしまうことを恐れて与えないママも少なくないようです。

しかし、離乳食として果物単体を与えている限りは、虫歯に対して過敏にならなくても大丈夫です。果物以外の食材も合わせて食べるようになってきたら、食事後にガーゼで歯をぬぐってあげたり、赤ちゃん用の歯ブラシで磨いてあげましょう。

Article link icon
赤ちゃんに歯ブラシは必要?選び方と磨き方、おすすめ歯ブラシ10選
Article link icon
赤ちゃんの歯固めは必要?おしゃれ&かわいいおすすめ歯固め13選

離乳食であると便利なグッズ

スタイ

MARL MARL スタイ
¥1,600〜(2018/10/26 時点)

赤ちゃんには欠かせないスタイ。おしゃれなよだれかけとして特に人気を集めているのが、MARLMARL(マールマール)の「まあるい」スタイです。いかにも「よだれかけ」といったデザインではなく、ケープのようなおしゃれなデザインなので、イベントやお呼ばれの時にも活躍しますよ。

通常のスタイは洋服の前面しかカバーできませんが、MARLMARLのスタイは首まわりをぐるっと一周カバーすることができます。赤ちゃんが動き回ったり、お昼寝中に寝返りをうったりしても、ずれる心配がありません。また、汚れた面をくるっと回せば、いつでもきれいな面を使うことができるのもポイント。洗濯物が減るのはママには嬉しいですよね。

エプロン

Ma 0085 1出典:babychu.jp
MARL MARL お食事エプロン
¥3,700〜(2018/10/26 時点)

MARLMARLはお食事エプロンもとっても可愛くておすすめですよ。大きなリボンやフリフリのドレス風のお食事エプロンをつけられるのは女の子の特権です。ママも一緒になって着たくなってしまうようなエプロンを出産祝いとして贈ってあげれば、お出掛け時のお食事やお祝いごとなどで活躍してくれそうです。

離乳食についてのおすすめ本3選

1.見やすい&わかりやすい!

はじめてママ&パパの離乳食
¥1,404〜(2018/10/26 時点)

離乳食のスタートから卒業まで、この一冊でOK! 献立例や簡単レシピは300品。食材別のラクラク調理ワザやフリージングなど、がんばりすぎない離乳食作りアイデアも満載です。

■この本に関する口コミ
離乳食の基本のキから、食べさせ方のポイント、ステップアップの目安などなど、赤ちゃんの発達に合わせた離乳食の進め方がわかりやすく解説されています。
「なるほど、そういう意味があるのか!」と納得できて、離乳食のいろいろ面倒なことも、がんばれそう。

2.新百科という名の通りの網羅性!

最新月齢ごとに「見てわかる!」離乳食新百科
¥1,404〜(2018/10/26 時点)

5カ月~1才6カ月ごろまでこれ1冊でOK!
月齢別に離乳食の基本とレシピを徹底紹介

■この本に関する口コミ
離乳食の単なるレシピ本ではなく、新百科と謳っている通り、離乳食をいろいろな角度からアプローチして掘り下げている参考書のような本です。
ゴックン期、モグモグ期、カミカミ期、パクパク期の全てにこの時期に食べていい物ダメな物を、丸バツで表記して分かりやすく示していたり、レシピを紹介してそこから一週間のメニューを献立提案として掲載してあります。また、みんなのリアル離乳食1週間見せてと題して、先輩ママが作った1週間分の献立を写真入りで見ることができ、なかなか他の子と比べる機会がないので、非常に参考になりました。何をどれくらい食べているのか、好みや量の配分を知ることができ、今後に活かせそうです。

3.料理&ママ初心者はこれ!

初めての離乳食 最新版
¥1,512〜(2018/10/26 時点)

月齢別の進め方と作り方、アレンジがよくわかる!実物大写真でわかる離乳食の進め方早見表、いつから食べられる?迷いやすい食品一覧表つき。食材別基本の離乳食レシピ。電子レンジ&フリージングのスピード調理テク。基本を一冊にまとめました。

■この本に関する口コミ
料理初心者でも戸惑わない様に調理方法が指南され、初めてママさんでもお子様に致命的なリスクが及ばない様に、安全性にも配慮されたコメントが付け加えられています。
カラー写真も、料理の美しさを示すだけで無く、軟度を視覚的に示したりと、離乳食の特性を伝える事に注力しており、読者視点で作り込まれている点に好感が持てます。

Article link icon
遊び食べをさせるママの勇気が赤ちゃんを賢くする?!
Article link icon
お食事エプロンの人気18選!離乳食におすすめのシリコン製・タオル生地・…

まとめ

離乳食の第一歩であるおかゆを食べさせるのに精一杯でなかなか離乳食が進まない赤ちゃんには、可能なかぎりいろいろな食材を試してみることをオススメします。果物はそのひとつです。赤ちゃんによって好き嫌いはわかれますが、たいていの赤ちゃんは自然の甘みが気に入って、パクパクと食がすすむ子が多くなるそうです。準備が大変なママはぜひ簡単に用意できるバナナから取り入れてみましょう。

離乳食の椅子のおすすめ20選!腰座り前に人気があるのは?ハイチェア・ローチェアなどタイプ別にご紹介!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27439
Image
マールマール(MARLMARL)のスタイ・よだれかけおすすめ11選!出産祝いのギフトにも人気!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29426
Image
人気の子ども用の箸10選!選び方は?サイズは?矯正箸もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28032
Image
保育園・幼稚園用におすすめの水筒30選!ストロー・直飲み・コップなどタイプ別にご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/27875
Image
ストローマグの人気おすすめ商品10選!練習法や選び方、口コミや体験談なども紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/14331
Image