【編集部厳選】ベビーベッドのおすすめ人気14選!折りたたみにミニサイズ、長く使える多機能タイプは?

赤ちゃんが生まれる前に購入を検討するのがベビーベッド。決して安くはない買い物だけに、大きさや使いやすさ、長く使えるものを選びたいですよね。今回は、さまざまなベビーベッドをご紹介いたします。

878658

目次

  1. ベビーベッドは必要?選び方は?
  2. ベビーベッドはいつまで使う?
  3. ベビーベッドの種類
  4. 人気のおすすめベビーベッド12選
  5. 長く使える多機能ベビーベッド3選
  6. お気に入りのベビーベッドで快適に子育てを
  7. あわせて読みたい

ベビーベッドは必要?選び方は?

ベビーベッドを購入する前に検討することがいくつかあります。ベビーベッドを置くスペースはあるのか?ベビーベッドを本当に使用するのか?ベビーベッドのあれこれについて調べてみました。

ベビーベッドは本当に必要?

一日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんの寝場所、安全で快適な場所を与えてあげたいですよね。ベビーベッドは囲いがあるので、目を離しても安心できます。また、赤ちゃんが一人で寝るので、添い寝と違ってママやパパが赤ちゃんに覆いかぶさるという危険性もありません。

ベビーベッドは必要?環境による必要性とおすすめ商品10選

購入するかレンタルするか

ベビーベッドは決して安くありません。いずれママと添い寝をすると考えている場合は、短期間の使用なのでレンタルで十分だと思います。ベビーベッドとしてだけではなく、多機能ベビーベッドを購入すれば長く使用することができます。

ベビーベッドのサイズ

ベビーベッドには大きく分けて2サイズあります。120cm×70cmのスタンダードのサイズか、90cm×60cmのミニサイズです。マンションなどで、ベビーベッドの置き場所にあまりスペースを取ることができない場合はミニサイズがお勧めです。ベビーベッド用のお布団などもこの2種類を基準に作られています。

ベッドメリーとは?メリット、遊び方とおすすめメリー15選

ベビーベッドはいつまで使う?

ベビーベッドに記載されている使用期限

基本的にベビーベッドには、24ヶ月まで使用可能と記載されています。24ヶ月というとだいたい2歳くらいです。2歳まで使用することはないかもしれませんが、ベビーベッドの使用期限をきちんと守りましょう。

2歳児の身長・体重の目安表!身体と言葉の発達の特徴は?

一般的にはつかまり立ちが出来るようになったら

一般的には、ベビーベッドの使用期限はつかまり立ちが出来るようになるまでと言われています。生後8ヶ月ころになるとつかまり立ちが出来るようになる赤ちゃんが出てきます。赤ちゃんがベビーベッドのの柵を超えられるようになると、ベビーベッドは卒業です。赤ちゃんは頭が重いので、少しでも柵を超えようとするとゴロンと頭から落ちる可能性があるのでとても危険です。

【イラスト解説】生後8ヶ月の赤ちゃんの身長・体重は?離乳食や夜泣きなど…
ベビーベッドはいつまで使う?卒業の目安と卒業後の赤ちゃんの寝かせ方
ベビーベッドガードには窒息事故の危険性も!海外では使用を禁止されている…

ベビーベッドの種類

ベビーベッドにはさまざまな種類があります。こちらでいくつかご紹介しますので、購入の際の参考にしてみてください。

ノーマルベビーベッド

120cm×70cmのスタンダードタイプをノーマルベビーベッドと言います。ほとんどの寝具もこの大きさで作られています。

ミニサイズベビーベッド

90cm×60cmの小さめのベビーベッドです。ママとパパのベッドの横にも置きやすいコンパクトサイズです。

ハイタイプベビーベッド

床板を高めに設定できるベビーベッドです。腰を深く曲げずに赤ちゃんを抱きあげることができるので、ママの腰への負担が軽くなります。

添い寝ベビーベッド

ママとパパのベッドに横づけして赤ちゃんと添い寝できるベビーベッドがあります。夜、寝ている間でも赤ちゃんの様子を見ることができますし、授乳も楽にできます。

サークルベビーベッド

サークルベビーベッドは、ベビーベッドとして使用した後、ハイハイやよちよちをする赤ちゃんのサークルとして使用することができます。ベビーベッドの2倍近くの広さにまで広げることができます。

多機能ベビーベッド

赤ちゃんが成長するにしたがって、ベビーサークルや収納などにもなるベビーベッドです。一人何役もこなすので長期間使用することができます。

人気のおすすめベビーベッド12選

1.Aprica (アップリカ) ココネルエアー ココアBR ポータブル ベビーベッド

Aprica (アップリカ) ココネルエアー ココアBR ポータブル ベビーベッド
¥28,080〜(2019/12/19 時点)

「快適に眠れる、コンパクトにたためる」がコンセプトのアップリカのベビーベッドです簡単にたたむことができるので、旅行先や実家へ里帰りのときでも、赤ちゃんをいつもと同じ環境で寝かせることができます。ベビーベッドを卒業したらプレイペンとしいて使うことができます。

2.HAPPINESS(ミニベビーベッド)

ヤトミ happiness ベビーベッド ハナミズキ ブラックバー
¥11,109〜(2019/12/19 時点)

床板の高さはママの使いやすさによって3パターン変えられるようになっています。またストッパー付きのキャスターで部屋の中を楽に移動することができます。柵を上下に開閉できるので赤ちゃんのおむつ替えも楽々できます。

3,カトージ KATOJI(ミニ立ちベッド プチバニラ)

カトージ(KATOJI) ミニベッド(ハイタイプ) プチバニラ
¥15,120〜(2019/12/19 時点)

場所を取らないコンパクトタイプのベビーベッドです。床板の高さを三段階に変えることができ、柵を上下に開閉することができるので、赤ちゃんを抱き上げるときに腰を痛めずにすみます。

4.IKEA イケア(ヘンスヴィーク / HENSVIK ベビーベッド)

出典:www.ikea.com
IKEA イケア(ヘンスヴィーク / HENSVIK ベビーベッド)
¥12,990〜(2019/12/19 時点)

コストパフォーマンスが高いベビーベッドと言えばIKEAのヘンスヴィークではないでしょうか。ベッドベースには安全性とサポート性をテストして高い性能が実証された素材が使われています。床板の高さを2段階に調節できたり、通気性よく作られているので、赤ちゃんも快適に眠ることができます。

5.ALICE アリス(ベビーベッド)

ALICE アリス ベビーベッド ダークブラウン
¥22,114〜(2019/12/19 時点)

安心安全の日本製のベビーベッドです。おしゃれなデザインのヘッド・フット柵など細部にまでこだわったハイクオリティなベビーベッドが人気です。ハイタイプなので赤ちゃんを抱きあげるのも楽にでき、上下にスライド開閉するので狭い場所でも使いやすいです。

6.デザイナーズギルド(日本製ベビーベッド)

英国発ブランド 【デザイナーズギルド】日本製 ベビーベッド ベッド&ベビーサークル 2WAY ホワイト
¥38,664〜(2019/12/19 時点)

英国発のブランドですが日本製のベビーベッドです。床板は二段階の高さに調節可能で、ベビーベッドを卒業した後はベビーサークルとして使うことができます。しっかりとした作りですが、キャスターがついているので、楽に移動させることができます。

7.nuna ヌナ(トラベルコット sena ナイト)

nuna ヌナ トラベルコット sena ナイト(ブラック)
¥23,277〜(2019/12/19 時点)

軽いネットでできているので女性でも軽々と持ち運びすることができます。折り畳みバンドをひっぱるだけでスリムに折り畳むことができ、収納にも困りません。付属のバッグに入れて、旅行や帰省などの時の持ち運びも楽にできます。6ヶ月ころまで使えるバシネットがついていますので、おむつ替えも簡単にすることができ、プレイペンとして使うこともできます。

8.BabyTrend ベビートレンド(デラックス ナーサリーセンター バイユーフレンズ)

ベビートレンド BabyTrend ベビーベッド/プレイヤード Bayou Friends / バイユーフレンズ
¥27,900〜(2019/12/19 時点)

ママと赤ちゃんにうれしい機能がたくさん備わったベビートレンドのベビーベッドです。メリーがついているので赤ちゃんも楽しく遊ぶことができ、おしめ替えや睡眠もこれ一台でできます。サイドに着いた収納スペースにはおむつやクリームを入れることができるので便利です。コンパクトに折りたたむこともできるので、持ち運びも楽にできます。

9.籐ヨーラン 布団セット付

籐ヨーラン 布団セット付
¥38,800〜(2019/12/19 時点)

昔懐かしい感じがするゆりかごタイプのベビーベッドです。ゆらゆら揺られて赤ちゃんもご機嫌になること間違いなし。生後6ヶ月までの使用期間で、他のベビーベッドと比べて短いですし、多機能が備わっているわけではないのですが、結構人気のある商品なんですよ。

10.エンドー(COOL KIDS<クール キッズ>)

エンドー COOL KIDS(クール キッズ)
¥8,372〜(2019/12/19 時点)

見た目がとってもかわいいかごタイプのベビーベッドです。ワンタッチで折りたたむことができ、収納にも困りません。キャスター付きで移動も楽ですし、キャスターをひっくり返せば優しく横揺れするゆりかごに早変わりです。日よけネット、布団、枕などの一式がセットになっていますので、購入後すぐに使うことができます。

11.TINY Love (3in1 おひるねロッキング・ナッパー コージースタイル)

TINY Love 3in1 おひるねロッキング・ナッパー コージースタイル
¥14,269〜(2019/12/19 時点)

名前の通りお昼寝用のベビーベッドです。またロッキングチェアー、ベビーシートとしても使うことができます。トイバーにおもちゃが3つ付属であり、おしゃぶり取り付けコネクターなどもあり、赤ちゃんが楽しく過ごすことができる工夫がたくさんなされています。

12.ベッドインベッド スネグルネスト サウンド

ベッドインベッド スネグルネスト サウンド
¥7,980〜(2019/12/19 時点)

ママとパパと一緒のベッドで添い寝をするときに使用するベッドインベッドです。丈夫なフレームなのでパパやママが寝返りをうっても赤ちゃんに覆いかぶさる心配がありません。ママの子宮音やメロディーが流れるサウンド機能もあり、赤ちゃんが安心して睡眠できること間違いなしです。

ベビー布団はいつまで使う?ベビー布団が必要な理由と選び方

長く使える多機能ベビーベッド3選

一般的にベビーベッドの使用期限は24ヶ月までのなっていますが、長く使える多機能ベビーベッドもあります。

ファルスカ

ファルスカ ベッドサイドベッド
¥21,384〜(2019/12/19 時点)

普通のベビーベッドとしてはもちろん、柵を外してママのベッドとフラットに横づけできる添い寝ベッドとしても使うことができます。添い寝ベッド使用時には、安全ベルトで固定することができるので安心ですね。ベビーベッドを卒業したらベビーサークルとして長く使うことができます。組み立てもとっても簡単なんですよ。

スリーピー

スリーピー ミニベッド&デスク
¥23,800〜(2019/12/19 時点)

狭い場所でも使用できるコンパクトタイプのベビーベッドです。ベビーベッド、ベビーサークル、キッズテーブル、PCデスク、収納棚と5WAYで使えるベビーベッドはこのスリーピーのミニベッド&デスクだけではないでしょうか。キャスター付きで楽々移動できるのもいいですね。

ブーリ

ブーリ キッズベッド、ソファにもなるベビーベッド
¥88,000〜(2019/12/19 時点)

オーストラリア発祥のブーリは、オーストラリアの天然木を使用した木のぬくもりが暖かいベビーベッドです。気品あふれる優雅なフォルムが特徴的です。ベビーベッド、キッズベッド、ソファと6歳ころまで長く使うことができます。

ベビーベッドのサイズ!メリット、デメリットとおすすめ10選
ベビー布団おすすめ13選!選び方・素材の違いは?体験談もご紹介

お気に入りのベビーベッドで快適に子育てを

赤ちゃんを出産前に購入を検討するママとパパが多いと思います。部屋の大きさや行動範囲、使用頻度などを考慮する必要がありますね。こちらでご紹介した情報や、また販売店や実際に使っている方からの情報をもとに、ご自身にあったお気に入りのベビーベッドを見つけてくださいね。

あわせて読みたい

ベビー敷布団のおすすめ10選!ベビー敷布団の選び方とは
https://mamanoko.jp/articles/27174
ベビー布団カバーのおすすめ10選!手作りの仕方もご紹介!
https://mamanoko.jp/articles/27356
お昼寝マットとは?ベビー布団との違い、選び方、おすすめ15選
https://mamanoko.jp/articles/27186
お昼寝の寝かしつけにはコツがあった!ぐっすりと寝かしつける12の方法
https://mamanoko.jp/articles/27221