【#65】はじめての妊娠糖尿病。「メンタルが弱くなり涙…」乗り越えた方法とは?(後編) byおおもりなつみ

年子3姉妹&1男の育児に奮闘する、おおもりなつみさんのコラムです。第4子の妊娠24週頃に中国の産婦人科で「妊娠糖尿病」と診断されてしまったおおもりさん。前編では思い当たる原因について振り返りました。後編では、実際にどのような方法で妊娠糖尿病を乗り超えたのか、出産・産後の影響についてもご紹介いただきます。

3047

本ページはプロモーションが含まれています

目次

  1. 大変だった健康管理!
  2. はじめての妊娠糖尿病(前編)はこちら
  3. おおもりなつみさんのマンガが動画になって登場!
  4. 著者情報
  5. あわせて読みたい

登場人物

ママ/なつみ:とにかく面倒くさがり屋のB型(Instagram:omori_nigaoe)
パパ/ゆたか:女子力が高い雑学王。子煩悩がすぎるパパ
さっちゃん:2017年7月生まれ。お歌大好き元気で明るい気分屋さん
れーちゃん:2018年11月生まれ。お姉ちゃん大好きパパっ子。お姉ちゃんに冷たくされると大泣きするちょっと大袈裟さん
しーちゃん:2020年4月生まれ。お姉ちゃんたちにかわいがられてすくすく成長中!
つーくん:2022年12月生まれ。元気な3人のお姉ちゃんたちに囲まれ日々成長中!

大変だった健康管理!

5歳、4歳、2歳の年子3姉妹と、0歳の男の子を中国で育てているずぼらママです。

前編では妊娠糖尿病になってしまった原因かもしれないと思い当たる出来事を振り返りました。今回は、実際にどのように妊娠糖尿病と向き合ったのかについてご紹介させていただきます。

妊娠糖尿病が判明した後、産婦人科の中国人通訳の方とのやりとりでは淡々とした態度に、メンタルが弱くなっていたわたしは何度も涙しました。

わたしは毎食後30分の運動と食事の見直しで妊娠糖尿病と向き合うことにしました。日本と違う中国の食品は、調理の仕方がわからなかったり、おすすめされた食品がどこで買えるのかわからなかったりで日々の食事管理が難しかったです。

「甘いものはダメ、最悪赤ちゃんの心臓が止まる。食後30分は歩いて」など制限が厳しく、通訳の方を通して伝えられる言葉の表現がストレートで本当に怖かったです。

子どもが3人いながら、外を歩く時間を確保するのは難しかったので、ルームランニングマシンを購入して家の中で毎食後30分歩くことにしました。

食事面では、両親に日本のロカボ食品を送ってもらい少しずつ食べました。中国にも低糖質食品は売っていますが「砂糖が入ってるかもしれないから食べないで。表記に嘘があるかも。」と通訳の方に言われて驚きました。(それでも低糖質なケーキ屋さんのケーキや、プロテインバーなどを購入して少しずつ食べていましたが・・・。)

おかげでわたし自身の体重はあまり増えず、赤ちゃんは正常範囲の大きさで臨月を迎えました。最後まで血糖値が下がることはありませんでしたが無事に出産し、妊娠糖尿病で懸念されている赤ちゃん産後の低血糖にはならず安心したのを覚えています。

産後すぐにはわたしの血糖値は下がらず徐々に下がっていき、産後42日で行った糖負荷検査では正常の値に戻りました。

妊娠中「甘いものは産後にいっぱい食べて」と言われていましたが、いざ出産を終えても「産後の検査するまでは我慢して。糖尿病怖いよ」と言われて引き続きの我慢。産後のアイスを楽しみにしていたのでとても悲しかったです。

いまでも妊娠中の食事の仕方や糖尿病への不安が抜けずベジファースト、タンパク質摂取、低糖質を心がけて食事をしています。

妊娠中は食事の制限や運動を頑張っても成果が出ずうまくコントロールできない血糖値がとても辛くて何度も泣きました。

そんなわたしの心の支えとなったのはロカボ商品、家族の支え、そしてYouTubeのasmr 動画です!スイーツをたくさん食べるYouTube動画は運動をしながら毎日何度も観ていました。いまも産後の食欲を抑えるためによく観ていて、まだまだしばらくお世話になりそうです(笑)

また、妊娠糖尿病になったからこそ、健康に気を遣えるようになりました。いま妊娠糖尿病の方、長く続く毎日に落ち込んでしまうことが多いと思いますが仲間はたくさんいます!

少しでも心が軽くなりますように。

はじめての妊娠糖尿病(前編)はこちら

【#64】はじめての妊娠糖尿病。「あれがよくなかったのかも…」と思い当たった出来事とは?(前編) byおおもり…
https://mamanoko.jp/articles/32448

妊娠・育児に関するお役立ち情報発信中!

ままのてのTwitter・Instagramをフォローすると、最新マンガの更新情報をご確認いただけます。ぜひチェックしてみてください!

おおもりなつみさんのマンガが動画になって登場!

ままのてで大人気の育児マンガが動画でも楽しめるようになりました。もちろん、おおもりなつみさんのままのてオリジナルマンガも動画になって登場していますよ。おおもりさんの描く年子3姉妹の日常をぜひ、ご覧になってくださいね。

※「ままのてチャンネル」とは
妊活・妊娠・出産・育児の情報を届けるチャンネルです。妊娠中や育児期のお役立ち情報のほか、マンガ動画も配信していますよ。お気に入りの動画を見つけたら、ぜひチャンネル登録してくださいね。

過去のエピソード

【#63】日本との違いにびっくり!驚きの中国の産婦人科事情。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32435
【#62】中国への移住!第4子が誕生!ドタバタだった2022年の振り返り。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32428
【#61】子どものモノが捨てられない!思い出の品をアレンジするアイデア集! byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32244
【#60】破天荒さナンバーワン!末っ子しーちゃんのいたずら事件簿。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32236
【#59】次から次へと、家族で胃腸炎リレー!?メンタルが崩壊しかけた地獄の日々…。 byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32212
【#58】はじめての手作りギミックケーキで、今年は「おいしい」ひな祭り! byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32204
【#57】母になってもどんどん挑戦したい。子どもたちと叶えたい夢とは? byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32192
【#56】毎年恒例の節分イベント!今年は恐怖の「パパ青鬼」が登場? byおおもりなつみ
https://mamanoko.jp/articles/32179

著者情報

あわせて読みたい

【#189】そのパターンもあるの!ママに振り向いてほしい2歳児がとった行動とは?(続編) byつぶみ
https://mamanoko.jp/articles/32452
【#16】顔近づけすぎ!電波弱くてフリーズ!実家とのビデオ通話あるある。 byしろぺんき
https://mamanoko.jp/articles/32443
【#67】我が家の保活どうなる?!ドキドキなその日がやってきた! byおかめ
https://mamanoko.jp/articles/32454
【#96】やっぱり最強!レベルアップしていた赤ちゃんによる回復の呪文(3) byにくきゅうぷにお
https://mamanoko.jp/articles/32426
【#17】これにて完結!赤ちゃんモデルオーディション 〜その後〜(11) byほかほか命
https://mamanoko.jp/articles/32242