アフラックの学資保険は元本割れ?夢みるこどもの学資保険の返戻率を解説

CMでもおなじみのアフラックは、がん保険や医療保険で有名な保険会社ですね。実は学資保険も取り扱っています。高校入学時、大学在学中といった特にお金のかかる時期に重点的に学資金を受け取れるバランスの良い保険です。ここでは、アフラックの「夢みるこどもの学資保険」の返戻率や特徴についてご紹介します。

3787

この記事の監修

Image
ファイナンシャルプランナー
田中 みゆき

目次

  1. アフラックの学資保険「夢みるこどもの学資保険」とは?
  2. アフラックの学資保険のメリットは?
  3. アフラックの学資保険をシミュレーション
  4. そのほかの学資保険との比較
  5. アフラックの学資保険のデメリットは?
  6. アフラックの学資保険の貸付とは?
  7. 「WAYS(ウェイズ)学資プラン」は販売停止
  8. 貯蓄性をよく検討して加入しましょう
  9. ままのて限定!無料相談でストローボトルがもらえる
  10. あわせて読みたい

アフラックの学資保険「夢みるこどもの学資保険」とは?

アフラックはアメリカを拠点とする大手保険会社です。日本で営業を開始したのは1974年と比較的新しい保険会社ですが、最初にがん保険を販売した先進的な保険会社として瞬く間にシェアを獲得していきました。

そのことから「アフラック=医療保障に強い保険会社」というイメージがありますが、死亡保険や給与サポート保険など、遺された人のための保険も多く取り揃えています。「夢みるこどもの学資保険」もそのひとつで、ママやパパに万が一のことがあった場合や、計画的な教育資金づくりをサポートする保険となっています。

返戻率は低めですが、子どもが7歳になるまで加入することができ、払込期間も3つの年齢から選択することのできる自由度の高さは大きな魅力です。高校入学時と大学在学中の全期間をカバーできるという受け取り方も契約者から評価されているようです。

ただし、子どもの入院や通院に備えるような医療保障は付いていません。アフラックには0歳から契約できる医療保険があるので、気になる人はそちらを検討してもよいでしょう。

Article link icon
学資保険の返戻率とは?金額はいくらになる?平均相場や元本割れについても…

アフラックの学資保険のメリットは?

Image

高校進学と大学進学に備えられるプラン

夢みるこどもの学資保険は、高校入学時と大学入学時から卒業まで毎年保険金を受け取ることのできるプランになっています。高校は公立か私立かによって出費が大きく変わるため、高校入学時にも手厚い一時金が出るのはありがたいポイントです。

子どもは7歳まで入れる

夢みる子どもの学資保険は、17歳・18歳払済のタイプであれば7歳になるまで加入することが可能です(10歳払済の場合は5歳まで)。学資保険の中では比較的加入可能な期間が長いので、余裕ができたタイミングで契約することができますね。

クレジットカード払いができる

クレジットカード払いが可能な珍しい保険でもあります。クレジットカード払いができなかったり、初回のみ可能だったりする学資保険が多い中、クレジットカード払いができるのはメリットといえるでしょう。

学資保険は貯蓄性が高い一方で、払込総額がそれなりの金額になります。クレジットカード払いを設定すれば、お得にポイントを貯めることができますよ。

妊娠中から入れる

子どもが生まれると慌ただしく、将来のことをじっくり考える時間が取れないことがあるでしょう。確実に備えたいならば、出産前に契約するのもひとつの手です。夢みるこどもの学資保険は出産予定日の140日前から加入することができます。

ただし、契約者が母親の場合、契約可能なプランは受取総額180万円までのものに限られます。

保険料払込免除の保障付き

夢みるこどもの学資保険には、契約者であるママやパパの万が一に備え、保険料払込免除の保障を付加しています。契約者が払込期間中に死亡した場合や所定の高度障害・身体障害状態となったとき、その後の保険料支払いは免除となり、子どもは学資金を受け取ることができます。

アフラックの学資保険をシミュレーション

Image

実際に加入した場合の返戻率と保険料

実際にアフラックの夢みるこどもの学資保険に加入した場合、保険料や返戻率はどれくらいになるのでしょうか。以下の条件でシミュレーションしてみました。返戻率と保険料について、タイプ別にご紹介します。

●契約者…30歳男性
●被保険者…0歳
●プラン…10歳払込
●受け取る学資金の総額…180万円

プラン
保険料払込期間
返戻率
月払保険料
17歳受取10歳98.0%15,306円
18歳受取10歳98.1%15,276円

保険会社は支払われた保険料を運用することで利益を出しています。よって、保険料の払い込みが早く、預けている期間が長いほど返戻率が高くなる傾向があります。夢みるこどもの学資保険も同様で、10歳払済18歳受取プランが98.1%と最も返戻率が高くなっています。

受取開始年齢は17歳か18歳を選択することができます。180万円のプランの場合、高校入学時に学資一時金として30万円、17歳か18歳の段階で基準学資年金額として60万円、その後1年ごとに30万円の学資年金を3回受け取ることができます。

ちなみに、学資年金は一時金としてまとめて受け取ることが可能です。その場合は毎年受け取るときと比べて受取総額が少なくなるので注意しましょう。

そのほかの学資保険との比較

夢みるこどもの学資保険の返戻率は最大で98.1%となっており、残念ながら元本割れを起こしています。それでは、ほかの学資保険の返戻率はどれくらいなのでしょうか。代表的なふたつの保険と比較してみましょう。

Experience icon
ソニー生命「学資金準備スクエア」

返戻率…107.2%
月払保険料…13,597円

Experience icon
明治安田生命「つみたて学資」

返戻率…104.7%
月払保険料…15,910円

上記2つの保険の返戻率は、契約者を30歳の男性、被保険者を0歳とし、夢みるこどもの学資保険の「学資年金支払開始年齢18歳(保険料払込期間…10歳)」に近いプランで算出したものです(学資金準備スクエアは学資金の受取総額が175万円、つみたて学資は200万円となっています)。

Experience icon
アフラック「夢みるこどもの学資保険」

返戻率…98.1%
月払保険料…15,276円

比較してみると夢みるこどもの学資保険の返戻率は低めであることがわかりますね。重視するべきポイントは返戻率だけではありませんが、貯蓄性に期待したい場合はほかの学資保険を検討しても良いでしょう。

特に返戻率の高さが目立つ学資金準備スクエアは、大学入学時だけでなく、夢みるこどもの学資保険のように中学・高校・大学進学時に備えるプランが存在します。それでも返戻率は101.7%となっていて、元本割れはありません。

夢みるこどもの学資保険とまったく同じプランというわけではありませんが、複数の保険会社のプランと比較することで学資保険の相場を知ることができます。たくさんの選択肢を踏まえたうえで加入を検討できると良いですね。

Article link icon
ソニー生命の学資保険の口コミと特徴は?販売停止や値上げの可能性はある?
Article link icon
明治安田生命の学資保険の評判は?つみたて学資の返戻率や販売停止の可能性…

アフラックの学資保険のデメリットは?

Image

返戻率は元本割れ

残念ながら、2017年の料金改定を機に夢みるこどもの学資保険の返戻率は大幅に低下しました。返戻率とは、支払った保険料の総額に対して学資金がどれだけ戻ってくるかを示した数値で、戻り率とも呼ばれています。夢みるこどもの学資保険の返戻率は高いプランでも98%ほどで、若干の元本割れを起こしてるようです。

親の加入年齢の上限が低い

夢みるこどもの学資保険は、契約者の年齢制限が厳しい傾向があります。条件にもよりますが、最も低いものは37歳、最長でも50歳までの人しか契約することができません。

途中解約はさらに損になりやすい

夢みるこどもの学資保険は元本割れを起こしていますが、途中解約した場合はさらに損になってしまうおそれがあります。基本的に、途中解約をすると損をしてしまう点は、ほかの学資保険にも当てはまることです。子どものために十分な備えをしておきたいという気持ちも大切ですが、まずは無理なく払い続けられる金額であるかどうかを見極めて契約しましょう。

それでも生活環境の変化に伴って、保険を解約せざるを得ない状況が来るかもしれません。その場合は途中解約となり、解約返戻金を受け取ることになります。解約返戻金の金額は解約するタイミングによって変わるため、保険会社に相談して返戻金を計算したうえで決めましょう。

アフラックの学資保険の貸付とは?

Image

アフラックには契約者貸付を利用できる保険商品があります。夢みるこどもの学資保険もそのひとつです。

契約者貸付とは、解約返戻金の一定範囲内でお金を借りることのできる制度です。借りたお金には通常のローンと同じように所定の利息を付けて返済しなければなりません。しかし、一時的な出費のために保険を途中解約してしまうと返戻率が悪くなってしまううえに、万が一の保障も受けられません。途中解約をするくらいならば貸付制度を利用しても良いでしょう。

借りたお金は全額・一部を問わずいつでも返済することが可能です。未返済のまま満期を迎えてしまった場合は満期保険金から元金と利息分が差し引かれます。

「WAYS(ウェイズ)学資プラン」は販売停止

Image

アフラックには「WAYS(ウェイズ)学資プラン」という貯蓄性の高い終身保険がありました。貯蓄性が高く、一生涯の死亡保障が付けられるということで高い人気を集めていましたが、現在は販売を停止しています。

現在、アフラックで学資プランとして販売されているのは夢みるこどもの学資保険のみとなっています。そして、こちらは2017年1月に料金改定し、返戻率が大幅に低くなってしまいました。

これはアフラックに限ったことではありません。マイナス金利政策の影響を受けて、近年多くの保険会社が学資保険に対して料金改定を行い、全体的に返戻率が低下している傾向にあります。

このままマイナス金利政策が続けば学資保険は再度料金改定が行われる可能性があり、なかにはWAYSのように販売停止となる商品も出てくるでしょう。学資保険を契約したいと考えている方は、早めに検討してみましょう。

貯蓄性をよく検討して加入しましょう

Image

すでに医療保険などでアフラックに加入している場合は、学資保険もまとめてアフラックで、と考えたくなる気持ちもあるでしょう。

しかし、学資保険に何を求めるかによって選ぶ商品は変わってきます。たとえば、返戻率が100%を超えている商品がある一方で、アフラックは元本割れを起こしているため貯蓄性が高いとはいえません。返戻率を重視するのであれば、ほかの保険会社の学資保険を検討してもよいでしょう。

また、アフラックはクレジットカード払いができることが魅力ですが、フコク生命の学資保険には兄弟割引が、明治安田生命には受取総額の金額に応じて保険料割引が受けられる制度があり、保険会社独自の強みがあります。返戻率とあわせてそれぞれの商品の強みを知ることが、ぴったりの学資保険を選ぶ近道になるでしょう。

ままのて限定!無料相談でストローボトルがもらえる

Image

「保険見直し本舗」は、保険選びや見直しがしたい人におすすめの保険販売代理店です。保険加入時の手続きはもちろん、加入後のフォローまでしっかりサポートしてくれます。

今、下記のキャンペーンページからの相談予約で子どもに嬉しい「SKIP HOPのストローボトル」がもらえます。無理な勧誘はなく、現在加入している保険がぴったりの場合は、継続をおすすめされることもありますよ。

Experience icon

おすすめポイント

・取扱保険会社の数は業界No.1。たくさんの保険の中からぴったりのものを提案。
・すべてのサービスを無料で利用でき、保険料も高くならないので安心。
・多くの店舗にキッズスペース完備。自宅で相談も可能。

キャンペーンページはこちら
【限定ストローボトルがもらえる!】保険見直し本舗とは?口コミや全サービス無料のひみつ、ママにうれしいポイントを…
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30078
Image

あわせて読みたい

学資保険

【2018年版】学資保険のおすすめと選び方は?口コミや人気もご紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29931
Image
学資保険とは?必要?それとも不要?いつから入る?メリット・デメリットを解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30282
Image
郵便局(かんぽ生命)の学資保険の特徴は?満期金や祝い金についても解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30075
Image
フコク生命の学資保険の口コミと特徴は?販売停止や兄弟割引についても解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30107
Image
JA共済の学資保険「こども共済」とは?学資応援隊と祝い金型の特徴は?受け取りはいつがお得?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30248
Image

出産費用・補助金・教育費

出産費用の医療費控除!対象や確定申告の方法、知って得する活用術
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29578
Image
【子ども(小児)医療費助成制度】を徹底比較!自治体や地域でこんなに違う!?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/10647
Image
【出産手続き】知っておきたい産前産後の申請書・給付金リスト(2018年度)
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28138
Image
保育園の料金は?年収によって費用が違うの?保育料の平均や計算方法!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/28907
Image
幼稚園の費用はどれくらい?保育料金や入園料の相場は?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29030
Image
認定こども園の料金は?入園料や給食費もかかるの?補助金の有無など詳しく解説!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29064
Image
私立幼稚園の補助金制度とは?補助金の種類と申請方法
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29005
Image

そのほかの保険

子どもの医療保険は必要?入るなら終身型がおすすめ?アフラックなどの人気プランも紹介
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30392
Image
おすすめの自転車保険11選!子どもと家族にぴったりのプランは?人気の商品を比較解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/25944
Image
自転車保険とは?名古屋や埼玉・京都では義務化?加入の必要性や補償内容、選び方を解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30057
Image
女性の医療保険は必要?出産・帝王切開や妊娠への保障は?おすすめの人気プラン7選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/30265
Image
がん保険は必要?女性におすすめの保障は?終身・定期・一時金の選び方も解説
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29767
Image

※この記事は2018年5月時点の情報をもとに作成されています。