よだれかけ(スタイ)の役割は?いつまで使う?手作りするには?

赤ちゃんらしさが感じられる衣類のひとつに「よだれかけ(スタイ)」がありますが、よだれかけはいつからいつまで使うことができるのでしょうか。ここでは、よだれかけ(スタイ)の役割、使う時期などについて解説します。よだれかけの作り方についても紹介するので、手作りに挑戦したいと思っているママはぜひ参考にしてくださいね。

122413

目次

  1. よだれかけはいつからいつまでつかう?
  2. よだれかけの名称と役割
  3. よだれかけの注意点
  4. よだれかけを手作りする
  5. よだれかけの作り方
  6. よだれかけ・スタイを使おう!
  7. あわせて読みたい

よだれかけはいつからいつまでつかう?

よだれの出始め

よだれかけをいつから使い始めるか、という明確な決まりはありませんが、よだれが出始めたらよだれかけを使うパパ・ママが多いようです。よだれが出始める時期には個人差がありますが、首がすわる時期によだれが出始める赤ちゃんが多いため、首がすわったらよだれかけを使い始めると良いかもしれません。

よだれが増える時期

個人差はありますが、赤ちゃんの身体の消化能力が上がってくるとよだれの量が増え始めます。目安として、歯が生え始めたり、お座りができるようになったりするとよだれが増える赤ちゃんが多いようです。赤ちゃんは口の周りの筋肉があまり発達していないので、口を閉じていることができなかったり、唾液がうまく飲み込めなかったりして、よだれがたれてしまうといわれています。よだれが肌についたままにしておくと肌が荒れてしまうので、よだれかけを付けて優しく拭いてあげましょう。

ただし、よだれの量には個人差があります。ほとんどよだれが出ない赤ちゃんもいれば、一日に何枚もよだれかけが必要になるくらいよだれの量が多い赤ちゃんもいるようです。よだれが増えてきて、よだれかけが必要と感じたときによだれかけを使うと良いでしょう。

1歳頃には卒業

1歳頃になると、多くの赤ちゃんはよだれかけを使わなくなります。よだれかけを使い始める時期は首がすわったころからが多いので、よだれかけの使用時期はそれほど長くないといえるでしょう。短い期間しか使わないので、よだれかけを手作りするママも多いようですよ。ただし、よだれが多い子どもは2歳頃までよだれかけを使うことがあります。

よだれかけの名称と役割

Image

日本ではよだれかけ・スタイと呼ばれる

日本では、「よだれかけ」、あるいは「スタイ」と呼びます。スタイと呼ぶと少しおしゃれに感じますが、スタイは和製英語なので、海外では通じない可能性が高いです。それどころか、英語の「sty」(スタイ)という単語には「ものもらい」という意味があるので、注意したほうが良いかもしれません。

英語ではビブ

英語では、よだれかけのことを「bib」(ビブ)あるいは「baby bib」(ベビービブ)と呼びます。海外の通販でよだれかけを買いたい場合や、海外旅行をする場合には覚えておくと良いかもしれませんね。

赤ちゃんのよだれを拭く

デザイン性に優れたよだれかけもありますが、よだれかけの役割は赤ちゃんのよだれを拭くことです。赤ちゃんの肌はデリケートなので、肌に優しい素材でできているよだれかけを選ぶようにしましょう。よだれが多い赤ちゃんは一日に何枚も使うことがあるので、ガーゼやタオルなど吸水性の高いものがおすすめです。

服の汚れを防ぐ

よだれが多い赤ちゃんは、こまめによだれを拭いてあげないと首元やお腹周りがよだれでべたべたになってしまうことがあります。よだれで濡れた洋服をそのままにしておくと、肌が荒れてしまうかもしれません。洋服を汚さないために、よだれかけを着けると良いでしょう。よだれかけを何種類か用意しておくと、洋服に合わせてコーディネートできるため楽しいですよ。

Experience icon
洋服に合わせて使い分けていました

おでかけ用、食事用、普段用など洋服に合わせてよだれかけを選んでいました。赤ちゃんらしい着こなしができて、楽しかったです。

使わない子もいる

よだれの量には個人差があるため、よだれがまったく出ない赤ちゃんもいます。赤ちゃんのよだれが気にならないなら、よだれかけを使わなくても問題はありません。出産前によだれかけを用意していたり、出産祝いでよだれかけをもらったりしている場合は、離乳食のときにエプロンとして使うと良いでしょう。

おすすめのスタイ

マールマール スタイ
¥2,860〜(2019/11/06 時点)

■カラー:6色

おしゃれなママを中心に人気を集めている、MARLMARL(マールマール)のスタイです。通常のスタイは洋服の前面しかカバーできませんが、MARLMARLのスタイは首まわりをぐるっと一周カバーすることができます。赤ちゃんが動き回ったり、お昼寝中に寝返りをうったりしても、ずれる心配がありません。汚れた面をくるっと回せば、いつでもきれいな面を使うことができるのも嬉しいですよね。

よだれかけの注意点

Image

寝ている子どもには着けない

よだれかけは、首に着けて使うアイテムです。寝ている赤ちゃんによだれかけを着けてしまうと、寝ているあいだに赤ちゃんの首に巻きついたり、よだれかけが赤ちゃんの顔を覆ってしまったりするかもしれません。

また、濡れたままのよだれかけを着けたままにしておくと、赤ちゃんの身体が冷えてしまう可能性があります。寝ている赤ちゃんにはよだれかけを着けないようにしましょう。よだれかけを着けたまま寝てしまった場合は、起こさないようによだれかけを外してあげてくださいね。

よだれが多い子は枚数を多めに準備する

よだれが多い赤ちゃんは、一日に何枚もよだれかけを変えることがあります。天気が悪い日が続くと洗濯が間に合わないことがあるため、赤ちゃんのよだれが多いと感じた場合は、よだれかけを多めに用意すると良いでしょう。

こまめに交換する

赤ちゃんのよだれかけが濡れていたら、こまめに交換することをおすすめします。首回りがひんやりと濡れているのは、大人でも不快なものです。清潔なよだれかけを赤ちゃんに着けてあげましょう。

カビ防止のためよく乾かす

よだれかけを生乾きのまま放置すると、ピンク色になってしまうことがあります。ピンク色の汚れは菌が繁殖したものなので、洗濯をしてもピンク色が消えることはありません。また、雑菌は布の中にしみこんでしまっているため、漂白剤を使ったり煮洗いをしたりしてもなかなか取れにくいものです。洗濯したよだれかけは、よく乾燥させてから使うようにしましょう。

よだれかけを手作りする

Image

よだれが多く出る赤ちゃんは、よだれかけをたくさん用意する必要があります。できるだけ出費を抑えたい場合は、よだれかけを手作りしてみてはいかがでしょうか。型紙や材料がセットになっているキットを買えば、簡単に作ることができますよ。裁縫が得意なママなら、好きな布でよだれかけを手作りしてみると良いかもしれません。

肌に優しい素材を選ぶ

よだれかけを手作りするときは、ガーゼ、タオル、綿、コットンのような肌に優しい素材を選びましょう。生地の素材によっては、洗濯をすると縮んでしまったり、歪んでしまったりすることがあります。手間はかかりますが、水通しをしてから作り始めましょう。水通しの方法は以下の通りです。

Experience icon
水通しの方法

1.たらいや浴槽などに水を張り、しばらく浸けておく。(綿なら1時間を目安に)
2.軽く脱水する
3.しわを伸ばして半乾きになるまで陰干しする
4.アイロンをかける

よだれが多い赤ちゃんの場合は、肌に触れる面にはガーゼ、裏面にはトレーナー生地やガーゼを何枚も挟んで作ると水分をたくさん吸収してくれますよ。

留め具を選ぶ

よだれかけの素材を選んだら、留め具を決めましょう。留め具には、ひも、マジックテープ、プラスチック製のスナップなどがあります。

留め具
メリット
デメリット
ひも結び方で調節ができるので赤ちゃんが大きくなってもよだれかけを使える結ぶ手間がある
マジックテープよだれかけの着脱が簡単マジックテープに糸くずやほこりが付きやすい
プラスチック製のスナップ簡単によだれかけに付けることができる専用の工具が必要なことがある(ひもやマジックテープに比べると費用がかかる)

それぞれの留め具にはメリット、デメリットがあるので好きなものを選ぶと良いでしょう。

スタイ作りに必要な道具

スタイ作りに必要な道具を揃えていきましょう。必要な道具の一例は以下の通りです。

Experience icon
スタイ作りに必要な道具の一例

・縫い針
・マチ針
・縫い糸
・裁ちばさみ
・チャコペンシル
・ミシン(必要に応じて)

スタイ・よだれかけは手縫いで作ることができますが、たくさん作りたい場合はミシンを使うと便利ですよ。

手軽に作りたいならガーゼハンカチやミニタオルがおすすめ

できるだけ簡単によだれかけを作りたい場合は、ガーゼのハンカチやミニタオルで作ってみましょう。型紙の大きさに布を切る手間を省けますよ。新品のハンカチやタオルは吸水性が悪いので、一度洗ってから使ってくださいね。

よだれかけの作り方

ガーゼハンカチのよだれかけ

ガーゼハンカチのよだれかけの作り方を紹介します。裁縫初心者のママでも簡単に作ることができますよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■材料
ガーゼハンカチ 2枚
留め具(スナップボタンやマジックテープ)

■作り方
1.肌に触れる部分を内側にしてガーゼハンカチを2枚重ねて、マチ針で止める。
2.返し部分を5cmほど開け、ガーゼハンカチの形に沿って端から2センチくらいの位置をぐるりと縫う。
3.ひっくり返したときにすっきりとさせるために、ガーゼハンカチのふちをきりおとす。
4.返し口から布をひっくり返して、アイロンをかける。
5.返し口を縫い、対角線上にスナップボタンやマジックテープを付ければ完成。

タオルハンカチのよだれかけ

よだれの量が多い赤ちゃんにはタオルハンカチのよだれかけはいかがでしょうか。こちらの作り方ではタオルを折ってから縫うので、少し大きめのタオルハンカチを用意することをおすすめします。

■材料
タオルハンカチ 1枚
マジックテープ 適量

■作り方
1.柄が表に出るようにハンカチを三角に折る
2.ぐるっと一周縫う
3.対角線上にマジックテープを付けたら完成

無料の型紙を利用する

パソコンとプリンターがあれば、インターネットを使って無料のよだれかけの型紙を入手することができます。動画で作り方を紹介しているサイトもあるので、楽しく手作りできそうですね。

プリンターがない場合は型紙付きの本がおすすめ

プリンターがない場合は、型紙付きの本を買ってみてはいかがでしょうか。すでに持っているよだれかけを真似して作ってみても良いかもしれません。うちわをよだれかけの型紙替わりにして、よだれかけを作るママもいるようです。アイデア次第でいろいろなよだれかけが作れそうですね。

よだれかけ・スタイを使おう!

赤ちゃんがよだれかけを着けている姿はとてもかわいらしいですよね。よだれの量が気になる場合は、赤ちゃんの肌荒れを防ぐためにもよだれかけを使ってみることをおすすめします。また、よだれかけは簡単に手作りすることもできるので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

抱っこ紐のよだれカバーを手作り!作り方とエルゴに使える人気商品は?西松屋のものもある?
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/5041
Image
やっぱり手作りしてあげたい!おしゃれ&かわいい手作りスタイの作り方10選
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/13757
Image
マールマール(MARLMARL)のスタイ・よだれかけおすすめ11選!出産祝いのギフトにも人気!
Article link iconhttps://mamanoko.jp/articles/29426
Image