赤ちゃんの首にできた湿疹の原因は?対処法と予防法

赤ちゃんは肌がまだ弱いため、様々な場所に湿疹が出来る事があります。その中でも特に多いのが首周りの湿疹です。赤ちゃんの首周りは以外と見逃しがちなポイントです。顔とかお腹ならばわかりやすいのですが、首周り、特にシワの中とかに出来ると気づかない事もあります。今回は赤ちゃんの首の周りに周りにできる湿疹について解説します。

116465

目次

  1. 乳児湿疹とは?
  2. 首にできた湿疹は乳児湿疹?
  3. 首に出来た湿疹の対処法
  4. アトピー性皮膚炎やアレルギーの可能性も
  5. 湿疹で病院に行くタイミング
  6. 乳児湿疹に関する体験談
  7. 赤ちゃんの首を清潔に保つのが一番

乳児湿疹とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節や肌のバリア機能が未熟なため、湿疹が出やすいもの。たとえば、どの赤ちゃんも新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹など、皮脂の分泌量が多すぎるために皮脂がつまって湿疹になりやすいのです。

乳児湿疹とは、大人と比べると皮膚の組織が薄く、バリア機能もまだ万全でない赤ちゃんの肌に発症する肌トラブルを総称して言います。その原因によって症状の現れ方もさまざまで、そのために対処法も変わってきます。

主なものをいくつかあげてみると、「新生児ニキビ」「乳児脂漏性湿疹」「あせも」「アトピー性皮膚炎」などが考えられます。

首にできた湿疹は乳児湿疹?

Image

乳児湿疹は首にもできる

赤ちゃんの肌は汗腺が多く非常に汗っかきです。皮膚が薄いというのも特徴で中でも、首の後ろというのは皮膚が重なっている部分があったり、寝具と擦れたり、蒸れやすかったりするのでトラブルが多いのです。顔に出来る事の多い乳児ニキビも首に湿疹ができます。

あせもやかぶれの場合も

多くの場合、赤ちゃんの首周りの湿疹はあせもだといわれるくらいだいたいはあせもの可能性が高いです。あせもは、汗のたまりやすい場所に出来る赤や白のブツブツで、かゆみを伴います。また、食べ残しやよだれなども拭き残してしまうと首に流れて湿疹の原因になります。

首に出来た湿疹の対処法

Image

沐浴やお風呂で優しく洗う

とにかく清潔にすることが必要です。お風呂のときはもちろん石鹸で皮膚の間や首の後ろもキレイに洗います。特に新生児のときには早く終わらせようとして、さっと流すだけにしているママもいると思いますが、首のしわの間にかなり汚れがたまっていますので、きれいに洗ってあげてください。

肌を清潔にする

首には汗や汚れがたまりやすいので、こまめに首元をぬぐってあげましょう。汗や汚れを落としておくだけで湿疹になりにくくなります。普段から汗をかきすぎないように、衣類を脱ぎ着させたり、こまめに着替えさせたりするのも効果的です。

スタイやガーゼも清潔に保つ

赤ちゃんのよだれも丁寧に拭いてあげましょう。よだれの多い赤ちゃんはスタイをするといい場合もあります。ただ、スタイをしている場合は汚れたままにしないで、こまめにスタイを取り替えて清潔に保ってあげてください。

肌を適度に保湿する

清潔にした後は顔などと同様、保湿をすることも必要です。首は意外とクリームのぬり忘れなどがありますが、保湿をしておくと肌の状態が正常になりやすいため、湿疹もできにくくなります。跡が残ってしまうかも、と心配になるかもしれませんが、きちんとケアしていれば乳児湿疹は1歳ぐらいまでにはきれいになります。

アトピー性皮膚炎やアレルギーの可能性も

赤ちゃんの首にできる湿疹は病院で処方された薬で治療しながらきちんとケアもしていれば、少しずつ治っていくはずです。しかし、いつまでたっても湿疹がひかない、あるいは繰り返し湿疹が現れる場合はアトピー性皮膚炎の可能性もあります。

アトピー性皮膚炎は、ただの湿疹とは異なるケアが必要になるので、医師に相談しながら治療を進めるようにしてください。

Article link icon
【小児科医監修】正しいケアでアレルギーを予防!赤ちゃんのスキンケアは生…

湿疹で病院に行くタイミング

Image

ホームケアで治る

基本的には毎日のお風呂でベビー用のせっけんを使い、しっかり洗うのが1番です!しっかり洗って、肌を清潔な状態で保ってあげれば、成長と共に治っていくものです。

ジュクジュクと膿むようなら小児科へ

新生児ニキビなど、膿をもってジュクジュクと炎症を起こしている場合など、まずはを小児科を受診しましょう。また、湿疹だけでなく、発熱があって違う病気がうたがわれたり、かゆがってとにかく機嫌が悪いときなどは、小児科に一度受診されるのがいいかもしれません。

乳児湿疹に関する体験談

乳児湿疹、筆者の息子は中々ひどいものでした。筆者の息子の場合は新生児の1ヶ月くらいは新生児ニキビがひどく、少し落ち着いたと思ったら、乳児脂漏性湿疹も併発。とにかく生後4ヶ月くらいまでは、顔や頭が湿疹だらけでした。

かゆみも伴うのか、よくひっかいて、顔中傷も作っていましたし、ミトンをとにかく嫌がったので、日々のケアが本当に大変だったのを覚えています。その頃の写真も顔中湿疹や傷だらけです。また、ベビー石けんで洗うよりも、お湯のみで、ガーゼで念入りに洗い、ひたすらワセリンで保湿している方が、きもち、良かった気がします。これもそれぞれ赤ちゃんによって体質なんでしょうね。

今でも、乾燥肌気味で、これからの季節はひたすら保湿ですが、赤ちゃんの頃の様な湿疹は生後半年頃からピタッとなくなった気がします。やっぱり一過性のものなんでしょうね。周りの赤ちゃんのお肌をみるとキレイだったりするので、心配になるかとは思いますが、きちんとケアしてあげれば治ることがほとんどなので、あまり心配しすぎずにケアしてあげて下さいね。

赤ちゃんの首を清潔に保つのが一番

Image

赤ちゃんに湿疹が出ると「アトピーかしら?」と心配にもなりますよね。しかし、割と多くの赤ちゃんが通る道です。まずは清潔にして保湿することが第一です。

乳児湿疹がひどいからアトピーになるとは限りません。乳児湿疹とアトピー性皮膚炎では原因が違うからです。アトピーであるかどうかは生まれてすぐには診断できないので、肌の状態を悪化させないように清潔と保湿を心がけ、それでも良くならない場合はなるべく早めに受診しましょう。

おすすめのベビーローションはこちら

アロベビー オーガニックミルクローション
¥2,300〜(2018/07/04 時点)

新生児から使えるベビーローション「ALOABABY(アロベビー)ミルキーローション」は、99%植物由来の国産オーガニック。ホホバオイルとシアバターを配合した高保湿処方で角質をうるおし、皮膚をすこやかに保ちます。

アルコールや石油系界面活性剤などは不使用なので、赤ちゃんの肌にも優しく、お肌が敏感なママにもおすすめです。乳液とクリームの効果を兼ね備えているので、これ1本で赤ちゃんのお肌の保湿ケアができますよ。

Us pc 01出典:urushizu.com
潤静
¥2,990〜(2018/07/04 時点)

子どものかきむしり肌に悩むママにおすすめの「潤静(うるしず)」は、無添加にこだわった植物由来エキス98%の敏感肌用美容液です。

皮膚が薄い・乾燥しやすい・汗をかきやすいという3つの理由から、デリケートな子どもの肌には早い段階でのスキンケアがおすすめです。お肌に悪いものを徹底的に排除した「潤静」は、0歳の赤ちゃんにも使うことができます。

サラッとした使い心地は、クリームのベタベタを嫌がる子どもに使いやすいと評判ですよ。1日に何度も塗りなおす必要がなく、親子で使えるのも嬉しいですね。